--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/29 (Wed) リニューアル甲子園 初見"惨"

2009年4月29日(祝・水) 神4-横7(甲子園)

あぁ~~~、今年初の甲子園というのになぁ……(涙)
新井の先制ホームランに喜んだというのに。
2アウトから6失点とは、安DOのあほ~~。

元同僚のNさん夫婦と一緒にリニューアル後初の甲子園。
といっても、実はセンバツ高校野球で一度下見には来てるんやけど(笑)。

DSC_0301★s  DSC_0306★s  
▲(左)すっかり美しくなった外野エリアの売店
  (右)内野全体を覆うようになった銀傘(撮影は3月選抜高校野球の時のもの)


DSC_0305★s  DSC_0326★s
▲(左)スタンド後方に移動してスッキリした照明燈
  (右)外野とアルプススタンドの座席は荷物も置け便利になった(撮影:09年3月)



開門時刻に合わせて甲子園駅で待ち合わせてスタンドへ。
今回の席は3塁側アルプス席の上段でほとんどレフト寄りの場所だった。
週末に季節外れの寒気が降りてきていたので、どれだけ気温が回復するか心配していたけど、そこそこ暖かくてひと安心。(これでビールが飲める)
まずは、お弁当を買いに行ってビールで乾杯~。
お弁当は、美味しいという評判の「球児の鰹のタタキステーキ丼」にした。
カツオはその場で焼いてくれる。カツオが暖かいのと、野菜も入っていてご飯にはゆかりもまぶしてあって、なかなか美味しかった。
練習風景を見ながらお弁当にビールというのが最高の贅沢やなぁ……。

DSC_0348★s  DSC_0346★s
▲(左)焼き鳥を入れるビニール袋が紙コップに変わり随分持ちやすくなった
  (右)こちらは、人気メニュー「球児のカツオステーキ丼」


先発は久保という予想に反して、安藤。
横浜は聞いたことないような外国人のピッチャー。
選手たちがグランドに姿を見せて、アップ、キャッチボール、シートノックと進んでいく。
シートノックの時に、赤星くんがいない。やはりスタメン回避か。
さらにはアニキもいないので焦った。
内てん筋の具合がよくないのだろうか??

スタメンが発表されるとどよめきが起こった。
一番はなんと藤モン! そしてセンターは広大だ。
タイガースは横浜の先発ピッチャーを読み間違ったらしい。

DSC_0438★s  DSC_0367★s
▲(左)スタメンボード
  (右)お尻を掻くトラッキー(笑) このところオヤジ度炸裂だわ

DSC_0377★s  DSC_0381★s
▲そしてラッキーちゃんのあまりの愛くるしさにメロメロ~(笑)


さて、試合内容は……もういっか~(笑)
2アウトから若い1,2番に連打され、3番内川を臭い球で歩かせたのはまあいいとして、村田に打たれたのはちょっと甘かったけど、これもしゃーないとして、その次の5番ジョンソンを歩かせたのがいただけなかった。
「うわぁ~、次は吉村やなぁ。調子上がってきてるし嫌やなぁ。」
と言ってたら、ものの見事に特大の走者一掃タイムリー3ベースヒット!
それどうよ~!(怒)
しかし、広大の返球は内野との息が合わずにもたつき、辛うじてホーム突入は防いだものの、にみすみすランナーを進めてしまった。
せめてサードの吉村は返すな~!と思ったのにとどめはワイルドピッチかパスボールでキレイにランナー返してしまった。アホ~~~!!

DSC_0454★s  DSC_0469★s
▲(左)ライナービジョン
 (右)劣性の空気を跳ね返すべく、ジェット風船スタンバイ

その後すぐにセッキーのタイムリーで1点返して、「まだ勝敗は分からんで~」という雰囲気になり、さらに5回、再びセッキーのタイムリーで2点差にまで追い上げて逆転の気運が高まる。
でも、ゲッツーでうまく流れを掴めない。。

そして、グッサリ堪えたのは8回の村田のソロホームランだった。
9回裏、2アウトになっても「勝負はこれから」と応援してたんやけど、残念ながら今季、甲子園初見参は、エース安藤2アウトからの6失点で沈むという、惨めな結果になってしまった(泣)。

今回のメンバーで昨年も一度見に来てるんやけど、その時も負け、今回も……、「誰が悪いの?」ということで最後は互いに負けの原因をなすり合いながら帰ってきた。(笑)


■2009/4/29 試合結果

対横浜 5回戦 甲子園

横|006 000 010|7
神|011 020 000|4

勝:ウォーランド1勝2敗0S
S:石井0勝1敗6S
敗:安藤2勝1敗0S
HR:新井ソロ4号、村田ソロ1号
横:ウォーランド-真田-山口-石井
神:安藤-阿部-アッチソン-渡辺-筒井

スポンサーサイト

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/29 (Wed) 新井、アニキ敬遠で見事タイムリー!

2009年4月28日(火) 神8-横4(倉敷マスカットスタジアム)

シモさまを野手達が救ったわ。
新井君、4打数4安打4打点 おめでとう!
誠っちゃんがバットを折りながら初タイムリー! おめでとう!
地元でスタメンのイクローはちょっぴり残念だったけど、その悔しさを次に繋げてもらおう。
浅井のバスターも決まった!そして7回には追撃タイムリー、やったね。
仕上げは広大の特大犠牲フライ、ええぞ~。

大きく横浜に傾きかけた流れを一気に引き寄せたわ。

6回に一塁が開いている場面でひ~やんというのはちょっと引っかかったけど、横浜は勝負してくれたからまあ、よしとしようか。
7回の新井に対して、内角オンリーの配球はどうやらベンチからサインが出ていたらしい。
なめとったらアカンでぇ~~(笑)。
それにしても真弓監督の積極采配がズバリ決まってチームは勢いに乗るのではないかな?

