--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/30 (Fri) 他人の懐に興味津津の季節がやってきた

そう、契約交渉の話が新聞をにぎわせる季節となった。
ナベリョウやゾノ君などブレイクした若手は大幅増。その陰でノグッチが苦虫かみつぶしている。
私から見たらノグッチはもっと上げて欲しいよなー。
レギュラーの座をつかむ活躍をしながら、肩の故障で手術を受けるか悩み抜いているリンちゃんは大幅アップながら笑顔なき更改となった。
リンちゃんの表情見てると辛い。
そして今日、広大がタイガース史上初の上げ幅で一発サインとのこと、よかったねー。


他人の契約金に、ファンが「もっと上げたらんかい!」「高すぎるわー!」と大騒ぎするのは関西特有らしい。(一昨年のおは朝で言ってた)

2005年のオフはみんなが球児への提示額に大ブーイングを唱えた。
昨年はセッキーに同情が集まった。

プロ野球選手にとっては嫌なもんだろうけど、マスコミを見方につけて自分の交渉を有利に運ぼうという輩も多い。
今年はクボタンがその手法を使ってるね。交渉前から先制パンチを繰り出した格好だけど、私はあんまり好きなやり方じゃない。


今年は中継ぎピッチャーには厚くして欲しいけど、先発陣は年俸返上してもおかしくないと思っている。
そんなところに聞いたお杉の契約更改。
2500万から200万のダウン提示を保留したとか。
何を~~~!? 半額でも高いくらいや。それを保留したとはどういうこっちゃ!!
2000万やると言われても、とてもそんな資格はありませんと返納してもちょうどええわ(怒怒怒)

……こんなファンがいると選手も辛いことだろうけどね(苦笑)

スポンサーサイト

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/29 (Thu) 代表選手24名が決定

先日、台湾入りした代表選手たちはさらに最終選考の結果24名の選手に絞られました。タイガースからは矢野さんと球児が代表に残りました。
台湾に来てから帰国する選手たちはさぞ悔しいことだろうと思うけど、しぼる方の立場も辛かったことでしょう。
夢半ばで代表から外れた選手たちの分まで大暴れして欲しいもんですね。


【投手】9名
18 ダルビッシュ有 日本ハム
14 小林 宏之   ロッテ
60 成瀬 善久   ロッテ
16 涌井 秀章   西武
19 上原 浩治   巨人
11 川上 憲伸   中日
13 岩瀬 仁紀   中日
27 藤川 球児   阪神
28 長谷部康平   愛知工大

【捕手】 3名
22 里崎 智也   ロッテ
10 阿部慎之助   巨人
39 矢野 輝弘   阪神

【内野手】 7名
7 西岡 剛     ロッテ
52 川崎 宗則   ソフトバンク
6 井端 弘和    中日
17 荒木 雅博   中日
55 村田 修一   横浜
25 新井 貴浩   広島
36 宮本 慎也   ヤクルト

【外野手】 5名
41 稲葉 篤紀   日本ハム
9 大村 三郎    ロッテ
5 和田 一浩    西武
29 森野 将彦   中日
23 青木 宣親   ヤクルト


台湾では外出禁止令が出されたらしいけど、星野さんが自腹でスイートを借りきって、仙ちゃんBARがオープンするのだとか。
それとホテル向かいの日本料理店に話を通して、星野監督のツケで自由に食事ができるようにしたらしい。
いつもながら、粋な配慮ですな。
あまりに選手たちがよく食べるので、自身が店に行った時に米が底をついていてご飯を食べることができなかったとか(笑)。
そんな選手たちを、監督は頼もしく思ったに違いありません。

選手たちの引き締まった表情の映像が流れる旅に決戦の時が近づいていることを感じます。
ぜひ、この3連戦で北京への切符を掴んできて欲しいもんです。


【星野ジャパン北京への道のり】

11/29   自主トレ開始(スカイマークスタジアム)
11/06   練習試合 対 社会人選抜チーム(スカイマーク)
11/12   強化合宿(サンマリン宮崎)
11/22,23  壮行試合 対 豪州戦(ヤフーD)
11/24   台湾入り

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/28 (Wed) 獲れるか?! グライシンガー

ヤクルトとの交渉決裂が決定的となり、いよいよグラ獲り戦争勃発!
相手は抜け目のない読売。

頭もいいしコントロール、球威とも抜群で日本の野球にはぴったりの選手。よくこんなピッチャーを見つけてきたものだわ。ヤクルトのスカウトってすごいねー。

読売が8億ならうちは8億1千万……などという報道には苦々しい思いもあるけど、所詮はお金がものをいう助っ人外国人の世界、というわけか? 読売の札束でほっぺた叩くようなやり方を苦々しく思っているだけに、同じ轍を虎が踏まないで欲しいという、矛盾した思いにさいなまれている虎ファンは私だけじゃないハズ。

そう考えると、条件のいいメジャーのオファーを断って、虎に骨をうずめると言ってくれているジェフのなんと素晴らしいことか!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/27 (Tue) 矢野ちゃんにハッパ

