--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/29 (Tue) 天(雷雨)が見方して接戦を制す

7月29日(火) ヤ3-神4(神宮) 8回表雨天コールド

オールスター前の公式戦最後の試合。前日試合を落としてヤクルトに1つ負け越したタイガース。今年は本当に高田野球に苦しめられている。
いいしめくくりをするためにも、ヤクルトにタイに追いつくためにも負けられない試合。

先発がボーグルソンということで、試合前から嫌な予感がしていたけど、何とか勝てた~。
投手リレーを見てみると、全員外国人ピッチャーやったね。こんなのも珍しい。
さて、立ちあがりヒットで青木の出塁を許すと、ヤクルト新4番 畠山にツーランを浴びて2失点。嫌な予感が漂う。

帰宅途中にラジオを聞きながら応援していたけど、解説は福本さん、実況楠アナ。いいテンポや(笑)。
矢野ちゃんが変化球を使ってピッチングの幅を広げようと懸命にリードしているという。
前回の反省からなのか、ボギーも首を振らずに素直に投げていた模様(笑)。

そんなボギーを援護するべく、反撃は3回。赤星内野安打。平野が1塁線に沿うように転がす絶妙のセーフティバント、さらに3番に入ったセッキーが三遊間の一番深いところへの内野安打で、ヤクルト先発、童顔で可愛らしい石川くんを真綿で首を絞めるように攻め立てる。当たりとしては(バントは別として)打ちとった当たりばかりだから堪えたと思うわ~。

ここで虎の4番、兄貴金本登場。
塁が埋まり逃げるわけにはいかない。しかし甘い球も投げられない。
外角の球で勝負していたけど、内には来ないと読んだ兄貴は、外角の高めの球を思いっきり1,2塁間方向へ引っ張って狙い澄ましたような2点タイムリーヒット!!
その後、追加点は取れなかったものの、互いの4番が打ち合う好ゲームの様相。

その裏、福地が足で稼いだ2塁打で出塁。宮本が平野に対抗するように絶妙のセーフティバント。
3番青木を何とか打ちとったが、畠山の時に、出た!宮本の偽装スチール。
バッターとの勝負に神経をすり減らしていたタイガースバッテリー。矢野が思わず引っ掛かって1塁へ送球。そのスチールは少しスタートが遅らせられている。1、2塁間に挟まれている間に福地が間髪いれず本塁へスチールしよった! 宮本はアウトになったけど、それより早く福地が本塁を駆け抜け、勝ち越しの1点を奪われた~。

ベテラン2人の素晴らしい連携プレーというべきか。高田野球ここにあり。というべきか……
しかし、こっちにとっては、むむむ~小ざかしい! と歯ぎしりしておりました。

実況の楠さん、セコイことやってきますねー。腹立ちますねー。相手がそうくるならこっちはポ~ンと1発で点を取ってやりたいですよねー。(笑) 
こんな実況が許せるのは虎バン主義のABCならではか?(笑)

福本さんも「そやそや」と頷き、聞いててる私も「そやそや!」(爆)

そしたら……
その次のタイガースの攻撃にバッターボックスに立ったボーグルソン。石川の投じた外郭低めのチェンジアップを強引に振りはらうようにバットを出したら、一直線のレフトスタンドへ!!!

えええええ?!ホンマに入った~~。

なんかマンガ見てるみたいやったわ。
その後、5回にも光ちゃんがライトへ大きなホームランを打って今度はタイガースが勝ち越し!
球威に押されて、最初はライト方向へのファールを繰り返したいた光ちゃんが、次第に打席の中で修正していってのホームランだった。
ヤクルト野手がジャンプして取ったようなし仕草に見え、最初入ったかどうかわからない。
楠アナの絶叫に笑ろてもた。
「どうだ?入ったか? (審判の手が)回ったの?回ったの?回ったの? 入った~ホーーームラン!!」

話を4回に戻して、突如乱れる得意技のボーグルソン。調子もあまりよくなく、福本さんも「今日は見切り早いよ」と言ってたんやけど、HRが出たので「これでおまけでもう1回、行くかな」
飯原にヒットを打たれて嫌な感じだったけど、1塁に出た飯原のスチールを読んで、矢野ちゃんの目が動く……(これは、あとでチェックしたフジ739の映像) 獲物を狙うトラのような眼で、カッコいいこと限りなし。
何度かボギーが牽制球を投げたのもおそらく矢野ちゃんのサインだったろう。
そして、走った~。投球をキャッチするや素早く持ちかえてこれ以上ないという素晴らしい返球で見事にアウト~~。もうシビレまくりでしたがな(笑)。 

その後は試合が動かず、タイガースは中日戦に続いて新外国人リーソップ登場。
ランナーを背負って途中からジェフがマウンドへ。
ジェフが貫禄を見せてここは抑え切った。
リーソップは使えるのか、見かけ倒しなのか、……よう分らんなぁ。

次、兄貴からの攻撃というところで雨がひどくなり約20分も中断。

ここからの実況は野球より面白かったかも??(爆)
聞きながら大笑いしてもうた。


楠 わーーーすごい、これは凄い、○○年実況してるけどこんな雨は初めてです!
   福本さん大丈夫ですか?

福 大丈夫ちゃうよ~、もうビショビショ。
楠 あーーホントに、福本さんのズボンの膝から下がもうずぶ濡れです。
楠 (スタッフに)これ、パソコン大丈夫? 大丈夫じゃない?
 
福 もう電源落としたら~。
楠 そうですね、落としますか。
福 おおおおおおおぉぉぉ!
楠 おお、来た来た来た~~~
福 おおおぉぉぉぉ これなかなか……おおぉぉぉ
楠 これは……うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。
福 これ、マイク持って逃げる?
楠 そうですね、我々も非難しましょうか。
福 もう絶対(試合)出来へんよ、こんなん。
楠 あ~ダメだ。マイクの線が伸びませんねぇコレ。
福 ホンマやね。もうええわ、ここまで濡れたら一緒やろ。
楠 いやぁ、でも福本さん……
福 うわああぁぁぁぁぁぁぁぁ
楠 おおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉl、福本さん、福本さん大丈夫ですか。わああぁぁぁぁぁぁ。
   もう、無理ですってば。こんな、お客さんも大変じゃないですか。

福 隣(国立競技場)の灯も消えたね。
楠 あーホントだ、向こうも止めたんでしょうね。早く、こっちも……
   しかしタイガースファンは帰りませんね。試合の行方を見届けたいということでしょう。
   もう、スタッフはズボン膝までまくりあげて靴下脱いでますね。いやぁえらいことになりました……


こんな感じで20分。
下手な漫才より面白ろかった!(爆)


■2008/7/29 試合結果

対ヤクルト 16回戦 神宮

神|002 110 00x|4
ヤ|201 000 0 |3

8回表降雨コールドゲーム

勝:ボーグルソン3勝2敗0S
S:ウィリアムス4勝3敗1S
敗:石川8勝8敗0S
HR:ボーグルソン ソロ1号、高橋光ソロ2号、畠山ツーラン4号
神:ボーグルソン-リーソップ-ウィリアムス
ヤ:石川-五十嵐-松岡-押本

スポンサーサイト

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/29 (Tue) 虎バン「虎動」

今回の虎バン「虎動」は矢野ちゃんを取り上げていた。

今季は先発スタメンを減らして、JFKが投げる時に試合途中でマスクを被ることが多い。
でも7月22日の試合は、4失点のゾノを2回で降板して、バッテリーごと交代してきた。この采配にびっくりしたファンは多かった。

ベンチにいる時にも、試合に出るのとは違った、広い目でゲームを眺めることができると矢野ちゃん。
見事にリリーフピッチャーをリードして、相手に傾いた流れを引き寄せた。
今季は実に渋いところでしっかりチームを引っ張ってる矢野ちゃん。オリンピックで選手が抜けるけど誰が痛いといって矢野ちゃんが抜けるのが一番大きいと思ってます。

いや~~それにしても、矢野ちゃんはマスク越しの横顔が一番かっこいいわ^^

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/29 (Tue) あと一歩

7月28日(月) ヤ4-神3(神宮)

移動日なしで神宮とはハードスケジュールやなぁ。
6回から見ていたけど、残念残念~。不運な当たりがヒットになったり流れが悪かった。
新井君はスタメンを外れ、代打で登場したけどヒットは出ず。
ちょっと心配だ~。

切り替えて、明日は絶対勝て~!