ジェフもよかったし、最後は球児が調整の意味もあってセーブがつかない場面で登場。
きっちり締めてくれたわ。

あと心配なのは途中交代した赤星くんの腰と矢野ちゃんの右肘の具合やねー。
数日前に、具合がよくならないのでしばらくノースローにするということで心配していたら、この日キャッチボールをしてみて、一向に良くなってなかったらしい(泣)。
なんでまたそんなに上がってこないんやろう。手術はホンマにうまくいったんやろうか。
あうあうあうあう……(泣泣泣)

矢野ちゃんがいないのは本当に残念やけど、今日(29日)は私の初甲子園なので、是非とも連勝してや~。


■2009/4/28 試合結果

対横浜 4回戦 倉敷

横|000 004 000|4
神|002 002 40x|8

勝:江草2勝1敗0S
敗:吉川0勝1敗0S
横:小林-那須野-真田-吉川-高崎
神:下柳-渡辺-江草-ウィリアムス-藤川

2009年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/27 (Mon) 惜しいのう~

2009年4月26日(日) 広2-神1(マツダスタジアム)

今日はスカイマークでオリックス-日ハム戦を見に行っていてゲームを見ていない。
「大量点の翌日は、コロっと完封負けなんかするんやなー、タイガースは……」などと冗談を言ってたら、完封ではなかったものの低得点の試合だった。
目玉は初先発の台湾からキャンプ中に捕った、大学生選手ジェン・カイウン投手。球速は140キロ前半が中心ながら多彩な変化球で6回無失点に抑える好投を見せたとか。

先制点はタイガースだった。
6回、トリが四球を選び出塁。そして今季初盗塁を成功させる。(おっと、お初やったんか~)
その後、広大のタイムリーで1点をもぎ取る。
しかし、ジェンを6回で下げた後のアッチが逆転を許してしまう。(魔の7回は生きていたのか~)

9回表、それでも虎は粘りを見せる。
1死から新井がセンター前ヒットで出塁。その後2アウトになりひ~やん敬遠。2死1,2塁からバッター狩野がライト前の浅いヒットで新井本塁突入するも、好返球に惜しくも本塁憤死でゲームセット。
まあ、見せ場も粘りも見せたから、次の横浜戦でまた頑張ってもらおう。

しかし、アッチソンの調子が気になるなあ。


■2009/4/26 試合結果

対広島 6回戦 マツダスタジアム

神|000 001 000|1
広|000 000 20x|2

勝:篠田2勝1敗0S
S:永川0勝2敗7S
敗:アッチソン1勝1敗0S
神:ジェン-アッチソン-江草
広:篠田-シュルツ-永川

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/25 (Sat) 大量12得点!

初回、平野の降り逃げからドラマがスタートした(笑)。
鯉の先発、長谷川はリズムを崩して四球四球でランナーをためると、ずっと苦しんでいる新井くんが、左中間に特大のタイムリーツーベースヒットで二者生還!
さらに先発スタメンのイクローがツーランホームランで一挙4点。
これが今季まだ勝ち星のない忍を大いに楽にしたわ。
更に追加点が効果的に入り、忍には願ってもないゲーム展開。
それなのに……完封出来ず9回にリリーフを送られるとは、「あ~あ」やねえ。

でもとにかく勝ちは勝ち!
なんだかファームへ行ってしまったようやけど、次、自信を持って臨んでもらいたいな。。。

■2009/4/25 試合結果

対広島 5回戦 マツダスタジアム

神|401 201 400|12
広|000 000 010|1

勝:福原1勝2敗0S
敗:長谷川1勝1敗0S
HR:葛城ツーラン1号
神:福原-筒井
広:長谷川-青木高-ドーマン-林-梅津-シュルツ

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/25 (Sat) ノーミン、あっぱれ完封勝利!!

2009年4月24日(金) 広0-神4(マツダスタジアム)

これまで、散々文句言ってすまんかった!
ランナー出しながら、三振で切り抜けていくノーミンを見ながら、「え?これが本当にノーミンなの?!」と我が目を疑ったわ~。

狩野君のリードにも少し変化が見られた。
スライダー中心ながら、粘らたり見極められたりしたら要所で効果的に真っ直ぐを使い、ピンチのノーミンを助けたね~。

ノーミンはいい意味で力が抜けて、ピンチでも淡々と投げ続けていたし、カウント悪くなったり、ここぞ!という球を無情にもボールと判定されても、スイングを取ってくれなくても、そこからガタカタと崩れることなく投げ続けていた。

横浜戦とは見違える投球でホントに素晴らしかったわ~。

やはり初回に先制点を取れたのが大きかった。しかも昨年あれだけ打ちあぐんだマエケンから。新井くんの犠牲フライにPLの先輩でもある広大のタイムリーで2点。さらに次の回にもセッキーがタイムリーを放ち1点追加。序盤で3点リードは以前の狭い球場ならいざ知らず、ホームランの出にくい新球場では随分とノーミンを楽にしたに違いない。

新球場といえば、内野の芝と土の継ぎ目にトリの打球がイレギュラしたり、芝で打球の勢いが殺されたりと、これまでと勝手が違うところもあった。今後もちょっとしたラッキー、アンラッキーが勝敗に関わってきそうやなあ~。

そんな勝手の違う球場で守り切ったバッテリーは大きな自信になったことやろう。
これから一回りも二回りも大きくなってもらいたいもんや。
まずはノーミン、おめでとう!


■2009/4/24 試合結果

対広島 4回戦 マツダスタジアム

神|210 010 000|4
広|000 000 000|0

勝:能見2勝2敗0S
敗:前田健2勝2敗0S
神:能見
広:前田健-林-ドーマン-青木高

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/24 (Fri) ひ~やん&トリ弾で救われた~

2009年4月23日(木) 中1-神3(ヤゴヤドーム)

そして、継投のアヤが勝敗を左右したね。
ドラは9回に岩瀬投入するもその裏、サヨナラに出来ず、逆にうちは球児を延長11回まで温存できた。岩瀬で勝ち越せなかった時点で落合竜は負けていたのかも知れない。

重苦しい試合だった。
1点ビハインドのまま試合は後半へ突入して次第に空気が重くなっていたところに、出たひ~やんの同点ソロHRがその澱んだ空気を取りはらってくれた。
これで代打ホームラン記録が神様八木に並ぶ13本タイ!
ハイタッチを交わした時、安藤が「ありがとう」とでも言うようにひ~やんの背中に手を回してベンチに引き上げる姿が印象的だった。
同点弾なんやけど、05年の中村豊のホームランをふと思い出してしまったわ~。
メンチが末梢となる中、密かに、スタメンもありなんちゃうん?と期待してるんやけどナ……。

そのまま延長戦に突入して、ついに私は前日(飲み会)の睡眠不足もあってうとうとし始め……気がついたらトリがヒーローインタビューを受けていた(爆)。

先発の安藤は、ストレートがよかったと思う。重い真っ直ぐがズドンと決まって変化球も生きていた。
五回には味方の二つのエラーで先制を許すも、よく1点で抑えたね。
ただ、勝ったからオーライでなく、開幕から多発しているミスをしっかり減らすように引き締めていって欲しいわ。
そしてリリーフ陣は以降中日の得点を許さず、よう投げてくれた。

こんな試合は、「絶対」勝たないかん!

そして、運命の12回表、狩野君が出て勝ち越しの気運が高まった。リード面では修業中やけど、彼の打撃も大きいな~。
そして、トリの一撃がすべてを救った。内角の厳しい球を腰をクルッと回転しものの見事にライトスタンドへ~~!!

