2008/08/31 (Sun) やはり内海も打てんのか~

8月31日(日) 神1-巨6(甲子園)

はぁ~~~、クライマックスシリーズは大丈夫か?!
タイガースは夏休み最後のナイトゲームで、ちびっこ達に勝利をプレゼントできなかった。

しかし、巨人さんありがとう~。初戦をよくぞ金刀で来てくれた……。でなけりゃ3タテ喰らうところや。(笑)


途中までは安藤もよう粘り、懸命にリードする矢野さんお姿をうっとり見てたけど、守ってばかりで、得点はなかなか出来ず、面白んないゲームやった。
まるでオリンピックみたいな重苦しさ……。一点取るのが大変で大変で……。同点になっても五回で安藤を降ろしたから、ヤバイなあ~、先は長いなあ~、と、嫌な気がしてたんよ。

ジェフは心配。打ち取った当たりがヒットになる不運もあったけど、巨人バッターの勢いに押されてしまったなあ。
久保田も球児も不安が残るし、僅差ではヤラレる危険が増している。
1番頼りになるんはアッチソンやけど、方程式が機能しない状況はなかなか厳しいぞよ。

タイガースの各バッター、振りが弱い気がするのは思い過ごしかな?


ま、一勝してるからまだまだ余裕はあるけど、 戦いの中でどれだけチームの調子を上げていけるか、正念場に差し掛かってきた感じやね。


■2008/8/31 試合結果

対巨人 19回戦 甲子園

巨|001 000 041|6
神|000 100 000|1

勝:山口8勝2敗1S
敗:ウィリアムス4勝4敗5S
巨:内海-山口-豊田-越智
神:安藤-アッチソン-ウィリアムス-橋本健



スポンサーサイト

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/31 (Sun) やはりグラは打てんか…

8月30日(土) 神2-巨3(甲子園)

そして、金村は勝てんなあ。。
真っ直ぐが弱いわ~。でも一失点であとはよう粘ったけどなあ。

最後はサヨナラ勝ちするところを、セ・リーグの灯を消さないよう「今日はこのくらいにしといたろ」と呟いて矢野さまが空振り三振、ゲームセット。
ま、しゃーない。


■2008/8/30 試合結果

対巨人 18回戦 甲子園

巨|100 002 000|3
神|000 001 001|2

勝:グライシンガー13勝8敗0S
S:クルーン1勝3敗31S
敗:金村暁0勝3敗0S
巨:グライシンガー-クルーン
神:金村曉-江草-能見-久保田-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/30 (Sat) 巨人をひと捻り

8月29日(金) 神7-巨5(甲子園)

久々のヤノ&シモ。
7回2アウトまでは完璧やったなー(笑)。
スンヨプのピッチャーゴロがまるでゴムまりみたいに不規則に跳ねたのには笑ろてもうた。
しかし、北京から帰ってきてこれが初安打とか……。
そこから5連打で3失点するんやから、野球ってやつは面白いわ。
シモをなだめる矢野ちゃんを見て、微笑ましかった。
ああ、やっと普通のペナントレースに戻ったんやなぁと、この2人を見て実感した。

逆転Vのためには、何としても3つ勝ちたい巨人は、当初グラ、内海、尚を中4日でぶつけてくるかと見られていたのに、なぜだか金刀くん。それも中13日だって。あーあー、何を考えてるのやらハラさんは……。結局、金刀くんには荷が重すぎて3回までに4失点。
前半で早々に勝負が決してしまう。(でも、最後は以外にもつれたが)

7回に二死から連打で三点失い、完封の目論みは潰えたけど、アッチがいい働きで繋ぎ、最後はジェフ。ここでも二失点で、「オイオイ」やったけどとりあえずノルマの一勝~!よっしゃ。


■2008/8/29 試合結果

対巨人 17回戦 甲子園

巨|000 000 302|5
神|301 111 00x|7

勝:下柳11勝4敗0S
敗:金刃0勝2敗0S
HR:バルディリス ソロ2号
巨:金刃-林-藤田
神:下柳-アッチソン-ウィリアムス

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/29 (Fri) 兄貴打、リン打、サヨナラだ~

8月28日(木) 神6-中5(甲子園)

お杉がイビョンギュに3ランを打たれると、きっちり3ラン返しの兄貴に痺れたけど、もっと痺れたのは9回裏の高橋との勝負でしたわ。

その前に、お杉はせっかく兄貴に逆転してもらいながら、6回にウッズを目覚めさせるソロアーチを浴びて同点にしてしまう。君は何だってそんなにお人好しなんや!

さらにセッキーのタイムリーで1点勝ち越した後、北京から帰国後初めて登板した球児がまさかまさか同点を許してしまう。球児は気迫のフィールディングで2塁封殺プレーなんかも見せてくれたんやけど、疲れは相当溜まっているみたいだ。北京での球児をテレビで見ていた中西コーチは調子が悪いことをすぐに見てとっていたらしく、帰国後も1カード1イニングに限定するプランまで検討されていた。

さて、同点を許したその裏、平野がヒット出塁、トリが送って、1アウト2塁でバッターは金本。
敬遠か?と思ったけど中日の選択は「勝負」。岡田監督は金本勝負をとうに見抜いていたらしいね。
1球ごとに局面が変わり、相手ベンチの腹を読み合い、次の手を打つ、岡田監督が最高のゲームと言っていたけど、勝負師としては答えられないゲームだったみたいだ。

高橋は、あわや頭部デッドボールというような球を投げられて甲子園は騒然とする。
ところが兄貴は驚異的な反射神経でこれを避けては、何事もなかったかのようにバッターボックスを外し、素振りを2回、3回。高橋をにらむこともなく涼しい顔でバッターボックスに入り静かにバットを構えた……。カ、カッコよすぎるぜ~、兄貴!
さらに内角を厳しく攻めるボールがあり、静かな兄貴も内側では闘争心に火がついていたんじゃないか。外側の球は大きく外れてボール。そして何球目だったかな? 見送ればボールだったストライクから低めに落ちて行く球を、腰を沈めながらうまく捉えて振り抜くと速い打球は瞬く間にライト前へ抜けていく~~。バックホーム体勢の浅目の守備だったため、これで1アウト1、3塁となってサヨナラのお膳立てを整えた~。
後は仕上げをするばかり。リンちゃんにも内角の厳しい攻めをしてきたので、何お~コノヤローと思いながら、リンちゃん打ってと念じていたら、これも低めの難しい球をうまく叩いてライトへの大飛球。
おっしゃー! サヨナラだ!

