--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/30 (Tue) 熱血!タイガース党 ゲストに木戸氏

20071101105319
遅まきながらスカイA+の再放送の録画を見ました。

なんと、ゲストは木戸さん!
残業の疲れも吹き飛んで夜中の2時まで一気に見ました。

JFKばかりに重い負担をかける野球ではいけない。勝つためにみんなが責任を共有しないといけない。
ベンチの作戦も含めてね。
昨年から木戸さんがずっと言ってきたことを改めて強調してはりました。

もうもうホントにその通り!声を大にして言って欲しい。

歯切れのいい熱い話しぶりを聞いてるだけでも嬉しくなり、来期のタイガースに期待が膨らみました。

大好きなコーナー「生びゃっと書け」は木戸コーチへの一筆。「鬼」
鬼迫溢れる熱血指導を期待!



そして、今年オフ初登場~デイリーの松下記者。
またスゴイ髪型をしている。
シモさんに「オレがタイガースにいる間はずぅ~~っとその髪型にしとけ」
と言われ、「じゃあFAは嘘なんですね、ずっと阪神にいるってことですよね」
と切り返すと、「うるさい」と怒られたとか(笑)。

松下記者は、余裕しゃくしゃくで残留は間違いないと断言してました(笑)

スポンサーサイト

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(2) |


2007/10/29 (Mon) 虎バンに広澤コーチが出演

広澤さんが久々に虎バンに帰ってきました。鳴尾浜で収録したようです。

バッティングコーチとしてすべてを任され、相当責任を感じている様子。
「ぶったま!」の広澤さんとはまるで別人で……(笑)
きりっと結んだ口元と、力のある目をしてました(笑)
はやり今年は遠慮した部分が多かったそうな。でも来年は気付いてことを遠慮せずに言っていくと、決意に満ちた表情で話してましたが、バッティングだけでなく、野球全体のことについても木戸さんと一緒にビシビシ指摘していって欲しいな。

「今シーズンのバッティングで一番他球団と劣っていたものは?」
との質問に、明瞭に答えたのは、ズバリ、「ヘッドスピード」。
選手の能力を3つにわけると、テクニック、フィジカル、メンタルということになるが、タイガースの選手はテクニックは劣らないものの、フィジカルが弱い。とバッサリ。

兄貴があんなに鍛えてるというのに、な~んかガッカリしたなぁ。
で、今シーズンの後半に、誠がそれに気付いてトレーニングを重ねたのだという。なるほど、終盤に一軍に上がってきたときは、かなりスイングが早くなっていたもんね。

スイングスピードは早ければ早いほどいい。早くて障害になることはないそうな。
つまり、それだけ長くボールを見ることができる。
ベース板の上で鋭く変化する球にもついていける。

なるほど~
なぜ、他球団の選手は落ちる球にもついていってファールを打ったり、体制を崩しながらも外野へ持って行ったりするのに、うちの選手はあっさり三振や内野ポップフライになるのだろう……と不思議だったけど、それで納得したわ。

秋季キャンプは一番力をつけなければいけない、林と広大が怪我で欠場という痛い話もあるけど、残った選手をしっかり底上げして欲しい。
広澤さん、頼んまっせ~!


TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/28 (Sun) 身震いするほどいい試合でした(日本シリーズ第一戦)

日本シリーズ第一戦はダルビッシュ有と川上憲伸の両エースの意地と意地がぶつかり合う素晴らしい試合でした。

立ち上がり、ストレートでぐいぐい押していくダル。
気迫が身体から立ち上って、カッコいいったらありゃしない。
しなりのある真っすぐで、球の切れは最高。球児を超えるかも知れないとさえ思いました。

それに対して、憲伸は硬くなったのか慎重になったのか、先頭のひちょりに四球を許し、稲葉も歩かせてしまう嫌な感じの立ち上がり。
そして外し気味の高めの球をセギノールに右中間スタンドに運ばれ一挙3点を許してしまった。1安打で3点。あまりにも痛い1球。
川上はその後は走者さえ許さない素晴らしいピッチングを見せ、360度敵地のファンに囲まれた中でエースとしての意地を見せました。
川上も素晴らしかった。

ダルは中盤から変化球を決め球に使って三振の山を築いていく。
あの粘っこい井端に当てることさえ許さない、凄みのある投球でした。

ピンチを迎えたのは6回。
荒木、井端と連続ヒットを許し1,3塁にランナーを背負う。
このときの中日の走塁も見事でした。
少ないチャンスをものにする積極的な走塁は中日ならでは。
とてもじゃないけど、今のタイガースにはこんな野球はできないよ。
ダルは森野にセンターへ大飛球を飛ばされ、犠牲フライで1点失うものの、このときに懸命に下がってキャッチしたひちょりのプレーも大きかった。初回以降防戦一方だったから、抜けていればハムは負けていたと思う。

それと、イニングは忘れたけれど、工藤のプッシュバントに、猛チャージで捕球し倒れこみながら一塁送球してアウトにした中日、荒木のファインプレーも凄かった。
素晴らしいプレーの連続に、本当に感動しました。
これが野球だし、こんな野球をしないといけないね。

