2008/05/30 (Fri) リンちゃん、お帰り~!

5月29日(木) 神8-ロ4(甲子園)

2点先制され嫌なムードを払拭したのは3回の新井くんのタイムリーヒット。
さらに5回裏の攻撃はゲッツーで2アウトランナーなしから、安藤のヒットを皮切りに5点を上げるという、タイガースの底力を見せてくれました。
新聞各紙は赤星のつなぎのフォアボールを絶賛してましたね。今季赤星君はヒットもさることながら、ヒットに匹敵する貴重なフォアボールを選び続けている。勝利のために地味な仕事をきっちりこなしチームを牽引し続ける選手会長の存在は大きいわ。
新井くんは気迫溢れる全力疾走が相手野手の焦りを誘い、エラーで2点。
さらに兄貴敬遠の後、5番の大本命、燃えるイクローが走者一掃のタイムリー3ベースヒットだ~~。

そして、6回。2点返されて直後、矢野ちゃん2ベースで代打はリンちゃん!
平野の末梢で急きょ昇格が早まったリンちゃんが初の打席で結果を出した~。お帰り、リンりゃん。

しかし、連敗せんわ。前日の嫌な敗戦を払拭するナイスゲームでした。


■2008/5/29 試合結果

対ロッテ 2回戦 甲子園

ロ|200 002 000|4
神|002 051 00x|8

勝:安藤6勝4敗0S
敗:清水4勝5敗0S
ロ:清水-根本-シコースキー-大嶺-伊藤
神:安藤-江草-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川

スポンサーサイト

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/28 (Wed) 負け方悪すぎるがな!!

5月28日(水) 神4-ロ5(甲子園)

携帯サイトで経過を追っていた。

ロッテのピッチャーは話題の高卒ルーキー唐川くん。
イキのいい若いピッチャーに対し、兄貴、先制タイムリー。トリ、追撃のタイムリー。
更に兄貴が今季甲子園初アーチとなるツーランホームランで4-0となる。
兄貴のコメントがよかった。若い唐川くんをいいピッチャーと讃えて、打ったった~という雰囲気の微塵もない。流石は兄貴やなあ。


しかし、……安心できないのは先発がボギーだから。。
案の定、2点返され、更に彼が必ずと言っていい程失点する魔の5回にも…。
スリーベース、犠牲フライ、デッドボール、タイムリー……。去年からまったく変わっとらん! ちっとは学習せんかい!

ここでボギー降板、江草がマウンドへ。スカイマークでの継投再びやね。
厳しい場面やけど今日はしっかり押さえてくれよ~。と祈るような気持ちでサイトの画面を見ていた。


だいたい、天気が下り坂な今日みたいな日は先手必勝。それを十分承知の上でバッターが頑張ってから得点したというに~。四点リードで相手も焦りが生じる、そこを付け込んで打者を料理するピッチングせんかい。振り出しに戻してどうすんねん~アホアホアホ!

エグがよく踏ん張ったものの次の回に捕まり、負け投手に。あ~あエグたん、またいいこともあるで~。

ボギーはスタミナがないのか、頭が悪いのか……

はぁ~~~やり切れん。
継投ミスとの批判もあるけど、今季は貯金もあるしある程度まで我慢して選手を使ってるからしゃーないよ。
でも、これでボギーに対しては我慢しないやろ~、二軍に落とすんとちゃうやろか。。


更に悪いことに、平野が走塁中にふくらはぎを痛めて降板。松葉杖なしで歩けない程の重症らしく……長引けば痛いことやな。でも藤モンにはチャンスやど~。一打サヨナラの場面で初球を打ち上げとる場合とちゃうど~~。


■2008/5/28 試合結果

対ロッテ 1回戦 甲子園

ロ|000 221 000|5
神|112 000 000|4

勝:久保2勝3敗0S
S:荻野2勝3敗6S
敗:江草1勝1敗0S
HR:金本ツーラン7号、大松ツーラン8号
ロ:唐川-久保-川崎-荻野
神:ボーグルソン-江草-渡辺-久保田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/27 (Tue) 兄貴だ!サヨナラだ!!

5月26日(月)神2-西1(甲子園)

まさに首位どおしに相応しい引き締まったいい試合でした。

今岡、桜井に代わって上がってきたのは秀太と高橋光。
それぞれ早速使ってもらってたね。

帰宅したら、ちょうど赤星がヒットで満塁になったところ。バッターは新井~!
「サヨナラに間に合った~」と手も洗わずにテレビを見てましたがな(笑)。

阪神ベンチはまるで胴上げを待ち構えるかのように飛び出す準備をしていた。その中に勝ち星を逃したシモさまもいた。ベンチの雰囲気も最高なんやろな~。

新井くんはこの夜音無しのようだったけど、ここで回ってくるとは何と言う強運。
打つしかないやろ~~とその瞬間を期待した。
その場跳び3回、バットを構えピッチャーを睨みながら武者震いする新井くんが好きよ~。
でも、打てなくて残念だったね。

ピッチャーは同点の場面で球児! ここで注ぎ込めるベンチの決断とリリーフ陣の層の厚さは素晴らしい。

球児が投げる。いきなり球速表示で155キロが出て球場がど~~っと沸いたけど、私が見た中で球の切れはこの日が最高だった。
圧巻の三人切りで流れを獅子に渡さない。

その裏、またもチャンスを作るも、セッキーの内野安打に思えた当たりをレオの守護神グラマンが素晴らしいフィールディングで一塁封殺。
これぞセ・パの首位チームの決戦だね~。このスーパープレーは素晴らしかった。

交代する選手をカメラが上から映した。なんかまるで高校野球の熱戦みたい、と思った。。やってるのはオッサンもいるけどまさに野球小僧たちだったわ。

マウンドに送られたのはナベリョウ。嫌な場面やろな。
でも頑張れと祈るような気持ちで見守る。
心配をよそに、どうしてどうして、三人をきっちり押さえて素晴らしいピッチングでした!
引き上げるナベに笑顔、珍しい。
充実感、満足感が表れた表情でした。

決着は11裏。決めたのは兄貴だった。
新井がバットを折られて倒れたあと、ランナー2、3塁。敬遠やと思ったけど勝負やった。
しかし、落ち着いてそれを仕留める兄貴はホンマ凄いわ。


さて、この試合、シモさまがレオ打線を手玉にとるナイスピッチング。矢野ちゃんが猛打賞、セッキーがナイスバント(それも二本)守備ではトリが逆シングルでのスーパープレー、とみんな大活躍でした。
チーム本塁打実に72本の西武打線を二日間で二点のみに封じ込め、ホームラン0。素晴らしいバッテリーの攻めでした。

お楽しみの兄貴のヒーローインタビュー。
三番の新井大選手がわけのわからないバッティングしてたので、ここは何としても自分が締めなければと思いました。(爆)
新井の反応は分からない……(笑)


■2008/5/26 試合結果

対西武 2回戦 甲子園

西|000 001 000 00|1
神|000 010 000 01x|2

勝:渡辺2勝0敗0S
敗:グラマン1勝1敗10S
西:許-大沼-星野-正津-グラマン
神:下柳-久保田-藤川-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/26 (Mon) 鮮やか連打!レオに先手!

前日に続き、会心の逆転劇でした。
みんなの集中力と勝利への執念がすごいわ。

先発は、クライマックスシリーズ以来の一軍マウンド、上園くん。
二軍で炎上を繰り返し、球が行かない、原因が分からない…と悩んでいると聞いてたので、いきなりの起用にびっくりした。
調子そのものは良くなかったらしいけど、6回を1失点の堂々たる内容でした。バッターに立ち向かう向こう気の強さは健在で見ていて気持ちよかった!