選手が集まりリンちゃんはもみくちゃ。
兄貴はどさくさに紛れて誰かに蹴りを入れていたわ(笑)

ヒーローインタビューは兄貴とリンちゃん。
リンちゃんのものまねをしたり、やりたい放題の兄貴でした(笑)
さらには、「新井大選手の代わりはなかなかいませんが、イクローとかリン君が頑張ってほしい」
と、欠場している新井くんを気遣う気持ちをお立ち台から届けていた。

4番5番、さらにはいぶし銀の6番セッキーが元気なら十分に戦っていけそうだ。



■2008/8/28 試合結果

対中日 20回戦 甲子園

中|003 001 001|5
神|103 000 101x|6

勝:藤川4勝1敗32S
敗:高橋0勝1敗1S
HR:金本スリーラン21号、李炳圭スリーラン11号、T・ウッズ ソロ25号
中:チェン-平井-小林-浅尾-中里-高橋
神:杉山-渡辺-江草-ウィリアムス-藤川

ヒーローインタビュー:金本、林

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/27 (Wed) 岩瀬が帰国後初セーブ

8月27日(水) 神1-中4(甲子園)

敵ながらまずはよかった。
しかし、今宵は満塁のチャンスを逃した後で、クボタンがドツボにはまってしもた。
パスボールで要らぬ失点をしたのが勿体ない。こんなシーン、いつか見たなあ……。
ボーグルそんは相変わらず3回り目で打たれるし、チャンスで矢野ちゃんバントミスと思ったらイクローが走塁ミスでゲッツー……結局得点すること出来ずでこの好機を逃したことが痛かった。。

ただよかったこともある。
序盤の大ピンチを救ったトリのファインプレー。トリはバントヒットも決めた。昨日に続いていい動きしてるわ~、これから走れる三番として活躍して欲しいな~。
兄貴も苦手小笠原からマルチ安打。矢野さまも帰国後初ヒット。
みっちゃんはまた調子アゲアゲで見事なタイムリーだった。

今夜は攻撃がちぐはぐで繋がらなかったけど、また明日から仕切り直しだ~。


■2008/8/27 試合結果

対中日 19回戦 甲子園

中|000 020 020|4
神|000 010 000|1

勝:小笠原8勝8敗0S
S:岩瀬3勝3敗28S
敗:ボーグルソン3勝4敗0S
中:小笠原-小林-浅尾-高橋-岩瀬
神:ボーグルソン-江草-アッチソン-久保田-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/27 (Wed) リンちゃん久々のホームラン! (途中)

8月26日(火) 神4-中0(甲子園)

タイガースが甲子園に帰っきた。そして五輪戦士たちも帰ってきた。
前記事の通り新井くんは登録されなかったけど、矢野ちゃんは代打からマスクも被った。ようやく落ち着いた試合ができるなあ。

6回のリンちゃん、完璧な当たりやったわ。バットの出がコンパクトで最短距離をヘッドが通り、まるで身体に巻き付くような完璧なスイングから放たれた目の覚めるような一発! その前に、アウト臭かったけど兄貴が全力疾走で出塁したのが実ったねえ。
そして岩田くんがまた勝った!

兄貴のタイムリーも効いたし、平野にくっつくようにしてホームに駆け込んだトリの走塁が素晴らしかった!!


■2008/8/26 試合結果

対中日 18回戦 甲子園

中|000 000 000|0
神|000 200 02x|4

勝:岩田8勝7敗0S
敗:佐藤充1勝3敗0S
HR:林ツーラン2号
中:佐藤充-長峰
神:岩田-久保田-ウィリアムス

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/26 (Tue) 新井くん、ゆっくり休んで

五輪組が合流するというこの日、ショックな発表が。
新井くんが腰の疲労骨折で登録見送り。一週間の絶対安静だなんて……。

満身創痍で戦ってたんやね。そこまでして行かないといけなかったのかい。
五輪後半わまた少し調子落としたみたいやったけど、振りはしっかりしてた…。腰は悲鳴を上げていたはずなのに。


朝のラジオで、アメリカとの三位決定戦を応援してきた道上さんが言ってたことやけど、試合の大勢がほぼ決した後半、敗戦処理のような形になってしまったダルが、糸が切れたか、ワイルドピッチをしたときにピッチャーよりも早く猛然と本塁にベースカバーに走っていたそうだ。それを見て感動したと、道上さんが言ってたのを聞いて、私も感動したんやけど、その時はすでに新井くんの腰は……。

五輪に行く前に、全身全霊をかけて戦う、たとえ選手生命が絶たれても…と壮絶な手記を載せていたっけなあ。
まさにそんな壮絶な戦いやったんやな~(涙)。
メダルを取れない絶望感の中で、日本代表として痛みを微塵も見せずに決して抜かないプレーを見せるこのひたむきさ……いじらしくて堪らないわ。でも見てくれてる人はちゃんといたわけやね。

ソフトボールなどと比べてオールプロで挑んだ野球チームに勝利への思いが足りないんじゃないかとか、やゆする論調があるけど、敗色濃厚な時に全力を出せるのは金メダルより難しいことかも知れない。新井くん、たとえメダルはなくとも、君の闘志は金メダルより輝いていたよ。
だから今シーズンはまず腰を治して。中途半端で出てきちゃいかんよ~。今年のタイガースが今の位置にいるのはあなたのおかげなんだから、後半休んだとしても立派な優勝の立役者よ。
今は、ゲームに出られず辛いと思うけど、しっかり治して力を蓄えてちょうだい。ファンはみんな待ってるよ!

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/25 (Mon) 際どいゲームやった

8月25日(月) ヤ0-神3(神宮)

友人がネット裏で観戦というので、早めに帰宅してテレビで見ていた。
雨が心配されたけど幸い大した降りにならなかったみたい。

いつの間にやら安藤12勝でグライシンガーに並びリーグトップタイ!
夏の終わりに桜咲く、代打に立った広大が今季初タイムリー。
鳥谷、ダメ押し10号ホームラン。

とタイガースが格の違いを見せたゲームだったけど、6回まで0-0。互いにいいプレーが出て守り合い、緊迫感のあるどちらに転んでもおかしくなかった。勝てたのは運も大きかったな。
そんな中で、ヤクルトは何度もチャンスを作るけど、安藤が粘りのピッチングを続けていた。
ポイントになったのは、6回のヤクルトの攻撃、福地のライトへのファールフライでサードランナーのガイエルがホームへ突っ込めなかったのが大きいんと違うかな。リンちゃんの捕球態勢がよくなくて、ましてやファールフライだったから、取るな~と思っていた見ていた。1点覚悟したらガイエルはスタートを切らない。その後を抑えて絶体絶命のピンチを0点の凌ぐと、次の7回にタイガースのチャンスへと結びつく。野球って本当にピンチの後にチャンスありやわ。
広大の当たりはどん詰まりやったけどここから、何かを掴んでくれるかな。

あとは8回のゲッツーも助かった~。マウンドには抜群の安定感があるアッチソン。得点した直後にセッキーのエラーで始まり、嫌な感じの回だった。案の定際、1死満塁の大ピンチとなったけど、ゲッツーで切り抜けられたのがどれだけ助かったか。審判さんありがとう。多分一塁はセーフ……いやいや、審判がアウト言うたらアウトや(笑)
(ランナーが打球に当たってアウトになるという幸運もあったなあ。。)