8、9回、疲れの隠せないダルビッシュは変化球が抜け気味で、冷や冷やでしたが、ボールを足に当てながらも投げ続け、4番ウッズには最後の力を振り絞ってオール直球勝負の3球三振! なんかもう涙出そうになりました。

さて、振り返ってタイガースがこんなゲームができたかというと、まったくお寒い限りでしたね。
この試合を選手たちもみんな見てるだろうけど、どんな思いで見てくれただろう。
山のように課題があるけど少しずつクリアしていかないといけませんね。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/27 (Sat) 兄貴、来季もフルイニング

左ひざの手術をした兄貴が、鳴尾浜の秋季練習に姿を見せ、岡田監督に術後の挨拶をしたとのこと。
松葉杖姿の写真が新聞に載ってましたが、表情は明るい。
痛みもなくリハビリも辛くないと平気でいってのける兄貴がすごいな。
そら、痛めた足で激走していたのとくらべたら、大したことはないのかも知れないが……。

岡田監督にはもちろんフルイニングは続けたいと意志表示した兄貴は、センターも守れると豪語! 林や桜井よりは肩もいいしよく守れると思うと若手を煽って見せた。

岡田監督が4番も白紙、フルイニングもいつかはな……といった言葉で闘争心に火がついたらしいが、不屈の闘志でここまで這い上がってきた兄貴だからきっといいモチベーションになって、乗り越えてくれるでしょう。それを祈りたい。

それにしても、林の肩は思ったより重症とのこと。CSで膝を痛めた桜井ともども秋季キャンプには不参加とは残念だ~。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/24 (Wed) 虎党嘆願に走る?

先発ピッチャーの補強をしたいタイガースは、右の大砲濱中と、金村や清水や久保といったパ・リーグのピッチャーとのトレードを検討している(?)と報道され、虎党に衝撃が走った。
虎党から人気の高いハマちゃんに、ハムやガムやオリといった球団が興味を示しているとか。

今朝、虎仲間のY君から聞いたところによると、日ハムのオーナーはじめ関係者に虎党から、「ハマちゃんを諦めてくれ」というメールが多数寄せられているらしい(笑)。

で、オーナーいわく、「諦めるもなにも、まだ採るとは言ってない」(爆)

そらそうやな。

しかし、朝からウケましたわ。
そんな、アホで熱烈で情の厚い「虎キチ」が大好きだわ。o(^-^)o


渦中のハマちゃんについては、しばらく成り行きを見守ります。
いろいろ報道されて落ち着かないだろうし、不安だろうなあ。。でも、どちらにせよ、ハマちゃんが1番輝けるようになればいいな。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/23 (Tue) え?一人だけ?

タイガースの来期コーチングスタッフが発表された。いろんな人の名前が挙がるだけ挙がったけど、フタを開けてみれば木戸さん一人だけ。

打撃コーチは広澤さんのみで岡田監督が兼務するんだとか。ホンマかいや~。
片岡氏見送りは解るけど、監督が兼務だと広澤さんはますます遠慮してしまわないかえ?

そして、やはり今年もヘッドコーチは置かないんだと。大丈夫かよ~??

木戸さんが事実上ヘッドになる気はするけど、はてさて、どうなることやら。監督とはぶつかるやろなあ。

木戸さんの加入だけで野球が変わるんかな。
でもその野球理論は大好きなんで、守備体形にしろ、攻撃にしろ、とにかく積極的で明確な指示を出してベンチが選手を助ける野球をして欲しいわ。


シーズン中、兄貴が鳥の走塁を叱った。
そこから若手の走塁が変わり、チームに勢いがついた。
でも、それはコーチがいかに選手を叱れないかを露呈した出来事でもあった。
この話しを聞いて、まず思ったのは、コーチは何してるん?ていうことだったんですが、そういう意味で木戸さんのような厳しいコーチがいてくれることは頼もしい。

ますます木戸さん頼みのシーズンになりそうですな。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/23 (Tue) 中村豊選手、お疲れさま

新聞等で報道されたとおり、中村豊外野手が今季で現役を引退し、二軍コーチに就任することになった。

もっと現役でのプレーを見たかったな。。今年はほとんど一軍にいなかったから淋しかった……。

豊は試合に出なくても、交代の時、秀太とともに選手を出迎えたり、地味なところで働くほか、守備固めで外野を守っては素晴らしいプレーを見せてくれました。
昨年は彼の大ファインプレーをスタンディングオベーションで出迎えたっけなあ。

豊といえば、2005年優勝の年、あのナゴヤドームでの9.7の死闘を制した一発があまりにも鮮明に記憶に残っている。
その前の回には赤星のエラーをカバーするナイスプレーを見せ、それがなければサヨナラ負けという場面だったから、当時の平田ヘッドは豊のプレーを絶賛した。
試合を決めるホームランはまさに野球の神様からのプレゼントだったんやね。

今年、戦列を離れてから二軍の記事を見ても中村豊の名前がなかなか挙がってこず、ずっと気になってました。シーズン終盤にやっと試合に出たと思ったら、甲子園最終戦で守備練習してる姿を見て、嬉しかった。
最後にもう一度、大歓声の中プレーさせてあげたかったなあ。