土曜日のぶったま!は宮崎でキャンプを張る星野ジャパンの選手へ突撃インタビューがありました。

アテネでもキャプテンを務めた宮本選手のインタビューでは、決意と責任感みなぎる言葉が並び、頼もしさを感じました。
星野監督が全幅の信頼を寄せる宮本選手は、壮行試合の際もコーチの間に立ってチームへ指示を出してましたもんね。
この経験はきっとすごい財産になると思うし、日本の野球界の素晴らしい指導者になっていくんだろうなと思わせました。

片岡さんが大絶賛を送ったのが川崎選手。
「川崎のノックを受ける姿が一番勉強になる」と片岡さん。
神戸の自主トレで私も感動した、まさにそのことを片岡さんが絶賛していました。
川崎選手はさわやかそのもので、
「ソフトバンクで新人のときに教わったことをそのままやってるだけ」
これからの戦いも「自分をそのまま出していこうと思います」と歯切れのいい言葉で話してました。
このインタビューでさらに川崎選手のファンになりましたわ。

さて、今度は片岡さん、矢野さんへインタビュー。
懐かしい元チームメイトがインタビュアということもあり、多少矢野さんも緩んだのでしょう、責任ある試合に臨む意気込みを聞かれて「本当はやりたくないけど(爆)」などと笑っていましたね。
あとは「いいものをもってタイガースに戻りたい」とも。
それを聞いて、ちょっと違うんとちゃう?と思いましたわ。

「ぶったま!」の取材だから、また聞き手が片岡さんだからそんな言い方をしたのだと思うけど、日本代表として戦いに臨む決意の言葉を聞きたかったな。
タイガースにいいものを持って帰るのは、いい戦いをして北京五輪の切符を持って帰ってきた結果として起こることであって、そんな言葉が最初に出てくるのは、あれ?って思った。
何となく、矢野さんが遠慮しているようで、日本代表チームの隅っこに居させてもらってるという雰囲気が感じられて本当にじれったい。私の誤解ならいいのだけど……
気持ちを大切にする選手じゃななかったのかい? その動作や振る舞いでチームを引っ張っていかなくてどうする?

戦いの火ぶたが切られるのはもうすぐそこに迫っているぞ。
燃える矢野の姿を見せてくれ!!

北京五輪 | trackback(0) | comment(3) |


2007/11/26 (Mon) ハマちゃんと吉野投手がオリックスへ

遂に、というか、とうとうハマちゃんと吉野投手のトレードが決まってしまった。

報道先行でちょっと気の毒だった。
新聞等で騒がれる中、不安を振り払うようにバットを振っていたなあ。

今年も怪我で苦しんだ。
ヒーローにもなったけど、逆に決めるべきところでの悔しい凡退もあった。田淵コーチのもと四番として活躍したこともあったけどここ数年は怪我に苦しみ続けといたなあ。


一方の吉野投手、2003年は星野監督のもと大活躍しながら、以降二軍で投げることの方が多くなり、昨年は背番号をルーキーに譲った。
一軍初登板は8月になってから。その後勝利投手になるなどキラリと光る活躍もした。今年こそリベンジと思ってオフから黙々と投げ込みをしていたが、序盤の連敗中に打ち込まれて即、二軍落ちとなった。今年は相当悔しかったに違いない。
球威のないサイドスローピッチャーがバッターの目が慣れてきた中盤に1イニングを投げ切るのはしんどかったのか?
ワンポイントを置かない岡田野球で活躍できる場所がなかった感じだなあ。

応援していただけに、残念だ~。



トレードが発表されてすぐ、清原が歓迎のコメントしていて「濱中よオレの後継者になれ」という見出しが大きく載ってました。

あまり好きな選手じゃないのだけど、心意気にぐっときましたわ。苦労しているだけに人間味のある温かい言葉でしたね。
なんかすご~く嬉しかった。


ハマちゃんも吉野さんも、これをいい転機にしてオリックスで大活躍して欲しい。頑張れ~~!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/25 (Sun) 熱血!タイガース党

先週のゲストが今年限りで現役を引退し来年はコーチに就任することになった中村豊、そして今週は新人王を勝ち取った上園投手。
特に、豊を呼んでくれたことには、サンテレビさんさすが~!と言いたい。

コーチになって若い選手に伝えたいことは? と聞かれて

いい時ほど自分を見つめ直すことが大切、ということを伝えたい。
悪い時は誰でも自分を見つめ直すと思うけど、自分も含めていい時にこそしっかり足元を見つめないとそんなに甘い世界じゃないので、そのことをしっかり言っていきたい。

というようなこと話していました。
ぜひ、厳しいコーチになってもらいたいです。


TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/22 (Thu) 虎の新井、誕生へ!

昨日、新井選手の二回目の交渉でタイガース入りが確実となった。
またもや広島から、というわけでカープに対して申し訳ない気持ちもありながら、やっぱり嬉しい!

あの男泣き会見で見せた涙を、来年オフは嬉し涙に変えて欲しいな。

その前に、日本の四番として台湾で頑張ってきてね!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/21 (Wed) ゾノ君、新人王おめでとう!