その後、久保田ンが劇場なしでピシャリと3人で抑えるとジェフもきっちり抑えて手堅く1勝。
ジェフはまだまだ本調子じゃないみたいやけど、平野のファインプレーが大きかった。
ファインプレーと言えば、光ちゃんも6回だったかな、ナイスプレーをしていた。
本当に守り勝った試合だったな。

8連戦は初戦雨で流したものの、白星スタート。明日からは五輪組も合流して甲子園での中日戦。
たった一日の休みでよう戦えるなあ。と関心してたら村田はもう試合に出ていてびっくりだったわ。

まあ、ボチボチといきましょ(笑)。


■2008/8/25 試合結果

対ヤクルト 17回戦 神宮

神|000 000 210|3
ヤ|000 000 000|0

勝:安藤12勝6敗0S
S:ウィリアムス4勝3敗5S
敗:石川8勝9敗0S
HR:鳥谷ソロ10号
神:安藤-アッチソン-久保田-ウィリアムス
ヤ:石川-松岡-押本

2008年のゲーム | trackback(1) | comment(2) |


2008/08/25 (Mon) あ~あ、涙雨

オリンピックが終わって始まったペナントレース8連戦の初戦はいきなりの雨天中止。
ベンチで、ヤクルトの福地とタイガースの光っちゃんたちが楽しそうに言い合いしている。
客を盛り上げるために、ダイヤモンドへ出てスライディングでもしてこいよ。いやいやそっちがどうぞ。みたいなことをジェスチャー混じりで言ってたので笑ってもうた。
しばらく待ったら試合するのかと思ったら、電光掲示板に中止の文字が……。
なんちゅうこっちゃ~。星野ジャパンの涙雨かなぁ。


■2008/8/24 試合結果

対ヤクルト 17回戦 神宮

雨天中止

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/24 (Sun) 【北京五輪】 決勝トーナメント結果

準決勝    日本2 - 韓国6
3位決定戦 日本4 - アメリカ8



<野球最終結果>
金メダル 韓国
銀メダル キューバ
銅メダル アメリカ
第4位   日本  
 
厳しい結末だった。
まずは、星野監督とコーチ、選手にお疲れさまと言いたいな。
そしてスコアラーの方や裏で支えてきたスタッフの方にも本当にご苦労さまでした。

結局予選通過順位と同じ結果になった。日本の一発逆転は叶わなかった。
「別の世界で野球をやってるみたいだった」と星野監督のコメントにあったけど、ストライクゾーンへの戸惑いや、0-3からでもフルスイングしてうる対戦相手のバッターへの警戒などで、「慎重に、慎重に……」という思いからか自分たちで試合をどんどん重くしていった感じだった。
守りの重さから攻撃にもリズムが出にくく、また機動力もなかなか使えなかった。アメリカとの試合では逆に機動力を使おうとしてヒットエンドランが失敗したり、予選リーグでもそうだけど、ゲッツーでチャンスを潰すシーンがあって不運も重なった。流れを自分たちに引き込めないまま、最後までもがこうとすればするほど追いつめられていった感がある。

全員がプロ野球の選手たち。その選手たちがペナントレースで戦っている野球と国際試合は、全然別モノだったな。事前情報はあったろうけど、対応するのが難しいかったのは全員が一流の日本のプロ野球選手だったから、と言えるかも知れない。
また、ただでさえ厳しい長丁場のペナントレースの中で、選手たちに課せられたものはとてつもなく重かっただろう。結果としてけが人が多く出てしまった。オリンピック期間、リーグ戦をストップして国を挙げてバックアップする韓国と違って、チームとしての準備期間も短く見切り発車的に北京に来なければならなかった。

采配や選手起用について、温情が仇になったということも否めない。
ただ、すべては結果論だから、負けてから原因を指摘し攻撃するのは易しいことやん。
絞り出すようにインタビューに応じていた星野監督と宮本キャプテンを見ていると本当に辛かった。

今回の五輪で金メダルが「使命」だったのは野球くらいだったのではないだろうか。
水泳や女子マラソンなどの金メダルが期待された競技はあったけど「使命」ではなかった。
次回大会から正式種目から外れ、プロ選手で構成されたというこもあり、金メダルが使命という風になってしまったことが、負けた時の傷口をより深いものにしてしまった。

ただ彼らは大きな責任と使命感を持って、さまざまな困難の中で懸命に戦ったと思う。
持ち上げるだけ持ち上げておいて、負けたらケチョンケチョンに叩きまくるというようなことだけはしたくないな。
選手たちは十分に身体を休める時間もないかも知れないけど、しっかりケアしてペナントレースで素晴らしいプレーをして欲しい。
北京の反省は、心の傷が癒えるまでもういいよ。時がきたら上手くいったこと行かなかったことを整理して、今後の国際試合に生かしていって欲しいな。

本当にお疲れさまでした、そしてオリンピックで見せてくれた数々の素晴らしいプレーに、ありがとう。

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/21 (Thu) 【北京五輪】 一次予選 対アメリカ戦

8月20日(水) アメリカ4-日本2 ※タイブレーク (北京 五棵松球場)

初のタイブレイク突入。
初級の入り方が難しいなぁ。バントでくるのか……というところで、簡単にストライクを取りに行ってしまった。痛恨のタイムリー。そして連打。
岩瀬は球威が落ちているのが気になる。星野監督は岩瀬に自信をつけさせようという意図があったのだろうけど、裏目に出てしまったなぁ。
その前の回に捕らえられていたから、続投に嫌~な予感がしたんや。
勝ちにこだわるならピッチャー変えて欲しかったけど、どっちでもいいわ。
決勝トーナメントに進めることには変わりないから、いいレッスンになったと思うことやな。


そうそう、昨夜はアメリカの攻撃で3アウトになってるというのに、時審判も電光表示も選手たちもみんな気付かずに試合を続けようとする珍しいハプニングがあった。
ちょっとみんな余裕が無くなってないかい?

気合いが空回りして焦りにならないように、腹を据えてかかって欲しいね。
泣いても笑ってもあと2試合。
頑張れ、みんな~!


(昨夜のよかったこと)

ダル、ナイスピッチング!
マー君も五回を好投!
祝、ムネリン復帰~!
新井くん5試合連続安打&盗塁も決めた!
背中でチームを引っ張ってるね。



あとは村田と里崎にに当たりが出てくれたらなあ。
ていうか、キャッチャーは矢野ちゃんで行こうよ!(笑)



■8/20試合結果
一次予選リーグ 対アメリカ戦 

米 000 000 000 04|4
日 000 000 000 02|2


勝:スティーブンズ S:ウェザース
負:岩瀬
本:稲葉1号ソロ

米:キャヒル-カミングス-ダンシング-ニール-スティーブンズ-ウェザース
日:ダルビッシュ-田中-川上-岩瀬

北京五輪 | trackback(1) | comment(0) |


2008/08/21 (Thu) 最後はヒヤヒヤ

でも勝った!
岩田君、久々の勝利!!長かったね。
今年ベストピッチとの噂も!

