2007/03/31 (Sat) 【観戦レポ】開幕戦行ってきました

●3月30日(金) 神1-広4(京セラドーム)

午後から休みを取っていたというのに、会社を出ることが出来たのは18:00過ぎでして、急いで駆けつけたのですが球場へ着いたのは5回の守りの時でした。

結果から言うと、下さまの開幕白星ならず~(悔)。
ポイントは、黒田を打てなかったことに尽きるのでは?
援護があれば下さまも十分勝ち投手になってたことでしょう。
あとは、7回の継投失敗と8回満塁で兄貴、今岡で得点ならずというところで、引導渡されてしまいました。悔しいです。

黒田はさすがでした。
それと、やっぱり鯉の守護神、永川はいいねぇ。
あの、投げる瞬間の右手をお尻の後ろでクルっと動かすのが目について紛らわしい……。

試合を通して、すごいなあと思ったことは、意外にもレフトスタンド一角のカープファンから送られる大声援。これが凄かった。多勢に無勢ということで余計に闘志に火がつくんでしょう。
あの人数であれだけの声が出ているとうのは物凄い迫力でした。

■セッキーの気迫と気配り
さて、着いてみるとシモさまが正念場を迎えています。
出だしは好調スタートでしたが、疲れがでてくる5回6回、ピンチが続きましたね。
セッキーがよく声をかけています。いいですねー。
トリタニーノもお願いよ~。

DSC_0241.jpg

<粘投のシモさま>

DSC_0244.jpg

<ピンチで野手がマウンドへ集まる>


そうそう、セッキーは6回の攻撃で先頭バッターだったのですが、ヘッドスライディングを見せましたよ~。燃えました!
これを返したかったんやけど、、くぅぅぅぅ鳥谷ゲッツー(涙)
今日に限れば、鳥谷1番は機能しなかったんじゃない?

■矢野ちゃんバットからチーム初打点!
そして7回には、兄貴の当たりを広島がミスしてくれて2ベースヒット! ここから相手ミスに乗じて畳み掛けていけないのが辛いところ。
何とか何とか兄貴は3塁へ進塁して、2アウトバッター矢野! という場面。
引っ張った当たりは見事に三遊間を抜けて、チーム初となるタイムリーヒット!! 同級生兄貴を迎え入れました!
今年もベテランがチームを引っ張るのを暗示してますね。

DSC_0293.jpg

<タイムリーヒットを打った矢野ちゃん>

どうでもいいことやけど、矢野さんのファイルボールが2度も私たちの席の近くに飛んできて、嬉しかったです。
もしかしたら、テレビに映ってないかな??(爆)

■痛い7回継投失敗
1点差となり、よっしゃー いくで!
と盛り上がっていたのですが、3番手吉野のところで、フォアボールからピンチ拡大。制球が良くなかった昨日の吉野。
矢野ちゃんが、身振りでなにやら一生懸命吉野にメッセージを送っているのが分かる。
昨年は8月まで出番が無かった。悔しい思いをした。
今年は開幕の試合で出番が回ってきて、何とかいいスタートを切ってほしいという思いが滲み出ている、何より勝ちたい思いが現れているようなシーン。

う~んそれだけに、ホントに残念。

思うんやけど、やっぱり吉野はワンポイントでしょう?
岡田監督1イニングにこだわりすぎやで~。
球威もないし、ゲーム中盤から後半の、バッターの目も慣れるところで、吉野みたいなタイプのピッチャー使うならワンポイントやって!
橋本健太郎のあとに投げたらどうしても、捕らえられやすいでしょうに。。。ホンマ分かってないわ~。

■打ち勝て!
そして、一番ガックリきたのは1アウト満塁、バッターは兄貴、今岡というとろで、点を入れることが出来なかったこと。
そりゃ~逆転!!と盛り上がったんですけどねぇ~、ホンマに悔しい。
DSC_0289.jpg

<盛り上がるスタンド>

昨年の、球児が調子を落として戦列を離れたときの、ことごとく7回継投を失敗していた時期を思い出してしまった。
ちょっと、ムードを変えなあきまへん!
闘志が前に出にくい見えにくい、鳥谷くんや濱中くんなんか、もう本当にもどかしくて……オーナーがチョイ悪選手を求める気持がよっく分かるわー。

今年は、投手力が落ちてるのは紛れもない事実なんやから、打って打って、打ち勝たなければあきまへん。

今日は4安打ですか……。鯉は13安打。
これじゃ負けるのはしゃーないわなぁ。


ということで、明日も京セラドームへ駆けつけます!
明日は絶対勝て!!