この試合を取れたことは大きいわ。
これを弾みにマツダ新球場でひと暴れしてきてくれや~~。


■2009/4/23 試合結果

対中日 5回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 010 003|4
中|000 010 000 000|1

勝:藤川1勝0敗2S
敗:ネルソン0勝2敗1S
HR:桧山ソロ1号、鳥谷スリーラン3号
神:安藤-ウィリアムス-アッチソン-藤川
中:吉見-岩瀬-齊藤-高橋-平井-ネルソン-パヤノ-菊地

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/22 (Wed) あぅぅぅ……認めたくない現実

2009年4月22日(水) 中6-神2(ナゴヤドーム)

今日は飲み会で試合は見てないんやけど……今日もあかんかったか……。

三回やったかな……同点に追い付いた直後の大ピンチを乗り越えた直後の攻撃、アニキからの打順で三者凡退に終わるところさんざあ、勢いのなさを物語っとるわ……。

……で、遂にメンチ抹消やって!?
腎機能障害って?!
緊急帰国もあるとか……
なんじゃそりゃ、事前に分からんかったんかい!?


堪えて咲けよ、タイガース!


■2009/4/22 試合結果

対中日 4回戦 ナゴヤドーム

神|001 001 000|2
中|100 032 00x|6

勝:浅尾2勝2敗0S
S:岩瀬0勝0敗4S
敗:久保0勝1敗0S
神:久保-阿部-筒井
中:浅尾-パヤノ-齊藤-高橋-岩瀬

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/22 (Wed) 1点差を勝てんなあ

2009年4月21日(火) 中2-神1(ナゴヤドーム)

2安打ではなあ~。
ドラも決して調子よくはないんけど…。逃げずに真っ直ぐ主体の早い勝負が効を奏している感じ。
一方シモさまはよく粘ったけどクサイ球を見極められて苦しくなった感じがするわい。

それよりも打つ方やねえ。。

早く新井くんに女神が振り向きますように……。


■2009/4/21 試合結果

対中日 3回戦 ナゴヤドーム

神|100 000 000|1
中|002 000 00x|2

勝:朝倉2勝0敗0S
S:岩瀬0勝0敗3S
敗:下柳1勝2敗0S
神:下柳-渡辺-江草
中:朝倉-岩瀬

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/20 (Mon) お粗末じゃ~(怒)

2009年4月19日(日) 横4-神2(横浜スタジアム)

前日の2戦目に引き続いて、ミスの多い試合やった……。
今年は随分エラーやミスが目立つ。守りの野球を掲げてスタートしたっちゅうのにどういうこっちゃ~!?(怒)
忍は本来の調子でない割には頑張って粘っていたけど、……やっぱりあれだけピンチを作ると野手も攻撃のリズムが出にくいわなぁ。そして、内川への初球は痛かったー。

4回は同点止まりで惜しかったけど、チームの勢いからしたら「追い越せる」と思ったんやけどなー。
やっぱり点を取れる時に畳みかけていかないといけないってことやね。

そんな劣勢の展開での逆風切り裂くライトスタンドへのトリ弾は痺れたがな!
しかも内角の厳しいコース、あわやデッドボールという球でのけぞらされた後に、「関係ねえよ」とばかりのホームランでムチャムチャかっこよかったねー! 入団してからここまで、彼には随分と辛口な見方をしていたんやけど今年のトリは大いに期待できるわ。

9回の攻撃ではノーアウトでランナーが出て、「さあ!」というところで、浅井がサインミスしたみたいや。
2点ビハインドでバントし、みすみすアウトを献上してしまった。
後でコーチから呼ばれていたけみたいやけど、なーんかサインミスが多いのが気になるわ。
ニュースバードの映像見たら、真弓監督は笑みを見せていたけど、なんでそこで笑うかなあ?
怒るとこちゃうん?
そんな試合にも関わらず、エグはランナー出しながらよく抑えていたわ。
昔なら、簡単にポンポン四球なんぞ出した後でボカンと打たれる姿をよく見たするけど、「虎動」で語っていた”負けてる時でも関係なく0で抑える”というリリーバーの気概を見れて嬉しいよ~。

ミスはもう一度引き締めて欲しいけど、追いかける展開でも何とか食い下がって見せ場を作っていることは救いやね。
そうそう、狩野君はこの3連戦、ワンバンをよう止めて頑張ってるわー。

もう一度立て直してナゴドへ乗り込め~!


■2009/4/19 試合結果

対横浜 3回戦 横浜

神|000 100 010|2
横|010 012 00x|4

勝:小林1勝1敗0S
S:石井0勝0敗4S
敗:福原0勝2敗0S
HR:鳥谷ソロ2号、内川ソロ1号
神:福原-渡辺-阿部-江草
横:小林-真田-山口-石井

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/19 (Sun) ノーミン2年ぶりの白星

2009年4月18日(土) 横4-神9(横浜スタジアム)

そしてタイガースは3連勝~♪
新井くんにも1発、セッキーにメンチにアニキはやっぱりさっすが~♪
悩める弟分の新井くんが先制ソロHRを放ったハイタッチの列で、一人だけ出した両手を下げてタッチを空ぶりさせる悪戯をするアニキの姿が映っていて笑ってしまったわ。
それでもアニキはバッターボックスでの構えを見た時に、ホームランが出るかもと思ったらしい。
えらいもんやわ。連日の特打でフォームがかなり改善されてきているみたいやねぇ。
一目で見抜くとはえらいもんやわ。

しかし、……草野球やん!(怒)
双方ミスの連発。
な~んかいかにも最階位争いの試合やわ。


テレビの音声を小さくしてラジオで有田修三さんの解説を聞いていたんやけど、リードの大切さをつくづく感じた。

有田さんは狩野くんのリードに対して、「野球を難しくしている。」と。
ピッチャーが投げにくいリードをしているとうことらしい。
3点リードして勢いに乗って行きたいところを何故変化球を多投するのか?
右バッターに対して左ピッチャーが外から内へ入ってくるスライダーは打ちやすい球なのに、なぜそれを要求するのか?
二割そこそこのバッターに対して何故内をつくのか?
ランナー背負った状態で、0ー2のカウントから何故フォークを投げさすのか、フォークはボールに する球、ピッチャーはスリーボールにしたくないからストライクを取りに行くのは当然だ。
などなど…

ついつい、ノーミン相変わらず頼りないな~と言いたくなりがちなところだけど、配球は奥深いわ。
そのノーミン、立ち上がりは不安定だったけど、2回以降立ち直り、5者連続三振なんかもあって途中は快投を続けていたけど、5回にまた様子が変わった。
見ていたら、2アウトだからバッターに集中していけばいいものを、ランナーの足を警戒し過ぎてカウントを悪くし苦し紛れの球を痛打されているのを見て、これでは東京ドームの巨人戦など難しいなと思ったわい。