金刃に47票差ということでぶっちぎりの受賞でしたね。

会見では謙虚に話していたゾノ君。
この受賞はトラの先発陣崩壊というチームの危機が幸運に働きました。
そんなところも冷静に受け止めている風のゾノ君が逆に頼もしく見えました。
軸が故障で戦列を離れ、先発がこぞって五回と持たない危機的状況。そんなチームを救ったのは、若いピッチャーのけして逃げない気持ちを全面に押し出したピッチングでした。

早い真っ直ぐもない、切れ味鋭いウィニングショットがあるわけでもない。ルーキーの武器は攻める気持ちでした。

ゾノ君の姿がどれけチームに力を与えたことか。


ゾノ君、心からおめでとう!!
また来年は一から頑張ってローテを勝ち取れ!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/16 (Fri) 互いに好感触の模様

新井と虎。
昨日第一回目の交渉がもたれ、互いにいい印象を持ったと朝のニュースでやってました。
いやよかった、嬉しいわ。

しかし、決め手はアニキの存在やなんて、たとえ本音でも言うなよ~(笑)
アニキを頼りにしてたらあきまへんで~。アニキを越えてくれ~。


新聞読もうと思ったら、始発の新神戸駅は売店閉まってた。。ガックシ。


タイガースは秋季キャンプが終了。昨日の広澤さんのブログによるとみんな確実に伸びたらしいから、安心した。
走塁にも力を入れたみたいだし、春にどれだけ変わってるか楽しみです。


今日から東京出張につき、少し虎から離れるかも? 今度は東京国際女子マラソンにどっぷり浸かってきます。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/15 (Thu) ドメ、ふざけんな

FA宣言した福留との入団交渉はタイガースとメジャーを尻目に讀賣が一歩リード。
朝8時に讀賣側がドメの携帯に電話して、そのままドメが上京、第一回目の交渉をしたみたいだ。
タイガースは朝9時からコンタクトをとったが、讀賣の一時間後だった。
こちらの方が紳士的な時間だと思うけど、まあ相手が一枚上手だったな。

しかし、練習中にグラウンドに携帯持ち込んで、コソコソ隅っこで電話してるドメにはふざけんなと言いたいわ。
チームに対しても失礼やろ。

プロ野球に入る時からゴタゴタといわくある奴で、球宴サボったり、やることなすことムカつく奴っちゃ。

しかし、予め携帯持ってたんは事前に示し合わせていたのか、ヨミとドメ。なるほどそういうことか。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(7) |


2007/11/11 (Sun) 星野JAPAN合同自主トレ見学<3>

矢野さんがティーを終え、3塁側に歩いて行くので、それについて再び3塁側へ移動すると、しばらくして矢野、阿部、里崎、相川のキャッチャー4人が三塁ベース付近で特守を開始しました。

■キャッチャー特守

キャッチャーとしての守備練習というよりは、トレーニングの一環として野手の守備練習を取り入れたという感じです。
本職ではないところなので、名手宮本やムネリンみたいなわけにはいきません……(苦笑)


JAPAN055.jpg

▲矢野さんの順番がまわってきました

JAPAN056.jpg

▲腰つきがちょっと……(笑)

JAPAN057.jpg

▲でもしっかりキャッチして一塁へ

JAPAN063.jpg

▲特守がおわり笑顔でベンチへ引き上げます


■バッティング練習3

ゲージでは広島の新井選手がバッティング練習をしています。
そして、守備練習を終えた矢野ちゃんがそのままティーバッティングに入ります。スイングを確かめるように振り込んでいました。

JAPAN064.jpg

▲新井選手

JAPAN067.jpg

▲ティーバッティングの矢野さん

JAPAN065.jpg

▲ 同上

JAPAN066.jpg

▲トスを上げてるコーチに何か確認しているところですが、
 ちょっと面白い表情しています^^

JAPAN068.jpg

▲和田選手、矢野ちゃんが何やらバッティング談義を交わしています
 (その後ろに山本コーチと田淵コーチ)

JAPAN069.jpg

▲田淵コーチが話に入ってきました^^


矢野さんが談笑している横では阿部が入念に股関節をストレッチしている。身体が柔らかい……。
それが終わると、今度はバットを2本持って身体をほぐすように素振り。
それを見ながら、談笑シーンが目立つ矢野さんや和田といったベテラン組に、『それってどうなん?』と疑問がわく。
メインでマスクを被るのは阿部と里崎になるかも知れないけど、最初から「僕は控えだよ……と言わんばかりじゃないのよ~」


■ムネリンスペシャル1

各打者がバッティング練習をしているさ中、宮本、ムネリン、TSUYOSHIの3人が走塁練習。宮本は軽くスタートのタイミングを確認する感じ、TSUYOSHIも軽め。ムネリンは実戦並のテンションでした。
一連の写真からでも伝わってくると思うのですが、ボールへの備え、打球が上がってからの反応、見極め、スタートといった一連の動きは練習というのに見ごたえがありました。
ヒット性の当たりでスタートを切ったり、フライが上がるとその行方を見てタッチアップ。無理と判断するとすぐに帰塁。打球の性質と飛んだコースによって素早く判断してスタートする練習を繰り返しやってました。
……タイガースの選手に足りないのはこの姿なんじゃないのか~~!?