打っては久々のひ~やんのタイムリーヒット!
いや、よかった!

そして兄貴の20本塁打、下さま40代での10勝到達、矢野ちゃんは日本代表で頑張っているし、虎の不惑トリオに乾杯~。


■2008/8/21 試合結果

対広島 17回戦 広島

神|203 000 002|7
広|001 021 000|4

勝:下柳10勝4敗0S
S:ウィリアムス4勝3敗4S
敗:大竹6勝11敗0S
HR:鳥谷ツーラン9号、金本スリーラン20号
神:下柳-渡辺-江草-久保田-アッチソン-ウィリアムス
広:大竹-シュルツ-ブラウワー-永川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/20 (Wed) 連敗脱出

8月19日(火) 広5-神14(広島)


打った打った、選んだ選んだ。
この試合14四死球だったとのこと。
満塁男セッキーのグランドスラムも出た~。
トリがようやく不振から脱出した~。
あとは、大勝の後の大振りに気をつけて。



■2008/8/19 試合結果

対広島 15回戦 広島

神|150 007 010|14
広|000 310 001|5

勝:安藤11勝6敗0S
敗:宮崎1勝6敗0S
HR:林ソロ1号、関本満塁6号、嶋スリーラン7号
神:安藤-久保田-江草-橋本健-阿部
広:宮崎-牧野-岸本-上野-篠田-梅津

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/20 (Wed) 【北京五輪】 一次予選 対中国戦(途中)

8月19日(月) 日本10 - 中国0 7回コールド(北京 五棵松球場)

ピッチャーは涌井、矢野さまが先発マスクで惚れ惚れするリードぶりでしたわ。
GG佐藤の先制タイムリーの後、打席に立ち、得意の右打ちで初タイムリーも決めたv。

脇腹の肉離れと言われていた西岡がスタメンに戻ってきた。西岡にもタイムリー、さらにHRまで出て、ええ? ホンマに痛めてるの~とビックリするやら安心するやら。


しかし台湾に勝った中国だし、地元ということでちょっと警戒していたけどまずは順当に力を示してくれた。昨夜はスカイマークスタジアムでオリックス―楽天戦のグダグダな試合を見ながら、時折流れる試合経過にホッとひと安心でした。



■8/19試合結果
一次予選リーグ 対中国戦 

中 000 000 0|0
日 031 006 X|10

勝:湧井
負:王楠
本:西岡1号ソロ



北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/19 (Tue) 【北京五輪】 一次予選 対カナダ戦

8月18日(月) 日本1 - カナダ0 (北京 五棵松球場)

いや~~~もうドキドキの試合でしたわ。
終わってみれば稲葉さまの虎の子のソロアーチのみ。薄氷を踏む様な心臓に悪い展開だったけど、1-0の貴重な貴重な勝利をもぎ取った。これで決勝トーナメントへの出場へ向けて視界が開けてきた。一時は最悪の事態も頭をかすったけど、本当によかった!

成瀬が素晴らしいピッチング!
そして3回には荒木、中島と連続でファイプレーが飛び出すなど、バックがよく守った。

この試合も継投が本当に難しくて、星野さんは命が縮まったんじゃないのかな。
でも球児が素晴らしいピッチングで3者凡退に抑えると(キャッチャーも矢野ちゃんに代わった)、9回には絶好の追加点のチャンスが訪れ、「もらった」と思ったものの、点は入らず……もっともプレッシャーのかかる状態で上原が最終回のマウンドへ。

星野さんが絶賛するだけあって、上原は落ち着いたピッチングで完璧な火消しを務めて、ゲームセットの瞬間は、ヘナヘナになってしもうた。

インタビューでは「俺を殺す気か!」と言って笑わせた星野監督。でも本音だったでしょう。
ゲームセットの瞬間、そっと目を拭っていたとも……。
この試合はテレビ中継に終始監督の大きな声が聞こえていたけど、みんなが一つになって守り切ったナイスゲームでした。

さて、中国戦では油断せずに、でも打線爆発して勝ってほしいな。
頑張れ、星野ジャパン!


■8/18試合結果
一次予選リーグ 対カナダ戦 

日 000 010 000|1
カ 000 000 000|0

勝:成瀬 S:上原
負:ベッグ
本:稲葉1号ソロ

カ:ベッグ-デービットソン-グリーン
日:成瀬-藤川-上原



北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/18 (Mon) ハマにも3連敗(泣)

8月17日(日) 神1-横5(京セラドーム)

お杉が久々に1軍のマウンドに帰ってきた!
1,2回は上々の立ち上がりだったのに、あれあれ~という間に1点失うと、あとは坂道を転がるように失点を重ねていったなぁ。

打線は相変わらず湿りっぱなしで……。
でもアッチそんは中継ぎで安定したピッチングを続けている。中継向きやったんやね。
リリーフ陣に疲れが見えるので、アッチの活躍は心強い。

ま、個人的には9月23日の甲子園チケットを入手したので、そこまで胴上げを延ばしてくれるのは大歓迎なのだが(笑)。



■2008/8/17 試合結果

対横浜 16回戦 京セラドーム

横|001 301 000|5
神|000 000 010|1

勝:吉見1勝2敗0S
敗:杉山2勝2敗0S
HR:佐伯ツーラン2号
横:吉見-小山田-石井裕
神:杉山-江草-渡辺-久保田-アッチソン-ウィリアムス

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/17 (Sun) 【北京五輪】 一次予選 対韓国戦

8月16日(土) 日本3 - 韓国5 (北京 五棵松球場)

予選リーグの大一番とも言える韓国戦。あまりにも痛すぎる敗戦だった……(悔涙)
相手先発ピッチャーが好投すれば、ジャパンの和田もコースに投げ分ける丁寧なピッチングで0-0の緊迫した試合だった。
3回、4回とピンチをしのぎ、5回には3者連続三振で試合を引き締めると、その裏、和田の気迫に応えるように青木がヒットで出塁。初めてノーアウトでの出塁となった。荒木がきっちりバントを決めて、中島倒れた後、2アウト2塁で新井に打順が回ってきた。ここで韓国はピッチャー交代。
その3球目を思いっきりフルスイングでたたくと、打球は瞬く間に左中間スタンドへ~~。先制2ランホームラン!! 新井君のHRにもうどれほどに喜んだことか~。

ところが野球は本当に恐ろしい。
次の6回、その前にあれほどのピッチングをしながら、和田はホッとしたのか、はたまた慎重になり過ぎたのか、先頭バッターにいきなりのフォアボール。
それまで緊迫した場面の連続だっただけに、見ている方も「これで勝てる」と思ったから、この四球でヤバイと思った。ピッチャー代えた方がいいんじゃ……。