中村選手、本当にお疲れさまでした。そして素晴らしいプレーをありがとう!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/21 (Sun) CS読売TVの中継に球児がゲスト出演

セ・リーグのクライマックスシリーズ、第2ステージ第3戦。
読売テレビのゲストとして、タイガースの至宝、球児が出演。

コマーシャルが多いし、敵方の放送なのでまず読売地上波の放送など見ることがないのですが、球児の発言を聞くために昨日はNHKハイビジョンではなく読売テレビを見てました。

試合の方も熱戦で、それを球児の目を通して見るのが面白かった。
解説は中畑氏と野村謙氏でしたが、球児だけでもよかったわ(笑)

同じ、抑えという立場から、豊田や上原や岩瀬のピッチングに対するコメントがとても興味深かった。
マウンドでどんな気持ちでバッターと対戦しているのか、その気持ちの一端が見えました。
何度か口にしたプライドという言葉。勝負にかける男たちのプライドは同じ戦場に立つ者にしか分らないものでしょう。
また、ウッズへの内角攻めについては、打たれて初めてわかったと話をしてました。アナウンサーがこれに食いついてましたけど(笑)、矢野さんサインに首を振り外真っすぐで打たれたあの勝負を球児は冷静に振り返りながらコメントしていました。
また、冒頭にタイガースファンへの称賛を差し挟むあたりがニクイ。
そしてファンに応えるプレーをしたい、自分の強みを活かした堂々とした勝負をしたい、という球児の思いが伝わる放送でした。


その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/21 (Sun) 木戸さん&中西コーチ

夕方のラジオ「木戸克彦の虎バン主義」で、木戸節炸裂してました。

来期コーチ就任が決まった木戸さん、相手役の平野アナに
「作戦兼バッテリーコーチって? どういう作戦立てはるんですか」(←言い回しは多少違うと思いますが)と聞かれて、
「策はせんコーチです」(爆爆)
とのっけからオヤジギャグ飛ばしてはりました。

岡田さんにもバシバシ物言いできる人だと思うし、雷落とせる人だからすご~く楽しみ。
また情にも厚い温かい人柄だからきっとタイガースをいい方向へ向かわせてくれると期待してます。

タイガースは秋季キャンプへと向かっていきますが、来季、どんな野球がしたいかと問われて、「それはこれから」と木戸さん。
「冷蔵庫を開けてからですわ。冷蔵庫あけてどんなもんがあるかを見て、それから一番おいしい料理を作ります。」
そういえば、シーズン始まる前は「目指す野球は、よせ鍋野球」と話してましたっけ。木戸さんの語りは本当に面白い。

後半は中西ピッチングコーチから生電話。
日本一のときのメンバー同士でもある二人。まるで掛け合い漫才みたいに楽しかった。
中西さん、言葉を選びながらやんわりとではあったけど、今年、嶋田バッテリーコーチからのブルペンにかかってくる電話(リリーフピッチャーの登板についての)に対して、バトルらしきことがあったことを匂わせていました。
そらそうでしょう。ベンチからの要請に、ブルペンとして「ちょっと待ってくれよ」と言いたい場面はものすごく多かったんでしょうね。
「木戸さんが作戦兼バッテリーコーチになったら、期待してますよ。」
と中西さんが言ってましたが、どちらも言うタイプだから結局バトルは避けられないだろうな(笑)。

いつも木戸さんは放送の解説で、みなさんはJFKの投げてるところしか見てないけれど、その奥で準備も含めてどれだけ毎日しんどいことか、……といつも言ってはりました。
ブルペンでの様子が手に取るように分かる、元キャッチャーの木戸さんだけに、今年のJFK頼みの野球には言いたいことがたくさんあるでしょう。
そういう意味では中西さんと考えが合うのではないかな。

勝ち試合になると毎回3人が登場する。その前にも江草や渡辺などを挟むことが多いから6名のピッチャーが出る。
アナ「じゃあ、もうブルペンの電話は鳴りっぱなしだったでしょうね」
中西「鳴りっぱなしどころか、ずう~と受話器を耳に挟んだままですよ」
そんな中西さんが今年の一番の功労者として名前を挙げたのは久保田でした。
勝ち試合だけではなくビハインドの時にも場面を選ばず投げて、しかもイニングを投げられる。また、文句ひとつ言わずに、どんなときにも素直に投げてくれて本当に助かった、と。
三人とも大きな故障もせずに、1年間活躍させた裏側には、なるべくブルペンで投げささないようにしてリラックスして送り出すためのさまざまな気遣いがあったようです。

中西コーチ、本当にお疲れさまでした。





TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/20 (Sat) 兄貴、左ひざの手術成功!

無事に成功して本当によかった!
昨日(19日)手術したようで、今朝の新聞で知りました。


鍛え抜かれた兄貴の体は、きっとリハビリも乗り越えて、また来年も素晴らしいプレーを見せてくれると信じてます。
早くよくなれ~!