JAPAN070.jpg

▲打球に合わせてスタートを切る

JAPAN071.jpg

▲こちらはベテラン宮本選手

JAPAN072.jpg

▲立ち姿がかっこいい

JAPAN073.jpg

▲子供たちが盛んに「川崎せんしゅー!」と叫んでますが耳に入る気配はありません

JAPAN074.jpg

▲TSUYOSHI選手と

JAPAN078.jpg

▲集中している様子が写真からも伝わってきます

JAPAN079.jpg

▲スタートを切ろうとしてストップ

JAPAN080.jpg

▲素早く帰塁

JAPAN081.jpg

▲Ready?

JAPAN082.jpg

▲Go!!

JAPAN075.jpg

▲子供たちの声援に宮本が、ムネリンの手を取って上へあげようとしています

JAPAN076.jpg

▲ようやく声援に気付いたようで、今度は自分から手をあげて応えるムネリン
 ……ステキです^^(爆)

JAPAN077.jpg

▲それからはスタンドが火がついたように選手の名前を叫んでました(笑)


■ムネリンスペシャル2

走塁練習が終わると今度は守備練習。
これも、バッティング練習をしている横を借りての自主的な練習のようです。
食いつかんばかりにノックに備えて、軽快な動きでさばいていく。
相当な運動量だと思うのですが体は大丈夫なんでしょうか??

JAPAN084.jpg

▲ノックを要求するように「ハイッ!」と大きな声を出しては、素早くダッシュする

JAPAN085.jpg

▲軽快なボールさばきです

JAPAN086.jpg

▲オーライ

JAPAN087.jpg

▲一塁へボールを送球

JAPAN088.jpg

▲難しいゴロにもうまく対応

JAPAN089.jpg

▲伸びやかな動作で送球

JAPAN090.jpg

▲身体を低くして捕球、足腰の強さが分ります

JAPAN091.jpg

▲疲れを知らぬように軽快に動いていました


■居残り特打

正規の練習メニューが終わり、特守を行っていた川崎選手が大きな声で「ありがとうございました!」と一礼し、駆け足で戻ってきた。本当にすがすがしい選手です。

バッティングゲージでは練習終了後も新井、川崎……ほか2名(名前忘れてしまった)といった選手たちが居残りで特打をしていました。
と、そこへボールを手に星野監督登場~。スタンドからは「星野さん!」と声が飛ぶ。
ゆっくりとゲージに近づいて、コーチたちと選手たちのバッティングをじっと見ていました。
やがて、特打も終わり選手全員が片付けをし始めると、星野監督もゆっくりベンチへ。再びスタンドから声が飛び、星野監督は手を振って応えていました。

無料で代表の自主トレを公開するというのも星野さんの計らいなのでしょうか? 神戸の野球をやってるチビっ子達にはまたとない機会だったでしょう。

全体の雰囲気はまだまだ、戦闘モードというよりは、身体慣らしといった雰囲気で、オールスターの試合前の練習を見ているような感じ。
「ホンマにこれでええの?」と疑問も沸きましたが、宮本選手あたりが小言を言ったとか言わないとかの噂もあり、これからどんどん緊張感が高まってくるのでしょう。

それにしてもムネリンにときめきっ放しの一日でした。
彼の高いモチベーションがチームにいい影響を与え続けることは間違いない。それに期待したい。


JAPAN092.jpg

▲星野さん登場

JAPAN093.jpg

▲練習終了後の特打を見つめる星野監督とコーチたち

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/11 (Sun) 新井の涙

数日前のことになりますが、広島の新井選手がついにFA権行使を決断。
古巣への思いに頬を伝う涙、絞り出すような声に苦悩の深さが表れてました。

新井選手のことを少し前に書いたけど、こういうのに私は弱い……。
優勝争いがしたい、プロ野球選手として厳しい状況に身を置いてもう一段上の選手になりたい、その思いは当然のことだろうと思う。
本当ならカープを引っ張りカープで優勝、そして日本一を目指したかったことだろう。
ファンへの謝罪の言葉を口にする時のつらそうな様子や、それでも自分の言葉できっぱりと退路を断ったことを話す様子に、ついついもらい泣きしてしまいました。(涙線、ヨワイヨワイ……)

新井選手はどこへ行くのだろう。
関西のスポーツ新聞は、タイガース入りが確実と騒ぎ立てているけど、浮かれて男の涙を軽々しく扱うんじゃあないよ。
新井選手にもプライドはあるだろうし、兄貴をしたって虎に来たとあっては沽券にかかわるやろう。
でも、兄貴が新井にエールを送ってるように、もし虎に入ることがあったら、もちろん四番を奪い取る気概でやってくるだろう。

「タイガースが新井選手を逃すこと=巨人か中日に取られる」ことを意味するわけで、虎としては必死で採りに行かなあきませんわ。
右の大砲が欲しいというのもあるけど、それ以上に新井選手が持ってる明るさ、元気さがタイガースの軟弱な空気を変えて欲しい。
先発ピッチャーはおらん、打てん、走れん(赤星以外)……三重苦で優勝を逃した。
そんなタイガースを変えてくれるのは新井さんみたいな選手じゃないだろうか。
一番、やりがいのあるチームは、実はタイガースだと思うけどナ。