レオ先発は、先日ようやく今季の初勝利を挙げた西口。敵ながら大好きな投手。
タイガース打線はこれを打ちあぐね、結局彼から点を取れなかった。
投げたあとの腕の振りが大好きな西口投手、若手が活躍するレオの中で、是非とも頑張って欲しいな。

タイガース打席は、浅井が今季初ヒットで盗塁を決めるなど、随所に、勝ちたい、点をとりたい気持ちが感じられたので、期待をもって見ていたら、その時はラッキー7に訪れた。
クボタンがスカイマークに続いて、七回をぴしゃりと締め、虎党を大いに安心させたその裏……。
きっかけは、またしてもトリから。
西口は不思議なタイミングて前のイニングににマウンドを降りピッチャーは…誰だっけ(笑)。
あまりバントが得意でないノグッチがきっちり送る。
セッキーはピッチャーフライ。この時、満員の甲子園観衆に声が聞こえなかったか、フライを取ったピッチャーにおかわり君が120の巨体で突進&タックル~。珍プレーに出てきそうなシーンだった。幸い二人に怪我はなく試合再開。
クボタンに代わって、代打イクローが同点タイムリー!よっしゃ。もちろん、ホーム返球の際に二塁を陥れる。
ここから我が家はお祭りになりました(笑)。
続いて赤星くんがセンター前のヒットで逆転!
平野はよく見てフォアボール。ここでピッチャー交代、中日から石井の人的保証でレオへ行った岡本だ。出てくれたことを喜んだピッチャーにこんなところで対面するとは、、。
新井くん、フォークによく身体がついていったわ。体勢崩しながらボールに食らいつくヒットでさらに一点。
弟分の打席を見届けて、さらに追加点を取るため締まった表情で打席に入る兄貴。カッコイイ~。そして狙い澄ましたようなとどめのライト前タイムリーヒット。
ひ~やんも続け~と応援してると、バッテリーエラーでボールが後ろへ転がる間に、新井猛然とスタートしてホームイン。これもいい走塁やった~。ランナーに出た時もつねに緊張感を持って隙あらば次の塁を狙うその姿勢を福本さんが褒めていた。
コーチも転がるボールにすぐ反応できるよう、塁上で注意を促してるらしい。

打者一巡の鮮やかな逆転劇でした。

この後ジェフ、最後は球児が締めて手堅く初戦をもぎとった。

前日の巨人戦でデープ大久保コーチが巨人ベンチへ入り込み阪神ピッチャーの特徴をリサーチしていたらしい。強力西武打線はかなり怖かったけど、やはり甲子園ではそんなに簡単に打てないぜ~。


ヒーローインタビューはイクローと赤星。
守備でゾノな足を引っ張ったことに反省しきりだった。
イクローは不振だったことへのお詫びをいうし、謙虚なインタビューでした。


試合前、広大と誠がファームへ。
誠ちんは、気持ちが後ろに行ってしまってないかい?
ヘッドスライディングで三塁を陥れたこともあったやん。今年は泥臭くやるとも言ってたやん。まだ殻を破れてないような気がするわ。恒例となった初球打ち、積極的に行こうとしてるようだけど、これは逆にやみくもに打ってる気がしてしょーがないのよ。初球を打つと決めてるから打ってるというか……。
早く帰ってこ~い、待ってるで!!


2008/5/25 試合結果

対西武 1回戦 甲子園

西|000 001 000|1
神|000 000 50x|5

勝:久保田2勝1敗0S
敗:小野寺2勝4敗0S
西:西口-星野-小野寺-岡本真-岡本篤
神:上園-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/25 (Sun) 連敗はしないぜ^^

5月24日(土) ソ2-神5 (ヤフードーム)

負けたと思ったわ。。
野球は2アウトから、勝負は下駄をはくまで分らない。。

杉内はヒットは許すものの、ここぞというところでコ憎たらしいようなピッチングで得点を許さない。
一方の岩田も、ピンチを迎えながら落ち着いてしかも攻める気持ちを失わない投げっぷり。昨年までは全然信用してなかったピッチャーだったのに、本当に大きく成長したもんやねぇ。

1点ビハインドで迎えた9回。ピッチャーは何とかという外国人。馬原はどうやら戦列を離れているらしい……。
トリがヒット、さらにチャンスで打てなかったルーが大きな2塁打で無死2,3塁。しかし、絶好のチャンスを作りながら、イクローとノグッチがチェンジアップに空振り3振! 2死となり、がけっぷちに追い詰められた感が広がる。
ここでフジモンが追い詰められながらもよく粘って四球を選び、希望の灯をつなげる。
打席に立つのは、この日スタメンを外れていた赤星。(首の具合が悪くなったのか、、気になるところだわ。。)赤星君も追い詰められたところからフルカウントまで持って行き、最後にストレートをはじき返して2点タイムリー2ベースヒット! 逆転!!
ここで攻撃を緩めてはいけない。1点差がどれだけ心もとないリードかを考えると是非とも追加点を! という場面で新井。
初球、外の高め真っすぐを叩いた当りはセンター前へ落ちてさらに2点追加! バンザーイ。
タイガース土壇場で鮮やかな猛攻を決めた!

さて、ヒーローは赤星、新井の同級生コンビだったんだけど、ぶったま!「玄人チラリ」的な視点で言うと、前日、2つほど内野安打を決められて悔しい思いをしていたセッキーが、7回、ムネリンのセカンドゴロをチャージして捌き岩田のピンチを救った。あらかじめ前へ守っていたようにも思う。隠れたファインプレーなんじゃなかろうか。

連敗しないタイガース、底力があるわ。




■2008/5/24 試合結果

対ソフトバンク 2回戦 ヤフードーム

神|000 100 004|5
ソ|001 001 000|2

勝:ウィリアムス1勝2敗0S
S:藤川1勝1敗17S
敗:ホールトン1勝2敗6S
神:岩田-ウィリアムス-藤川
ソ:杉内-久米-小椋-ホールトン-ニコースキー

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/24 (Sat)

5月23日(金) ソ7-神2(ヤフードーム)

仕事の打ち上げが入り試合は見れてない。。

兄貴のタイムリー2ベースで初回に2点先制するも、5回のソフトバンクの打線がつながり、1挙5点の猛攻を許してしまう。
弾む内野の人工芝による内野安打に随分苦しめられた。
一方の野手陣は立ち上がりの大隣を攻めて2点を挙げたものの、その後は抑えられてしまった。。
また初戦を取れんかったなぁ~、次は天敵杉内なだけに勝っておきたかった。

流石は調子を上げている鷹軍団、ま、今日はこのくらいで許しといたろ……ということで(笑)。

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/22 (Thu) 平野&新井~移籍組に救われた! 途中

5月21日(水) オ3-神7 (スカイマークスタジアム)

勤務先の近くなため、わが職場からも大勢さんスカイマークスタジアムへ詰めかけました。

私たちの席は内野B席、と言ってもレフトポール横で、外野と言ってもいい場所。前の方の席だったので2度ほどアニキが至近距離まで来てくれたV

DSC_0040_20080525095728.jpg

▲兄貴が残した足跡^^
  ローズの大飛球を追いかけて私たちの席近くまでやってきた時のもの。


球場に着いたのは1回裏。
広々した芝生の美しいグラウンドを見ながら、空はまだ明るく、風は心地よく、ヤキソバにビール、、ああ幸せでした(笑)


後で知ったけどブラウン監督が辞任会見をしたとかで、先発ピッチャーからして変だったらしい。
オリックスの投手事情を知らないから変とは思わなかったけど、中3日で防御率の悪い オルティズを持ってきたのは、自らシーズン途中に採用したこのピッチャーと心中をはかったか!?というような見方もあった。
しかし、そのオルティズを、なかなか打ち崩せなくてイライラが募る。打順の巡り会わせも悪かった。


DSC_0021.jpg

▲キャッチボールをする兄貴が近い^^


先発のバルディリス、守備でも活躍していたけど、デッドボールで出て積極的な走塁をしていたり、何とか返そうとした赤星君も惜しいゴロがギリギリでアウトになり、1塁ベースでうずくまって悔しがったり、兄貴も火の出るようなヒットを打ったりと、いいところはあるんだけど、得点に結びつかない。

トラッキーでも居てくれたら楽しいのになぁ、今年は来てないのかな?
と思って、見ていたら……いたいた。5回くらいのイニングインターバルでオリックスのマスコットと一緒にスタンドにプレゼントを投げ入れたりしていた。



DSC_0059.jpg

▲ブルペンへやってきた渡辺くんとエグたん

DSC_0106.jpg

▲そしてクボタン(右)も姿を現しました

DSC_0126.jpg

▲ピッチング練習をする阿部投手



一方、先発のボギーはピリッとしないピッチングで6回に同点から勝ち越しを許す。
同点になった時点では、次の1点をどこが入れるかが鍵じゃないかと思ってたのだけど、オリックスに入れられてしまって嫌なムード。
ボギーもよたよたしてるし、ブルペンはウォームアップのストレッチだけで誰も投球練習始めないし、ジリジリしていたけど、さすがに6回になって慌ただしくなってきた。ベンチからブルペンに電話があり、ピッチャー交代の指示だろうか……? それまでに阿部や渡辺や太陽などが投げていたけど……?