■2007/3/30 試合結果

対広島 1回戦 京セラドーム

広|001 001 020|4
神|000 000 100|1

今年は、V奪還!阪神タイガースから目が離せない!

勝:黒田1勝0敗0S
S:永川0勝0敗1S
敗:下柳0勝1敗0S
広:黒田-河内-上野-永川
神:下柳-橋本健-吉野-桟原-相木


スポンサーサイト

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/30 (Fri) いよいよです! セ・リーグ開幕!

数日前から、ソワソワしてましたが、開幕前夜、軽い喉の渇きを覚えます(爆)。

ここ数日は、野球がないうちに仕事しようと、連日午前さま。
なんとか、明日の開幕戦は無事に京セラドームへ駆けつけられたらいいのですが。

尼崎の商店街では、早くもマジック144が点灯されたとか!?

おもろ~~!

トラキチたちの一喜一憂の日々がまた始まります^^

2007年のゲーム | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/27 (Tue) 兄貴~太っ腹!

ホームランを打つ度、家族四人を熱海温泉に招待しているあの企画、今年は海外になりそうと聞いてはいたけど……

なんと、ハワ~イ!!

それもヒルトンビレッジやってええ?? その上リムジンで送迎やてぇぇ?? ひゃ~~、さっすが兄貴~球界最高年俸になったとはいえ、やることがデカイ~!

パン!パン!……拝んどこ~(笑)。

兄貴は、稼ぐようになっても締めるとこ締める代わりに、行くときはドカンと行くし、お金の使い方が粋というかキレイというかカッコイイねえ。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/27 (Tue) 2007オープン戦成績(準備中)

2/24(土)神 -オ  安芸 
2/25(日)オ -神  高知市営 

3/ 3(土)オ -神  京セラD 
3/ 5(月)神 -楽  倉敷 
3/ 6(火)ソ -神  ヤフーD 
3/ 8(木)神 -楽  松山 
3/ 9(金)神 -日 スカイマーク 
3/10(土)神 -巨 甲子園 
3/11(日)神-巨 甲子園
3/12(月)巨-神 岐阜 
3/14(水)中-神 小牧
3/15(木)楽-神 静岡 
3/16(金)ロ-神 千葉 
3/17(土)横-神 横浜 
3/18(日)巨-神 東京D
3/20(火)神-広 高松
3/21(水)広-神 倉敷
3/22(木)横-神 横浜 
3/24(土)神 0-ヤ 2 京セラD 
3/25(日)神 1-ヤ10 京セラD

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/26 (Mon) しかし、ホンマに阪神やなぁ

何も、オープン戦ラストの試合で、あんなボロ負けせんでもええやろに~。

あれだけ絶好調で打たれる気ぃぜんぜんせーへんかったノーミンが9失点?!
そりゃ、多少カウント悪くする場面はあったけど、球も低めに来てたし、なんであんなに打たれたのか??????

低めのクサイ球はことごとく見送られ、苦し紛れにストライクゾーンに投げた
球をことごとくもっていかれてました。

しかし……
公式戦前に打たれてよかったんちゃう?
次のヤクルト戦までに十分対策立てられるし、次は、やっつけてもらいまひょ。

それと、クボタンがきっちり3者凡退に抑えられたのも収穫でした^^
兄貴も2ベース打ってくれたし^^
杉山君が開幕間に合いそうだし^^
鳥谷1番はうまく機能しそうだし^^

この負けは、開幕後に大爆発する予兆のような気がする……
うん、そうに違いない! (爆)

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/25 (Sun) 【観戦レポ】オープン 神-ヤ(京セラドーム) 

開幕まであと2戦。ここまで8連勝と波に乗るタイガース。
勝って欲しい。
けど、勝ち過ぎても心配……(爆)
ということで、今日は負けても良かったのです。(負け惜しみ^^)