……って最後はラブコールになってしまった(苦笑)。



その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/10 (Sat) 金村投手の記者会見

今朝のスポーツ新聞で知りました。

六本木ヒルズのマンション引き払って一家で関西に移住し、虎に骨を埋める気持ちで頑張るとな。
ていうか、そんなところに住んどったんかい~。

背番号は、空いて全ての番号を見せられてどれでも好きなものを、と言われたそうな。期待の表れですな。
先発の柱になってくれたらうれしいわ

一方ヤスも会見してましたね、ハムのユニフォーム似合ってました。
本当にハムの人になってもうたんや…こちらは小さな記事でしたが、北海道で温かく向かえられたのかな。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/08 (Thu) やってなかったことが不可解

広澤コーチがバッティング練習でマシンをバッターに近づけ、155キロの球を打たせたところ、散々な結果だったとか。
柵越えは鳥谷の一本のみ、ヒット性の当たりも少なかった。

打てないからこの打撃成績だと思うから、驚きはしないけど、そういう工夫をしてなかったことの方が不思議だわ。

走塁もそう、守備もそう。スプリングキャンプから見てたけど、通り一辺倒の練習しかしてない気がしてしょうがない。
何度か、それでええのかなあ? というようなことを書いたけど、ちと考えんといかんやろね。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/06 (Tue) ハム金村とヤスが交換トレード!?

昨夜、激震が走りました。
ヤスが金村との交換トレード要員で日ハムへ行くことになった!

岩瀬並のスライダーと星野監督から絶賛されたヤス。四球が多く自滅するパターンを繰り返し、期待されつつもなかなか活躍出来なかったヤス。

今年は前半、中継ぎでよう投げていました。連日のように登板し、いよいよ先発!というところで打ち込まれ二軍落ち。
あれほどよく投げてたヤスをもう落とすんかい!?てブヒブヒ文句言ったものでした。ヤスの使い方には確かに疑問の残るところがあったけど、結局ヤスはチャンスを掴み損ねたね(T-T)。
あの5月のスカイマークスタジアムのブルペンで、中西コーチにいじられていたヤス。あのほほえましい光景をもっと見たかったわ。
久保ピッチングコーチが「僕ら現場は編成で決まったことを告げられるだけだから……」と驚いていたけど、ホンマに知らされてなかったんやろか~そんなことが有り得るんかなあ。
友達がヤスファンで、稲葉ファンでもあるのでハムに乗り換えらないか心配。。かく言う私もダルと賢介よろめいているし(笑)


阪神にくる金村投手はここ二年ほど、特に今年は不本意なシーズンを過ごしたようで、大幅なダウン提示にもサインして再起を期していた矢先のトレードになった。
内心、複雑な気持ちも悔しさもあるだろうけど、前向きな発言をしてましたな。向こう気が強そうなのがいいわ。
金村と言えば、昨年の監督批判が記憶にあるけど、岡田監督以下意に介していない。
シモやユタカなど元ハムもいるし、体調を整えて早く縦縞で投げて欲しいね。
ヤスはハムで今度こそチャンスを掴め~!!!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(2) |


2007/11/06 (Tue) ナベリョウ

今季、敗戦処理からJFKの前を任されるまでにメキメキ頭角を表した渡辺亮投手、各マスコミで持ち上げられてますな。
今期の活躍を思えば当然と言えば当然やけど、ラジオにテレビによう出ています。
岡田監督もキャンプで200球を投げ込んだナベリョウに惚れ惚れ~。6回は任せた」ですと。まだ秋やというのに(笑)

チヤホヤして本人が勘違いしてしまわないようにしてもらいたいねえ。

しっかりしてるとはいえ、持ち上げて潰すことのないようにせんと~。


渡辺君の転機になったのは7月終わりのハマ戦。
私が見に行った試合でしたが、先発岩田が不安定で捕まり、確か満塁ピンチで雨で中断した。
そんなシチュエーションで出て来たのが渡辺君。
敗戦処理から大事なところでの登板が増え始めた時期。連続押し出しでスタンドから罵声が飛んだ。
何野次ってんねん。
若いピッチャーを応援したらんかい!
と、スタンドに腹が立ちました。
岩田が出したランナーや、ぜんぶ返してもあんたの責任やないで~、というような言葉が口をついて出たもんでした。

あの試合がナベリョウにとって大きな分岐点になったという。
試合をモニターで見ていた球児からもらったアドバイスがきっかけだった。
「ランナーを残した前のピッチャーが悪い、そう思って思いきり攻めろ、」というものだったという。
球児のアドバイスも私と同じやん!?(爆)


ほかにも癖のことや、ざわつく甲子園の客は気にするな、といった言葉もあったと聞く。
チームメイトに助言を送る球児も素敵やし、それを吸収してここまで成長した渡辺君もあっぱれね。


インタビューでは「肩は大丈夫、疲れはない。リリーフの面白さが分かった」とピッチングコーチが聞いたら泣いて喜ぶようなことを言ってました。

一度は星野ジャパンの候補にも入ったナベリョウ。一年で終わるのではなく、来年も大活躍して欲しいな。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/05 (Mon) 星野JAPAN合同自主トレ見学<2>