DSC_0155.jpg

▲久保ピッチングコーチがマウンドへ。野手が集まります。

DSC_0174.jpg

▲電話で出る中西ピッチングコーチ





ラッキー7。六甲おろしに合わせてジェット風船飛ばしをする。
すると、なんとブルペンに落ちた風船を、クボタンやナベくん達リリーフ侍がもくもくと拾っているではないか。なんだか申し訳ないような気持ちになりましたわ。

DSC_0222_20080525101423.jpg

▲スタンドを盛り上げるトラッキー

DSC_0228.jpg

▲風船を拾うクボタン、ナベくんたち

トリからの攻撃でちょっと期待していた。期待に応えてトリ君がヒットで出塁するとルーがよくボールを見極めてフォアボール。ノグッチの送りバントが内野安打となり無死満塁の大チャンス到来。
ここで、バッター葛城が告げられ大歓声。オリックスは左のピッチャー交代したため、代打の代打でバッターは今岡。

ところが中途半端な内野ゴロとなり本塁封殺。
「なんで葛城を引っ込めたんやー」と怒りの野次が飛ぶ。ああ、それも結果論やからなぁ。。
次のバッターは赤星君。これまた内野ゴロで本塁封殺。赤星の足が早く1塁はセーフでかろうじてゲッツーを免れた。
2者連続で本塁封殺という嫌な流れ……これで点入らなかったら完全に流れを敵に渡すことになる。
そしてバッターはヒーローの平野! 気持ちよかったぁ。。 ライトへの走者一掃タイムリー2ベースで逆転だ~!!
しかしまだ1点差。畳みかけたいタイガースは、バッター、頼れる3番、新井。
なんとなんと、新井は逆方向への追撃の2ランホームラン!! はじめ入ると思わなかったけど低い弾道で打球が思ったよりも伸びました。



▲貴重な2ランを放った新井君がホームイン!

DSC_0258.jpg

▲逆転劇にちびっ子ファンも盛り上がる^^

DSC_0241_20080525221843.jpg

▲準備をする渡辺くん。この日は登板はありませんでした。

DSC_0274.jpg

▲エグたん出動

この逆転で継投策が代わり、ブルぺンは攻撃の様子を見ながら慌ただしく動く。
どうやら、江草が行くみたい……。
結局、ボギーは6回を3失点でマウンドを降り、7回からエグ登場。
そのエグがピンチを招く。何だかんだで2死満塁。
ここでピッチャー交代、クボタン。

その前のブルペンで、投球練習をしていたクボタンがすごかった。
低めにコントロールされた真っすぐを物すごいミット音を響かせて何度も投げ込んでいく。
こんな球打てるわけない……。
投球練習はますます熱のこもったものになり、次は久保田だということが客の目にも分かる。
そして満塁のピンチにクボタンが出て行く。
クボタンを見送るピッチャー舘の中には球児の姿が……。それを見つけた人から口々に「球児や」の声がさざ波のように起こっていた。

DSC_0254_20080525222205.jpg

▲すごい球を投げていたクボタン。

DSC_0321.jpg

▲クボタンに中西コーチが話しかける。「次、行くぞ」とでも言ってるのかな?

DSC_0343.jpg

▲クボタン出動

リリーフ失敗が続いて、調子が悪いことが懸念されていたクボタン。
それがこんな絶体絶命の場面で……。ここは江草で我慢して最後まで押したらどうよ? クボタンはイニングの最初からで……と思ったんだけど、私は絶対絶命の場面でこそ開き直って力を発揮するクボタンのことを忘れていたわ。
スタンドからは期待と温かさのこもった拍手が起こって、ホントにこの球場好きだわ^^

同時にキャッチャーもノグッチから矢野っちへ。(キャー嬉しい^^)


バッターはハマちゃん……。
それまでの打席はハマちゃん応援してたんだけど、今回はさすがに「打たんといてぇぇ」(笑)
矢野ちゃんは、変化球に強い浜ちゃんを抑えるために、オール真っすぐ要求でした。
そらあんな球打てまへん。
ハマちゃんを見事に打ち取ってピンチ脱出。クボタンにとっても大きな自信を得た等級でした。
中途半端なところで出してもプライドを傷つけるだけ、絶体絶命の場面で信頼して使うという、ベンチとブルペンが一つになった選手起用だったわけね。


▲ジェフがピッチング開始
DSC_0323.jpg

▲本当にカッコいい。立ってるだけで絵になる男やね。

DSC_0332.jpg


さて、ブルペンでは、そんなクボタンの投球をみんながじっと見守り、拍手を送っていた。
そして、ジェフがちょっと投げては通訳を交えて何やら打ち合わせをしている。後で新聞で読んだところでは、2回連続リリーフ失敗していたジェフはフォームの微調整をしていたとか。身体が少し早く開き過ぎてバッターから球種を読みやすくなっていたのを調整したいたらしい。
再び、ピッチング再開……その横には球児も! 豪華な顔合わせにスタンドの客がワサワサとブルペンに詰めかける。

最初キャッチャーを立たせてキャッチボールから始めた球児。そのキャッチボールの球からして、シュルシュルシュル~と滑って手元でグイ~~ンと浮き上がるよう。
申し訳ないけど、私、ほとんどブルペンばっかり見てました。


4点になり球児は見られないのでは?と心配したけど、ブルペンで投げる球児に向かって中西コーチが両手で9のサインを送ったのを見て、球児登板を確信。
2戦目確実に勝利を上げるためか、球児がマウンドへ送られた~。
その球児、3人をピシャリと押さえて、試合終了~! 前日の嫌な負けを払拭する逆転勝利でした!!




■2008/5/21 試合結果

対オリックス 2回戦 スカイマーク

神|100 000 510|7
オ|000 102 000|3

勝:ボーグルソン2勝1敗0S
敗:オルティズ0勝3敗0S
HR:新井ツーラン5号
神:ボーグルソン-江草-久保田-藤川
オ:オルティズ-菊地原-山口-本柳

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/21 (Wed) 油断あり

まさか、ナベとジェフでやられるとは……。
完全な勝ちパターンやったのに勝負は分からんわ。

五回までは完全な勝ちパターン。そう思ったのが油断やった。

何回やったか、無死から連続四球でもらったチャンスを生かせんかった時に嫌な気がしたんや~。

一つでも多く得点する貪欲さが、勝ちパターンのゲーム展開で鈍ったんかな。

ナベにしてもジェフにしてもボールは高かったけど、これまでどれだけ救われて来たかを考えると、文句言うことなど誰が出来ようか。

ジェフの調子は気になるけど、肩の調子も含めて必ずや調整してくれると信じてるよ。


■2008/5/20 試合結果

対オリックス 1回戦 京セラドーム

神|100 020 000|3
オ|000 000 40x|4

勝:吉野1勝2敗0S
S:加藤1勝1敗11S
敗:ウィリアムス0勝2敗0S
神:下柳-渡辺-ウィリアムス-江草
オ:近藤-吉野-山口-菊地原-加藤

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/20 (Tue) ふ・わ・くコンビのオチャメなHP

矢野ちゃんのHPは写真でノックアウト。
http://yano39.tblog.jp/?eid=183854

シモさまのHPは「おじさんげんき」に萌え~(笑)
http://shimoyanagi.tblog.jp/?eid=184282

シモちゃん遅れたけど、お誕生日おめでとう!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/19 (Mon) ジェフ被弾というよりも

お杉しっかりせえ!

ていうか、うちの上司が甲子園行ったのが悪い~(笑)

アニキのま芯で捉えた当たりが浜風に押し戻され、あんなボール球のラッキーパンチがスタンドに入るって、なんじゃそりゃ~!


交流戦前の最後の試合は勝利で締めるにこしたこたないけど、まあこれからも一つずつやね。

いざ、交流戦~!