さて、それでも5回は満塁のピンチを背負いながら、最後はラッキーにも打球が正面をつき無失点に切り抜ける。
そして7回。「魔の──」は生きてたようで、この回ピンチが訪れた。2番手渡辺を下げ、前日2イニングのアッチソンが出てきたときには、「何でやねん~?」
アッチはタフなようでそうじゃないねん……不安に思ったら、悪い予感的中だった。
カウントに苦しみ、「打って下さい」とでもいうような優しい変化球を横浜バッターが気持ちよさそうに運んで行く……(泣)。
有田さんは狩野の変化球主体のリードに大いに疑問の声を上げていたけど、真っ直ぐが走っていなかったからかも知れないな。。

そんな中でトリのファインプレーは大きかった。倒れ込みながら身体を捻りグラブトス!痺れたわ~。

この回、1点差に追い上げられたものの、逆転は許さずに8回表の攻撃へ。
ここで、1塁ランナー赤星 バッター桜井の時に不可解なプレーが……。桜井はバントの構え。赤星がスタートする構えを見せてストップした時に桜井がヒッティング。結局赤星は2塁でアウトになりランナーが入れ替わってしまった。チグハグは攻めはサインミスの可能性もある。

トリが繋いで満塁に。ここでアニキ登場~という場面はワクワクしたね~。ハマはピッチャー交代、その間静かに待ちながら状況整理しゆっくりバッターボックスに向かう姿のかっこいいことといったら!
アウトコースな臭い球を見送り、まるで獲物を狙うハンターの様に内に入ってきた球を一撃で打ち返すとフェンス直撃の大二塁打。よっしゃ~~!
ここで珍プレーに出そうなドタバタプレーが起こる。金本が1塁を蹴って2塁へ行こうとすると、1塁走者鳥谷が詰まっている。何故かというと平野がタッチアップに備えて一旦戻ってしまったからだった。これを見てあわてたのは逆に横浜の野手で、金本のランダンプレーで1塁へ戻したのに追い詰められずに、2塁でセーフ。その隙に平野がまんまとホームを突き、結局オールセーフとなった。
それにしても、悠々と2塁へ走っていた金本がベースが詰まっていると分って、「うわぁ~」と目を丸くしていたのには笑ってしまった。でも笑えないプレーであることには変わりないわなぁ。
ニュースバードの解説では、タッチアップがあるから1ベースしか進めないのは仕方ない……みたいなことを言っていたけど……。
結局ハマのまずいプレーもあってこの回4点を挙げ試合を決定づけた。

ヒーローインタビューはノーミン。自分がこれまで思うような結果を残せなかったことを何度も口にするノーミン。アンタ、ええ奴やろうけどちょっと素直過ぎる……。勝負弱いのも頷けるわーー。
ノーミンは感極まったのかろれつがおかしくて、笑ってしもうたがな。
今日はハマやから勝てたんや、もらったような1勝やで、次は勝負所でしっかり勝ってや~。

デーゲームはこんな大味な試合になるわ~。
次は締まったゲームで勝って、名古屋へ乗り込め。


■2009/4/18 試合結果

対横浜 2回戦 横浜

神|000 121 140|9
横|000 000 400|4

勝:能見1勝2敗0S
敗:グリン0勝3敗0S
HR:新井ソロ3号
神:能見-渡辺-アッチソン-ウィリアムス-江草
横:グリン-那須野-加藤武-横山-高崎

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/18 (Sat) 天敵に快勝~

2009年4月17日(金) 横1-神5(横浜スタジマム)

立ち上がりが良くなく、逆に立ち上がりに攻めきれないと崩すのは難しい天敵三浦に対して、初回に点が取れたのが大きかったわ。
何と言ってもアニキやね~~。フォークが頭にあったから擦った、といいながらもスタンドにほうり込むなんざあ、流石としか言いようがない。
逆に立ち上がりからフォークを投げていたら結果は違っていたかもな~。

安藤はストレートがズドン~と重い感じで決まっていた。足は大丈夫そうでよかった。

それにしても、アニキのヒーインは最高やった。
新井くん、……見返してやれ~。


■2009/4/17 試合結果

対横浜 1回戦 横浜

神|310 000 001|5
横|000 100 000|1

勝:安藤2勝0敗0S
敗:三浦1勝2敗0S
HR:金本スリーラン8号
神:安藤-アッチソン-ウィリアムス-江草
横:三浦-那須野-横山-高崎

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/17 (Fri) トリ弾で竜飲~

2009年4月16日(木) 神4-中3(甲子園)

ドキドキしたけど、よっしゃ勝った~!
何と言っても復調トリの3打点が大きかった。試合前に真弓監督から、打てなくても目立たないな~と捻りの効いた嫌味を言われていたらしい(笑)更には、こんな高いグラブを使いながらポロポロして……など言いたい放題やん。トリを奮起させるためのちょっとしたイジリなんやろうけど、嫌味にも爽やかさがあるのは真弓さんならではやねえ。

さらに大きな一打となったのは7回、2点目をたたき出したアニキのツーベース。
ここぞというところで、しっかりとタイムリーを放つなんざあ、流石としか言えないわ。臭い球はファールで粘り、ボール球はしっかり見極め、最後に来た球を逃さず打ち返す。きっちり前夜の借りをきっちり返して、これでまた乗っていけるやろう。

先発の久保もらしいピッチングで好投。惜しくも6回にイバタにふらふら~と一塁アルプススタンドにファールフライみたいに力ないホームランを打たれて勝ち投手になれなかったのは残念やった~。

連日解説に引っ張り凧のオカちゃんが絶賛したのはアッチソン。魔の7回をぴしゃりとリズムよく三者凡退に抑えたことが、流れを引き寄せその裏の勝ち越しに繋がったと。

オカちゃんの解説によると、その後の6番から始まる中日の攻撃では先発浅尾に代打を用意していたが、打順が回らなかったため続投。結果的に7回裏のノックアウトに繋がった。アッチソンが3人で抑えたことで”流れ”というものが1つ1つ違ってくるんだと。
試合の読みというものがなるほど前監督の見方やねぇ。
まるで戦国武将の知略にも似たもんがる……というのは言い過ぎか(笑)。

7回裏の攻撃では広大がしっかりボールを見極めて出塁したのもヒットと同等の働きやったな。東京ドームでの調子を維持してる感じで真弓監督が辛抱して使い続けたのが開花しようとしているわ。
トリ、アニキのタイムリーで勝ち越したあとはアッチソンが2イニング目も締めて、最後は球児~
低めに強い和田に一発浴びたものの二者を三振に仕留めた球児。球も走ってたし、よかった!。
三振の瞬間、ライナービジョンに”KKKKK”の文字が走りカッコイイことこの上ない!
和田のところは、かつても低めをいかれたことがあったので、「気をつけろ」と言ってたんやけどなー、惜しかった。
ただ、高めのボールで空振りもとれていたし、150キロ台の球も来ていたのでこれから真弓監督が大事に使っていけば9回は安泰だ~。

しかし、「随分ボールが飛ぶ球場になったな。……野手が育つよ。」と球児が言ったように銀傘が伸びたことと銀傘の下に風の通り道ができたことで確かにボールが飛びやすくなったみたいや。まだ浜風が吹いていないからよくわからないけど、ゴールデンウイークの巨人戦が気になるわ~。

タイガースはちょっとしたロードに出発して甲子園に帰ってくるのは……なんと、ゴールデンウィークやわ。まずはハマスタで借金返済といきまひょ~!