すぐさまベンチからベンチから大野コーチが出てきて間を取る。このタイミングで「交代交代」と私は叫んでいたんだけど、選手を信じる星野監督は続投。
しかしそれも実らず、次のイ・デホを追い込みながら痛恨の同点2ラン。
この試合、終始星野さんは静かに座っている場面が多かったけど、同点に追いつかれた場面で不思議なほど穏やかな顔をしていたなー。

そして、9回には守りのミスが重なってだめ押しとも思える3失点。
ジャパンの面々を黒くもが覆い尽くそうとしている感じだった。
ただ、その裏……、4番新井くんの気迫のバットが火を吹いて、3塁打でチームを引っ張ると1点を返し、直も一打同点まで追いつめた。
この粘りは絶対次に生きてくるに違いない。

星野監督は、試合後に「俺の継投ミス」と選手に詫びたという。これはできそうでなかなか出来ないことだと思う。2003年のタイガースでもそんなことがあったなぁ。
監督が自ら過ちを認めたことで、チームはまた前向かって進んでいけるんじゃないかな。

2敗はできると言っていた星野ジャパン。
すでに2つ負けてがけっぷちに追い込まれた。
勝負はここからだ~! 


■8/16試合結果
一次予選リーグ 対韓国戦 

韓 000 000 203|5
日 000 002 001|3

勝:尹  S:鄭
負:岩瀬
本:新井1号2ラン、李台浩2号2ラン

韓:金-尹-韓-権-鄭
日:和田-川上-岩瀬


北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/17 (Sun) 夏バテ?

8月16日(土) 神0-横4(京セラドーム)

相手ピッチャーが初モノのルーキーと聞いて、嫌~な予感がしたのが見事に的中~~。
3回だったか、先頭のリンりゃんが無死から気迫で3塁を陥れる3ベースヒットを放ち、無死3塁という絶好のチャンスで1点も奪えないから嫌な予感がしたら、その裏にボギーが吉村に2ランを打たれたがな……。

ああ、先発も中継ぎも打線もみんな夏バテやなぁ。


■2008/8/16 試合結果

対横浜 15回戦 京セラドーム

横|002 002 000|4
神|000 000 000|0

勝:桑原謙3勝3敗0S
敗:ボーグルソン3勝3敗0S
HR:吉村ツーラン24号
横:桑原謙
神:ボーグルソン-江草-久保田-アッチソン


2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/16 (Sat) 【北京五輪】 一次予選 対オランダ戦

8月15日(金) 日本6 - オランダ0 (北京 五棵松球場)

ベンチを映した映像を見てびっくらこいた。
なんと、ダルが丸刈りになってる!!
キューバ戦での思うようにいかなかった自らのピッチングの反省と次へ意気ごみを込めた丸刈りだろうけど、そんなことしそうにない子だからビックリ! 頭が随分小さくなって首がえらい長く感じる……。
しかし星野さん、こんなの見せられたらもう可愛くて仕方ないやろうなぁ(笑)。

さて、試合は、初回の4得点が鮮やかだった~。
西岡がフォアボールで出塁、青木ヒットで無死1,3塁。続く森野のタイムリーで1点先制。
そして、ついに出た! 新井君に初ヒット、それも貴重な2点タイムリー! パチパチパチ~。
さらに、稲葉さまの犠牲フライで1点追加。オランダは格下とみなされていたけど何が起こるかわからない国際大会、初回のリードで随分気持ちが軽くなった。

先発は杉内。素晴らしいピッチングでオランダ打線に付け入る隙を与えない。
でも日本の方もその後なかなか中押しが奪えずに0行進が続いた。

8回にようやくGG佐藤のオリンピック初ヒット、初アーチが飛び出して試合を決定づけた。
新井君は初回のタイムリーを含めて2安打。
星野さんのコメントがいい。台湾戦に負けていたら4番を変えろという話が起こってくるけど、ここで交代したら打てなくて代わったイメージがついてよくない。
ひとたび任せたら選手を信じるという星野さんの信念に見事に応えた新井君。
遂に目覚めたジャパン4番のこれからの活躍が楽しみだ~。



■8/15試合結果
一次予選リーグ 対オランダ戦 

蘭 000 000 000|0
日 400 000 02X|6

勝:杉内
負:スミット
本:GG佐藤1号ソロ

蘭:スミット-マルクウェル-ファンカンペン
日:杉内-田中-川上

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/16 (Sat) 最下位ハマに思わぬ大敗

8月15日(金) 神4-横11(京セラドーム)

もう星野ジャパンと柔道との掛け持ちで忙しくて……
内川に勝ち越し打たれてところでチャンネルを回していたんだけど、戻してみたら10点入れられていてビックリしたわ。リーソップが打たれたって??

その裏、無死満塁で兄貴四球押し出し。よっしゃー、この勢いで6点くらい入れちまえーーと応援していたら、セッキーがゲッツーを叩いてしまい……がっくし。

その後諦めて星野ジャパンを見ていたんやけど、8回にリンちゃんにビーンボール、さらに9回には兄貴に頭部近くを攻める危険な球を投げたとか。これに兄貴がバットを地面に叩きつけて珍しく激昂。
これだけの大量点がついているところで取る攻めとちゃうやろー!
何より兄貴が腹を立てていたのはキャッチャーの内川に対してだった。普通こういう場面ではキャッチャーが「すまん」謝るもんらしいが、内川は一切謝らないらしいわ(爆)。
そういえば、誰かのトークショーで、内川はタイガースナインに「マナーが悪い」とケチョンケチョンに言われているらしい。なるほどそういうしょーもない選手か、と納得させられる出来事だったな。

兄貴は好調を維持するために、前日休日返上で甲子園室内練習場で打ちこみを行っていたけど、快音が出ずだった。
今日の試合では是非コテンパンにやっつけてくれ!!


■2008/8/15 試合結果

対横浜 14回戦 京セラドーム

横|100 002 710|11
神|010 000 300|4

勝:ウィリアムス2勝1敗0S
敗:下柳9勝4敗0S
HR:吉村ソロ23号
横:ウィリアムス-石井裕-小山田-横山
神:下柳-リーソップ-渡辺-阿部-橋本健

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/15 (Fri) 【北京五輪】 一次予選 対台湾戦

8月14日(木) 台湾1 - 日本6 (北京 五棵松球場)

雨の影響で一時間遅れでスタート。
おかげで寝不足だわ(笑)


いや~~しかし中盤までどうなることかと思った。ベンチの星野監督の表情の硬いこと硬いこと。それが余計にゲームを重く感じさせた。

先発は涌井。
最初、低めの変化球を見られてカウントを悪くし、苦し紛れにゾーンを上げたところを打たれてた。
ところがこれが尻上がりに良くなってストライクゾーンを広く使った多彩な攻めで抑えていった。