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/20 (Sat) 愛おしい、悩める男

今年FA権を取得する大型選手の一人、カープの新井選手が憔悴しているという。
カープに残ってプレーするのか、新しい環境で挑戦するのか。
眠れぬ日が続き、熱まで出した。

前日に、黒田投手がメジャーへ挑戦する意思を固めたようで、そのことも影響し、彼の苦悩は続く。
黒田といえば、昨年悩み苦しみ抜いた末に、ファンからの熱烈な残留を求める声に応えてカープに残り、男を挙げたカープの大黒柱。
その黒田もカープを去るのか……。
自分までがカープを出たら、古巣はどうなるのか。
新井選手を苦しめるのは、古巣への思いと自らの希望の間の葛藤でしょうか?
今年トラは鯉に苦しめられたけど、二人が抜けたら来年はどうなるのか。

新井選手は兄貴の弟分ということで虎党からも親しみを持たれている。その新井が敬愛する兄貴も悩んだ末に星野さんの熱い言葉でタイガースへやってきた。

かつてFAで多くの男たちが苦しみ抜いた末に移籍していった。
こういう「浪花節」に、多くの日本人の心が動かされる。
新井選手は「お金ではない」と、進路を決めるポイントが条件ではないことを語っているという。
単なる好条件を求めての移籍は、何の共感も起こらないけれど、こうやって悩み抜く選手たちの姿を見ていると情が沸くというか、愛おしいとさえ思います。
タイガースに来る来ないはさておいて、最終的には一番いい形になるように祈りたいです。

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/20 (Sat) 選手メッセージ

シーズンが終わり、選手個人の公式サイトには選手からのメッセージが出そろってきました。
悔しさあふれたメッセージもあるし、来季に目を向けたものもある。
不本意なシーズンを送り、一年間苦しみ通しだった誠やんや忍ちゃんなどは本当に苦しい言葉が綴られていて読む方も胸が痛みます。
でも、それを乗り越えて来季はいいシーズンにして欲しい……。

矢野ちゃんのHPは言葉少なだったしなぁ……選手が公式サイトを持つと調子いい時はいいけど悪くなると、厳しいメールも届くだろうし、メッセージを載せるのだってしんどいことだろうな。

さて、そんな中で今年厳しい契約更改になるだろうと新聞に報道されているひ~やんのHPを除くと、HPスタッフとの慰労会の様子が載せられてました。二人のお子さんと遊ぶひ~やんの写メはほのぼのしていて、ホッとします。
ひ~やんの人柄があふれるHPで、毎回のぞくのが楽しみなんだけど、どんなに厳しい状況の時にも、逆にファンのことを気遣うメッセージが書かれていたりして、ファンから愛される理由がここにもあります。
http://www.hinokibutai.com/contents/message/mes2/mes02.php

また球児は今回も素晴らしい言葉で今シーズンを締めくくっていました。セ・リーグのセーブ王に輝き、1年間投げ抜いた球児ですが、冷静にシーズンを分析して立派なコメントをしますね。
今年のオフは自分探しの旅に出るんだとか。
長いイニングを投げる体力をつけるための旅でもあるのか?
これだけ過酷なシーズンを送った後で、先発もできるくらいの体力をつけなければと、もう次の課題を口にする素晴らしい選手です。
http://kyuji22.tblog.jp/?eid=162663

オリンピック予選もあるのでゆっくり身体を休めることができないけれど、また球児を応援できるのはうれしいことです。
次は五輪代表選出の喜びのメッセージが読めるといいのにな^^

球児が着てる、シモさまの「前後裁断Tシャツ」がすご~く気になる(笑)
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/10/19/0000703566.shtml
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/10/20/0000704761.shtml


その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/19 (Fri) ダルビッシュvs成瀬

パ・リーグのクライマックスシリーズ 第二ステージ。
2勝ずつで迎えた最終戦は、エースダルビッシュとパ・リーグ無敗男の成瀬の投げ合いということで盛り上がりました。

日ハムは大好きな球団で、ずっと応援していたのですが前の試合が嫌な負け方だったのでドキドキしていた。
本当は早く帰ってテレビを見たかったのだけど、仕事が佳境に入ってきているため叶わず、会社で虎キチ仲間と経過だけチェックしあっていた。

3-0で勝ってるらしいわ。
セギーノールが3ランやって。
おお、成瀬打たれたんや。
このまま行くかなぁ。
マイケルこの前打たれとったからな。
ダルが完投したらええねん。
でも中4日やで。
ダルやから大丈夫やろ。
……はぁ……やっぱりピッチャーは完投できんとなぁ。
ホンマやあぁ、ええなぁ柱になってくれるピッチャーがおったら……。

最後はため息になってもうた(笑)

実は戦いは前日から始まっていた。
ダルは風邪をひいていたらしいが、成瀬に対して挑発する発言。
成瀬は大舞台での経験はなく、平常心で投げることができなかった。
ダルの挑発にまんまと乗ってしまった。

若いのに大したピッチャーですねー。
球が素晴らしいだけではなく、肝ったまが素晴らしい。
今江のプッシュバントがきまった時など、嫌な感じやったけど、動じることなく投げる頼もしさ。