■2008/7/28 試合結果

対ヤクルト 15回戦 神宮

神|200 100 000|3
ヤ|030 001 00x|4

勝:村中6勝9敗0S
S:林昌勇1勝4敗25S
敗:久保田5勝3敗0S
神:上園-渡辺-阿部-久保田-江草
ヤ:村中-松岡-押本-林昌勇

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/28 (Mon) 敗因はセッキーの3ランホームラン?

7月27日(日) 神4-中6(甲子園)


先発は金村。好投しながら今季勝ちに恵まれず、前回は早い回に打ち込まれたので、この試合にかけるものがあったと思う。受けるキャッチャーを見て、おや?と思った。矢野ちゃんやん!
気分転換なのか野口から矢野へ。その矢野ちゃんのリードもあってか5回を無失点という上々の内容だった。
それなのに、見方打戦の援護に恵まれないなぁ。
相手投手はかつての天敵山本昌。これほど憎たらしいヤツはなかったけど、最近打ちこまれることが多くてちょっとかわいげが出てきたところだった。でも最近になって調子を取り戻してきたようで、そんな好調のマサ相手にタイガースは手こずりながらも、4回、相手ミスに付け込み先制点を挙げる。

金村に勝ち星をつけてやりたいタイガースベンチは5回で下げて、6回から渡辺をマウンドへ。
これが誤算だった~(泣)
セッキーのエラーで先頭打者を出すと、不運な当たりが続いて得点を許してしまう。
真っすぐが走ってなくて苦しい投球だった。連打を浴びてあっという間の6失点。オーマイガ。

その裏、リベンジに燃えるセッキーが、ランナー2人を置いて、粘った末にまたもやカキーーーン。伸びていく伸びていく、その瞬間「入るな!」と声を出したのに、入ってしまった。3ランホームラン。
ホームランはアカンて。ランナーなくなり攻撃が切れてしまう……。
結局、矢野がヒットで出たものの、その後がつなげずに3点で攻撃終了。そこからはチャンスを迎えもしたけど、結局追撃成らず(涙)。
投手リレーでは新外国人リーソップが発登板。3人をオール150キロ台の真っすぐでわずか8球で仕留めた……「らしい」。実は、ちょうどお風呂に入っていて見逃したのだ~。ラジオ聞きながら何とか早く上がって投げる姿を見たいと思ったけど、あまりにも早くイニングが終わって地団駄踏んだわ(笑)。
あとで、ハイライトシーンで見たらえらい手投げやね。変化球も見てないし、真っすぐだけではまだまだ使えるかどうか分らない……。

しかし、序盤照明が落ち10数分ほど中断するハプニングがあって、何となく嫌な雰囲気やったなあ。

話はセッキーに戻るけど、エラーをよほど悔やんでいたと見えて、3ラン打ってもニコリともしてなかった。
その後の守備で同じようなセカンドゴロが飛んできて、ドキッとしたけど、今度は難なくさばいていた。守備に就くときにものすごい表情をしてたよね、セッキー。前夜のヒーローが一転して奈落の底に突き落とされた感じだけど、凹まずに頑張れ!




■2008/7/27 試合結果

対中日 17回戦 甲子園

中|000 006 000|6
神|000 103 000|4

勝:山本昌6勝3敗0S
S:岩瀬2勝3敗27S
敗:渡辺5勝2敗0S
HR:関本スリーラン3号
中:山本昌-高橋-浅尾-岩瀬
神:金村曉-渡辺-阿部-リーソップ-久保田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/27 (Sun) ワンチャンス決めて勝利もぎ取った~

7月26日(土) 神2-中0(甲子園)

新井くんがスタメンに帰ってきた~。スタメンが発表されると大きな拍手が起こったとか。
やっと甲子園にスターが帰ってきたなぁ、あの新井君の実直なプレーがまた見れる。実直なんだけど華がある、不思議な選手や~。

先発はシモさま、一方の中日は小笠原との予想を覆して中田だった。
中日打戦は、不振のウッズを外して打戦を組み替えてきた第二戦目。まだ甲子園で勝ち星がない。
まるえ2006年と逆パターンやん。

さて、プレーボールのコールがかかり、マウンドのシモ様はグラサン姿だった。前回、立ちあがりに3失点取られた時の原因に西日が眩しかったということが挙げられていたけど、その対策として練習からサングラスをつけていたけど、初めてマウンドでサングラス姿を披露した。
立ち上がり、1、2番に連打を許し、いきなりピンチを迎えてしまうが、そこから3,4.5番を抑えて何とか無失点に切り抜ける。
バルの素早いホーム返球、矢野ちゃんのブロックもよかった~^^

2回にはまたもやノーアウト満塁のピンチ。
中日の各打者がシモさまの低めを捨てて、高めを狙うように徹底されていた。
誘い球の低めには決して手を出さず、高めの釣り球にバットが空を切る。ちょっと中途半端になるとバットに当てられる……その狙いをバッテリーも察知して攻め方を変えてきていた。さすがはベテランバッテリー。右バッターの多い中日打線に対して、外からのスライダーを上手く使っていた印象がある。
このピンチも井端をゲッツーに仕留めて切り抜けた! いやもう痛快でしたわ。

一方打戦は、中田に苦戦。球の威力もあったしコントロールも良かった。
凡打の山を築いて嫌な感じだった。序盤はまさに中日の押せ押せムード。
そしてチャンスは4回に巡ってきた。二死から新井が森野のエラーで出塁。兄貴フォアボールで二死、1,2塁の場面でセッキーに打順が回る。不思議と調子のいい選手がチャンスで回ってくるようになってるなぁー。そのセッキーの当たりはセンターへ高く上がった打球が浜風に流され、レフトとセンターが交錯~、その間に新井、金本と2者生還、打ったセッキーは3塁へ到達。堂々たるタイムリー3ベースヒットだ!! ここでトリにも1本ヒットが欲しかったけど、残念ながら3点目はならず。

さらに6回、またもや2アウトから新井君が復帰後初ヒットで出塁。前日に続いてファーストストライクを簡単に見逃すところが気になったけど、その後良く粘ってセンター前へ。
すると19打席ヒットのない兄貴が、外角高めの球を思い切りしばいて左中間を破る2ベースヒット~。
新井が3塁へ進み絶好の追加点のチャンスになった。
でも、兄貴は左中間が空いてるのを見て、一気に新井を返そうと狙い打ったらしい。不振で苦しんでるのかと思いきやこれだから兄貴は凄いわ。
またもやチャンスで5番のセッキーに打順が回り、甲子園はわっしょい、わっしょいの大盛り上がりとなったけど、残念ながらここではヒットが出ず無得点に終わった。
でもセッキーはこの夜、華麗なバックハンドトスで守備でも見せてくれた。ファインプレー集は藤モンが主役だったのに、今季セッキーのプレーがたまらない!

さて、2点差を守り切るのは結構ヒヤヒヤもんだったけど、シモさまが6回まで0で守りきり、7回から久保田、ジェフ、球児が完璧リリーフで守り切った。
9回は2アウトから井上に2ベースを許した後、代打ウッズという展開に「何してくれんねん」と思ったけど、オール直球勝負で最後は高めの球を空ぶり三振に仕留めた~。球児、スイッチ入りまくりだったねぇ。カッコ良かった。最近無精ひげもなくなってホントよかったわ。(笑)

■2008/7/26 試合結果

対中日 16回戦 甲子園

中|000 000 000|0
神|000 200 00x|2

勝:下柳9勝2敗0S
S:藤川3勝1敗32S
敗:中田6勝6敗0S
中:中田-高橋
神:下柳-久保田-ウィリアムス-藤川


2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/26 (Sat) セッキー、気持ちで打った満塁弾!