■2009/4/16 試合結果

対中日 2回戦 甲子園

中|000 101 001|3
神|200 000 20x|4

勝:アッチソン1勝0敗0S
S:藤川0勝0敗2S
敗:浅尾1勝2敗0S
HR:鳥谷ツーラン1号、井端ソロ1号、森野ソロ4号、和田ソロ5号
中:浅尾-パヤノ-齊藤-清水昭
神:久保-アッチソン-藤川

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/16 (Thu) 矢野さま、出場回避

実は、試合が負けたことより、こっちのニュースに凹んだ……。
16日ファームの試合に出場してその結果で1軍昇格を見極める予定だったのに、直前のシートノックで強い返球をした際、手術した右ひじに痛みを覚えて、出場中止。

球場を引き揚げる際、矢野ちゃんは厳しい表情で、長くなると思う……と言ったとか。

今朝のデイリーでは前半戦絶望と書かれてあって、どーんと沈んだ気分になった。
狩野くんも頑張っているけど、矢野ちゃん不在というのは痛すぎる><

何より試合を見る楽しみが半減やがなー。

焦って無理したのだろうか?
気候が暖かくなっていったら少しはよくなってくれるだろうか?

復帰間近と喜んだ後の急転直下だけにホンマにショックや~(泣)

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/16 (Thu) 魔の7回……

2009年4月15日(水) 神2-中9(甲子園)

ABCの中継で実機は伊藤史隆アナ、解説はオカちゃん&有田修三さんということで、放送を楽しみにしてたんやけど、残念な結果になってしまった。

同点に追いついたまでは良かったが……。う~ん。。
5回裏のチャンスでアニキ凡退、その後7回にアニキのエラーがでてしまい……、アンラッキーな当たりが続いて、嫌~~な予感が的中~~しての7回の大量点だった。。。
いやいや、3本連続があったかと思ったら一転しての悔しいミス……アニキ、相当悔しかったやろうな。。。

シモちゃんは、6回に打順が回れば代打が出ただろうけど、回ってこずに7回続投。それが裏目になってしまった。

しかし、解説は面白かったわ。特に有田さんの左ピッチャーの右バッターに対する配球論には引き寄せられた。
森野に走者一掃3ベースを打たれた後、もうシモさんを交代した方がいいというオカちゃんの話も理由を聞けば、なるほど~と思った。
ここまでの試合運びを反省して、真弓監督は「これからは先発を引っり過ぎないようにする」とのことだったけど、結果的には投手交代が少し遅れてしまった格好になったのか。
しかし、これは本当に難しい。先発ピッチャーのイニングを延ばすことを命題にしているだけに、この試合だけをとってどうこう言うのは性急すぎるだろうし……。

それにしても、よう7回にビックイニングを作られるなー。
岡田野球なら7回からはリリーフなんだろうけど、……先発ピッチャーが一番苦しいイニングだというし、この7回の攻防がこれからの大きな勝敗のポイントになっていきそう。


■2009/4/15 試合結果

対中日 1回戦 甲子園

中|110 000 502|9
神|011 000 000|2

勝:朝倉1勝0敗0S
敗:下柳1勝1敗0S
HR:和田ツーラン4号
中:朝倉-清水昭-パヤノ-齊藤-平井
神:下柳-渡辺-石川

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/15 (Wed) 直前の雨天中止

2009年4月14日(火) 神-中 (甲子園) 雨天中止

朝からの雨、いつ中止の連絡がくるかと携帯のメールを気にしていたのに一向に来ないから、強行するのか~と思ったら、突然18時頃に中止の連絡が。なんじゃ~?!
予報では一日雨だったしもっと早く中止を決めてあげたら、選手も楽だし客にとっても親切っちゅうもんやろうに……。

というわけで、新井君は真弓監督からアドバイスをもらいながら特打に精を出していたとか……、ブルペンに入ってキャッチャー心理を読む練習もしていたというし、そんな練習があるんやなぁ。早くいい結果がでるといいな。


■2009/4/14 試合結果

対中日 1回戦 甲子園

雨天中止

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/15 (Wed) 江草の心意気(虎バン~虎動)

日曜日の虎バン「虎動」は、6点差をひっくり返した甲子園開幕の試合、阿部危険球退場の後、スクランブル登板で好投した江草にクローズアップ。

先発を希望しながらも、チーム事情から貴重な左の中継ぎとして活躍している江草。
解説者の中でも彼を先発に推す声は毎年高い。

かつて、試合の流れがどちらに転ぶか分からない場面で、エグが出てくると不安に思ったもんだったけど、今やすっかり頼れる中継ぎになったなあ。

あどけなさの残る顔立ちや風貌から、どちらかというとドライな青年、自分の権利はしっかり主張するタイプなのかな、と思っていた。

江草は阿部が退場になった時、ブルペンで回りを見渡し、「ここは自分しかいない」、と思ったという。落ちついた話しぶりで振り返るエグを見て随分と大人になったな~と思ったわ。

今季はここまで負けている展開で出ることがほとんどだけど、「勝っていても負けている時も変わりはない。むしろ、自分が活躍できるチャンスが来た!」そう思ってマウンドに向かう……。
テレビでのエエかっこしぃもあるやろうけど、その心意気には拍手やな~。

昨年放送された、同番組「虎人授業」のコーナーでは、「矢野さんは試合後、必ず声をかけてくれる。……矢野さんに褒められたら嬉しいじゃないですか~。矢野さんに褒められたくてやってるようなところがありますね。」なんて、随分と可愛いこと言っていた。
矢野ファンとしては好感度200%アップだった(笑)。

負けている時であっても、出るからには1点もやりたくない。そして、そうやって抑えていけば、サヨナラ勝ちに繋がることもある。

中継ぎピッチャーはその可能性に賭けて、毎日ブルペンで肩を作り、与えられた場面がどうであれ最高の働きをしようとする……。
しっかりした口調で語る江草が一回りも二回りも大きく見えた。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/14 (Tue) 矢野ちゃん、ファームで初実戦

ジェンの球を受けて4回0封に導いたとか~。
明るい表情でプレーする矢野ちゃんの姿を久々に見れたわ~。
平田二軍監督も復帰にGOサインを出したみたいで早ければ15日の竜戦で一軍合流が濃厚になってきた。
いや~~楽しみやわ!
早く帰ってきてちょ。ワ・タ・シの矢野ちゃん!(笑)

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/12 (Sun) 勝てなかったと言うべきか、負けなかったと言うべきか?