台湾に先制を許した直後、阿部の会心の一発で同点に追いつき、大丈夫行ける!とベンチも勇気が沸いたと思う。さらに、次の会には稲葉さまのタイムリーで1点勝ち越し。しかし、畳みかけることができない。あと1本が出ない便秘状態(笑)。昨年のタイガースの試合を見せられているようなじれったさだった。
ランナーを置いて回ってくる4番新井の打席では、ことごとく凡退。
我が家の関心はいつ新井に1本が出るかということで、アウトになる度に「あーあ」と天を仰いだ。
いや~~苦しいやろなぁ、新井くん。打席の前のアップの表情なんて眼が血走っているようだった。
どうも選球眼に狂いが出ているような……ファーストストライクを見送って高めの釣り球に簡単に引っ掛かり三振する場面を見ると、焦りが見える。責任感の強い選手だけに、その心情を思うと何とか早く1本出てくれと祈るばかり。

湧井は6回でマウンドを降り、岩瀬、球児とつないだ。1点差という緊迫した場面。何が起こるかわからない国際大会。おまけに雰囲気は完全アウェー。そんな中で台湾バッターを3者連続三振に打ちとった球児の投球には痺れた~。

これがいいリズムになって、次の9回にようやく打線が目覚める。
連打で一挙4点。相手投手の四死球もあり、中島が初タイムリーを決めて楽にしてくれた。最後に出てきた台湾のピッチャーは大学生らしく、ちょっと可哀そうだった。
だけど、荒木の時だったか、デッドボールを当てられたとき、台湾のピッチャーが帽子を取って誤り、当たった荒木も、「大丈夫」とトレーナーの治療を断ってサッと1塁に出る姿は清々しかった。台湾のチームは本当に正々堂々とした気持のいい野球をしていたわ。
このイケイケの流れに乗ってタイムリーを決めてほしい新井だったけど、慎重にボールを見極めてフォアボール。解説の与田さんも言ってたけどこのフォアボールで「新井くんは大丈夫!」と安心させてもらったわ。少しでも早く1本のヒットが欲しい場面でぐっと堪えてボールを選べるんだから、新井君は偉い!

最後は上原が余裕を持って3者凡退締め。点差があったけど、落ち着いたいいピッチングでフォークも切れていたような。もう安心やね。しかし、あのどん底から闘将の期待に応えてここまで上げてくるんだから凄い選手や。後半戦のペナントレースが怖い……(笑)

さて、この試合、足の怪我の悪化でムネリンはスタメンを外れた。
疲労骨折の手前の段階とかで本当に心配。
そのムネリンは白いメガホンを持ってダルと二人でずっとベンチ前でナインを鼓舞している。
こういう熱い姿を見せられるとぐっとくるもんがあるねー。
本当にムネリンはいい選手だわ。数試合休んで状態が良くなれば嬉しいんだけど……。





■8/14試合結果
一次予選リーグ 対台湾戦 

日 000 011 004|6
台 000 100 000|1

勝:湧井
負:倪
本:阿部1号ソロ

日:湧井-岩瀬-藤川-上原
台:許-倪-張-曹-鄭

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/14 (Thu) 【北京五輪】 一次予選 対キューバ戦

8月13日(水) キューバ4 - 日本2 (北京 五棵松球場)

力が入り過ぎて実力が出せない試合だったなー。監督からしてガチガチって感じだったもん。

先発のダルは調子が戻り切らず、コントロールに苦しんでいた。
キューバ―のバッターがダルのまっすぐに差し込まれる場面もあったけど、パワーで打ち返して長打を浴びせてたなー。しかしもの凄い振りだった……。そうかと思えば追いこまれたらしつこく当ててくるし、わざと靴ひも結び直す姑息な手や、サインプレーで揺さぶりかけてきたり、本当に何をするかわからないチームだった。

星野さんは1戦2戦目の先発ピッチャーは国内ですでに言い渡していたらしいけど、何だか劇的な、気障な伝え方をしていたんだとか。私は頭はダルで来ないと思ったんだけど、星野さんらしくエースを頭に持ってきた。正統派のやり方やね。
ダルが調子悪くて、5回で代えるのかなと思ったけど星野さんは辛抱していた。エースにゲームを託した以上は選手を信じて我慢していたんやろう。結果論で言うのは好きじゃないけど、投手交代を早くしていたらゲーム展開は変わっていたかも知れないな。
星野さんの美学とポリシーを捨てなければならないのが一発勝負の舞台、今後の采配がどうなっていくのか注目したい。

二番手成瀬は2点失ったものの、その後は立ち直って見事にチェンジアップでバッターを幻惑していたから次回が楽しみ。さらにマー君もスライダーでキリキリ舞いさせていたから国際大会でも十分通用しそうやね。闘志むき出しのいい顔して投げていたし……好きだわ^^

日本は初回のチャンスをものに出来ず、犠牲フライの2点どまりで、あと1本の畳みかけができないのがあと後まで響いた。3つのゲッツーも堪えたな~。
ダルがピンチを作り降板の後、成瀬も抑えきれずさらに2点失ったその後からは、リリーフ陣がしっかり持ちこたえて0行進を続けただけに、惜しいのは前半のチャンスを生かしきれなかったこと。
緊張感もあるだろうしこんな試合もあると思うので、早く切り替えて欲しいもんやね。

それにしても足を痛めつつ、3打席連続ヒットでチャンスメイクをし、塁に出ては必至で走っていたムネさまの闘志には感動したわ。星野さんがその走り方を見てたまらず代走を告げにベンチを出たのに、「大丈夫、行かせてください」と身振りで断って同点のホームを踏んだもんねー。素晴らしいファイトだったけど、無理して出場もできないくらいに悪くならないか心配だ~。

タイガースの選手でいうと、新井君、ヒットこそ出なかったけど、犠牲フライでムネリンを走らせること無く返してくれた。早くHランプが欲しいところだろうけど、焦りは禁物やで。
そして、球児も8回を見事に抑えていた。球児のストレートは投げるほどにスピードを増していった気がする。外野まで飛ばされたものの差し込まれていたもんね。1回マウンドを経験したら落ち着いて投げられるんじゃないかな。本戦ではフル回転になると思うから頑張って。
さらに、試合には出なかったけど、矢野ちゃんは現地に帯同している日刊スポーツ虎バン記者に「タイガース大丈夫」と心配していたらしいけど(笑)、試合に入ればブルペンで各ピッチャーの球を受けながらしっかり準備をしていたんだと思う。リリーフのピッチャーはみんな良かったもんね。矢野ちゃんも頑張れ~。


■8/13試合結果
一次予選リーグ 対キューバ戦 

日 001 010 000|2
キ 011 020 00X|4

勝:ベラ S:ラソ
負:ダルビッシュ

日:ダルビッシュ-成瀬-田中-藤川
キ:ベラ-ラソ

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/14 (Thu) 流石兄貴~!連敗脱出!