7月25日(金) 神7-中1(甲子園)

まさに圧勝でしたな~。川上憲伸を完璧に打ち砕いて、ぐーの根もでないほどコテンパンにやっつけた大きな1勝~。

まず、先発安藤が最高の立ちあがりを見せると、その裏、赤星くんが大きく弾む内野安打で出塁、3番トリのライトへのヒットで中日の返球にミスが出ての早くも1点先制。ヒットが途絶えている四番金本が進塁打で最低限の仕事をするとセッキーのタイムリーで2点目。2点取れたことで見方は大いに勇気が沸いた。

圧巻は、5回。赤星がまたもや相手野手をあざ笑うかのような内野安打で出塁してチャンスを作ると平野がセーフティバント、金本が敬遠気味に歩かされ満塁となって、バッターが恐怖の5番打者、関本賢太郎~。これがよう粘ったわ。浜風を恐れて右バッターには外勝負できていたバッテリーに対して、クサイ球を何度もファールで粘るセッキー。その表情は文字通り「必死のパッチ」で気合入りまくりでしたもん。何かをやってくれる……と予感させるものでした^^
とうとう投げるところがなくなったのか、1球内側にと思ったのか、外狙いのセッキーに内角の球が来た。解説の真弓さんは、「予期せぬ内角の球に思わず反射的にバットが出たのではないか?」とセッキーの心理を読んでたけど、その通りの一撃だったみたい。クルンとバットを出して上手く捌くとこれが一直線にレフトスタンドへ飛んで行くではないか~~~~~! 満塁ホーーーームラン!!!
いや~~もう興奮しましたわ。

このところのセッキーは神がかってるんちゃう。入った瞬間の岡田監督の嬉しそうな顔が印象的。
二軍時代には「勘違いするな、おまえはホームランバッターじゃない」と繰り返しバントの練習を積ませた。身体が大きく二塁手には向かないのではという周囲の意見をよそに名内野手に育てた。
可愛い秘蔵っこながら、今年は平野を入れて大きな試練を与えた岡田監督。
セッキーは、「俺らではアカンということか~」と悔し涙に暮れたという。

改名して挑んだ今季。開幕のスタメンからは外された。やっと回ってきた出番は代打でのバント。
大事な場面でセッキーはバントを決め続ける。
平野が故障で離脱すると、彼とは違った確実さ堅実さで頭角を現してきたセッキー。
リンちゃんと新井の故障で初めて5番に座った時は、送りバントと兄貴の走塁をダミーでアシストしてその後すぐに代打を出されたりもした。どんな場面でもコツコツと自分の役割ここなすことに力を注ぎ続けたセッキーに野球の神様がほほ笑んだのだろう。

しかし、2番も打てる。5番も打てる、二塁も三塁も守れるとは何というプレーヤーだろう。
素晴らしいわ、セッキー!!

そして、この日ベンチ入りを果たしていた新井君が代打で登場し甲子園に大きな歓声が沸いた~。
お帰り~~待ってたよ。でも無理せんといてな~。。
ストライクを簡単に見逃していたのが気になったけど、その後粘って外角低めの球に良くついていってた。結局ライトフライに倒れたとはいえ、あのへたり込む様な一番悪い時からしたら随分力強いスイングで安心したわ。

投げては安ドゥが、あわよくば完封というナイスピッチング。8回にちょっと捕まったものの、凡打の山を築いて9回をひとりで投げ抜いた。

まさに快勝というのにふさわしいゲーム。
ヒーローイン他ビューも最高だった。「みなさん自分の出したゴミは自分で持って帰りましょう」
選手にそんなこと言われるのは恥ずかしいけど……セッキー、よくぞ言ってくれた~!!!



■2008/7/25 試合結果 

対中日 15回戦 甲子園

中|000 000 010|1
神|200 040 01x|7

勝:安藤9勝5敗0S
敗:川上7勝5敗0S
HR:関本満塁2号
中:川上-山内-金剛
神:安藤

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/25 (Fri) 新井くん、全部出ると?!

無茶やがな~~と新聞見て思わず呟いてもうた。

腰は少しずつよくなってるという。西福寺の住職から気ももらい、痛み止めの注射に針、マッサージと出来ることは全部やって懸命の治療が功を奏したのなら、本当によかった。

練習を終えた新井選手いわく、ペナントレースもオールスターもオリンピックも、みんな大事。どれも出たい。

今や、茶番となりつつあるオールスターにも、出る、ときっぱり言うのが新井くんらしい。
選んでくれたファンのためにも休めないとは、どこかの海の向こうに行ったヤツに聞かせてやりたい言葉やなあ(笑)。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/24 (Thu) 完敗、あ~突如崩れるボーグル損

7月23日(水) 神0-巨5(甲子園)

代打、継投とも原采配がズバズバ当たり、岡ちゃんは上手くいかなかったなあ。

しかし、、相変わらずやな、ボギーは……。
真っ直ぐばかり使い過ぎ、球威が落ちるたところを狙い撃ちにされる。さらに打たれてカッカきて傷口を広げる。何度同じ失敗したら分かるんや、頭悪すぎるんちゃうか~。

打つ方はまたもグラを崩せんかった。このところ一割台に調子を落としてる兄貴は、浜風がなかったらという惜しい当たりがあったものの、八回のチャンスには倒れてしまい、ヘルメットたたき付けて自らへの怒りをあらわにしていた。
二年前の秋の巨人戦でも打てずに激しい怒りをぶつけてたよな~。兄貴の強い責任感が出ていて、逆に何か尊いもののような気がした。
兄貴、次は期待してます。


■2008/7/23 試合結果

対巨人 14回戦 甲子園

巨|000 004 010|5
神|000 000 000|0

勝:グライシンガー10勝6敗0S
敗:ボーグルソン2勝2敗0S
巨:グライシンガー-山口-上原-豊田
神:ボーグルソン-渡辺-江草-石川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/23 (Wed) 遂に灯ったM46!!

ゾノが4点目を失った時には、アカンと思った。相手ピッチャーは苦手の内海だし……今日を落としたら明日もやばいぞ。
3タテ食らうかも知れない……。
マイナス思考の虎ファンのサガで悪い方へ悪い方へと想像が膨らみながら、車を運転していた。

すると2回裏に巡ってきた1,3塁というチャンスに、岡田監督が早々とゾノをあきらめた。
バッターボックスに向かっていたのを呼び戻して、代打矢野。
岡田さんがそんな交代をするのは極めて珍しい。矢野ちゃんは残念ながら凡退でチャンスを逸したものの、「今日が絶対に落とせない試合だ。ここから繋いで逆転するぞ!」 という強い意志を感じた交代劇だった。結果につながるかどうか分らないけど、このメッセージはきっとナインに伝わるぞ。
と思っていたけど、確かに伝わってたーー。

今年のタイガースの強さは、ベンチの意志を選手がよく分っていて、選手それぞれ役割は違うけど、ひとつになって戦うところだと思う。だから決してブレない。

その後を託されたリリーフ陣は、いかに大事な仕事かをよく分っていて、阿部が3,4回をピシャリと抑える。江草が1イニングをこれまた0封。そしてナベリョウ。ランナーすら出さない完ぺきなリリーフで流れを作っていく。なんか鳥肌たったわ。

で、チャンスは相手エラーで与えてくれたものだった。
光ちゃんのライトへ抜ける当たりを、清水が後逸。ランナーのセッキー2塁を回って3塁へ。そして、なんと3塁を蹴って本塁まで帰ってくるではないか~!
ジャイアンツ外野陣の動きの緩慢なこと。エラーはしゃーないけど、本塁まで許したらアカンやろう。
これがきっかけになり、小笠原のエラーも出て結局3点。2回に倒れた矢野ちゃんもきっちりタイムリーを決めてくれた。

これで差は僅か1点。
更に四回には兄貴の打球をまたも小笠原がハンブルして、これをきっかけに怒涛の四点攻撃。ひ~やんが渋い内野ゴロで決勝点を挙げた。チームのためにヒットを捨てられる素晴らしいベテランやん。ダメ押しの矢野ちゃんはこの夜3打点の大活躍。絶好調光信はきっちり仕事をするしセッキーの地味な繋ぎも大きかった。
最後はJEKが締めて三回以降一点もやらない完璧リリーフだった。
ピッチャー七人注ぎ込んだのは今期初。最終回、仕事を終えてベンチで球児のピッチングを見守るリリーフ侍たちの、いい仕事をした表情はこの上なく頼もしく見えたわ。

ヒーローインタビューは矢野ちゃんに加えて阿部と江草。広報さんさすがや~。インタビュアがショボくて逆に矢野ちゃんに助けて貰ってたのが残念やったけど、ともに初の甲子園でのお立ち台でよかったね。