■初のネット裏
同僚と待ち合わせていざ京セラドームへ。
席についた瞬間、歓声を上げました!
なんと、ネット裏、3列目 ほぼ中央 ではないですか~! 
普段は企業の年間予約席なのでオープン戦でしかあり得ないことです。
さらに、すぐ隣はスコアラーの席になっていて、ヤクルトのスコアラーが大勢さんいらっしゃる。
ひえ~~~~すごい。と舞い上がりつつ、アホなこと言ったら恥ずかしいなぁ……とちょっぴり緊張(爆)。

さて、先発は予想通りシモさま。これで開幕投手はほぼ確実らしい。

投球練習をするシモさまと受ける矢野ちゃんを見ながら、……近すぎて大興奮!(爆)
今日は、キムタク宣伝の一眼レフを持ってきたのですが、野球の応援というよりは、カメラ小僧になってしまいました(大爆)。
撮りも撮ったり200枚(アホです)。矢野ちゃんの後姿が山のように撮れました(爆爆爆)。
写真撮影に夢中になっていたら、青木に先頭打者ホームランを浴びてしまう。
なんじゃ~?? と狐につままれたようになってしまいました。
後でTVで見たら、少し真ん中へ入ってしまってましたね。お

DSC_0010.jpg

<投球練習をするシモちゃん>

DSC_0014.jpg

<シモちゃんに返球する矢野ちゃん>

守備では初回か2回にシーツが一塁線の鋭い打球に飛びつくファインプレーに大いにスタンドが沸きました^^
そして、8回代走飯原の盗塁を見事に封じる矢野ちゃんの二塁封殺プレーがありました。カッコいい~。
実は、試合前にメールで二塁封殺プレーとヒット1本お願いしておいたんですが、見事にどちらも叶えてくれた矢野ちゃんです。(さすが!)
パスボールもありましたが、それはオマケということで……f^^)))

DSC_0229.jpg

<1塁ランナーを封殺した矢野ちゃん>


■代打金本
その裏の攻撃。ヤクルトのピッチャーは石井一久。
スタメンボードには、太腿に張りを訴えて休場することが報じられている兄貴に代わって、藤原の名前がある。
んん?……と不思議に思っていたのですが、 シーツ四球で出た後、なんと兄貴がベンチから出てくるではないの!?
代打、金本!
その瞬間、どぉぉぉっっ!!とスタンドから大声援。
兄貴は結局、ボールの下を叩いて打ち上げてしまい、内野フライで3アウトチェンジとなりました。
石井はええ球投げてましたね、結局ヒット打てたんだろうか? ノーヒットかヒット1本に抑えられてたんじゃないだろうか。

DSC_0035.jpg

<バッターボックスの兄貴>

そして、次の回では兄貴は守りにつかず、林ちゃんが4番に入る。
兄貴の志願で1打席だけ出るために、こんな手の込んだことを岡田監督が考えついたんだとか。
藤原はわざわざこのために呼び寄せられたそうで……ちょっと可愛そう。

■シモさまからルーキーへ
シモさまはヒットを打たれながらも、そこから持ちこたえて0で抑えるという、彼の真骨頂とも言うべきピッチングを披露してくれました。
満塁になってもあまりヒヤヒヤしないのは、オープン戦だから?それともシモさまの安心感か?
満塁になっても矢野ちゃんはマウンドへも行かなかったねー。当然か~。
少しボールが高めに来ていたように思って、後から録画を確認したらやはり少し高かったようです。
それでも1失点に抑えるあたりがシモさま^^。
コントロールもビシバシではなかったけど、逆に開幕戦に向けて少し課題がある方がいいか~。

DSC_0054.jpg

<満塁になり汗をぬぐう>

DSC_0045.jpg

<大きな空振りで苦笑い>

シモさまは4回を投げ、5回からはルーキー小嶋くんが登場。大ベテランとルーキーという対照的なリレー。
私にとっては初の小嶋君。矢野ちゃんとキャッチボールをしていても、ペコリと頭を下げたりして、初々しい。
その小嶋君の第一印象は、「華奢やなぁ」(笑)
その前に投げてるのが、シモさまに石井やしね^^。
でも、ゆったりしたフォームから伸びのある球を投げてました。
恐れず内角もついてたし、大打者に対して怯む様子もなく落ち着いてますね~。