グラウンドではバッティング練習の準備が始まった。
シートを敷いて、バッティングゲージがセットされる。
同時にブルペンではピッチング練習スタート。流れるように練習が進んでいきます。
11月というのに、外の日差しは強くて帽子を持ってこなかったことを後悔しました。時々雲が光を遮ると、ホッとするほどでした。


■ピッチング練習

球児がゆっくりと1塁のファールグラウンドを歩いている。
そろそろ投げそうだ。慌てて3塁側から1塁側へ移動~。

でも、ブルペンに近い内野B席はマスコミ用としてシャットアウトされていたのであまり近づけませんでした(残念)。
ブルペンには球児と上原浩治が並んで投球練習開始。マスコミサービスでしょうか? 報道陣が色めき立ってます(笑)。
ファンも口々に「球児と上原や~」と寄ってきてちょっとした人だかりになりました。
お天気もよかったので「まさに青空球児・浩二(浩治)やな~」という会話があちこちで飛び交ってました(笑)。※青空球児・浩二



JAPAN028.jpg

▲球児と浩治

JAPAN029.jpg

▲美しいフォーム、十分に身体を使ったピッチングです

JAPAN030.jpg

▲クリックすると分りますが、上原が球児を指さして何か言ってます。
 「横でこんな球投げられたら、かなわんわ~」てな感じでしょうか?(笑)

JAPAN031.jpg

▲それをよそに球児は首をコキッ、コキッ(笑)

JAPAN032.jpg

▲二人のピッチングに星野監督が熱いまなざしを注ぐ

JAPAN033.jpg

▲今度はブルペンを出て、二人の背後からチェック

JAPAN034.jpg

▲ピッチングを終え、キャッチャー阿部と言葉を交わす球児

JAPAN035.jpg

▲星野監督が球児に声をかける

JAPAN036.jpg

▲身振りを交えてのアドバイス


■バッティング練習1

ゲージに目を移すと、多村選手と青木選手がバッティング練習をしている。青木の練習を川崎ムネリンがじっと見ていました。
こうも一流どころがそろっていると盗むところがたくさんあるんでしょうね。選手たちは互いに意識したり観察しあったりしています。
ムネリンは青木に熱い視線を注いでから、ティーバッティング。鋭いスイングとスタイルの良さに釘付けになりましたです。



JAPAN037.jpg

▲多村選手

JAPAN038.jpg

▲ゲージ外で素振りをする青木選手

JAPAN039.jpg

▲ムネリンのティーバッティング

JAPAN040.jpg

▲ちょっと一休み

JAPAN041.jpg

▲「え?もっとこっち?」(笑)

JAPAN042.jpg

▲素敵です(笑)


すると今度は1塁側ファールグラウンド付近に矢野の姿を発見。
バント練習をしてました。
矢野ちゃんは順番を待っている間に、阿部や里崎と身振りでバッティング談義をしている。すごく親しげで和やかな雰囲気でした。
矢野ちゃんは、星野監督にブルペンリーダーに指名されたとか。
ピッチャーの投球練習の内容を逐一監督に報告する任務もあるそう。
まずは、みんなと仲良くなろうという気遣いでしょうか? 自分から率先して後輩のキャッチャーに声をかけていました。
しっかし、リラックスしすぎ~(笑)。

JAPAN043.jpg

▲向こう側は青木選手、手前は??

JAPAN044.jpg

▲バント練習中の矢野選手

JAPAN045.jpg

▲阿部と談笑

JAPAN046.jpg

▲矢野スマイル

JAPAN047.jpg

▲矢野スマイル

JAPAN048.jpg

▲素振りをする矢野さん

JAPAN049.jpg

▲阿部の言葉に耳を傾ける

JAPAN050.jpg

▲素振りをしながらバッティング談義に花をさかせている様子

JAPAN051.jpg

▲えらい楽しそうなんですけど~(笑)


■バッティング練習2

矢野さんたちが3累側へ移動していくのでそれについていく。
しばらくしてムネリンがゲージに入ってきました。
まずはバントを2,3本。そのあとバントの構えからヒッティング。
何をしていてもこの人は高い目的意識を持ってやっている感じが身体からあふれています。


JAPAN052.jpg

▲TSUYOAHIのバッティングをムネリンが見守る

JAPAN054.jpg

▲田淵コーチ、かっこええ~^^

JAPAN053.jpg

▲矢野と里崎が3塁方向へ移動していきます
 背番号22に、一瞬「球児?」と反応してしまいます^^

JAPAN058.jpg

▲素振りをする村田選手

JAPAN060.jpg

▲ゲージでバント練習をするムネリン

JAPAN061.jpg

▲体からオーラが出ています

JAPAN062.jpg

▲今度はヒッティングです

JAPAN064.jpg

▲新井(手前)と和田(奥)ともにFA組ですね

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/04 (Sun) 星野JAPAN合同自主トレ見学<1>

11月4日(日) 晴れ時々曇り スカイマークスタジアム

練習開始は10:00でしたが、遅れて10:45くらいに到着。
無料で公開されているなんて、すごく嬉しい。
ネット裏と1塁側、3塁側の内野A席が解放されていて、みんな思い思いの席でゆったりと練習を見ています。
11月の柔らかな日差しは、しばらくすると暑いほどでしたが、お天気もよくて本当に気持がいい。
まずは3塁側のシートに腰を下して、練習を見守りました。