■2008/7/22 試合結果

対巨人 13回戦 甲子園

巨|310 000 000|4
神|000 340 00x|7

勝:江草3勝1敗0S
S:藤川3勝1敗31S
敗:内海6勝7敗0S
巨:内海-越智-上原-藤田
神:上園-阿部-江草-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/22 (Tue) 巨人の執念が虎に立ちはだかったか


7月21日(祝・月) 神1-巨3(甲子園)

木佐貫を打てなかった。
木佐貫といえば、兄貴への危険球退場を思い出す。
「気にするな。また思いっきり攻めてこい。」その言葉通りに、思いっきり攻めて来よった。よりにもよってまた兄貴の頭部近くをかすめる球まで投げよったがな。

こちらは、何とかという横浜から来たキャッチャーに打たれたホームランが痛かった。
ちょっと不用意に入ったところをガツンやもんなー。
ストレートの切れがシーズン序盤よりかなり落ちているらしく、変化球も威力を増さない。
それが勝てない一番の原因みたい。

ならば打戦が、前日あんな追い上げを見せた打戦の爆発を期待してたけど光ちゃんのタイムリー1本に留まった。

巨人は二岡の復帰が空気を変えた印象。
打席に立つたびに起こる甲子園の歓声は半分冷やかしもあったろうけど、彼がグラウンドに立つことで何か大きな勇気をナインに与えていたような気がする。

タイガースのプレーでは、セッキーの2つのファインプレーが光った。
あのバックハンドのグラブトス!!!
アライバも真っ青の素晴らしいプレーに、何度リプレイを見たか。
その後、8回か9回にも深いところを踏ん張って取ってジャンピングスローという美技も飛び出した。
見た目ではあんなプレーをしそうにないセッキーが……すごいわ。
打ってはきっちりバントを決めるし右打ちもうまいし、激しいポジション争いの中でどれほど自分の技術を磨いてきたがうかがい知れる。
セッキーのプレーを見れただけで、もうこの試合は満足でした。

それから、ピッチャー豊田、バッタートリの時、打球が豊田のクラブの網目に挟まって取れず、最後はグラブごとファーストへ投げる珍プレーもありました^^

気になる新井君、ベンチ入りはなし。
ゆっくり直させようということだろうけど、新聞ではオールスターを辞退するとか。
状態は深刻なようで本当に心配。
ここまでタイガースをけん引してきた立役者だけに、何とか早く良くなってもらいたい。
ただただ回復を祈るだけやわ。





■2008/7/21 試合結果

対巨人 12回戦 甲子園

巨|001 200 000|3
神|000 000 100|1

勝:木佐貫5勝3敗0S
S:クルーン1勝2敗25S
敗:岩田6勝6敗0S
HR:鶴岡ツーラン1号
巨:木佐貫-山口-豊田-クルーン
神:岩田-江草-久保田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/21 (Mon) わっはっは、危うく勝つとこやった(笑)

7月20日(日) 中7-神6(ナゴヤドーム)

先発は金村。移籍後3戦目で好投しながらまだ勝ち星がない。
相手先発は吉見、今季先発したり中継ぎに回ったりと大変な使われ方をしている。
が……二軍落ちだとか。厳し――。

まず、先発の金村は竜打線の狙い打ちにあった印象。ストレートが走ってなかったのか変化球が多く低めに丁寧に集めようとしていたけど、誘い球のボールは見極められ、ストライクゾーンに入ったところを狙い打たれた。
もう少し高めのボール球を使えたらなぁと思ったんやけど、どんなもんだう。

立ちあがりは3塁にランナーを背負いながら何とか切り抜け、らしいピッチングを披露するも、2回、先頭の和田にいきなりソロアーチを浴びるとフォアボールとヒットなどを連ねられ、1アウト満塁のピンチ。ここで平田だったかがセカンドゴロを打ち、そら、ゲッツー!と焦ったんやろうな。セッキーからの返球が少し外側に逸れ、受けるノグッチは球を見ずに完全に1塁を見ていた。捕球ミスでさらに1点を失う。
3回にもノリにスリーランを打たれて5点差。大きなビハインドを背負ってしまう。

まだゲームは分らん。3点返してみ、面白くなるで……。
それが聞こえたかのように4回、みんな繋いで作ったチャンスでイクローが仕事を果たす。ええ当たりやったなぁ、2点タイムリーだ~。
ここで落合は早々と吉見から中田へピッチャー交代。落合の怒りを感じる交代やった。

なおも2死1,3でバッターはルー。

中田は球は速いが制球が悪い。じっくり球を見極めて好球必打が求められる場面。
しかし、ルーかぁぁぁぁ。嫌な予感がした。予感的中。
ルーはとんでもないクソボールを空ぶり、自分た打ちたい打ちたい一心で打席に立っているように思われ、ニッポンのヤキュウはまったくわかってないね。(育成枠から頭角を現してきたバルはちゃんと分ってんのに……。)
その後同じような低めの球を空振り三振したときはテレビの前で激怒しましたわ。

その後5回に金村が連続ソロアーチであっという間に5点差に逆戻り。
完全な負けパターンだった。

ここで我が家のテレビは大河ドラマの「篤姫」へ浮気(笑)。

見終わった後再びサンテレビに戻すと、石川くんが2度目のマウンド。
ああ、負けてるんやな、と思いながら興味を持って見守っていた。
球威がいま一つ。金村と同じように低めに変化球を丁寧に投げようとしていて、たまたまいい当たりが野手の正面についたり、見方の好プレーに助けられて無事に乗り切った印象。
でも、ひとつひとつ打たれながら身につけて行ってほしい。
興味深かったのは点差のあいた試合で、ルーキーが守る後ろで先輩野手のトリが平野が、緊張感をまったく失わずいいプレーで盛りたてていたこと。
この姿勢でゲームに臨む限りはタイガースは大丈夫だと思わせた。


圧巻だったのは5点を追う9回タイガースの攻撃。
今のタイガースなら分らんで、セリーグの灯を消さないために負けるのもやむなしやけど、下手したら逆転してしまうからなぁなどと冗談を言ってたら、冗談が冗談でない展開になっていった。

先頭打者のルーがヒットで出塁。その瞬間、さっき打てよ~とまだ怒りが収まらない(笑)。
バルが繋いで無死1,2塁。そして赤星君がピッチャー返しの痛烈な当たりで満塁となる。
ここで落合が中田をあきらめピッチャー岩瀬。
おおおおおおお 5点差あるのに岩瀬かよぉぉ! とだれもが驚いた。

その岩瀬にも虎打戦は襲いかかる。
平野に代えて代打、光信。この3連戦いい活躍をしているみっちゃんがまたやった。

つづく鳥谷の当たりは竜バッテリーへのダメージの大きい、詰まってレフト線にポトンと落ちる二点タイムリーヒット。
2点差やん、この試合分からんで~。
そして頼れる兄貴、状況を読んだ上手いバッティングで打球がセンターを転々と抜けていく。また一人還って一点差!!
セッキーの当たりは惜しい外野フライでツーアウト。ここで代打矢野ちゃんがしぶとく繋いで満塁に!


あかん、次、ルーやがな~。

案の定、ランナーがいたら打てず、ボテボテの内野ゴロ。

ビンゴ~!

ドラマチックな追い上げもここまででゲームセットでした。

いや~負けたけど面白かった。



■2008/7/20 試合結果

対中日 14回戦 ナゴヤドーム

神|000 200 004|6
中|023 020 00x|7

勝:中田6勝5敗0S
S:岩瀬2勝3敗26S
敗:金村暁0勝1敗0S
HR:和田ソロ11号、ソロ12号、中村紀スリーラン16号、T・ウッズ ソロ21号
神:金村曉-阿部-石川
中:吉見-中田-岩瀬


2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/20 (Sun) 光ちゃん、古巣へ初の一発

7月19日(土) 中2-神7(ナゴヤドーム)

いや~~~強い、強すぎる。新井と林ちゃんが抜けてるというのに、なんちゅう強さや。
先発は安藤。そして竜は小笠原。
タイガースオーダーは首が悪化している赤星くんを休ませて、1番平野、2番セッキーに3番トリ、5番は2軍から上がったばかりのルー(ルーかよ~)、さらに6番は高橋光。ん?今季初先発かな?