DSC_0078.jpg

<ピッチャーはルーキー小嶋君へ>

ただ、ランナーを出してセットになると、ストレートのタイミングが取りやすくなりそう。
バシバシ捕らえられていたので、それが気がかり。
バント処理の送球で、3塁へのフィルダースチョイスなどもあり、1アウト3塁(だったかな??)のピンチを迎えると、野手がマウンドへ集まります。
矢野さんが小嶋くんのお尻をポンと叩いてまた戻ってくる。
結局青木に外野フライを許し、1点を献上したものの、ガタガタと崩れる様子もなくて新人らしからぬ落ち着いた投げっぷりです。
しかし、青木は怖い選手になったねー。
 
■打線は湿り気味
打撃の方は石井に1安打に抑えられ、ピッチャーが外国人に代わってからは少しずつヒットがでるようになったものの連打がでない。
先頭打者が2ベースで出て無死二塁という場面を何度も見た気がする……(爆)。
DSC_0062.jpg

<バッターボックスに立つ今ちゃん>

まあ、誠兄さんにもヒットが出たし、鳥谷の2ベース、ハマちゃんの2ベースなど、安打が出るには出るんやけど、今日は小休止の日だったようです。
レッドはヒットこそ出なかったけど惜しい当たりが2本。何とか調子を掴んで欲しいもんです。

DSC_0093.jpg

<バッターボックスの矢野ちゃん>

7回だったか、今岡がライト前ヒットで出塁したときに、何度も手から帰るシーンがあって、それが影響してか外国人ピッチャー(名前を覚えてない)のボークを誘ってましたが、ナイスリードでした。

そんな今岡を2塁に置いて矢野ちゃんにもヒットが!
当たりが浅くて今ちゃんは三塁ストップ! バッターは勝負強いセッキー。
そりゃーーここで同点!とスタンドは盛り上がりましたが、Wプレーであえなくチェンジ~(涙)

DSC_0150.jpg

<チャンス潰えてベンチに帰る矢野ちゃん、厳しい表情です>

DSC_0124.jpg

<ナインを出迎えるベンチ>

■鬼神ジェフそして球児
8回からマウンドの登ったのは虎が誇る鬼のリリーバー、ジェフ・ウィリアムス。
投球練習の時からオーラが違う。
で、これは余談だけど、この時ベンチ横手でトラッキーがジェフのものまねをして客席を沸かせてました^^
さて、オープン戦絶好調のジェフですが、昨日のすごかった!
もう風格が違う! 身体全体から立ち上る気迫。マウンドに仁王立ったその姿は毘沙門天か不動明王か?! まさに鬼神と呼ぶに相応しい姿で、そのオーラを存分に堪能させていただきました。
ジェフは危なげなく7回を三者凡退に討ち取って、9回球児に繋ぐ。

DSC_0164.jpg

<マウンドに仁王立つジェフ>

その名がコールされると沸き起こる歓声。
まさに球児は虎党の宝でしょう。
投球練習の後、恒例の四股を踏むようなポーズ。
後で写真を見たら、すごい柔軟性やね~。この柔軟性が球児の強み。
まだまだ、真っ直ぐは本来のものではなく、ランナーを背負ったけど、それでも抑える球児はスゴイ。

DSC_0205.jpg

<投球前のいつもの儀式^^>

DSC_0216.jpg

<足を高く上げる球児の投球フォーム>

フォアボールを許した場面では、あちこちから球児に声援が飛ぶ。
ピンチの時の方が、これをどう切り抜けられるだろう?という楽しみが出てきましたわ。
そして、ワンバンに近い球を矢野ちゃんが逸らしてしまい、ピンチ拡大。すまんと手を挙げる矢野ちゃんに対して、頷く球児の表情も落ち着いていて、オープン戦とはいえ、さすがに修羅場を何度もくぐってきたバッテリーのあうんの呼吸を感じました。

最後を球児に託したということで、今季クローザーは球児ということになりそうです。
好調ハシケンを加えて、真ん中を投げるリリーフ陣を厚くしたら何とか乗り切れるだろうか??