■2008/5/18 試合結果

対ヤクルト 9回戦 甲子園

ヤ|101 000 001|3
神|000 002 000|2

勝:押本2勝0敗0S
S:林昌勇0勝0敗12S
敗:ウィリアムス0勝1敗0S
HR:福地ソロ2号
ヤ:増渕-佐藤-松岡-押本-林昌勇
神:杉山-阿部-江草-渡辺-ウィリアムス

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/19 (Mon) 内匠さんのコラム「貫」 ……5/18「助け合い」新井の守備意識

今朝のコラムは新井の守備についてでした。
その日、珍しく打点がなく、番記者に囲まれたなかったので、新井選手に守備についてのインタビューを試みたその内容が書かれていた。

5/17(土)の試合をラジオで聞いてると、トリの送球がワンバンになったなを新井が懸命にキャッチ、トリに向かって「大丈夫」と手をあげていたという。こういうところ、大好きなのよ~と思ったもんやけど、内匠さんが新井の守備に対する考え方を聞いたところによると、「守備に対する意識は高く持ってますよ。常に優しく丁寧にをこころがけている。」という。

そういえばオープン戦でホームランかタイムリーかを打った試合で、マスコミにインタビューされ、「(一塁の)守備が全然ダメ。ボールに対する判断が出来てない」と、さほどのミスとも思えない自身のプレーに対し、厳しい目を向けていた。私にはトリの送球の方がショートして悪かったように思えたのに、「ベースを踏むことにこだわり過ぎた。(エラーがついて)トリに悪いことをした。」とチームメイトへの気遣いを見せ、関西の新聞各紙はこぞって新井の人柄を褒めたたえていた……。

新井選手は内匠さんに言った、「守りも助け合いですから」

なるほど、これが新井くんの守備に対する高い意識なんやね。いや~~まさにそんな感じの、チームプレーに徹した姿を見せてくれてますね~。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/18 (Sun) 頼れる6番!鳥谷Day

5月17日(土) 神3-ヤ0(甲子園)

一人で3打点を叩き出す活躍でした。
外出先から時々ラジオでしか試合をチェックしてないけど、石川を打ち崩しての勝利、素晴らしい~。

このところ交流戦を睨んだ選手起用をしてる岡田監督、昇格早々に五番スタメンにルーを起用。
びっくりした、痩せてる~~!随分二軍で絞ってきたんやね。本人の危機感の現れということか。
しかし、ユニフォームもだぶだぶしている。痩せ過ぎやないの!など話してるうちに初回のチャンスで凡退~。
その後好調が続いてるトリがきっちり返して、二点先制。その打席を見てから外出した。

前日に続いてスタメンのバルディリスが再三守備でいいプレーをしてたね。守れる外国人は大きいわ、サードというのもいいな。

家に帰るとジェフが投げてたから安心して見ていた。

強い…横綱野球やね。


■2008/5/17 試合結果

対ヤクルト 8回戦 甲子園

ヤ|000 000 000|0
神|200 001 00x|3

勝:岩田5勝1敗0S
S:藤川1勝1敗16S
敗:石川5勝4敗0S
ヤ:石川-上原
神:岩田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/18 (Sun) 村中を撃沈

5月16日(金) 神8-ヤ5(甲子園)

ヤクルトの村中投手、いずれ日本プロ野球を背負って立つ逸材だとか……。

前回神宮での対戦では手も足も出なかった。
今回は広澤さんはじめ首脳陣がしっかり方針を示し村中対策を練ってきたらしい。


バルディリスがスタメンでいい活躍をしてたね。
がむしゃらさがいいな~。

我が職場からもかなりの人が駆け付けたんだけど、勝ってよかった。

安藤-矢野のバッテリーは内角を大胆につく配球でヤクルト打線を押さえていた。ガイエルの最初の打席なんてオール内角やった。
その攻めがよかったのか、ランナー出しながらもヤクルト打線を0に封じて一方的な展開に。
甲子園はビールも売れまくったことやろう(笑)

球数は多くなってたものの、点差あるし「行け~~」と行ってたら8回に2時点失い、完封は断たれてしまう。
ベンチの動きも明確で、安藤の完封アシストする采配振るっていたし、ナインもそのつもりで必死に守っている……チームがひとつの方向にしっかりまとまってる感じがした。

一方的な展開に、家で8回くらいからビール飲みがら「勝ち過ぎて面白んない~」とグダグダ言ってたバチがあたったんだろうか。

8回表に安ドゥが二点失い完封が断たれてしまった~~。

まあ、な…完封いうても大量点差やし、一点差でも勝ちゃええんよ。

などと言いながら、最終回どうするか注目しいた。すると---安藤続投。(どうやら本人が希望したらしいが)完封から無四球完投へ目標をシフトして臨んできた。
ところが、球数が130を越え、疲れの隠せない安藤はランナーを出し、衣川にスリーランを浴びてしまう。。
ここでピッチャー交代。江草。

江草は「えいっ」とテンポがよいのか雑なのか分からない投球でランナー出して、ちょっとヒヤヒヤしたけど、最後は締めてゲームセット。
ベンチには敗戦投手のような表情の安藤がいた。

ただ試合後の監督インタビューで、「心意気だけは買いたいと思いますね」と笑みを浮かべて話していて、あの言葉に少しは救われたんじゃないかな。


この試合で一軍に上がってきたばかりの広大が五番スタメンに起用されたけど、いいところで結果を残せなかった。最後な打席でようやくヒットが出たけど、本人はいたく反省していたとか。。
広澤さんも、まだまだ下手くそ、と愛ある厳しさでコメントしてたけど、次のチャンスで結果を出してくれよ~。


■2008/5/16 試合結果

対ヤクルト 7回戦 甲子園

ヤ|000 000 023|5
神|102 401 00x|8

勝:安藤5勝3敗0S
敗:村中3勝4敗0S
HR:衣川スリーラン3号
ヤ:村中-萩原-鎌田-佐藤
神:安藤-江草



2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 魔の木曜克服! ひ~やん、またも同点打!

5月15日(木) 広2-神5(福井)

しぶといバッティングでした。
7回表、兄貴の内野安打から広がった無死満塁のチャンス。ここで好投の宮崎が降板。
代わりっぱなの梅津に対し、こちらも勝負をかける。ノグッチに代わって代打 桧山。
前日ほどじゃなかったけど、短めにバットを持ち、0-3から1つ見送った6球目。内角低めをうまく捕えてライトへ~~。2者が生還する同点タイムリー2ベース。ヤッホイ~!!

(新聞には「本来の代打に戻った桧山が」と書かれている。ちゃう~「本来の」はちゃうで~。)
そこへニ死からレッドが畳み掛ける。勝ち越しタイムリーに、出た!ガッツポ~~~ズ!v 赤星君が元気だとチームに勢いがつくわ。

さらに8回にトリの犠牲フライ、9回には勝利を呼ぶ男、新井が仕上げのタイムリーで1点ずつ加えて快勝。
投げてはボギーが6回まで辛抱強いピッチングでゲームを作り、7回は渡辺、8回ジェフ、9回球児の鉄壁なリレーで守り切った。調子を落としていると言われるクボタンは休み。グランドを見つめる姿がテレビカメラに抜かれてたけど、三枚がいつも万全なんてことはないわけだし、チーム状態がいいからみんなで支え合って行きゃええがな。

今季初スタメンの坂くんは残念ながら結果がでなかった。でも、一度も勝てなかった魔の木曜日に勝利をあげ、交流戦までに勢いをつけたいもんやね。

しかし広島の主催ゲームというのが嘘のようにスタンドは黄色だらけでしたな~。
みんな年一回の試合観戦を心から楽しんでいるようないい顔してるのが印象的でした。



■2008/5/15 試合結果

対広島 8回戦 福井

神|000 000 311|5
広|100 001 000|2

勝:ボーグルソン1勝1敗0S
S:藤川1勝1敗15S
敗:宮崎0勝4敗0S
神:ボーグルソン-渡辺-ウィリアムス-藤川
広:宮崎-梅津-横山-コズロースキー

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/15 (Thu) ひ~やん、5番で今季初スタメン

5月14日(水) 広2-神4(金沢)

心ひそかに待ち望んでいた日がやってきた。

5番 ライト 桧山!!

いやいやいや、やっと来たか~!
そのひ~やん、二回にエラーでシモさんの足を引っ張ってしまい、さらに平野までエラーして1失点。矢野ちゃんがすかさず間をとった時、シモさまの表情は穏やかだった。

リベンジの時はすぐに訪れる。6回の3打席目、兄貴金本が突破口を開いた後、スコアリングポジションにランナー(金本)を置いてバッターボックスに立つ。
カープ大竹の初球を、バットを短く持ったひ~やんが見事に叩いて同点タイムリー!! バンザ~~イ!!!