その平野が盛んに粘って、ひとりで30球以上の球を投げさせた。いい働きしてたわ。
さらに、トリが3番になっても好調を維持。1点先制されたあとランナー2人を置いて見事な3ランホームラン!

その後1点返されて、ちょっと嫌な流れになったあと、フォアボールの兄貴を置いて、値千金の2ランホームラン!よっしゃー! 古巣への強烈な恩返しになったわ。
ベンチに帰ってもちょっと感激したような表情してた、本当によかったね。

その後も連打で2点を挙げ、実は当たりが止まっていて内心心配していたひ~やんにもタイムリーが出た。
安藤は5回でマウンドを降りたけど、ナベくんと江草があとを守ってJFK温存。言うことなしの展開でした!

さて、この試合、Jスポーツ2で見てたんやけど、竜サイドからの放送。
アナウンサーと解説者から出てくるのは弱気なコメントに嘆きとため息という有様でした。
数年前までと立場逆転で野球は面白いと思った。

タイガースはファンがすごい、赤星の後援会なんて1選手の後援会だけで会員が800人いるそうですよ。すごいですねー。オフのイベントでは会場探しに苦労しているらしいです。

うちは、昨年クライマックスであんなに勝ってとうとう日本一にまでなったのに、もっと盛り上がってくれたらいいのにな。

日本一のフラッグをもっと映してもらいましょうか。

しかし、(スタンドの)半分が黄色ですよ、すごいですね。
これからもっともっと黄色が多くなっていくでしょう。
こっちは「青」意気吐息ですね……「ブルー」になってしまいますが……。

敵方の放送がこんなに面白いと思ったことはなかった(笑)。
そんな中で、高橋光の活躍は本当に喜んでいた。愛されていた選手なんやなぁ。それだけでも光ちゃんの人柄が現れてるわ。



■2008/7/19 試合結果

対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神|003 002 020|7
中|100 010 000|2

勝:安藤8勝5敗0S
敗:小笠原7勝7敗0S
HR:鳥谷スリーラン7号、高橋光ツーラン1号
神:安藤-渡辺-江草
中:小笠原-長峰-ネルソン


2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/19 (Sat) 手に汗握るナイスゲーム

7月18日(金) 中1-神2(ナゴヤドーム)

さすがに中日は簡単に勝たせてくれないわ。
スタメンは、今季初、トリが3番に座り、セッキーが5番、1,2番は赤平コンビというオーダー。
先発は虎がシモさま、そしてドラは川上憲伸。憲伸は今季初やね。ようやくエースが登場してきた。さては今まで虎を見くびっていたのか?(笑)

シモさまが素晴らしいピッチング。スポーツ紙によると低めの球を信条とするシモさまだけど、相手バッターも嫌というほど知っているので、あえて高めの球を有効に使ったとか。
そのシモさまが鈍い不運な当りで1点失う。
でもその後を粘り強く抑えて最少失点に抑えると、同級生の好投に応えるように兄貴が憲伸から一発を奪う。今まで幾度この名対決でファンを痺れさせてくれただろう。真っすぐもフォークもカットボールもすべてが一級品と湛えるこのピッチャーのわずかな隙間をついて何とか打てた、と兄貴が振り返るのがカッコよすぎるぜ~。

これで試合は振り出しになるも、1-1のタイスコアでゲームが進み、9回岩瀬からシングルヒット3つを重ねてバッター矢野ちゃん。当りは詰まっていたけど、うまく野手の間を抜けてレフトへ~。これが決勝点となった。その後の藤モンが初球を中途半端なバッティングでゲッツーになったのは猛反省していただきましょう。
もうちょっと点数奪えたら球児も楽に投げれたろうに。

9回裏の球児は、こちらもヒットとフォアボールで1死1、2塁から犠牲フライで2死1,3塁のピンチを迎えたところで、岡田監督が今季初のマウンドへ。
立浪と勝負するのか、その後代打にくるであろう井上勝負か……。

岡田監督は「お前に任せた。同点に抑えて延長戦へ持ち込むことなんか考えんでもええぞ、同点も負けるのも一緒や。」というような言葉をかけたらしい。
この9連戦を山場とみて、さらに中日戦の初戦を取ることの意味合いから自ら動いたんかな。
ペナントレースも大きな勝負所に差し掛かってきた。
球児は岡田監督のゲキに応えて、内心立浪歩かしかと思っていたのを思いなおして勝負したとか(笑)。

矢野ちゃんが内側に構えて立て続けにストレートで追いこむと、見事にピッチャーゴロに仕留めてゲームセット。苦しいゲームをものにした。
前日嫌な負け方だっただけに大きな一勝になったわ。ハラハラさせてくれるタイガース、好きよ~(笑)


■2008/7/18 試合結果

対中日 12回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 101|2
中|000 001 000|1

勝:ウィリアムス4勝3敗0S
S:藤川3勝1敗30S
敗:岩瀬2勝3敗25S
HR:金本ソロ16号
神:下柳-ウィリアムス-藤川
中:川上-岩瀬

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/18 (Fri) 北京五輪 代表24選手決定!

7月17日 星野JAPAN 最終候補24名が発表され、不振に苦しむ上原投手や腰痛が心配される新井くんを含めて最終候補が明らかになった。
タイガースからは結局、矢野ちゃん、新井くん、球児の3選手が選出。
クボタンは外れてしまった。
調子の出ない成瀬も残ったものの、岩隈が外れ、マー君が抜擢されたみたいやね。
野球の実力+性格、考え方も加味されてそう……。

新井君はきっぱりと金メダルを取りたいと言っていた。
腰を万全にして臨んでくれることを期待したいわ。
上原は、星野さんいわくフォームが崩れているということで、1週間で修正できると豪語してたけど、
下半身に問題があるとしたらそう簡単に修正できないんじゃないかと、ちょっと心配やなぁ。

■投手 9名

上原 浩治 (巨人)
川上 憲伸 (巨人)
岩瀬 仁紀 (巨人)
藤川 球児 (阪神)
ダルビッシュ 有 (日本ハム)
成瀬 善久 (ロッテ)
杉内 俊哉 (ソフトバンク)
田中 将大 (楽天)
涌井 秀章 (西武)

■捕手 3名

阿部 慎之助 (巨人)
矢野 輝弘 (阪神)
里崎 智也 (ロッテ)

■野手 12名

小笠原 道大 (巨人)
高橋 由伸  (巨人)
荒木 雅博 (中日)
新井 貴浩 (阪神)
村田 修一 (横浜)
宮本 慎也 (ヤクルト)
青木 宣親 (ヤクルト)
稲葉 篤紀 (日本ハム)
西岡 剛 (ロッテ)
川崎 宗則 (ソフトバンク)
中島 裕之 (西武)
G.G.佐藤 (西武)

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/17 (Thu) 魔さかの9回

7月17日(木) 神-ヤ(甲子園)

高田野球に完全にヤラレた。
先発ボギーは力投報われなかったなぁ。

この日岡田監督は3番に浅井を起用。びっくりしたわ。2番はセッキー。
しかし、戦力が豊富やからいろんな打戦が組める。

試合は0-0の緊迫した展開。
お互い点を奪えず迎えた9回表。マウンドにはクボタン。
ヒットとフォアボールで福地、青木をランナーに出して、いきなりのWスチールが決まる!
これでタイガースバッテリーは浮足立ってしまったような……。
その後、スクイズを仕掛けてきて、、久保田の球はショートバウンド。これを取りにいった矢野ちゃんが前へはじいてしまい、結果的に本塁スチールとなる。さらに、1塁、2塁ランナーも盗塁を決めたためトリプルスチールとなった。
そこへ、次のバッターのピッチャー前の当たりを久保田が本塁へ悪送球。この間2者が帰って痛恨の3失点。

タイガース打線は石川の前に手も足も出ず、9回もあっさり負けてしまった。
8回裏、赤星ヒット、セッキーが送って訪れたチャンスで初3番の浅井が、打ちたさに硬くなったかボール球を振りまくって空振り三振。あ~~新井君の穴を感じた瞬間でした。
点を取られたのはクボタンかも知れんけど、これで今日は負けた。
打線加工気味のタイガース、もう一度しっかりボールを見極めて、ストライクを待つ、ボール球はカットする。粘って死球を選ぶ。次へつなぐ……そんな野球を取り戻せ!