試合は2対0で9連勝はならず。打撃の淡白さが気になりますが、開幕に期待しよう。
広島の黒田も5失点らしいし、付け入る隙はあるかも知れない。

オープン戦は2戦2敗という成績でしたが、開幕後は白星を並べたいね。シモさまよろしくお願いします^^

DSC_0236.jpg

<今年も背番号39がホームを守る>

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(5) |


2007/03/23 (Fri) ワッハッハッハ 8連勝

いったいどうよ。この快進撃!
ハマちゃん、セッキーもアホみたいに打ってるねぇ。
矢野ちゃんも2安打ですって?!

兄貴が右太ももの張りで帰阪したようですが、大事をとってのことのようで、まあ大丈夫でしょう。

私が行く土曜日も勝って欲しいけど、ここらでひとつ負けておいてシーズンに入るとうのもアリかな?(笑)

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/22 (Thu) 矢野ちゃんの決意?

今朝の内匠さんのコラムは矢野ちゃんについてでした。

昨日のゲーム、初めて8回まで受けた。
キャンプ、オープン戦を通じてポスト矢野はまだ出て来ない。
井川が抜け、新戦力が入り、経験の少ないピッチャーで回していかなければならない状況で、矢野ちゃんには例年以上に激務が待ち構えている。
先日の放送で、解説をしていた木戸さんも、「今年、矢野は残業が多くなるんじゃないですか」などと言ってましたが、試合後のミーティングや時に食事など球場外でのコミュニケーションも含めて、矢野ちゃんにとっては相当ハードなシーズンになりそうです。

昨年前半、毎日曜日には浅井がマスクを被り、矢野ちゃんを休ませたが、その浅井の評価が上がってこないし、狩野、清水では経験がなさすぎる。

昨日の8回までの出場に、今年の矢野の決意を見てとった内匠氏、帰りのバスまでの道でインタビューしたところ、
「自分が全部でる」というきっぱりとした言葉が帰ってきたそうです。
そう簡単に育つポジションではない。だから、行けるところまで行く。でもペース配分はしない。

そう言って決意の表情でバスに乗り込んだそうです。

これは矢野ちゃんが先発ピッチャーに求めることに重なるねー。
ペース配分を考え、力を抜いて打たれたら元も子もない。途中でバテてもいいから抜くな─── と。
最初から疲れることを考えて力を抜いて、結果大事な試合を落とすしては取り返しがつかないわけで、出る以上は精一杯プレーする。
ということなんでしょうか。

試合に出たくてもなかなかレギュラーポジションを掴むのが難しい選手もいる一方で、休みを与えられない選手もいるということで、……なかなか難しいです。
ただ、少しでも多く矢野ちゃんのマスク姿を見れるのはうれしい限り。あとは怪我なくシーズン戦ってくれることを祈るのみです。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/21 (Wed) 笑いが止まらぬ7連勝~

昨日、今日と開幕前哨戦とも言える広島とのオープン戦。
昨日は2回までしか見てないのですが、鳥谷の3ランで逆転勝利を決めたとのこと。
しかし、……江草クンは相変わらずやね。昨年の悪いパターンそのままや~。一本調子すぎ~。考えて投げてるか~~?


そして、今日は今ちゃんが5打点だったとか!
打線もつながりいい感じです。
ランナーが出たときのクイックに難アリだったボギーも、早改善されたとか、JFKが後半をキッチリ締めたとか、いい話題満載でした^^


しかし、ショッキングな話題が……
夕方のラジオで聞いたところでは、金沢投手が日ハムにトレードだとか!?
開幕前のこの時期に、何だかあんまりなんちゃう?
そういえば、金澤はキャンプでも全然目立ってなかったなぁ。
昨年前半、いい働きをしていたけど、後半は打ち込まれることが多かった。このまま阪神にいるより……という球団の判断があったのでしょうが……心中察すると辛いね。
今年日本シリーズで会えるといいけどね。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(1) |


2007/03/21 (Wed) ダッペ君、首がつながったか?