全体の印象はまだまだエンジンがかかる前といった雰囲気でした。長いペナントレースが終わり、日本シリーズが終わり、ハムと竜以外は勢ぞろいしているものの、みんな同窓会的な雰囲気で、戦う集団になっていくのはこれからという印象。
そんな中で、「すごい!」と思ったのは川崎選手(ソフトバンク)。この人だけは気合が違ってました。まるでWBCのイチローのようにその動きと声でチームを引っ張っていました。

■ベースランニング

グラウンドではベースランニングの練習をしているところでした。
他球団の選手の背番号を覚えてなかったり、代表になって番号が変わっていたりで、キョロキョロキョロキョロ、目を皿のようにして見てました。
あとで写真を見たら、星野監督もちゃんと2塁ベースの後ろ辺りでチェックしています。

JAPAN001.jpg

▲星野さんの横に、TUYOSHI(ロッテ)、そして阿部選手(巨人)

JAPAN002.jpg

▲FAで揺れている(らしい)新井選手(広島)

JAPAN003.jpg

▲ベンチの上から選手の動きを追う報道陣のカメラ


■キャッチボール

すぐに、走塁練習は終わり、ベンチから球児が出てきた~!
「球児だ」「球児だ」とスタンドの見物客から声が上がる。
ゆっくりライトの方へ歩いて行くとキャッチボール開始。
すると、野手も……矢野ちゃんが出てきた。
今度は「矢野や」「矢野や」の声(笑)。

矢野ちゃんは、新井選手の方見て何か話しかけている。
新井選手も矢野に挨拶。
「どう? もう進路は決まった?」
「そんな簡単にはいきませんよ」

そんな会話が交わされたかどうかは分りませんが、二人とも楽しそうでリラックスした表情。和やかな雰囲気でキャッチボールをしています。

一方、球児の方は徐々に距離を延ばしていき、かなり強い伸びのある球を放ってました。相手のベルトあたりへグイ~とくるエグイ球も投げてましたわ(笑)。

JAPAN004.jpg

▲矢野ちゃん登場

JAPAN005.jpg

▲矢野が新井を覗き込むようにして話しかける

JAPAN006.jpg

▲気付いて挨拶する新井……なかなか好青年な雰囲気^^

JAPAN008.jpg

▲和やかな雰囲気の二人

JAPAN009.jpg

▲写真をクリックして拡大すると分かりますが、むっちゃ笑ってます^^

JAPAN010.jpg

▲そしてキャッチボールは続く……奥には宮本(ヤクルト)もいます。


■投内連係

キャッチボールが終わるとそのまま投内連係へ。
ピッチャーがマウンドへ、野手もポジションごとに集まって、山本浩二守備走塁コーチのノックで始まった。
なんか夢のような光景~。
間違いなく日本の野球の精鋭が集まっているんやねぇ。そう思うと感慨ひとしおでした。
ここに荒木、井端がいたら、……一体どんなことになっていたか!(爆)そして、ダルもねっ!(笑)

JAPAN012.jpg

▲球児がマウンドへ立つ

JAPAN013.jpg

▲一塁のベースカバーへダッシュ

JAPAN014.jpg

▲新井からボールを受けて、ベースを駆け抜ける

JAPAN015.jpg

▲順番を待つ投手陣。
 球児、俊介、小林宏、成瀬(ロッテが多い~)、湧井(西武)など錚々たるメンバーです。
そういえば、杉内(ソフトバンク)を見なかった気がする。

JAPAN019.jpg

▲さらに上原、尚成(巨人)らも順番待ちの列に加わる。

JAPAN016.jpg

▲サブマリン渡辺俊介

JAPAN017.jpg

▲巨人の上原投手

JAPAN018.jpg

▲ノックをする山本浩二コーチ

JAPAN020.jpg

▲ホームベースに座る矢野ちゃん
 もちろん、キャッチャーも順ぐりにローテーションしていきます。

JAPAN021.jpg

▲再び球児に順番がまわる。
 投内連係といっても十分に身体を使ったフォームです。

JAPAN022.jpg

▲今度はホームへトス
 しかし、この後ボールを取り損ねてしまいました(あちゃ~)


■シートノック

ピッチャーとの連係が終わると、引き続き野手達のシートノックに入る。一際、目立っていたのが冒頭に書いたムネリンでした。
大きく「ハイ!」と声を上げ、俊敏な動作でボールを裁く。溌剌としたプレーが実に気持ちいい。

また外野手へのノックでは、カットに入るときに大きく手を上げ、「ここへ投げて来い!」と合図を送っていました。すべての動きに「気」が入ってます。
ダブルプレーの場面では、ボールを取ってから一塁へ送る動作が速い!
実戦さながらのプレーにスタンドも引き込まれていたようでした。
ついこの間はダルに浮気しましたが、このシートノックで今度はムネリンによろめきそうです(爆)。
 
JAPAN023.jpg

▲今年からソフトバンクへ移籍した多村選手とムネリン

JAPAN024.jpg

▲ボールを待ち構えるムネリン、身体からオーラが出てます

JAPAN025.jpg

▲とても軽快な動きです

JAPAN026.jpg

▲送球も素早い! (背番号36はムネリンの師匠の宮本選手)