一方、足でかき回されるとえらく脆いうちのピッチャー達。
もちろんどのピッチャーも足を使われるのは苦手だろうけど、高田野球恐るべし。
要警戒や……。



■2008/7/17 試合結果

対ヤクルト 14回戦 甲子園

ヤ|000 000 003|3
神|000 000 000|0

勝:石川8勝6敗0S
S:林昌勇1勝3敗22S
敗:久保田5勝2敗0S
ヤ:石川-林昌勇
神:ボーグルソン-久保田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/17 (Thu) 新井欠場!またも兄貴が走った!エラーと内野安打のシブい勝利

7月16日(水) 神2-ヤ0(甲子園)

とうとう岡田監督が断を下して新井がスタメンを外れた。
ベンチで戦況を見つめる様子が何度かカメラにとえられてたけど、不憫な感じ。
でも、どうせなら完全に休ませてあげたらいいのに……という気もする。
後で、スポーツ新聞を読んだら、完全に休ませようとしていた広澤コーチに、ベンチで声だけでも!と直訴していたらしい。くぅ~~、ぐっとくる話やん。

試合はゾノと村中の若いピッチャーの投げ合いで引きしまったいいゲーム。
チャンスを作るもののなかなかホームが踏めない。またランナーを出しながらも気迫でヤクルトバッターを抑えるゾノくんは相変わらず気迫を前面に出したナイスピッチングでした。
3回だったか、ノグッチが盗塁を刺そうと2塁へ投げた球が悪送球となりピンチを迎えた時には嫌な感じだったけど、これも見事に抑えるゾノ君。カッコ良かった!

先制点は4回。バルのヒットなどで作ったチャンスに赤星の当たりを名手宮本が痛恨のエラー。
その後も1点差の緊迫した試合が続く中で、7回途中ピンチを迎えたゾノ君は途中でジェフに交代。
調子の悪さが心配されたジェフだったけど、ここは見事にストレートでぐいぐい押すピッチングでヤクルトを抑える。
ところが2イニングス目の8回、3連打で2死満塁のピンチ。ここで怖い青木を三振で2死を奪ったところでピッチャーは球児にスイッチ。この交代の際、激しい様子で久保コーチに何やら訴えていたジェフの姿があった。フォローたのんまっせ。久保さん。

2アウト満塁のピンチで球児登場。これぞリリーフピッチャーの見せ場やね。
でもアップになった球児くん、長めの髪が一段と伸びていて暑苦しそうだし、無精ひげが生えて見た目にあまりカッコ良くないぞ。
まあ、それはいいとして、ピッチングは素晴らしかった。4番栗原をピシャット打ち取って貫禄を示しました。

勝ち越し点が入ったのはその裏。
ヒットで出塁していた兄貴がまたもや走った! 5番葛城がバントの構えをした時、テレビの前の私はイクローにバントで出来るのかどうかに注意が向いていたから、まったく予期してなかった。
同じ作戦をまた使ってくるとは大胆な、、そしてヤクルトベンチもバッテリーも無警戒で した。
新井を欠き、打線全体も下降線。ならば……と監督と手法の阿吽の呼吸だった。

サインか?の問いに兄貴は「新井と食事に行ったら、いつもサインは俺がしているよ」と絶妙の返しをしていたらしいが(笑)。
その兄貴は試合前に新井と連れ立ってクラブハウスから出てくる時、「新井は打てなくなると腰が痛くなる傾向にありますね。」と言って笑いを誘った。苦笑いをすることしか出来ない新井君。それでも深刻な事態に直面している弟分を兄貴の明るさが救っているねぇ。しかし本当にいいコンビだわ。

結局葛城は死球を選び、矢野ちゃんもヒットでつなげると、代打ひ~やんが渋く内野安打で兄貴生還! このときも宮本の守備が乱れて助かった。名手宮本選手、年明けのラジオ出演で一番大事にしていることは? の問いに「アウトにできるボールを確実にアウトにする。これだけです。」とシンプルに語っていたけどその宮本選手にもこういうミスがあるんやなー。

この試合は、8回に続き9回も続投の球児が久々に打席に立つという楽しいオマケもついた。
前回は2年前8月30日のヤクルト戦。貧打の虎をしょって立ち3イニングの炎の投球をしてドローに終わった試合以来だ。でもこの日は勝ち試合で悲壮感なく見れた。
フルスイングは本気でヒットを狙っていたねえ。息子にいいところを見せたかったんだとか(笑)。
そして9回も見事に締めて今季29セーブ。

新井欠場の非常事態を乗り越えた大きな勝利でした。



■2008/7/16 試合結果

対ヤクルト 13回戦 甲子園

ヤ|000 000 000|0
神|000 100 01x|2

勝:上園4勝0敗0S
S:藤川3勝1敗29S
敗:村中4勝9敗0S
ヤ:村中-丸山-萩原
神:上園-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/16 (Wed) 新井くん塗炭の苦しみ

腰痛かなりひどいみたいで、見てるのが辛くなるなあ。ボールの見極めも悪くなってるみたい。
空振りして崩れ落ちるようになりながら、懸命に立ち上がる姿見てると、何とも言えんわ。休まないと言ってるけど、休んだ方がいいんやろな~。

ここまでタイガースを牽引してきた新井くんがオリンピックを目前に大きな試練を迎えた。

それと同じくしてチームの打撃の調子も明らかな下降線。ここをどう乗り越えるかやな。

ゲームは先発岩田が1、2回に大量点を奪われたことで、完全に相手ペースになってしまった。
打つ方はチャンスらしいチャンスなく、唯一得点チャンスが膨らんだ8回に新井、金本凡退で引導を渡された。(泣)

明るい話題はキャンプでも評価の高かったルーキー石川くんがプロ初登板。大差のついたゲームながら、9回1安打0封の上々の立ち上がり。低めに変化球が決まってナイスピッチングでした。
徐々にいい場面でも投げられるようになって活躍して欲しいわ。


■2008/7/15 試合結果

対ヤクルト 12回戦 倉敷

ヤ|420 000 000|6
神|000 000 000|0

勝:川島亮5勝2敗0S
敗:岩田6勝5敗0S
ヤ:川島亮-五十嵐
神:岩田-阿部-石川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/14 (Mon) 見事に決まった兄貴スチール!

いやもう、こんなに興奮するシーンはないわ!
2-2の同点で迎えた8回裏、それまで何度溜息をついただろう。兄貴が歩いて、この日初の五番に入ったセッキー。
どうする? 打たせる? バント? どうするどうする? とベンチの動きを見守っていた。
解説の吉田さんも、「バントはないでしょう…」と言ってたけど、すぐに「おお、バット寝かせてますよ」
ほほう、バントか~、セッキーにはあくまで二番の仕事をせえよ、ということやな。トリと勝負か……。
そしたら、一球目、いきなり兄貴がスチール!!
うおお~~! 甲子園がどよめいた。すぐさま岡田が立ち上がり、代打、桧山!!
チャンスで代打を告げる時の岡田監督の勝負師の顔がいいのよ~。

甲子園も我が家もコーフンの坩堝でしたわ(笑)

兄貴の盗塁はサインだったようで、カウント、ノースリーになった時点で決めていたとか。いやはや恐れいりました。
電光石火とも言える岡田采配を見ていると、7月というのに9月の戦い方のように思える。オリンピックを控えて7月が勝負の月ということで、決めに行っているね。

で、ここに至るまでにも様々な見所が。
両チームともきっちりした野球でがっぷり四つに組むなか、守りではいいプレー連発でした。
バルが何度も躍動感溢れるプレーをし、新井は難しいバウンドを必死にキャッチし、赤星はまたもナイスチャージでランナーを進ませず、クボタンは素手で赤松の打球を処理し駿足の出塁を許さなかった。
序盤にトリの悪送球が出てしまったものの締まったプレーの連発でした。
両軍ともバントをキッチリ決めてきたし、簡単には流れを相手側に掴ませない手に汗握る攻防が続いた。

最後は岡田采配が見事にハマり、イクローが見事にそれに応えての勝利だったけど、気になるのはセッキー。今季初めての5番になったのに、チャンスではバントを命じられるわ、8回には囮のような形で代打を送られるわ……広澤さんがお尻を叩いていたけど、ちゃんとフォローしてあげて欲しいわ。
昨日はセッキーが不憫でならなかった……。もちろんセッキーのことだからひた向きにチームプレーに徹しようとするんだろうけども。心が傷ついてないことを願いたい。。