2009年4月12日(日) 巨6-神6(東京ドーム)

4時間36分の死闘は決着がつかずドローとなった。
勝てるチャンスが何度もあっただけに、う~ん……。
でも、よう負けんかったとも言える、特に球児とリョウ君はよう頑張ってくれたなー。。。
甲子園開幕戦で大炎上のジェフもよかった!

しかし……
9回の攻撃は頂けなかった。
バントの名手セッキーがよりによってこの場面でバントミス。
それを受けてベンチはWスチールのサイン。
新井が3塁で憤死し、クルーンを助けた格好……。
ミスを取り返そうとこんな作戦立てたらアカンやろう。そんなバタバタしてどうすんねん。
私の大切な新井君がヘッドスライディングでどこか痛めたらどーすんの?
この試合の一番のポイントだったわな。
……てことで、あそこは相当にカッカきてしまったなー。
2年くらい前のしょーもない采配で墓穴を掘っていた原監督を思い出してしまったわいなー。

さらに勿体ないことには、ひ~やんと誠を使わずに終わってしまった。
これでは勝てる試合をみすみす逃した印象が強い。

今朝のデイリーでオカちゃんが同じところを指摘していて、なーんか前監督と一緒になって采配批判するようで心苦しいけど、真弓さんも監督として一歩踏み出したばっかりやしな。。。

それは置いておいて、キャンプから悩みまくっていた広大は、前日に続いての1番起用に見事応えて3ラン含む大活躍。
そして連日徳打の新井君も2号ソロ含む今期初の猛打賞~。よかったねー。
忍は立ち上がりに3点取られてからは粘りのピッチングだった。
選手のみんなが何とか食い下がろうとしていたことが救いだった。


■2009/4/12 試合結果

対巨人 3回戦 東京ドーム

神|040 000 011 000|6
巨|300 003 000 000|6

HR:新井ソロ2号、桜井スリーラン1号、イ・スンヨプ ツーラン2号、阿部ソロ2号
神:福原-アッチソン-江草-ウィリアムス-藤川-渡辺
巨:高橋尚-栂野-藤田-越智-山口-M中村-クルーン-豊田

2009年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/12 (Sun) 育てるのか、勝ちに行くのか?!

2009年4月11日(土) 巨4-神1(東京ドーム)

ノーミンは立ち上がりの2点だけであとはよう頑張ってた。
でもあの7回はどうなんやろう、代え時ではなかったか。
その前の攻撃でノーミンのところに代打、浅井を出そうとしていたから逆転または同点の場合は交代だったろうけど、1点止まりで続投となったんだけど……、う~ん。
代打が出ようとした時に、ここで交代だ……と気持ちが切れはしなかったのだろうか?
結局満塁のところでアッチソン……これも遅いように思った。

先発ピッチャーに出来るだけ長いイニングを投げさせる、というのは今年のテーマ。
真弓監督はそれを貫いているのは分る。
ただ、勝つことを優先するのか、育てることを優先するのかは難しい問題やなー。
私はもう昨夜の試合で痺れ切れそうだったわ(爆)。

4月は我慢するのだと決めたのならそれでいい。
でも、メンチを下げたのは何のためか?
この試合、勝ちに行くというのならそのための継投があるのでは?
そんなフラストレーション渦巻く負けだった。


■2009/4/11 試合結果

対巨人 2回戦 東京ドーム

神|000 000 100|1
巨|200 000 20x|4

勝:東野1勝0敗0S
S:クルーン0勝0敗2S
敗:能見0勝2敗0S
神:能見-アッチソン-阿部
巨:東野-山口-クルーン

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/11 (Sat) もはや神の領域! アニキまたもや3打席連続アーチ!!

2009年4月10日(金) 巨6-神5(東京ドーム)

飲み会で試合は見てないけど、アニキが中1日でまたもや3打席連続アーチと聞いて大コーフンだった! スポーツ新聞を見たら「鬼伸」の文字が……。ホンマに神の領域やわ。

しかし……
こんな試合は絶対勝たなあかんのや。
それをみすみす落としたっちゅうのが腹が立つ。

守備の乱れもあったみたいやし、あと1歩まで追い詰めながら悔しいことといったら。
安藤で勝てなかったら、あと2つどうやって勝つというのや……と早くも最悪の事態を覚悟した。
しっかりせえ! タイガース!!


■2009/4/10 試合結果

対巨人 1回戦 東京ドーム

神|002 002 010|5
巨|001 031 10x|6

勝:越智1勝0敗0S
S:クルーン0勝0敗1S
敗:江草1勝1敗0S
HR:金本ツーラン5号、ソロ6号、ソロ7号、鶴岡スリーラン2号、ソロ3号
神:安藤-江草-渡辺-ウィリアムス
巨:内海-越智-山口-M中村-クルーン

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/10 (Fri) 3連勝ならず

2009年4月9日(木) 神2-広2(甲子園)

タイガースは先発長谷川を打ち崩せず、逆に石川は粘りながらも小刻みに点を許してしまった。後半立ち直る兆しも見えたから次回に期待したい。しかし真弓さんはよう我慢したなぁ。

アニキはまたもやタイムリー。もうアニキ頼りでんな~。
新井君はまだお目ざめとはいかないようで、チャンスに凡退し悔しそうな様子を見ると、もう何とかしてあげたい気持ちになるわ。いいのよ~、兄貴の調子が落ちてきたときに上げてきてくれたら……。



■2009/4/9 試合結果

対広島 3回戦 甲子園

広|002 110 000|4
神|001 000 010|2

勝:長谷川1勝0敗0S
S:永川0勝1敗3S
敗:石川0勝1敗0S
広:長谷川-梅津-シュルツ-横山-永川
神:石川-江草-アッチソン

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/09 (Thu) 凄過ぎる41歳! アニキ3打席連続アーチ!!