ダルビッシュみたいな、とまでは言わないが、せめて完投してくれないと話にならんわ。

最後はお互いの健闘をたたえ合ったさわやかなフィナーレで、感動的な試合でしたが、セ・リーグの方は見る気が起きなかった。
パ・リーグの試合の面白さを見るにつけ、やっぱり野球は面白くないといかんな……と思いました。

タイガースと日ハムはともにチームの打撃成績は最階位。
ただ、守備と走塁は大きく違う。
今期、JFKがいなければAクラスも危うかっただろう。
またこんなにも重い試合が続いては、野球を見るのが楽しくない。
実際、見てるだけでも苦しかったし、それに耐えて応援し続けた阪神ファンは超Mな体質になっていったわ。
けど、やっぱり野球は面白くないといかんね。
それにはまず岡田さんがもう少し頑固さをゆるめてもらわんといかんわ(笑)。
オーナー報告の後の記者会見では、先発ピッチャーと打力不足を挙げていたけど、走塁を忘れちゃいませんか?
あの会見でちょっぴり不安になってしまった。

スピード感溢れる野球の方が、活気が出るし見るのも楽しい。
テンポと歯切れのいい野球を見たいもんやね。




その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/19 (Fri) 「ぶったま!」危うし

打撃コーチは真弓氏は見送りの方向で、片岡氏に絞られてきたとか?
ええ? 廣澤、片岡コンビになるわけ??

てことは、関西テレビ「ぶったま!」の解説者はいったいどうなる?!
廣澤さんの後を受けて片岡さんが登場してから1年にしてもう次の候補を探さなければいけないとは、関テレも頭が痛いだろうなぁ。
篤ちゃん、おもしろかったのになぁ。
ほかにタレント性のある人って……真弓さんはちょっと違う気がするし、なかなか人選難しそう。

ぶったま危うし!!!

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/18 (Thu) 木戸さん入閣

いや~嬉しいわ。
昨日のニッカン(駅売)の一面に報じられた木戸さんの入閣。今朝の「おはよう朝日です」で本人の口から「有り難いお話をいただいてます。前向きに考えてます。」と肯定する発言がありました。
木戸さんは、まだハッキリ言えないこともあり、言葉を濁すところもあったけど、内心は闘志メラメラといったところでしょうか。

ひとつ残念なのは、「さあ、今日はみんなで甲子園へ行こう!」のラジオCMが来期は聞けなくなることですね。大阪弁バージョンも好きやった…(笑)

まあ、コーチ就任後も「ちょくちょく(おは朝に)来ます」と言ってたから、キャンプあたりでまたいい味出してくれるでしょう^^

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/17 (Wed) 兄貴が左ひざを手術

このオフに兄貴は痛めている左膝半月板の手術をすることを決めたようです。
新たに縦の亀裂も見つかったようで、プレーしてることが信じられないような状態でした。
自分のことは一切構わずにチームのために死力を尽くした兄貴。
その姿を見ていると、自分の選手生命と引き換えにチームの優勝を目指して戦っているのだろうという気がしていた。

しかし連続フルイニング記録は、このオフまでで来年からはスタイルを変えるかも知れないな……と思っていたのですが、どうやら来年も挑み続けるようなニュアンスです。
そのために手術を決意したらしい。

オフのトレーニングはリハビリに変わる。兄貴は初めてのトレーニングができないオフになるけれど、その眼はもう開幕を見据えているようです。いや本当に頭が下がる。

兄貴の手術が無事に成功して、リハビリが順調に進むことを祈りたい。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/16 (Tue) ひ~やん退団報道に肝冷やしました


昨日は朝からこの衝撃報道が駆け抜け、クライマックスシリーズ敗退どころのショックではなかった。

デイリーが一面で報じたところでは、球団は来期桧山と契約しないと決めた。
本人の現役希望を理解していることから、他球団への移籍も有り得る、という内容。

ところが、桧山選手自身のホームページですぐに否定され、来期も縦縞でプレーすると発表。
これで胸を撫で下ろしました。

おい、デイリー、ええかげんにせえよ~~(怒)
どれだけショックやったと思うてんねん。
だいたいひ~やんに失礼やろ~。


しかしショックはそれだけではない。どうやら豊が来期構想から外れる見通し(泣)
球団はコーチ就任を打診し本人が保留しているらしい。
怪我が治ればまだまだやれるんちゃうの~(涙)
そして、今日の戦力外通告第二段の行方が気になるわ。
報道では、アンディが今期で引退するらしい。
あとジャンの退団は当然やけど、ダーウィンまでも契約を結ばない方針だとか…なんで~?!
今年は嵐が吹きまくりそうだなぁ。

打撃コーチでは正田さんが今期の打撃不振の責任を取る形で退団。(広澤さんは継続か)
その後任ということで、いろんな人の名前が挙がる、嬉しいのは真弓さん。実現するばヘッド格での入閣になりそう。
そのほかにも神様八木と片岡さんの名前も挙がっている。片岡さんはちょと早すぎると思うけど八木さんもええなぁ。
今後の動向から目が離せませんわ。。

タイガースで、まだ今期が終わってないのが、五輪代表の球児と矢野ちゃん。
早くシーズンの疲れを取ってがんばって欲しい。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/14 (Sun) お疲れさま、選手のみんな