残念ながら後続なく同点止まりで嫌な感じだったけど、その次の回で平野が汚名挽回の勝ち越し打を放つと、バッターは新井。

調子はよくないらしいけど、まったくそう感じさせない、「ここぞ!」という時の一発。 雨の金沢の空に大きな弧を描いてアーチをかけた。
ダイヤモンドを一周してベンチ前でのハイタッチ。列の最後にいたのは先発のシモさまだった。
その手に、ふわっとタッチをして人懐こく笑う新井くん。そして新井の肩に手を回すようにして何やら言葉をかけながら二人がベンチに引き揚げていく~。その2ショットに萌え~でした(笑)。

さて、この試合、帰ってから録画を高速再生して見てたんだけど、矢野ちゃんの後姿がアップになり、ボールでも当たったのかとストップしてみたら、ホームでランナーを刺した場面だった。
キャッチャーにボールを投げたのはトリ君。痛烈な当たりに横っとびで飛びつき、ランナーの状況を確認してから本塁へ……アウト! 素晴らしいプレー!! 捕ったのも凄いけど、その後の冷静な判断が流石~~、内匠さんが取り上げそうなプレーやなぁと思ってたら、ビンゴだった(笑)。

3回2死2塁。バッターはシーボルという場面。
三遊間への当たりに飛びつき、すぐには送球せずにランナーの状況を見てホームへ……の場面。内匠さんの取材によると、わざと投げなかったとか。
3塁に投げても間に合わないと見た鳥谷が、わざと送球を送らせてランナーを回らせて、ホームで殺す。イチロー並みのプレーやん。
今年は守備も安定してると思って見てるけど、安定どころか、今年はトリ君の進化ぶりを驚きながら見ている。
打撃でも兄貴の影響を受けてか、わざとゲッツー崩れの1点を狙いに行ったりして、若い選手にいいものが受け継がれていくのは素晴らしいことやなぁ。。あとは、ピンチでマウンドに行ってくれたらもう最高よ、トリくん^^


■2008/5/14 試合結果

対広島 7回戦 金沢

神|000 001 300|4
広|010 000 100|2

勝:下柳5勝0敗0S
S:藤川1勝1敗14S
敗:大竹1勝5敗0S
HR:新井ツーラン4号
神:下柳-久保田-ウィリアムス-藤川
広:大竹-コズロースキー-岸本

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/14 (Wed) 兄貴、北陸の夜空に400号!

5月13日 広9-神3(富山アルペンスタジアム)

てっきり雨天中止なものと思ってた。
地上波の放送もないし、結果メールにも書かれてなかったから、朝起きて知ったがな。


甲子園で満員の観衆の中で、というのも素晴らしいことやけど、こういう達成も兄貴らしいな。

しかし、今回は前フリからしてあまり盛り上がらなかった。みんな2000本で騒ぎ尽くしたのかな?(笑)

冷たい雨の中最後まで応援したファンには最高のプレゼントになったことでしょう。
いや~~兄貴、男前!!


兄貴ほど雨が似合う男もいないと思う。雨粒を切り裂く弾丸ライナーは兄貴の専売特許やね。
淡々とダイヤモンドをまわったという兄貴の表情が想像できる。

実は兄貴は、調子落としてた時、いや、恐らく今も膝に相当な疲れがきて苦しんでいるらしい。……心配してたことは現実だった。
それでも、兄貴は言い訳ひとつせず黙々と打席に立つ。
立てば一点でも多く点を取りJFKを楽にさせようと全力でプレーする。……。そしてなによりプレーでファンの応援に応えようとする。
今回は試合の大勢も決まり「勝ち」には結び付かなかったけど、彼を育て応援したカープとタイガースのファンの前で、実に兄貴らしい渋くて男前な400号ではないか~~。

PS
アッチソン、二軍でもう一度調子取り戻してこ~~い!


■2008/5/13 試合結果

対広島 6回戦 富山

神|000 000 012|3
広|020 030 04x|9

勝:ルイス5勝3敗0S
敗:アッチソン4勝3敗0S
HR:金本ツーラン6号
神:アッチソン-阿部-杉山
広:ルイス-コズロースキー-林-横山

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/12 (Mon) お帰りジェフ!&クボタン復活

5月11日(日) 神3-横1(甲子園)

来客のため、チラチラっとしか見てないんだけど、岩田くんは毎回のようにランナーを背負いながら、良く粘って切り抜けていた。
ピンチでも安心感が出てきたねー。

打つ方は残塁も多かったけど、ここぞというところで出た新井君のタイムリーが効いた。
新井が打点を挙げれば負けない伝説は継続中~^^
赤星君が盗塁&ナイスランだったみたいやね。内野ゴロだったところを独自の判断で突っ込んだらしい。新井なら空ぶりはないという読みが見事あたった!
早くも初回の攻撃で猛虎打線が牙をむく。先制点は新井のバット。内野安打ながら、前進守備ながらそれをものともしない赤星のナイススライディングが効いた~。
ホームの近くから強いスライディングで相手キャッチャーの守りを破ったとか、さすが!
またスタメンに起用された誠っちも打ったV

ナベくんが6回を三者凡退にきっちり抑えてリズムをつくると、7回からは久保田。キャッチャーも矢野に交代したのがミソだった。前回打たれた時はノグッチで、ボールを真中に集め過ぎていたと、NHK BS解説の山本和が言っていた。ボールを散らせ……。
その言葉どおり、矢野ちゃんのリードはボール球を振らせるリードで見事3人をピシャリと押さえたクボタン、いや~~ナイスピッチングでした。

こうなると逃げ切り態勢。8回からはジェフ登場。
場内アナウンスに客席から歓声が沸き起こる。開幕以来の登板、今年初の甲子園のマウンドにサムライが返ってきあた。お帰り~ジェフ!
投げたあと踊るようなポーズはなくて、絶好調まではあと1歩というところか。それでも貫禄の登板でした。

9回はもちろん球児がしっかり締めて絶対勝たなければいけないこの試合を勝利で締めくくった。

そうそう!書き忘れるところやった。
育成枠から支配下選手になり一軍登録されたバルディリスが来日初ヒット!一本出て喜びを噛み締めてることでしょう。おめでとう~!

さてヒーローインタビューは、ジェフと新井っちの男前2人~^^
新井くんは自分のバッティングのことをいくら持ち上げられても、マジで困惑してるんだけど、チームの話になった途端、「とにかく勝ちたいんで」と急に雄弁になるところが面白い。
ジェフは初登場した甲子園でお立ち台まで登りましたね。これからどんどん活躍してほしい。
少しずつ役者がそろってきたわ^^

試合後の岡田監督のインタビュー。今岡についてはホッとしながら全打席でいい内容を見せてほしいと注文をつけ、クボタンの好投も実にほっとしたような表情で、親ごころが垣間見えた。
「まあ、何てーか、その、、、ね、だから」と、何を言ってるのかわからないコメントが実に味のあるものに思えてきたわ(笑)。


■2008/5/11 試合結果

対横浜 8回戦 甲子園

横|000 010 000|1
神|102 000 00x|3

勝:岩田4勝1敗0S
S:藤川1勝1敗13S
敗:ウィリアムス0勝1敗0S
横:ウィリアムス-小林-吉見-ヒューズ
神:岩田-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/11 (Sun) 雨天中止にホッ……

朝からの雨……。
甲子園は10時過ぎに早々に中止が決定。
楽しみにしていた試合だったけど、疲れがたまっていたので、逆に雨でほっとした。
選手たちにとってもいい休養、恵みの雨になったことでしょう。

夜は巨人-中日戦を見てましたが、のんびりと見れますなぁ。
もつれた試合だったけど、あまりいいゲームとは言えなかった。中日もちょっとチーム力落ちているわ。
中日が勝てばゲーム差0.5に肉薄されるだけに気になっていたけど、これでまた一息つける……(笑)


■2008/5/10 試合結果

対横浜 8回戦 甲子園

雨天中止

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/10 (Sat) 新井君 3月4月月刊MVPおめでとう!