8月13日(水) 巨2-神4(東京ドーム)

相変わらず内海に手を焼いていたタイガース打線だったけど、赤星が相手エラーで一気に3塁を陥れ、この日久々2番に戻ったセッキーの内野ゴロで1点返し同点に。
その後タイスコアでゲームが進み、星野ジャパンを見ている間に、まだ9時というのに延長戦に突入していた。
しかし、プロ野球とオリンピックで忙しかったわ(笑)。

マウンドにはクルーンが登場。
しかしクルーン様さまだったなー。制球定まらないクルーンがセッキー、トリと2者連続のフォアボール。トリの打席で岡田監督が耳打ちをしていたけど、どうやら「バントはない。ゲッツーしてもええから思いっきり打て」ということやったらしい。結局、四球で歩いたけど随分気持ちが楽になったという……。

ここで原監督が辛抱たまらずクリーンを交代。
一旦守護神にゲームを任せたら、タイガースの場合は任せるんだろうけど、クルーンへの信頼のなさが表れいるんじゃない? まあ、それほど巨人にとっては「6ゲーム差になるか、8ゲーム差に引き戻されるか」という大事なゲームだった。
ピッチャーはロッテを戦力外になり、巨人に拾われた藤田。そしてバッターは兄貴金本。
5連敗中のタイガースにあって一人気を吐いてチームを引っ張ってきた不動の4番……。

解説の掛布氏が「ここは1,2塁だけど、もう決めるつもりで行っていいと思いますよ」と言っている。それが聞こえたかのように、続けて内角へきたその2球目を狙い澄ましたひと振りは、目の覚めるような一直線の弾丸ライナーとなってオレンジ一色のライトスタンドに突き刺さる~。

もう、鳥肌たちましたわー。まさに「これぞ4番」
敵方の放送ながら実況アナに「これぞ4番」と言わしめるのは日本球界の中でも兄貴くらいじゃないんだろうか。

ダイヤモンドを回って、滅多にホームランを打っても笑わない兄貴が、嬉しそうに顔をほころばせてハイタッチしていた。いや~~嬉しかったナ。

その後、ジェフが二岡にソロを浴び、ちょっとハラハラしたけど、直後のバッターを打ちとったところで勝利を確信して星野ジャパンにチャンネルを変えた。
チームの泥沼を救ったのはやっぱり兄貴だったねー。ありがと~~兄貴!

キューバ戦前日に弟分の新井にメール売ったら、その返事で(タイガースは)大丈夫ですか?」と帰ってきたらしいけど、その新井くんは北京で第一線苦しい戦いをしている。でも兄貴の一発で弟も覚醒してくれるんじゃないかな。




■2008/8/13 試合結果

対巨人 16回戦 東京ドーム

神|000 100 000 3|4
巨|100 000 000 1|2

勝:アッチソン6勝4敗0S
S:ウィリアムス4勝3敗2S
敗:クルーン1勝3敗27S
HR:金本スリーラン19号、二岡ソロ1号
神:岩田-アッチソン-ウィリアムス
巨:内海-山口-クルーン-藤田-越智

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/13 (Wed) ズルズル5連敗

8月12日(火) 巨7-神0(東京ドーム)

しかも完封負け……

打線繋がらなんなー。
グラ打てんなー。
中継ぎ、疲れてるなー。

あ、そうそう、リンちゃんが一軍復帰で初ヒット。唯一の明るい話題かな?



■2008/8/12 試合結果

対巨人 15回戦 東京ドーム

神|000 000 000|0
巨|200 000 50x|7

勝:グライシンガー12勝6敗0S
敗:安藤10勝6敗0S
HR:小笠原ツーラン22号、ラミレス スリーラン31号
神:安藤-渡辺-江草-阿部-橋本健
巨:グライシンガー-山口-金刃

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/10 (Sun) 星野ジャパン壮行試合

8月7、8日東京ドームで初日が対パリーグ選抜チーム、二日目が対セリーグ選抜チームとの壮行試合が行われた。

初日は勝ったものの、ピッチャー陣ではダル、湧井といった先発ピッチャーが調子が出ず、不安を抱かせるものがあった。
打つ方は集中打で一挙にパリーグを逆転。まずまずの内容だった。
抑えの上原も調子上向き。
彼は、シーズン中あれほど不振を極めたというのに、自分がメンバーに選ばれた時、星野さんの気持ちをどう受け止めたんだろう。
勝利の瞬間、マスクをかぶっていた矢野ちゃんがマウンドに駆け寄って行って笑顔でハイタッチ。
二人ともいい顔だったけど、特に矢野ちゃんはブルペンを任されるキャッチャーとして彼の復調を自分のことのように喜んでたな~。
最近レギュラーシーズンではなかなかこのシーンを映してくれないので、久々に萌ぇ~~でしたわ(笑)
新井君は犠牲フライを打ったものの、星野監督から「犠牲フライでは仕事したうちに入らん」とゲキを飛ばされていた。新井君の性格を読んで闘争心に火をつけるためのコメントやろね。北京ではきっと打ちまくるよ~~。


二日目は4回、西岡のエラーから憲伸が連打を許して、まさかまさか1アウトも取れずに9失点。
悪夢を見ているようでだった。
セリーグを率いた原監督は「絶対勝つぞ」と気合を入れていたとか。日本代表チームに対して選ばれなかった選手たちの「何くそ」という気持ちがあったのだろし、方やノンプレッシャーの伸び伸びやられた感じやなー。
その後を引き継いだマー君も打たれて一挙10失点。高校野球かというスコアに星野監督の憮然とした表情が怖かった。

イニングが終わり、ピンチのきっかけを作った西岡にすかさず宮本キャプテンが声をかけていた。
首を痛めているという西岡、その影響もあるのかプレーが軽くて気持ちが入ってないように見える。そんな選手じゃないだけに気がかかりやなー。

マー君には矢野ちゃんがベンチで隣に座り身振り手振りを加えて熱心にアドバイスをしているではないか~!
その年の差20歳!(笑) 解説の金村さん、大塚さんも言ってたけど、経験あるベテランが惜しげもなく若い選手にアドバイスをするええ光景でしたわ。

攻撃では初回に新井の犠牲フライで1点先制したものの後が続かず、後半に村田のソロの2得点のみだった。ギリギリ間に合った男、ムラタ~これからの活躍が楽しみだ。
とにかくこの日は魔法にかかったように硬かったな。

でも、3回無失点の和田のピッチングはよかった。そして、上原は安定感があった、もう大丈夫そう。
キューバ戦のオーダーはまんまこの日と同じになる予感がするな~。


北京へは不安材料を抱えての出発になるけれど、それを発奮材料にして、現地で爆発してほしい。
がんばれ、星野ジャパン!!