●10月14日(日) 中5―神3(ナゴヤドーム)

日本一への挑戦が終わりました。
残念ながら中日に完敗です。リリーフ陣が踏ん張り、最後粘りを見せてくれたのがせめてもの救いでした。
先発のゾノ君、5失点1回でマウンドを降りましたが、責めてはかわいそう。向かっていこうとする姿勢は伝わってきたもの。
そして、渡辺、江草、久保田、ジェフと0点リレーで頑張ってくれました。
そして、兄貴のタイムリー。ガツンというあたり、鋭い振り、ここぞというときの兄貴です。ひ~やんの犠牲フライもヒットになってくれたらいうこと無かったけど3点目をもぎ取りました。

選手のみんなは傷つき、体はボロボロだと思う。
もう「がんばれ~」と言わなくていいのですね。ちょっとホッとしてます。
ゆっくり休んで手入れをして欲しい。
兄貴は手術をするのかな? 決して簡単な怪我ではないけれど、兄貴の不屈の精神を信じてる。

みんな本当にお疲れ様でした。
そして、また来年。来年こそV奪還そして日本一を目指しましょう!


■2007/10/14 試合結果

対中日 2回戦 ナゴヤドーム

神|000 100 020|3
中|500 000 00x|5

勝:中田1勝0敗0S
S:岩瀬0勝0敗1S
敗:上園0勝1敗0S
HR:李炳圭スリーラン1号
神:上園-渡辺-江草-久保田-ウィリアムス
中:中田-小笠原-岡本-岩瀬


その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/14 (Sun) あうあう(++)

●10月13日(土)中7-神0(ヤゴヤドーム)

いよいよセリーグのクライマックスシリーズが始まりました。

午前中のぶったまで、久々に矢野ちゃんのインタビューを見ましたが、さわやかなええ感じでしたね。
インタビュアーが仲良しの片岡さんということもあって、リラックスした表情でした。
片岡さんが「9つ勝って下さいよ。3位から2位1位そして日本一に」
というと、矢野さんが「阪神ファンが一番喜ぶパターンやね」
このファン心理のつぼを押さえた発言がたまりませんね(笑)。


さて、外出の準備をしながら、まずはパ・リーグの第2ステージを見ていましたが、途中でタイムアウト。
昨日は陸上の大会があり、私の会社の実業団チームが出場するので、昼過ぎから神戸総合運動公園にあるユニバー記念競技場へ。そこで記録用の写真と応援をしていたため試合は見れてません。
山の中の競技場で寒さ対策していたけどそれでも寒かった。
私が持っていたトラ柄のクッションを女性陣に配り、大いに感謝されました(笑)。
大会が終わって表彰式の時に、一球速報でチェックすると3-0で負けているやん。ピッチャーは、憲伸とシモ……、セッキーのエラー絡みで立ち上がりに3失点か……う~ん。その後何度チェックしても点差は縮まらず、帰宅してからテレビをつけてみたら点差は7点に広がっていた。


しかし、憲伸は大舞台になるほど力を発揮しますなー。さすがはエース。
うちは、足でかき回され、守備の乱れで3失点。
典型的な負けパターンでやられてしまいました。

ま、今日のことはすっぱり切り替えて、今日は何が何でも1つ勝とうやないの。
先発は上園というのが大方の予想。ルーキーと老兵と手負いの安藤と不安定なボギーしか先発候補がいないという信じられないようなガタガタな戦力でありますが、勝負になれば五分と五分。
老兵が倒れ頼みはルーキーしかいない! ゾノっち、がんばれ!!


■2007/10/13 試合結果

対中日 1回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 000|0
中|300 004 00x|7

勝:川上1勝0敗0S
敗:下柳0勝1敗0S
HR:T・ウッズ ツーラン1号/森野スリーラン1号
神:下柳-渡辺-久保田-ダーウィン-橋本健
中:川上-石井-鈴木-久本-岡本-クルス-平井

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/13 (Sat) トラから2人^^

昨日、北京五輪の代表メンバー34人が発表~。
タイガースからは矢野ちゃんと球児!
まだ最終ではないけど、おめでとう!

矢野さんは本当にうれしいと思う。
シーズンは苦しんだけど、CSでは思いきり持ち味出して欲しい!!

がんばれ!


■投手15名
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
武田久(北海道日本ハム)
武田勝(北海道日本ハム)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
涌井秀章(西武)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
成瀬善久(千葉ロッテ)
小林宏之(千葉ロッテ)
加藤大輔(オリックス)
川上憲伸(中日)
岩瀬仁紀(中日)
藤川球児(阪神)
上原浩治(巨人)
高橋尚成(巨人)
長谷部康平(愛工大)

■捕手4名
里崎智也(千葉ロッテ)
矢野輝弘(阪神)
阿部慎之助(巨人)
相川亮二(横浜)

■内野手8名
TSUYOSHI(千葉ロッテ)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
井端弘和(中日)
荒木雅博(中日)
宮本慎也(東京ヤクルト)
小笠原道大(巨人)
新井貴浩(広島)
村田修一(横浜)