チームへの貢献度を評価されての受賞。いや~嬉しいわ。
移籍してきて、不安とマスコミ攻勢の中で自分を見失わずにチームバッティングに徹してきた新井君。
チャンスでは難しい球にも食らいつい、何とかしてくれる。塁に出たら積極的な走塁。ピンチではピッチャーに声をかけ、野球に対する姿勢と人柄でファンを魅了してきました。

本当はもう少し苦労すると思ってたんやけど、ちょっと拍子ぬけ。
私が守ってあげないと~~って思ってたら(笑)、そんな必要なかったから……。
いや~でも本当におめでとう。

新井君の素晴らしいところは沢山あるけど、たとえば打席に立っていて、キャッチャーがボールをそらしたらすると、いつもきっちり見方ランナーに「止まっていてOK」という合図を送るし、守備についているときにもゴロをとり、カバーしに走ってくるピッチャーに対して、「大丈夫、僕がベース踏みますよ」ときちんと合図を送るのよね。その送り方が実に律儀というか、チームで戦っている感じがして大好きです。

この先調子の波もやってくるだろうけど、ますます活躍してほしい!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/10 (Sat) 初の連敗

5月9日(金)

実は甲子園に行く予定をしてたんだけど、仕事が忙しくて断念。
代わりに上司から土曜日の観戦を誘われたけど、どうやら雨っぽい。

寒いし風が強いし、試合の行方を気にしていた……。
三浦に2敗目かぁ。まあ、しゃーない。仕切り直していきましょう。


■2008/5/9 試合結果

対横浜 7回戦 甲子園

横|003 001 002|6
神|000 001 010|2

勝:三浦2勝4敗0S
敗:安藤4勝3敗0S
HR:村田スリーラン9号、ビグビー ツーラン2号
横:三浦-ヒューズ-横山-寺原
神:安藤-阿部-能見

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/09 (Fri) また「魔の木曜日」や~

5月8日(木) 巨6-神5(東京ドーム)

負けてしもうた……
逆転したときには勝つと思ったんやけど。
ま、やりすぎるのはよくないので、こんなもんでしょう。

でも、竜、巨6連戦のうち、2つの負けはクボタンが絡んでいるということで、本人は相当一番苦しんでいるやろう。
チーム状態がいいし、ジェフも上がってくるのでゲームの中でうまく上昇の糸口をつかんでくれたらいいな。。



■2008/5/8 試合結果

対巨人 9回戦 東京ドーム

神|001 040 000|5
巨|002 002 02x|6

勝:山口2勝1敗1S
S:クルーン0勝1敗9S
敗:久保田1勝1敗0S
HR:ラミレス ツーラン10号
神:ボーグルソン-江草-渡辺-久保田
巨:栂野-越智-藤田-西村健-山口-クルーン

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/08 (Thu) 兄貴、凄すぎる!

5月7日(水) 巨4-神5(東京ドーム)

残業しながら試合の経過だけチェックしていたのですが、兄貴には痺れました。
3回表の攻撃で、木佐貫から頭部へデッドボールを受けた兄貴……、投げた木佐貫も顔色を失ってたし、球場全体が凍りついたような雰囲気だった。
しばらくベンチに下がってアイシングなどの手当をした後、元気に姿を見せた兄貴にホッと胸をなでおろした。
そして驚くべききは、その次の打席で、代わった顎の門倉から目の覚めるような弾丸ライナーのホームラン! 
内は攻めてこないという読みもあって、文字通りシバキ上げた一発。
解説の掛布さんと堀内さんがただただ「凄い」と、その後の言葉を失っていた。
読売系の放送ながら、アナウンサーも実況にも金本兄貴への敬意がにじみ出ていることに気づいて、兄貴が来てくれたからのタイガースがどれだけチームとしてよくなったことかということを改めて噛みしめました。

さて、この試合で問題になった能見から打ったラミレスの当り。
タイガースファン、しかもイエローメッシュジャージを着た人が、ボールをたたき落としたように見える。
そうだとしたら恥ずかし過ぎる……。せっかくの選手たちのプレーに傷をつける行為やん。
新聞によると、当人は手に当たったことを否定しているらしい。また近くのファンも「フェンスに当たるすごい音がした。ボールは直接フェンスに当たった」と言っているらしい。
そうだとしたら救われるんだけど、いずれにしてもフェンスから身を乗り出してボールをつかみ取ろうというのはあまりマナーのいい行為じゃないしな。
審判の説明にも問題があった。「客に当たったことにして2ベースにします」という説明に道上さんが激怒してましたが、野球規則に照らすとその時点でボールデッドとして、「客に当たっていなくてもフェンスに当って跳ね返ったと判断されるので2塁打とします」と言わなければならない。それでは、まるでタイガースファンがホームランを邪魔したみたいに思われるやん。

とはいえ、阿部の走塁失敗がなければHRにならなくても勝ち越せていたんだから、巨人がきっちりした野球をしてなかったってこと。

いや~しかし、能見まで打たれ始めたか……。
フォーム変わっていけると思っていたんだけど、新たな心配ごとが浮上してきた。

途中、ドタバタはあったけど、兄貴が頭部にデッドボールを受けながらHRを打ったこの試合。タイガースとしては絶対勝ちたい試合をものにできてよかった。
またひとつ兄貴の鉄人伝説が生まれた試合でした。



■2008/5/7 試合結果

対巨人 8回戦 東京ドーム

神|030 001 010|5
巨|200 000 200|4

勝:江草1勝0敗0S
S:藤川1勝1敗12S
敗:山口1勝1敗1S
HR:鳥谷ツーラン4号、矢野ソロ1号、金本ソロ5号、ラミレス ツーラン9号
神:下柳-能見-渡辺-江草-藤川
巨:木佐貫-藤田-門倉-山口-西村健

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/08 (Thu) 巨人に快勝~

5月6日(火) 巨4-神8(東京ドーム)

勢いと野球の質が違う!
そんな試合でした。

フォアボールや犠打を絡めてつないでいくわが打線に対して、巨人はチャンスで簡単に打ちに行き、芽をつぶしてしまうなど、つなぐ意識や走塁の違いが浮き彫りに。
昨年と比べると野球が逆転した感があるなぁ。。。

嬉しかったのは久々にスタメンに入った今岡の先制ホームラン。誠っちゃんはさらに犠牲フライを打って2打点。復活の足掛かりになるといいな。

この試合、テーマは久保田に自信をつけさせる、だったそうで4点差になり楽な展開で久保田を投入。ヤクルト戦で打たれた久保田を投げさせて自信をつけさせようとのベンチの計らい。
見事功を奏してリードを守った。
ナベリョウもエグもナイスピッチング! 誰かの不調をチームみんなでカバーし合ういい雰囲気がでている。本当にうれしい限りや~!



■2008/5/6 試合結果

対巨人 7回戦 東京ドーム

神|010 500 200|8
巨|001 300 000|4

勝:アッチソン4勝2敗0S
敗:高橋尚2勝3敗0S
HR:今岡ソロ2号、ゴンザレス ツーラン2号
神:アッチソン-渡辺-江草-久保田
巨:高橋尚-西村健-藤田-会田

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/06 (Tue) ヤッター!天敵中田をめった打ち!

5月5日(祝・月) 中4-神10(ナゴヤドーム)

関西のスポーツ新聞各紙はこぞって「ウル虎7」という見出しを掲げてるようで……(笑)。

いや~~~~痛快でした!
久保田、球児でサヨナラ負けを喫した翌日……
先発は天敵中田……
ナゴドで投げれば虎に負けたことがない。
とにかく嫌な思いしかないピッチャーが虎の前に立ちはだかる。

昨日はNHK総合をつけた上にABCラジオをかけて見てました。
与田さんの解説と湯舟さんの解説を交互というか同時にというか、聞きつつ忙しかった(笑)
湯舟さんの言葉が印象的やったんですが、前日のサヨナラ負けがあってこその初回一気呵成の攻撃につながったのではないか?と……。
各バッターはバットを短く持ち、何かを変えよう、天敵を攻略しようと必死で襲いかかったのが見事功を奏した。
まずは、三塁線を抜ける赤星のツーベースが効いた! さらに平野が内野安打でノーアウト1,3塁。
新井くんが粘って、バチーンと野手の頭上を越えるレフト前タイムリーヒットで1点先制!
新井の粘りを道上さんが絶賛してたけど、勝負どころで実にしぶとく、球に食らいついてでも「何とかする」という強い思いが伝わってくる。
負けた後の試合では必ず打つ新井君! また新井が打点を挙げた試合はこれで14戦全勝とか。
そして、兄貴はフォアボールを選ぶ。
満塁になりバッターはイクロー。叩きつけるようなバッティングは高いバウンドで内野の頭を越えてさらに2点。
続くは成長著しいトリ。そのやわらかなバッティングを与田さんが絶賛していた。
うまく貯めてはじき返すと右中間真っ二つのタイムリーツーベース。1点追加~。
矢野ちゃんはレフトのフェンスにぶちあたる大きな当たり、39歳矢野ちゃんが走りに走って2点タイムリー3ベースヒット!6点目。
ここまでノーアウトという凄まじさ!スポーツ紙にも「秒殺」とか「瞬殺」などという言葉がちりばめられている(笑)
セッキーがセンターへの大きな当たりが犠牲フライとなり矢野ちゃんがゆっくり帰って7点目~。
一挙7点ってか~!? こんなに胸のすく攻撃はないわ。昨年のロッテ戦怒涛の9点攻撃以来かな?