2009年4月8日(水) 神8-広2(甲子園)

この日はうちのM係長がフレックスを使って甲子園へ行ってたんやけど、兄貴の3連発に朝からもう満面の笑みをたたえておったわ~。
さらに虎友からも興奮のメールが届く……(そっか、確か行くって言ってたっけ)。
多くの虎ファンを心酔させた兄貴のバットだった。

さらに嬉しいことに、初戦で蚊帳の外だった新井君に待望の今季1発目が飛び出し、移籍後初の兄貴とのアベックホームランとなった。打ち方を見たらちょと泳ぎ気味で本来の振りじゃなかったけど、それでも本人はホッとしたことやろう。よかったなー。

投げては下さまがのらりくらりと打たせて取るピッチングで広島打戦を手玉にとる。
やっぱり今年もアラフォーがいないと勝てんのかー、と実感させられた試合でもあった。
絶好調の栗原をよう抑えたのは、寝ないでビデオをチェックし研究した狩野君のリードもあったころやろう。ヒーローインタビューでシモさまが褒めていたけど、嬉しかったやろうね。
そしてシモさまの心遣いもニクイ……。

アニキとシモちゃんのヒーローインタビューがこれまた最高~。
次郎ちゃんの振りもよかったわ!
でも、掛け合い漫才のようなインタビューに大爆笑のスタンドとは裏腹に、アニキはどんどん引き締まった表情になってたのが印象的だった。

は~、金本兄貴、カッコよすぎます!!



■2009/4/8 試合結果

対広島 2回戦 甲子園

広|001 100 000|2
神|303 010 10x|8

勝:下柳1勝0敗0S
敗:齊藤0勝1敗0S
HR:金本スリーラン2号、ツーラン3号、ソロ4号、新井ソロ1号、石原ソロ1号
広:齊藤-林-ドーマン-上野
神:下柳-渡辺-阿部

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/07 (Tue) リニューアル甲子園、劇的初勝利!

2009年4月7日(火) 神11-広10(甲子園)

ブラウン退場に阿部の危険球退場、トリのリニューアル甲子園初打点に岡崎初先発マスク&猛打賞デビュー、メンチお目ざめタイムリーにジェフ劇場など盛りだくさんだったなー。
7回表に7点取られた時にはさすがにアカンと思ったけど、それでもその裏1点返したときには、8,9回で3点ずつ返していけば勝てるぞーー!などと茶の間でテレビに向かって冗談のように吠えていた
んやわ……それが現実になるとは!?
そして……、最後はアニキや。。。いやもう凄すぎるわ。
真弓さんは自らの継投失敗を認めていたけど、先発ピッチャーのイニングを延ばすことを大きな目標にしているだけに難しいものがるなー。
ただ久保はよく投げてたねー。ピンチでも臆することなく攻める姿勢や小気味いいテンポなど、見ていて気持ちのいいピッチャーだった。同点に追いつかれた後の6回の3者連続三振は圧巻だった。がっかりきても不思議でないところをあそこで投げるんだから、気持ちの強いピッチャーなんやろう。

7回7点のビッグイニングを作られた直後に岡崎のプロ入り初タイムリーで1点返したところから、序章はスタートしていた。
8回にはまたも兄貴のタイムリーなどで2点返し、小刻みに得点していくタイガース。
そうそう兄貴はファインプレーもしていたねー。万全でない足でスライディングもしていたし、勝利への強い執念が顕れていた。打ったこともそうやけどこの姿勢は本当に素晴らしいわ。

そして9回、メンチと代打狩野が連続ヒットしたことで期待が膨らんだ。赤星の内野安打で1点。代打ひ~やんの当たりはホントに惜しくて、ダメかな……の思いがよぎったけどそれを払拭したのがトリ。
そして1点差となって兄貴という場面は本当に鳥肌もんだったわ。

実況の伊藤史隆アナも「ホームイイン~~~~」と絶叫する声が裏返って大変なことになっていた(大笑)

サヨナラの瞬間、兄貴が駆け寄ってくるナインに向かって「来いや~」のジャスチャー。
かっこええわー。
そしてヒーローインタビューで嬉しかったのは、1塁ランナーが鳥谷だったので絶対帰ってくれると確信していた……という言葉。かつてアニキい走塁の姿勢を非難されたトリが、すっかり別人になったねー。しみじみ嬉しかった。


■2009/4/7 試合結果

対広島 1回戦 甲子園

広|000 120 700|10
神|102 001 124x|11

勝:江草1勝0敗0S
敗:永川0勝1敗2S
HR:栗原ツーラン2号
広:大竹-ドーマン-林-上野-梅津-永川
神:久保-ウィリアムス-藤田-阿部-江草

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/06 (Mon) それはそうと、オカダ解説

解説者ではなく、カントクになっとるな~。
確かに一理あるんやろうけど、聞いててちっと嫌な感じやった。

そのことを最初に口にしてた虎友によると、初戦に読売で解説してたオカちゃんが、7回に安藤を代えろ代えろと何度も言ってたとか。
昨日の試合では、負けてから「今日は絶対勝たなアカンのに」といかにも悔しそうに怒りさえ滲ませたようなコメント~。
デイリーにも真弓采配の批判ともとれる記事が。
ファンは救いが欲しいのに、希望を持たせるコメントを出してくれんかの。

……と、虎バンの録画見ながらここまで書いてたら、オカちゃん自身が、初の公式戦解説の感想を聞かれて、「まだ監督の立場で試合を見てしまう…」と述懐しとったわ(笑)。

ハハハ~、自覚あるんや(笑)。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/06 (Mon) カード負け越し

2009年4月5日(日) 神6-ヤ7(京セラドーム)

あと1歩……。
あと1本が出なかったなー。

それにしても忍ーーー。君は説教部屋や!(笑) なにをポンポンスタンドに放りこまれとるんやー。
広大ーーー! 早く咲かんと桜散ってまうどーー。
今岡ーーー! はよ出でこんかいーー。

そやけどやっぱり兄貴やなぁー。追撃のタイムリーも兄貴のバットだった。
9回にはイムチャンヨン打ちでチャンスを作った。凄すぎる41歳やーー。


■2009/4/5 試合結果

対ヤクルト 3回戦 京セラドーム

ヤ|220 020 100|7
神|300 000 210|6

勝:川島亮1勝0敗0S
S:林昌勇0勝0敗1S
敗:福原0勝1敗0S
HR:川島慶ツーラン2号、デントナ ツーラン1号
ヤ:川島亮-五十嵐-佐藤-松岡-押本-林昌勇
神:福原-渡辺-江草-アッチソン-ウィリアムス

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/04 (Sat) 今期、初観戦~

2009年4月4日(土) 神1-ヤ5(京セラドーム)

残念ながら、白星ならず……(悔)。
雨の降る花冷えの一日で、ドームでよかったぁ。

■試合前

一眼デビューした虎友がコンパクトなその相棒を嬉しそうに私に見せてくれる。
一方私の方はカメラを置いてきてしまった。
ヤクルトの打撃練習のファールボールがスタンドにドスンドスンと落ちてくるのを気にしながら、キャンプの写真など見せてもらっているとようやくタイガースの選手がグラウンドに出てきたので、ベンチ近くのフェンスに移動。
若手の坂と清水君が高校球児のように「1-2-3」と大きな声を出しながらアップを開始。
特に清水君の初々しいこと~。そしてベテラン勢は後ろから自分のぺースでゆったりついていく。
何本かランニングをした後で、キャッチボール開始。
新井と組んだ兄貴は、大きく右に逸れた球を投げてしまい、帽子を小さくとって新井に謝っていたのが印象的だった。「スマンスマン」と冗談ぽく謝るのかなと思いきや、締まった表情で素で謝っていた。
意外だなぁーと思ったのと、野球に対する真摯な姿を見たようで感銘を受けた。
しかし、キャッチボールの選手の中に矢野ちゃんの姿がないのは淋しい限りだった。
ファンの声援に愛想よく手を挙げて応えるメンチ……まだ余裕がありそうだ。
一方サービス精神旺盛ははずのひーやんは全く応えてくれなかった。何か思いつめたものがあるんだろうか??