■外野手7名
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
サブロー(千葉ロッテ)
多村仁(福岡ソフトバンク)
和田一浩(西武)
森野将彦(中日)
青木宣親(東京ヤクルト)
高橋由伸(巨人)

北京五輪 | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/10 (Wed) パ・リーグのCS

第一ステージ始まりました。
ロッテが大嫌いなんで鷹を応援してますが、我がタイガースがこれを戦うのかと思うと、、微妙やなあ。

安藤がまた故障し、先発がおらへん。兄貴の半月板は……(涙)
トリもバットを振れないみたいやし、戦力が違い過ぎるがな。


フェニックスリーグで二軍相手に一点しか取れなかったのが気掛かりだ。。赤星くんの調子がいいのは安心材料だけどね。
宮崎オーナーの言葉通りに、最後は今岡が救ってくれたらなあ、彼も二年間の苦しみが報われる。

もう、勝てたらもうけもん、と開き直って伸び伸び野球して欲しいもんやねえ。。
思いきったプレーをしておくれ。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/06 (Sat) 公式戦終了、いい最終戦でした

○10月3日(水) ヤ0-神3(神宮球場)

この日、午後に高校生ドラフト会議が行われ、タイガースは中田選手は逃したものの、高濱選手を見事引き当てた。
中田君とは双璧のいい選手というから楽しみです。
前夜に岡田監督たちは、割り箸に印をつけて引き当てるくじの予行演習をしたという。その光景、想像したら笑えるわ~。

さて、夜は今期ペナントレース最終戦。勝利で終えることができました。
今岡の復活が心強い。
最後にグラを打ててよかったなあ。

巨人金刃と新人王争いをしているゾノは気迫のピッチングで見事に勝利を掴んだ! あっぱれ!

クボタン、最多登板記録を大幅に更新して90の大台に乗せた~。素晴らしい!
流した汗と悔し涙は裏切らなかったんやね。
球児は最多セーブ日本記録タイの46を達成~。
君が見せてくれた男気と名勝負の数々は長く野球ファンの心に残るだろう。
ジェフは、ブルペンをまとめ上げ、闘志溢れるピッチングスタイルで驚異の防御率0点代で締め括った!まさに神の左腕やね!

赤星くんは代打起用した岡田監督の親心に応え、バントヒットで見事三割到達!
脇腹を痛めフルイニングが途絶えたトリも監督の配慮で連続試合出場は継続。

みんなに最高のゴールをお膳立てした、岡田さんも素敵でした。

古田監督の「代打オレ」ではタイガースファンからも大きな惜別の拍手が起こった。
最後のグランド一周でも古田コールを送り、当の古田がびっくりして帽子を取っていたらしい。ええ話しやなあ。

試合後、「阪神ファンには18年間散々野次られましたから」と、古田監督(笑)。
最後の古田コールでチャラにしてもらおう。

クライマックスシリーズまで10日、この間をうまく休養と調整に使って欲しいな。


■2007/10/3 試合結果

対ヤクルト 24回戦 神宮

神|012 000 000|3
ヤ|000 000 000|0

勝:上園8勝5敗0
S:藤川5勝5敗46S
敗:グライシンガー16勝8敗0S
HR:今岡ソロ4号
神:上園-久保田-藤川
ヤ:グライシンガー-木田-館山

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/06 (Sat) 炭酸の気が抜けたような試合になってもうた(笑)

●10月2日(火) 横5-神0(横浜スタジアム)

連日の残業で相変わらず試合は見れてない。
しかし、なんだか気の抜けた試合になってしまったな。完封負けかよ~~。何回、完封されてんねん~~~?
ヒットがノグッチの二安打のみってどうなん?

クライマックス進出が決まり、主力で身体を痛めている選手は、休んで欲しいけど、かといってあまりに情けない負け方してはちと心配。練習のつもりでかかっていかんかい! 若手え~~。

とはいえ、矢野さんも下げたし、明らかに捨てゲーム? まあしゃーないか……。
見るからに、疲れている矢野さんのことはすご~く気になる。古傷もあるし、あまり自分のことは多くを語らないから余計心配。



■2007/10/2 試合結果

対横浜 24回戦 横浜

神|000 000 000|0
横|130 001 00x|5

勝:高崎1勝1敗0S
敗:安藤2勝3敗0S
HR:金城ソロ14号
神:安藤-橋本健-筒井-ダーウィン
横:高崎-横山-マットホワイト

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/03 (Wed) 祝 クライマックスシリーズ進出!!