しかし、先発お杉がピリっとしない。その裏すぐに2点献上。
ちょと、いやな空気が漂う。
何せ7点取って8点取られて負けたことがあったし、ここは気を引き締めて行けよ~。

でも心配は要らなかった。三回にはまたもや中田に襲い掛かり、矢野ちゃんの痛烈なタイムリーで再び突き放す。これで勝ちを確信しました。
矢野ちゃんは、HRが出れば「サイクル」ということで、花束も用意されてたみたいなんだけど、残念ながら次回持ち越しとなりました。

広澤コーチによると「中田が代わったんじゃない、うちが変わったんだ」
と対策の効果を強調してたみたいだけど、その中身を「企業秘密」としたところを見ると単に「バットを短く持ってコンパクトに打ちにいく」といったようなことじゃなく、もっと奥深い対策があったんやろね。


さて、お杉の調子はなかなか上がらず、大量点があって本当によかったわ~。
湯舟さんによると、「矢野が苦労してますよ」
三回くらいになって、比較的いいのがカーブだと探し当てこれを主体にした組み立てをしだしてやっと落ち着いてきたと…。
画面で見ても身振りを交えて盛んにお杉にハッパかけてた。タイムをとってはマウンドへ行き、強い調子でアドバイスしたりして、よう引っ張ってましたわ。
悪いなりに完投せなアカンやろう~と思っていたら、7回途中で足の痙攣により降板~。おいおい。
そのお杉を矢野ちゃんはヒーローインタビューで「点差はあったが、必死に投げてくれていたから。」と立てるあたりがもう、いじらしいというか……(感涙)まさにキャッチャーの鑑でしょ~。


お杉の後を受けてノーミンが緊急登板。
またまたナイスピッチング。星野コーチ直伝フォームの効果はすごい~ドラの打者はキリキリ舞いをしとりました。
いい球持ちながら、バッターに邪魔になる球がなく打ち込まれていたノーミンが新しいフォームに出会って大化けするかも?? 今後が楽しみやわ~。

目に青葉 山ほととぎす 虎快調~

昨年の連休とは大違い。幸せなゴールデンウイークやわ~。


■2008/5/5 試合結果

対中日 8回戦 ナゴヤドーム

神|702 000 100|10
中|200 000 200|4

勝:杉山2勝1敗0S
敗:中田4勝2敗0S
神:杉山-能見
中:中田-長峰-金剛-高橋

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/05 (Mon) あ痛たたっ……><

5月4日(祝・日) 中3-神2(ナゴヤドーム)


ああ……
岩田君の粘投がぁぁぁ。
兄貴の技ありタイムリーがぁぁぁ。
トリの3号&超美技がぁぁぁぁ。

久保田劇場で消えてもうたがな……。ション。

球児をつぎ込み、ウッズも制して、さあ、反撃するぞ……と思ったら。
え、、え?

実況のABCラジオ中邨アナが、「こんな当りが入るんですか~!」と怒りを込めて実況してたけど、フラフラっと上がった中途半端な当りだったようで……。


そやから、私が言うたんや。
クボタンは調子悪そうやし、ナベリョウを2イニング行かせえと……。
私の言うこと聞いて、7,8渡辺で9回を球児やったらよかったに~(爆)。
岩田君、ほんまよう頑張っとったでぇ。勝ちを消してもうたなぁ。
クボタンも辛いやろう。
ヤクルト戦で同点に追いつかれたクボタン。そっか、ミスした選手はすぐに使え、でクボタンだったのか。


球児で負けたらしゃーない。しゃーないけど、不細工男二人に打たれたんが腹が立つがな。
今日はお杉が先発やから、昨日で勝っておきたがな。

そんな中、ジェフが二軍の試合に登板して上々のピッチングというニュースは安心材料やあ。よかった。よかった。
あとは金村はんが早く調子を取り戻して欲しい。
そしてゾノ君、強気をなくすんじないよ~。


腹が立つから負け惜しみを一つ。
選手の男前度では断然虎が勝っとる!
なんであないに不細工な選手が多いんや……ドラ(爆)。
テレビ向きやないわ。


■2008/5/4 試合結果

対中日 7回戦 ナゴヤドーム

神|000 100 100 0|2
中|000 000 020 1x|3

勝:チェン2勝1敗0S
敗:藤川1勝1敗11S
HR:鳥谷ソロ3号、李炳圭ソロ4号
神:岩田-渡辺-久保田-江草-藤川
中:吉見-小林-岩瀬-チェン


2008年のゲーム | trackback(0) | comment(1) |


2008/05/04 (Sun) 新井2ラン!、平野3ラン!!!

5月3日(土) 中1-神9(ナゴヤドーム)

16安打9得点の快勝でした。
先発全員安打、兄貴にもヒットが出た~。矢野ちゃんも^^。
5月の初戦に嫌な負け方でちょっと心配したけど、それをものの見事に吹き飛ばしてくれたのが、初回の新井くんの3号2ラン。これで広島へ行った赤松に並んだ(笑)
昨年手こずった小笠原からガツンと一発気持ち良かった~。

この試合スタメンに入った誠っちが3回の犠牲フライで1点を追加して試合の主導権をキープ。
そして、4回には平野の3ラン!!いや~びっくりした。コンパクトに叩いてよく打ったねー。
初回も赤星倒れた後にヒットを放ち、新井の2ランを演出。この日5打数4安打。盗塁も決めて大車輪の活躍でした。

少し前のサンテレビ携帯サイト「濃厚虎のコラム」で吉田さんの指導者論が面白かった。
岡田監督がトレード先の阪急2軍の指導者だった頃、酒の席での客とのトラブルをおさめた器量を筆者が褒めていたが、そんな人物的な成長を知っていたのか、吉田義男氏が「そろそろタイガースに呼んではどうか」と働いたらしい。
タイガースに帰ってきた岡田に吉田が何度も自身の指導者論を話したらしいのだけど、その中にこんなことがあった。

「ミスした選手はすぐに使え。時間を置いたら選手を殺すことになる。」

吉田采配はまさにそうだった。
打たれたピッチャーを翌日すぐに使ったり、、試合でミスした選手にすぐにリベンジのチャンスを与えていたっけ。

で、思うのは平野。元気でガッツがあるが、ミスも多い。あのヘッドスライディングも、無意味に思うことがある。
2塁ランナーにいるときなど、あわや牽制死というきわどい場面があったりして、その粗削りさにどちらかというと冷や冷やしながら試合を見ていた。その度にセッキーの安定感、藤モンの守備のうまさがチラチラと脳裏をかすめる……。

その平野選手に広澤コーチと吉竹コーチが「思い切って行け」と後押しをしてくれたとのことで、ずいぶん平野選手が意気に感じていた。
ミスをした選手を潰さない。逆に励まして送り出すコーチ達って素敵やわ。
(その割に昨年だか1昨年の藤モンにはやたら厳しかった気もするが……、岡田さん)


試合に戻ると、先発の安doはあまり調子よくなかったらしいけど、安定感あるわ。
右バッターへのシュートが効果的だった。矢野ちゃんも内を攻めたり外に変化球で外したりとナイスリードでした。
8回の満塁でバッターウッズという大ピンチをしのいだときはカッコよかった!
このとき、私が見ていたJスポーツ2では触れられなかったけど、ラジオで実況の伊藤史隆さんが言っていた。ウッズを迎える場面で、スルスルっと新井が安ドゥのところへ寄ってきて、一言二言。間をとってたらしい。
テレビでも確かにその場面が小さく映ってる。
新井くんには大きな後悔があったらしい。それは4月11日、安藤が負け投手になった試合で、マウンドへ行こうかどうしようか迷って、行かなかった直後に安藤が打たれた……ということがあったらしい。
それ以来、新規加入だからといって遠慮はしないと心に決めた。
岩田の時などよく声をかけているけど、8回裏のこの場面でもその苦い経験から新井くんに迷いはなかったのだと思う。いいシーンでしたわ。

ここで交代という手もあったと思うけど、開幕投手にそんなことはできない。
今年は辛抱して先発ピッチャーを使うシーンが目立ってるけど、見事に最大のピンチを切り抜けて後続のピッチャーに代えたことで、安藤のプライドも自身も野手との信頼感も保たれる最高の継投になった。
9回に3点入り、結果的には完投できたかも知れないなーと笑ってしまったけど……。
しかし、ドラにやられているパターンで勝つことができたのは大きい。
気持ちいい1勝でした!