トラッキーがレッツゴートラッキーを踊っている中で、メンチは一人アップを始める。
トレーナーを呼んでストレッチを繰り返すメンチをまねて同じようなポーズをするトラッキーが可愛すぎる~><
トラッキーのパフォーマンスに今年は”帽子をとっておでこピカー!”のメンチネタも加えられていた。メンチ早く目覚めなアカンでーー(笑)。

先発ピッチャーが発表され、タイガースは能見。一方ヤクルトは由規。
若手のイキのいいピッチャーにうちは弱いだけに、心配……。


■試合開始

試合の方はさらっと書いておこう(苦笑)。
ノーミンの立ち上がり、ゆったりしたフォームから躍動感あるピッチングで、さすがにOP戦での評判はウソではなかったのかな? 先頭バッターを打ち取ってひと安心していたら、2番川島慶にいきなりのソロホームラン……。
まあホームランやからええがな、と思っていたら、その後はピリッとせずにピンチを作っては1点ずつ取られるしんどい展開に。それぞれのピンチで1点に抑えたというのは救いかも知れなかったけど、立ち直ってくれるかというベンチの期待はかなえられず、5回に宮本に2点タイムリーを許して降板。

一方打つ方では、兄貴がチャンスで貫禄のバッティグ。唯一の得点をたたき出してくれた。
しなるように出てきたバットから、カキーンと乾いた打球音が響いたと思ったら、火の出るような当り!
ほんまに痺れたわー。
ところが、メンチが倒れて追加点ならず……。

その後も8回もチャンスを作るもののあと1本が出ず、メンチが倒れたときには大きなため息が。
スタンドの反応はさぞかしメンチの胸に突き刺さってることやろうなぁ。
嬉しいこともあった。
ひ~やんが代打で登場して初ヒット! 1本出たことで気持ちも楽になったのではないだろうか。今年もひ~やん期待できそうや。
キャッチャーでは岡崎、清水もそろって一軍初マスクを被っていた。

お手洗いに立つと外の空気が入り込んでいる廊下は冷え冷えして、試合同様に寒ぶ~~。
ビールじゃなくて熱燗が欲しくなったわ。

帰りに大正駅近くの居酒屋で反省会。
そこでも焼酎お湯割を飲み続け……10時位までクダ巻いてしまった(笑)。
ま、美味しかったからよしとするか(笑)。


■2009/4/4 試合結果

対ヤクルト 2回戦 京セラドーム

ヤ|111 020 000|5
神|001 000 000|1

勝:由規1勝0敗0S
敗:能見0勝1敗0S
HR:川島慶ソロ1号
ヤ:由規-五十嵐-松岡-林昌勇
神:能見-渡辺-阿部-藤田-江草

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/04 (Sat) 開幕 白星発進!

20094月3日(金) 神5-ヤ2(京セラドーム)

まずはよかった!
ぶっつけで臨んだ兄貴の第一打席。今日お誕生日! チャンスで見事火の出るようなライト前タイムリーヒットで先制~。いや~さすが! 本番でのこの集中力には脱帽だわ。
そして出ました、バースデーアーチ!
対照的に、新井君は凡打が続き……どんな後輩イジリが飛び出すやら、ニヤニヤしていた。

試合の流れを決定づけたのは1点先制したあと、2回のセッキーの3ランホームラン!
パチパチパチパチ~!!
OP戦でちょっと調子悪くしてたのが気になっていたけど、どうして、素晴らしいやん。

安DOはあまり調子は良くなさそうだったけど、苦しみながらも7回まで投げて、ジェフ、球児にスイッチ。球児はまだ本調子じゃなさそうで、まっすぐに威力が感じられなかったけど、徐々に上げていってくれるハズ。苦しむ球児に、昨年ゴールデングラブ賞の新井君が初失策してしまい、ピンチを作ったけど、落ち着いて0に抑えたあたりがさすがやね。
そしてジェフはクボタンの背番号30を帽子につけて投げていた。素晴らしき同士愛やなあ。

打つ方では、調子の良くなかった石川がマウンド降りた後のリリーフ陣に対してはわずかに1安打に留まったことが気がかり。
勝つには勝ったけど、けして手放しで喜んではいけないゲームでもあった。
とはいえ、まずは真弓監督の初勝利はめでたい。 巨人はグラで広島に負けたのもめでたい(笑)。
明日からも気を引き締めてがんばっとくれー。



■2009/4/3 試合結果

対ヤクルト 1回戦 京セラドーム

ヤ|000 010 100|2
神|131 000 00x|5

勝:安藤1勝0敗0S
S:藤川0勝0敗1S
敗:石川0勝1敗0S
HR:関本スリーラン1号、金本ソロ1号、ガイエル ソロ1号
ヤ:石川-佐藤-押本-丸山
神:安藤-ウィリアムス-藤川

2009年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/01 (Wed) 開幕1軍登録決定

残念ながら矢野ちゃんはファームスタートに。
でもファームで下さまとバッテリーを組むプランがあるらしい。
野手では林ちゃんがファームスタートということになった。広大、メンチは1軍でイクローも残った。
あまり報道に出てこないイクローのことを密かに心配していたんやけど、よかったな。。
ピッチャーでは、OP戦後半にあまり名前を聞かなくなったゾノや石川が外れた模様。
え?ゾノってどうしたんだろう??そして太陽が1軍とは、OP戦で打たれた印象が強かっただけに意外だった。


■投手(11名)
12 渡辺亮
14 能見篤史
15 藤田太陽
16 安藤優也
22 藤川球児
26 江草仁貴
27 S.アッチソン
28 福原忍
34 久保康友
54 J.ウィリアムス
56 阿部健太

■捕手(3名)
45 清水誉
57 岡崎太一
99 狩野恵輔

■内野手(6名)
1  鳥谷敬
3  関本賢太郎
7  今岡誠
9  藤本敦士
25 新井貴浩
35 坂克彦

■外野手(8名)
5  平野恵一
6  金本知憲
8  浅井良
24 桧山進次郎
32 K.メンチ
33 葛城育郎
51 桜井広大
53 赤星憲広

(以上28名)

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。