JAPAN027.jpg

▲こちらは阿部捕手と里崎捕手

シートノックは川崎選手が引っ張る形で、きびきびと進んでいく。
それを見ながら、清々しい気分になってました。
ノックが終わると、まるで高校生のように「ありがとうございました!」と大きな声で一礼。
その瞬間スタンドから大きな拍手が起こりました。

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/03 (Sat) 熱血!タイガース党で球児のインタビュー

収録でしたけど、湯浅アナと松下記者が球児にインタビュー。
毎回関心するけど、本当にこの人のコメントはすごい。考え方も立派な選手ですね。

10連投10連勝が途絶えた試合、広島に9-0でいいところなく完封負けした試合が本当に虚しかったという球児。
JFKが休めたから、まあよしとしよう。と、みんなが思った試合でしたが、球児は、「休めたとかそういうことではなくて、お客さんが毎日見に来てくれているのに、何のいいところもなくあっさりと負けてしまうのが今季を象徴しているようで虚しかった。」と。
球児の言葉を聞いていると、ファンへの意識がとても強い選手だと思う。
HPにも「子供たちに夢を与えるのが義務だ」と書かれていますね。

四六時中野球のことを考えているとう球児。「プロ野球選手とは」というところから始まって(笑)、ここの対戦のことなど、いつも野球のことを考えている。それは誰にも負けないと自負している。
シーズ中は7割考えて3割体を動かしていたが、このオフは体を動かす割合を増やしていくんだとか。
6年間の長い下積みの後、2005年に大ブレイクし、それから3年間大きな仕事を成し遂げてきた球児は、このオフに新しい自分探しをしたいと言っていました。

球児は家に帰って、自分の投球をビデオでチェックする時に、バックネット裏の客の表情を見るのが好きなんだという。
ファールで粘られて、強烈なファールが後ろに飛んだ時などに、客の表情を見て、「うわ~楽しんでる、楽しんでる」と思うらしい(爆)。
それで、打たれても、チームに迷惑をかけることではあるけど、いい勝負をして打たれたら仕方ないと思える。
どこまでも客を楽しませることを意識した球児の考え方がうかがえます。

で、来年の「熱血!キャンプレポート」は、いきなりの展開で球児へオファー!
過去、これを引き受けた人のシーズンでの成績があまり良くないので、気がかりではありますが、……絶不調に陥った今岡を、矢野ちゃんが少しは回復させたから、球児で一気にV字回復に持って行ってもらいたい。
来年のキャンプが楽しみになってきた~。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/03 (Sat) 球児、シュートに挑戦?

自身の持ち球が少ないことに懸念してた球児が、シュートに挑戦するとか。
オリンピック予選を控えて、海外のスラッガーと対戦するため、真っすぐ、カーブ、フォークに加え、シュートが加わればより幅が広がる。
国際大会の広いストライクゾーンを有効に使うこともできる。
そういえば、チェンジアップはどうなった?笑)

矢野も、球児のホンキに驚いていたそうな。
シュート=打たせて取る ということで、ピッチングの幅が広がることを期待してました。
真っすぐで空振りがとれないシーンが目につき、危機感も持っているんでしょう。

すぐ近くのスカイマークスタジアムで、それが試されていると思うとウズウズします。
行っても、入れないんだろうな~(笑)

ともあれ、球児のさらなる進化を期待したい。

北京五輪 | trackback(0) | comment(3) |


2007/11/02 (Fri) え?ハシケンとヤスがリタイヤ?

え?ハシケンとヤスがリタイヤ?
ハァ~~何をしてんねん!

君たち、先発戦線離脱と書かれてるぞ~!


スカイマークでは成瀬が球児を質問攻めやてえ?

聞きたかったら、金持って来い~(笑)。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/11/01 (Thu) 総帥、兄貴を見舞う

宮崎オーナーが、神戸スカイマークスタジアムの星野ジャパンの合同自主トレを陣中見舞い。星野監督を激励しつつ、広島の新井に熱い眼差を注いでから、本社へ帰る途中で、甲子園クラブハウスでリハビリ中の兄貴のところに立ち寄ったそうな。

突然の訪問に兄貴もびっくり。
「来年もよろしくお願いしますよ」
「任せて下さい」
といったやりとりが交わされたという。

朝から記事読んでニンマリでした。
オーナー、やるねえ。
またよう動きはるわ~。

リハビリを見舞うとは、兄貴も意気に感じたでしょうな。
チームのために身を削って働く兄貴を大切に考えているのは当然やけど、その気持ちの表し方がニクイ。
就任以来、二軍のキャンプを激励に行ったり、日本の野球に戸惑い結果が出ないボーグルソンを夫婦を食事に誘ったり、不振に苦しむ今岡のところへ行き、「最後にうちを救うのはあんたでっせ」とゲキを飛ばしたり……とにかく行動力あふれたオーナーで内外から親しまれているちょいワル親父。
兄貴が「オレはあの人のファンや」と言えば、オーナーも兄貴を組長に指名するなど心通い合う仲ですが、今回も心温まるエピソードやなあ。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。