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/08 (Fri) 今季初の4連敗、同一カード3連敗


シモさまがボーグルソンみたいになっちった。

兄貴とトリのホームランに沸いたのに、その後は打撃も淡泊だったなー。


■2008/8/7 試合結果

対広島 14回戦 京セラドーム

広|001 000 300|4
神|003 000 000|3

勝:岸本2勝2敗0S
S:永川4勝1敗22S
敗:下柳9勝3敗0S
HR:鳥谷ツーラン8号、金本ソロ18号、小窪ソロ2号
広:宮崎-牧野-岸本-横山-永川
神:下柳-渡辺-ウィリアムス

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/07 (Thu) あわわ、3連敗

無敵の強さを誇っていたタイガース。ここで躓いてみせるところが可愛いところ(笑)。
しばらくは、ハラハラ、ヒヤヒヤさせてペナントレースを楽しませてくれそうだ。(これは単なる強がり:笑)

何といっても先発ピッチャーに尽きる。さらに中継ぎで傷口が……。
ボギーはやっぱりボーグル損なピッチングやったし、リーソップも使えんわ。
球が速いだけでは捕まえられる。ものすごく投げやすそうな球に見えたし、実際簡単にスタンドに運ばれていた……(涙)
しかし、外国人選手のスカウティングがどうしてこうも下手なんやろ。

結局中盤までは何とか五角で戦いながら、中のピッチャーが持ちこたえらずに、雪崩現象で負けに持っていかれている感じやなぁ。
まあ、今日は昇格したばかりのアッチソンが2回をいいピッチングだったのが収穫か?
そうだ、昨日4失点したクボタンが二軍に落ちてしまった。
何かを崩している投げ方してたから、この機会に修正できるといいんやけど。。

オリンピック組がいない中で、岡田監督いろいろと試しながら我慢しながらやってる印象。
まだまだ慌てる段階じゃない。ここはじっくり試行錯誤の虎を見守ったろ。



■2008/8/6 試合結果

対広島 13回戦 京セラドーム

広|000 200 120|5
神|000 110 000|2

勝:高橋8勝4敗0S
S:永川4勝1敗21S
敗:リーソップ0勝1敗0S
HR:シーボル ソロ9号
広:高橋-ブラウワー-永川
神:ボーグルソン-アッチソン-リーソップ-江草

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/06 (Wed) 兄貴の一発が救い

8月5日(火) 神1-広6(京セラドーム)

狩野が今季初の先発マスク。
若い岩田とマエケンの投げ合い。
岩田くん、初回に1点の先制点を許し、なおかつ毎回ピンチを背負う危なっかしいピッチングだった。
リズムが悪くてボール先行。
広島が拙攻を繰り返し、ノーアウトのランナーを走塁死させるなど、まるでわざと点を取らないようにしてるかのような展開なのに、それ以上に岩田がピリッとしない。
広島さんの好意を無にするように、点を失うよう失うように投げてる……。そして、とうとう追加目を許してしまう。

もう見ているのがしんどくなる試合だった。

狩野は頑張っていたけどリード面での安心感は矢野ちゃんには及ばない。
オリンピックで抜けて一番痛いのは矢野ちゃんだろうと思っていたけど、その穴の大きさを嫌というほど感じたゲームだった。思えば9イニングすべての守りに及ぼす影響力。
縁の下の力持ち的なポジションだけど、改めてその重要性を感じされられたわ。
でも2点目を取られた時に、2塁ランナーを狭殺したプレーはよかったね^^

そんな中で兄貴はやっぱり兄貴だった。
追加点を取られた直後の回。兄貴からの攻撃で、何となくホームラン打つんちゃうかという予感がしたんだわ。
そしたら的中!!
前田の渾身のストレートを見事にはじき返しての目の覚めるような一発。
チームに喝を入れるようなホームランに流石兄貴と唸ったわ。

19点の大勝の時にも決して表情を崩さなかった兄貴。考えていることはよく分った。
こんな展開のときこそ、浮かれて油断することを恐れていたのだろう。

シーズン前に「覚悟」という言葉を使っていた兄貴。
チームがどんな状況になっても自分がどんなに不調になっても、決してブレない。
チームメイトのミスも全部自分が背負ってなおかつ、マイナスな空気に負けない……それが4番を張る男の「覚悟」だった。

兄貴の背中から立ち上っていたその気概。
それを感じられただけまだ救いがあったな。

試合は兄貴の一発で1点差に詰め寄り、不安定な岩田を6回で下げ、7回から久保田投入。
勝つための継投に入った瞬間だった。
ところが、これが大誤算であれよあれよと言う間の4失点。
投げ方がやっぱりおかしいな。。何かが崩れているような……。
それでも岡田はさらにナベリョウ投入さらに阿部、最後はハシケンを送り出したが、そのハシケン。先頭バッターにいきなりフォアボールを出した瞬間、苦笑いをしたのを見てムカっ腹が立った。
自分の立場を分っているの~~。そりゃ、この展開で切羽詰って自分を追い込める必要はないけど、あまりに緊張感もやる気も感じられない。負けてる展開でもきっちりしたピッチングをすれば次につながるというのにこれじゃまた二軍に戻されるで~。

ということで、五輪組が抜けた後の心配されたマイナス要素がドっと噴き出したゲームでした。
相手のミスにまったく漬けこめないタイガースがとても心配。
一旦流れに乗り損ねるとことごとく悪い方へまわって行く怖さを見せつけられた。
でも今夜のタイガース、守備の乱れがなかったことが切れてない証。また明日から仕切り直しだ~~。
岩田ぁぁ、狩野ぉぉ、がんばれ!


■2008/8/5 試合結果

対広島 12回戦 京セラドーム

広|100 001 400|6
神|000 001 000|1

勝:前田健3勝1敗0S
敗:岩田6勝7敗0S
HR:金本ソロ17号
広:前田健-ブラウワー-横山-上野
神:岩田-久保田-渡辺-阿部-橋本健

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/05 (Tue) めぐりあわせが悪いなぁ、金村投手

今度は先制点3点貰いながらも踏ん張れず……

なかなか勝てない金村~、気持ちを折らないように頑張ってほしいな。

しかし、三浦はカッコエエな。エースの意地で前夜の屈辱を晴らしたわ。


中日はマサがついに200勝達成~。にっくき天敵だったけど、いやぁ、よく頑張ったねぇ。
巨人負けて、マジックは39となった。
タイガースはまた今日から切り替えて前進するのみだ~。

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/04 (Mon) 何と、21安打19得点!

8月3日(日) 横2-神19(横浜スタジアム)

タイガースはド派手な花火で後半戦をスタート。
花火といってもホームランは1本だけか(笑)。それでこの点数と言うのが今年のタイガースを象徴している。

兄貴が5安打6打点の大活躍だった~。

しかし、点も取り過ぎると、面白くないな(笑)
そして反動が怖い……。


そうそう!小宮山くん、一軍初マスクおめでとう~。
そして広大もようやく一軍昇格。ファアボール選んだとき、お、よう見た!と思ったけど岡田監督も褒めてたとか。これからの活躍を期待しちょるよ。


■2008/8/3 試合結果

対横浜 12回戦 横浜

神|303 003 703|19
横|100 001 000|2

勝:安藤10勝5敗0S
敗:真田1勝2敗0S
HR:関本ツーラン4号
神:安藤-阿部-橋本健
横:真田-吉見-吉原-山北-横山

ヒーローインタビュー:金本

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索