●10月1日(月) 横7-神9(横浜スタジアム)

クライマックスシリーズは固いだろうと思っていたものの、最後はちょっとドキドキしてました。

今岡誠がようやく本領発揮!
兄貴の後ろを打つ頼れる5番が帰ってきたね。

何より嬉しかったのは、ジェフが1点差に追い付かれた後の8回に出たセッキーのタイムリー。
これは値千金でした。
9月最終週から残業続きで試合の方はあまり見れてないのですが、昨日は一球速報見て心の中でよっしゃーと叫びました。
さらにシーツ、兄貴と連続タイムリーで一挙4点。

家についてラジオをつけると、実況は伊藤史隆アナ。伊藤さんの実況は実に心地いい~。とくに「空振り三振~~」の声、あれは絶対自己陶酔してるね(笑)。

ところが9回から登板したダーウィンがランナーを許し、無死1、3塁のピンチから二点奪われてしまう。
なんじゃそりゃ。

こうなれば球児登場。
フォークを打たせてとりゲッツーに仕留め、塁上のランナーを刈り取ると二死から村田に一発を浴びるものの後を締めて今期44セーブ目!
すんなりいってたらセーブは付かなかったが結果的にいい形になった。
試合後の岡田監督は「あいつら示し合わせとったんちゃうか~」と報道陣を笑わせたらしい。

この試合、先発シモさまが5回に味方のエラーなどに切れ、二度グラブを地面にたたき付けたことが大分新聞をにぎわせてました。
最近シモさまに辛い江夏氏などもかなり手厳しかったけど、ご本人もいたく反省されて、ベンチでは氷で頭を冷やしていたらしい(笑)。
こういうところがファンにはたまりませんな。
シモについての岡田監督のコメントが味があった。「暴れすぎ。暴れ過ぎとったから代えた。(5回裏代打)」
多くを語らないオカちゃん、粋やなあ(笑)。


さて、心配なのはJFKの疲れ。かなり疲れてるみたいですね。
ジェフもまさかの3ランを打たれてしまうし、球児は球速ほどに球がきていない印象。
球児は記録がかかっているから、まだ休めないってのが辛い。けど、あとの二人はしばらくゆっくり休んでもらいたいな。


■07/10/1 試合結果

対横浜 23回戦 横浜

神|300 020 004|9
横|000 010 303|7

勝:下柳10勝8敗0S
S:藤川5勝5敗45S
敗:吉見3勝3敗0S
HR:今岡スリーラン3号/金城スリーラン13号/村田ソロ33号
神:下柳-渡辺-江草-ウィリアムス-久保田-ダーウィン-藤川
横:吉見-横山-川村-マットホワイト-加藤-那須野

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/03 (Wed) 甲子園最終戦

●9月29日(土) 神2-広5(甲子園)

今期甲子園最終戦、友達内勤チケット譲って貰って行ってきました。
10月からリニューアル工事が始まり、現在の姿を見れるのは最後になります。

早めに来て試合前、トラッキーのダンスオーディションを見たり、新しい座席のサンプル展示を見たりしていたら、新聞記者に取材を受けました。
テレビの取材に捕まってる人もいるし、ラストという雰囲気が漂っている。

球場へ入ると勝利を祈念してカツカレーを注文。(でも負けてもうたがなー)
夏など冷房のない暑いところでみなさん働いてるんで、来年は冷房が入るといいな。

スタンドで今にも降り出しそうな空模様を気にしながらカレーを平らげると、練習している選手を見にフェンスに張り付く。
ひ~やんが軽快にキャッチボールをしている。先日一軍に上がった守備職人、豊もいる。久しぶり~。
すると回りで「秀太や」の声がして内野を見ると、背番号00がいるではないか~!
岡田さんイキな計らいや~と思ったんやけどそれは鳥の状態が思わしくないためだったようです。

先発が発表される。福原と宮崎。
忍ちゃんは今シーズン怪我で出遅れ、満足できるピッチングをした試合はほとんどない。
苦しみ抜いたシーズンだっただけに、最後はなんとかいい形で終わって欲しい。

しかし、忍はやはり球のキレがないのか、二回に捕まりノックアウト。
不運な当たりや見方のまずいプレーにも足を引っ張られ、広島に足でも揺さぶられ、4点を与えてしまう。

一方打線は、ルーキー宮崎を打ちあぐね、中盤までわずか3安打という、タイガースの悪いパターン(涙)。
そんな中で、江草が2イニングを小気味いいピッチングでリズムを作り反撃の期待が高まる。
江草からバトンを受けたダーウィンもナイスピッチング!
長い長い我慢の末に、盛り上がりは8回にやってきた。
折りしも、7回から甲子園には雨が降り出し、どんどん強くなってくる。
1アウトの後、広大が詰まりながらのヒットで出塁しチャンスメイク。満塁となって代打は、ひ~やん。
盛り上がってるのに投手交代なんぞで水をさす広島ベンチ。しかしわっしょいを叫び続ける。
雨の中の応援はタイガースファンのM度を掻きたてるのに十分です^^
ひ~やんは初球を叩いて見事にライト前タイムリーヒット!
さらに、今岡がこれに続きまたまたタイムリーヒット!
甲子園はまるで逆転したかのような大歓声が沸き起こる! そんな熱い甲子園が大好きです。
さらに、9回は広大がバックスクリーンにソロホームランを叩き込んでくれました。
未来の4番が特大のアーチをかけて、甲子園にさよならを告げる。
最後は雨の中選手、監督、コーチが一列に並んでファンに一礼。赤星くんの挨拶がなくて残念でした。
そして、選手によるサインボールの投げ入れ。
主催者側の好意で、六甲おろしが流れ、3番まで。(負け試合での合唱ははじめでだ:笑)

帰り際にスタンドを360度を見渡し、ちょっと名残りを惜しんで甲子園を後にしました。
新しい甲子園に合えるのは来春ですね。

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。