■2008/7/13 試合結果

対広島 11回戦 甲子園

広|001 001 000|2
神|000 020 03x|5

勝:久保田5勝1敗0S
S:藤川3勝1敗28S
敗:シュルツ1勝3敗0S
広:高橋-シュルツ
神:金村曉-久保田-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/13 (Sun) 3安打完封負け

外出していてゲームは見れなかったけど、決勝打はタイガースから新井の代わりに広島へ移籍した赤松だった。いやよかったねえ。

帰ってから五回くらいまで録画を見たけど、ええ試合してましたな。

まず五番に浅井を持ってきたのがサプライズでした。その浅井が起用に応えてチーム初安打。


この日、守備が素晴らしかった。トリが三遊間深いところから逆シングルでナイスキャッチ、一塁へ送球がショートバウンドになったところを腰の痛い新井君が懸命に身体を伸ばしてキャッチ。さらに赤星君、浅めのセンターへの打球を猛チャージでキャッチし、見事に本塁封殺、安藤を助けてました。

打線は一点に泣いたけど、締まったゲームを続ける限り大丈夫~。
と思いながら安心して眠りました(笑)


■2008/7/12 試合結果

対広島 10回戦 甲子園

広|000 010 000|1
神|000 000 000|0

勝:コズロースキー1勝0敗2S
S:永川2勝1敗17S
敗:安藤7勝5敗0S
広:コズロースキー-梅津-上野-永川
神:安藤-久保田-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/12 (Sat) セッキー、サヨナラ!

7月11日(金) 神2-広1(甲子園)

マエケンが甲子園初登場~。ええピッチングしてたみたいやね。
好調とは聞いてたけど、広島強いがな。思いもよらず大苦戦。
ナイスプレー連発で、とくにバルディの広島ベンチに飛び込みながらボールを離さない闘志あふれるプレーは素晴らしかったわ。

何度も勝ち越しやサヨナラのチャンスがある中、広島リリーフ陣の好投の前にチャンスを潰し続け……本当なら9回裏新井君のところでサヨナラになってるのが一番美しい勝ちパターンだった。
でも、新井のバットは永川のフォークに虚しく空を切る……。見送ればボール球。このところボール球に手を出す姿がめだつ新井君……どうやら腰が悪化しているらしく、顔をしかめたのは悔しさに加えて痛みもあった模様。。
ここまで頑張ってきた疲れが出てきたのね、オリンピックもあるし、ちょっと心配。頑張れ新井くん!

さて、チームを救ったのは普段は脇役に控えているセッキーだった~。

矢野ちゃんが審判の判定に珍しく「おいおいそりゃないやろー」てな風に文句付けながら、きっちりライト前へ運んでチャンスメイクもよかった。
その釣り部先輩を短く持ったバットでセッキーが迎え入れた。この場面新井よりセッキーが怖いで……と言っていたらそのとおり! きれいにレフト前へ落ちて甲子園はサヨナラの歓喜の渦に包まれました~。

仲間が駆けつける中、どないでもしてくれ!という風に仁王立ちするセッキー。
ヒーローインタビューでは、ファンに長い試合ですいません。お疲れさまでした~!と笑わせとりました。

次に勝てばマジック点灯だそうな。
嬉しいようなオモロないような、複雑な気分……(笑)


■2008/7/11 試合結果

対広島 9回戦 甲子園

広|000 001 000 00|1
神|000 000 010 01x|2

勝:江草2勝1敗0S
敗:岸本1勝1敗0S
広:前田健-シュルツ-永川-岸本
神:ボーグルソン-渡辺-久保田-藤川-ウィリアムス-江草

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/10 (Thu) あちゃちゃ

7月10日(木) 神3-巨8(甲子園)

6回過ぎから寝落ちしてしまい、起きたらもう試合が終わっていた。
しかし、9回はクルーン相手に危うく勝ってしまうところやったんやなぁ(笑)。

打線は好調でこれで10試合連続2桁安打の球団新記録更新!
広澤コーチも充実感イッパイでしょう。

6回表の巨人の攻撃はチグハグでした。
阿部歩いて、坂本送りバント。この次点で内海に代打が送られる筋書きが予想できたというのに8番古城内野ゴロの後、ネクストに大道が控えていたのを引っ込めて、内海をそのまま行かせる。
内海にやられるんちゃうかーーと思ったら、悪い予感的中してしまったんやけど、それでもそれは結果論で、原采配は明らかに迷いがあって、これではベンチも一つになれないし選手も燃えられるんじゃろ~。この采配見て、よっしゃ、うちの勝ちや! と思いつつ寝落ちしたんだけど、リリーフが踏ん張れなかったようやねぇ。

ま、勝ちすぎたらいかん、このくらいで丁度ええということで、……
今日はこのくらいにしといたらぁ~(笑)


■2008/7/10 試合結果

対巨人 11回戦 甲子園

巨|300 001 031|8
神|002 000 010|3

勝:内海6勝5敗0S
敗:下柳8勝2敗0S
HR:高橋由ツーラン11号、阿部ソロ8号
巨:内海-越智-上原-藤田-豊田-クルーン
神:下柳-江草-阿部-太陽

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/10 (Thu) 試合開始30分前に雨天中止

7月9日(水) 神-巨 (甲子園) 中止

せっかく早く帰ってきたというのに、中止かい~。

それにしても開始直前の豪雨で見中止が決まったのは17:30頃だったとか。
見に行った人は可哀相やったなあ。
連戦が続く選手にはいい休養になったことだろうけど、同じ中止になるならもっと早く決まれば気持ちもリラックスできたのに。。 まさに天の悪戯やな。


■2008/7/9 試合結果

対巨人 11回戦 甲子園

雨天中止

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/09 (Wed) 岩田くん久々の勝利

7月8日(火) 神5-巨3(甲子園)

ビックリしたのは、キャッチャーを矢野に変えてきたこと。
まあ、昨年は矢野ちゃんが受けていたんやけど、今年はずっと野口と組んでいた。
あと一息というところで詰めが甘く、勝ち投手になれなかった岩田君を矢野ちゃんに受けさせようとしたところに、矢野の大きな存在感がありますな~。

得意のスライダーを狙い打ちされることが多かったんだけど、矢野ちゃんは真っすぐでどんどん攻めてバッター心理の裏をかいたリードをしたという。

登板前に岩田君は自ら、こんな球を投げたいんだけど……と矢野ちゃんに自分の考えを話していたとか。また矢野ちゃんはサインが違うと思ったらどんどん首を振れと激励していた。
岩田君は随分と配球を考えるタイプのピッチャーで予習復習をちゃんとすうタイプだから、矢野ちゃんのサインの意図を考えながら投げようとしたみたい。それが功を奏したんでしょう。
いやよかった。

オリンピックで多くの選手がタイガースから召集されるけど、一番チームに影響があるのは矢野ちゃんだと思ってる。JFKも矢野ちゃんのリードが不可欠だったりするし、ノグッチもいいんだけど、ここへきて矢野ちゃんの存在感がますます大きくなってるなぁ。



■2008/7/8 試合結果

対巨人 10回戦 甲子園

巨|000 001 002|3
神|200 210 00x|5

勝:岩田6勝4敗0S
敗:バーンサイド3勝2敗0S
HR:ラミレス ソロ24号
巨:バーンサイド-山口-東野-藤田-越智
神:岩田-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/09 (Wed) オールスターファン投票結果

タイガースからは4選手。金本、新井、藤川、久保田。
トリはなんで入ってないねん? 赤星は? 矢野ちゃんは??

まあ、監督推薦ではさらに何人か選ばれるやろうから、結構な人数になりそう。

ただ、オリンピックに出る選手はハードスケジュールやな。
一番心配なのは球児だわ。出るからには最高のパフォーマンスを見せたいと思うだろうし。


記者会見が面白かった。
ヒットを狙っても仕方がない。ホームランだけを狙う……と新井が言えば、
新井さんがホームランを狙うと言われたので僕はヒット狙いで行きます。
と兄貴が応えてました(笑)。

どこまでも最高のコンビやなぁ。

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/07 (Mon) まさに神憑り!!