■2008/5/3 試合結果

対中日 6回戦 ナゴヤドーム

神|201 300 003|9
中|000 100 000|1

勝:安藤4勝2敗0S
敗:小笠原3勝2敗0S
HR:新井ツーラン3号、平野スリーラン1号、T・ウッズ ソロ5号
神:安藤-江草
中:小笠原-中里-金剛-小林-高橋

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/02 (Fri) 赤松、大活躍

新井選手FA移籍に伴い、広島へ行った赤松君、最初はバント失敗で顔面骨折したりして出遅れたけど、ここへきて1番スタメンで大活躍。
巨人戦では3日連続のホームランという大活躍を見せている。
いや~よかったわ。

人的保障ということで、非人道的な感じで移籍しただけに気になってたけど、タイガースの選手が広島で活躍してくれたら、ホッとする。
これからもがんばって欲しいねえ。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/02 (Fri) 初の同一カード負け越し(><)

5月1日(水) 神0-ヤ2 (甲子園)

残業で試合は見てない。
あわやノーヒットノーランという試合で、唯一ヒットを放ったのがノグッチだった(泣)。。。
魔の木曜日なんだとか、雨天中止も続いたけど木曜日は勝ってないらしい。

4月03日 対広島(広 島) 2-4 負け
4月10日 対中日(甲子園) 雨天中止
4月17日 対広島(甲子園) 雨天中止
4月24日 対中日(ナゴド) 2-2 ドロー
5月01日 対ヤク(甲子園) 0-2 負け

う~ん、見事や……(爆)

先発はボギー。今季初登板。2軍から上がってきたボギーがどんなピッチングをするか心配でしたが、これがナイスピッチングだったようで……。
奥さん二コール夫人が例によってスタンドに見に来てたけど、トラ柄のTシャツ。ええわ~。
やっぱり足を絡めらたのが効いた。青木が出てヒットエンドラン。
逆にこちらはまったくの手詰まり状態だった。1、2番が出ないことには、あとは一発頼みになっちまうなー。

兄貴のところであり得ないボール球をストライクに取られたみたいで、笑顔ながら大きなジェスチャーで「ええっ、これがストライク~?」と訴えてましたなぁ。
兄貴の当たりが止まっているのが気になってるんだけど、単に調子が悪いだけならいいんやけどな。


……ちゅうことで、開幕から続いていたカード勝ち越しも9試合でストップ。まあ、そんなんはいつか途切れること。
一日休んでリフレッシュして竜とジャイアンを叩き潰してもらいましょ。


■2008/5/1 試合結果

対ヤクルト 6回戦 甲子園

ヤ|000 002 000|2
神|000 000 000|0

勝:館山1勝1敗0S
S:林昌勇0勝0敗7S
敗:ボーグルソン0勝1敗0S
ヤ:館山-押本-林昌勇
神:ボーグルソン-阿部-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/01 (Thu) アライ! アライ!! アライ!!!

いや~~~~~~~最高の幕切れでした!!
♪ひと振り~に賭~ける、男~新井~。熱いそ~の思い~スタンド~へ~♪

新井~~~!
男前~~~!


残業で試合は見れず、録画は失敗で凹んでたら、GAORAで再放送やってた!! 途中から見てたけど9回までもたず、朝にサヨナラ場面とヒーローインタビューを見ました。


一発警戒の中、好球必打やったね。フォークを掬い上げるようにしてうまく打った。

本当は「掬い上げる」んじゃないらしい。掬おうとすると上がらくて、上から叩かなあかんみたいやけど……、おは朝の取材でバッティング理論を語った新井くん、ボールに対するバットの入斜角によるらしい。
ホームランよりチームの勝ちにこだわり、勝つためのバッティングを続けてきた。毎度のマスコミの取材にも同じ答えを繰り返すのみ。

ホームランは気にはなってたと思うけど、勝利を決める一打を決められたことに、勝ちにこだわる男を高校球児のように弾けさせたんだと思う。
全身で喜びを爆発させる新井くんのVTRを何度見たことでしょう。新聞を見、スポーツニュースを見、その度に幸福感いっぱいになりますな~(笑)
今朝の職場に行くと、虎キチがたくさんいる私の島は、「おはよう」の代わりに「昨日はよかったなあ」みんなニッコニコで笑ってしまった。


しかし、スタンドの声援は物凄かった! その場にいたらどんなに鳥肌モンだったろうか…。
4月の快進撃を締め括るに相応しい劇的な試合でした。


先発のシモさまは、今季1番調子が悪くて6回4失点。残念ながら5勝はならず。でも悪いなりに粘りのピッチングでした。
渡辺が安定した力を発揮し試合を締めたけど、クボタンがシモさまの勝ちを消す同点打を許してしまう。その代わりに新井のサヨナラを呼び込んだのは運命の悪戯やな~(笑)
調子あまりよくなさそうやから心配やなあ。

打つ方は前日悔しい思いを噛み締めた赤星が塁に出て、平野が続いてとよい流れやった。
平野のスリーベースよかったね~。ガッツあるプレーと讃えられながら無駄にハッスルして案外足を引っ張り屋さんなのが気に食わんのですけど、コーチは「自信持って行け」と励まして送り出したんだとか。
交代時に起こる「平野コール」に込み上げるものがあったらしい。よかったね。
そしてイクローもナイスバッティング!

投げる方では頼りになる渡辺君、このまま逃げ切りたいと思ったところでクボタン。
今年は本当に調子悪い……悪いなりに何とか仕事してきたけど、同点打を許し、シモさまの5勝目を消してしまった……。(アホアホ)
9回裏、3番からの攻撃で、広澤さんのHPによるとベンチでは、ひ~やんんが、そして下さまが「サヨナラに匂いがする」と言ってたらしい。
岡田監督までが、浜風が強いし、決めるなら右の新井……と言っていたとかいないとか。
その予感がピタリと当るのだから神がかってる。
広澤さんは新井と抱き合って、「大きかった」と感想書いていたけど、あとで録画見たら、ベンチで抱き合うシーンが映ってた。軽いジェラシー感じたわ(爆)。

クボタンがシモさまの4月5勝で月刊MVPを消してしまったけど、その代わりといっては不謹慎だけど、新井くんの劇的なサヨナラホームランにつながった。しかも甲子園でのチーム初アーチ。。
出来すぎやん。(笑)
ということで連敗しないタイガース、まさに熱い男、新井君が引っ張ってくれている。
ありがとーーーーー! 新井君!!


■2008/4/30 試合結果

対ヤクルト 5回戦 甲子園

ヤ|002 200 010|5
神|102 002 001x|6

勝:藤川1勝0敗11S
敗:松岡1勝1敗0S
HR:新井ソロ2号、飯原ソロ3号
ヤ:リオス-五十嵐-佐藤-松岡
神:下柳-渡辺-久保田-藤川

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/01 (Thu) <写真追加>今季初甲子園が…

20080429_11.jpg


4月29日(祝・火) 神1-ヤ4(甲子園)

ショボショボの負けゲーム。。。
そういえば……デーゲーム苦手やったんや~、阪神……(泣)

赤星が塁に出られず、
クリンアップが1ヒット止まり、
守りでミス連発&走られまくり……

という典型的な負けのパターン。(泣)

それでも、一点ずつ帰していこ。
デーゲームは何が起きるか分からんよ。

と応援してたんやけど、ど~も流れが最後まで来なかった。

4点ビハインドになった時点で、野外ビール大会にしてしまいました(笑)

天気もよく、兄貴のホームランを阻止した浜風もスタンドでは心地よく、絶好のデーゲーム日和。
2番手阿部の2イニング0封とナベリョウのナイスピッチングがよかった。


20080429_03.jpg

▲リニューアル第一期工事終了後、初めての甲子園

20080429_04.jpg

▲内野席は階段を上がって2階から入場する構造になりました

20080429_01.jpg

▲ファンクラブ限定のイベント「ガラゴロ」のテント

20080429_02.jpg

▲「ガラゴロ」の景品 

20080429_05.jpg

▲初回の守備につく際、スタンドへサインボールを投げ入れる赤星くん

20080429_06.jpg

▲守備につく新井くん

20080429_07.jpg

▲7階裏攻撃前、ジェット風船スタンバイOK!

20080429_08.jpg

▲青空に舞う風船たち

20080429_09.jpg

▲もう1枚おまけで風船の乱舞

20080429_10.jpg

▲いつもユニフォームがドロドロの新井さん
 8回表 守備につく時のお尻はスライディングで汚れてました
 


■2008/4/29 試合結果

対ヤクルト 4回戦 甲子園

ヤ|102 100 000|4
神|000 000 100|1

勝:石川5勝1敗0S
S:林昌勇0勝0敗6S
敗:アッチソン3勝2敗0S
ヤ:石川-林昌勇
神:アッチソン-阿部-江草-渡辺

2008年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索