7月6日(日) 横7-神8(横浜スタジアム)

いやいやいや、もう兄貴には平伏すしかないわ!
寺原のあの難しい球をスタンドにほうり込むとは!?

凄い試合やったねえ。

今日は会心行っても試合の余韻が覚めず、大変やった(笑)

ゲッツーでチャンスを潰し、ジェフが打たれた時は負けパターンやったけど、ハマスタやから可能性がなくはないぞ~
淡い期待を抱いて迎えた9回。
矢野ちゃんが希望の炎点火、赤星が先輩僕に負かせてとランナーを入れ替え、二死一塁。ここで打席に立ったセッキーの凄かったこと~!
広澤さんいわく背中から気が立ち上っていたという。守りのミスを何とか取り返したい気持ちだったかも知れない。粘って粘ってフルカウントからの大きなタイムリーツーベース!

さらにセッキーを二塁に置いて、これまた新井が粘って一塁線を破るタイムリーツーベースだ~~。
その新井を二塁に置いて兄貴登場。みんなの繋ぐ気持ちが兄貴の打席まで届いた。
きっと何とかしてくれる!
と思ったけど、まさかまさか、ホームランとは!?
恐るべし、兄貴金本!

自らサヨナラ勝ち以外はガッツポーズを封印している兄貴が、一塁手前で小さくガッツポーズしてる!満面の笑み。さらに三塁を回ったところではベンチに向かって親指を立ててみせた。リリーフの失敗を救って勝利を呼び込む主砲の一撃。チームを、仲間を救ったことが何より嬉しかったんやろうね。

内匠さんのコラムによると、この三連戦で岡田監督の出したサインは、安藤に対する、三振しろ、の一つだけだったとか。
選手がケースごとに自分の役割をよ~く分かっていて、粘る、塁に出る、ランナーを進める、次に繋げる、常に先の塁を狙う……と、すべてノーサインでプレーしていたんだそうだ。
岡田監督が目指す理想のチームになってきたんやね。本当に素晴らしい~!

にしても、久保田劇場からジェフ劇場になってきたなあ。きっちり勝利投手になってるし(笑)


■2008/7/6 試合結果

対横浜 11回戦 横浜

神|030 100 004|8
横|100 102 030|7

勝:ウィリアムス3勝3敗0S
S:藤川3勝1敗27S
敗:寺原3勝6敗10S
HR:野口スリーラン1号、バルディリス ソロ1号、金本ツーラン15号
神:上園-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川
横:吉見-桑原謙-山北-吉原-寺原

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/07 (Mon) ハマスタ男、矢野ちゃん連夜のお立ち台!

7月4日(金) 横0-神7 (横浜スタジアム)

2006年の三打席連続ホームランを思い出した。ここは矢野ちゃんの庭やったわ。
連夜の先制アーチ、さらに5日は四安打の猛打賞!守ってはシモさまと安藤を引っ張るナイスリード。バント処理でランナーを二塁封鎖するナイスプレーもありました~。

兄貴は頼りになるし、今年40才トリオ、一つ年下のひ~やんも含め、オジサンが炎天下で暴れ回った二日間でした。

強い!!


■2008/7/4 試合結果

対横浜 9回戦 横浜

神|000 110 005|7
横|000 000 000|0

勝:下柳8勝1敗0S
敗:小林2勝5敗1S
HR:矢野ソロ2号
神:下柳-渡辺-江草
横:小林-山北-真田-石井裕-マットホワイト-小山田



2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/05 (Sat) オジサンカルテット大活躍

飲み会のため試合は見てないけど、ハマを我が物顔で打ちまくった矢野ちゃんが帰ってきた~。
好投のシモさまを助ける値千金の先制アーチやね!

それにしても兄貴から始まった9回の猛攻は凄まじい。
ひ~やんもタイムリーヒットを打ち、最後は新井の犠牲フライ締め。

勝つのに飽きたという不届きな声もあるが……、笑いが止まらん四連勝だ~。


■2008/7/4 試合結果

対横浜 9回戦 横浜

神|000 110 005|7
横|000 000 000|0

勝:下柳8勝1敗0S
敗:小林2勝5敗1S
HR:矢野ソロ2号
神:下柳-渡辺-江草
横:小林-山北-真田-石井裕-マットホワイト-小山田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/04 (Fri) 矢野ちゃん決めた!

7月3日(水) 神4-中1(甲子園)

食い倒れ太郎が応援する中での竜虎三戦目。
怪我で苦しんだ金村が今季初先発!
6回、三安打一失点の好投でした~。

新井のタイムリーでタイガースが先制、その後ノグッチのエラーなどで三塁にランナーを許し小池にタイムリーを許し同点、そのまま違いに一歩も譲らない緊迫したゲームとなった。
一、二戦と守備が乱れたドラゴンズも昨夜は好プレー連発でタイガースの勝ち越しを許さない。しかしこちらも金村からバトンを受けたクボタン、ナベリョウといったリリーフ陣がドラ打線に立ちはだかる。
また守備もクボタンの気迫のバント処理をトリが前へつんのめりながらキャッチしたり、ナベリョウの一塁へのグラブトスなどミラクルプレー連発だった^^

試合が決まったのは八回。
雨で濡れたグラウンドのいたずらか、リン、トリと連続でウッズを嘲笑うようなイレギュラーなヒット。一死二、三塁でバッター矢野ちゃんはチェンの投じた内角への初球を腕を縮めおもいっきり引っ張るとバットを折りながらレフト前へのタイムリーツーベースヒット!!
トリが素晴らしい走塁で二点目をもぎ取った~。必死になって走る姿は昨年とら見違えるようやね!

ヒーローインタビューはもちろん矢野ちゃん。
やっぱり上手いねぇ。
「優勝を期待していいですか」という問いには一瞬の間を置いてから力強く「もちろんです」と言いきっておられました。くぅ~~かっこよかった。


■2008/7/3 試合結果

対中日 11回戦 甲子園

中|001 000 000|1
神|100 000 03x|4

勝:渡辺5勝1敗0S
S:藤川3勝1敗26S
敗:チェン2勝3敗0S
中:朝倉-高橋-吉見-チェン-清水昭
神:金村曉-久保田-渡辺-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/03 (Thu) イクロー、プロ初のサヨナラ

まずセッキーが猛打賞、タイムリーも決め、バントも素晴らしかった!
さらにジェフのピンチを救った、ファインプレー!玄人好みのお見事なプレーでした。。

先制点は兄貴のタイムリー。独特のしなるバッティング。イチローとは違ったタイプながらこの人のバットコントロールは凄い。
八回はノースリーから甘い球を狙い通りに外野へ運んだんだけど野手正面をつき、苦笑いでしたな。兄貴にはこんなカウントでも、待てのサインはほとんど出ないらしい。
そんなベンチ信頼感に応え続ける兄貴のケースバッティングの一端を見たわ。

それにしても岩田くん、下位打席で失点し、またも勝ちを掴めんかった。デラロサ~空気読め~~!

9回は代打ひ~やんの当たりにサヨナラホームラン!!と大喜びしたけど惜しかった。続いてイクローが同じようなところへ大きいのを打つんやから、恐るべき左の代打コンビ!
イクローの打球が抜けた瞬間バンザイのやり直しをしました!(笑)

ヒーローインタビューの雄叫びもよかった~!
しかし強い!勝負決めたのはミスの差やったね。
名手荒木とウッズのエラーがすべて点に結び着いた。逆にいえは相手のミスに付け込むタイガースのしたたかさが、強さの一因か。


■2008/7/2 試合結果

対中日 10回戦 甲子園

中|002 001 000|3
神|111 000 001x|4

勝:藤川3勝1敗25S
敗:吉見8勝1敗0S
HR:デラロサ ソロ2号
中:山本昌-浅尾-チェン-吉見
神:岩田-江草-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/07/03 (Thu) 竜を圧倒!!

兄貴の弾丸ライナーとダイビングキャッチは痺れた~
しかし、アッチは必ず五回で崩れるなあ。


■2008/7/1 試合結果

対中日 9回戦 甲子園

中|010 020 000|3
神|001 223 00x|8

勝:渡辺4勝1敗0S
敗:小林0勝1敗0S
HR:金本ツーラン14号
中:中田-小林-浅尾-平井-高橋
神:アッチソン-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。