今日の登板では予定回数を0で抑え、ローテから外される危機を乗り越えたみたいやね。
というか、マイナーに落ちるかも知れなかったってえ? 今朝の新聞で初めて知りましたわ。

どっちかというと、タイガースが第一で大リーグへ行った選手については意識の端に追いやっていたのですが、今日の新聞で井川が矢野ちゃんに関してコメントしてるのが目を引きました。

「矢野さんだったらどうするかな? と考えながらやってます。」

阪神時代も自分の好きな球を投げていたけど、今にして思えば「違うなぁ」と首を振ったときは、矢野さんの方が正解だったそうです。

ふ~ん、そうやったんや。
矢野ちゃん自身、配球を語ることはほとんどないけど、井川をしてこう言わしめるんだから、虎のピッチャーが矢野ちゃんへ寄せる信頼感というのはよほど厚いんやね。

阪神時代、矢野ちゃんから井川を称える発言は何度も聞いたけど、井川から矢野ちゃんへのコメントはほとんど聞いたことなかった。
憮然としてる(見える)ことも多くて、「何んじゃい」って思ったこともありました。

でも、これを読んだときにアメリカで言葉も通じず、まったく新しい環境で不安な思いをしながら頑張っている井川が、ちょっと不憫になったわ。
厳しい世界に身を投じた以上は何とかローテを守って頑張って欲しいねぇ。

大リーグでは配球の最終決定権は投手にあるそうで、ピンチの時など矢野ちゃんの配球を思い出しながら自分の投げたいボールを投げるんだとか。

そして、今日──。
そうやって投げて、見事結果が出たようです。やったね。
そして、矢野ちゃんはスゴイ!(って結局それが言いたかったのかい!)

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(5) |


2007/03/19 (Mon) おお、ひ~やん

ふくらはぎを痛めてしまったとか。

ここんとこ、寒かったしね。う~ん残念でしょうが、まだ開幕までには2週間あるし、焦らずに治して欲しい。

ふくらはぎは一番厄介なところだとか……開幕に間に合わなくてもいいから、ムリして長引かないようにして欲しいです。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/18 (Sun) 見ごたえあるわ~ 東京ドームのOP戦

まずは、ノーミンの素晴らしいピッチングに痺れた~!
昨年春、リリーフでうまく行かなくて苦しんでいた姿が嘘のようです。
打ってはハマちゃんとリンちゃんの連続2ペースや鳥谷のバックスクリーンへのHRなどで5点を挙げて勝ちました。
おっと、セッキーの配球を読みきった右打ちタイムリーも忘れちゃいけない。
これで5連勝!

やっぱり勝利は気分がいい。

ホリンズを内角の厳しい球で打ち取ったシーンも痺れたし、(矢野ちゃんが、ノーミンを称えるようにグラブを差し出してましたね)代走鈴木の盗塁を見事に外し2塁封殺したシーンも気持ちよかった。
読み合いとか駆け引きとか、まるで公式戦のような見ごたえのあるゲームでした。

それと、解説の掛布さんが再三言ってたけど、9番赤星、1番鳥谷、2番関本のつながりが面白いようにピタッとハマってました!
公式戦でこのオーダーが見られるか、こちらも面白くなってきた。

今年の巨人戦は厳しい戦いになりそう。特に東京ドーム。
今年は、谷の2番が要注意やね。

今録画を見ているんですが、掛布さんの解説、面白いねぇ。
今までは、読売に魂売ったオトコということで、聞く気がしなかったんやけど、やっぱり元一流選手の解説は深いものがあるわ。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/18 (Sun) 三浦を攻略

昨日は放送がなかったけど、早い回に連打がでて三浦を攻略~。ウッス。

シモさまが一失点ながら安定したピッチング。
小嶋くんも待望の失点で(爆)、、、これで落ち着きました。
制球乱しながら一点で抑えられたのが大きな収穫。よかったー。
クボタンも二塁打打たれたもののちゃん抑えたし、ホンマよかった!

しかし、安ちゃんが今度は肩を痛めたって~!?
ここへ来て先発投手の層の薄さが露呈~。完投能力のあるピッチャーがいないため中継ぎに大きな負担がかかることが懸念されます。
井川の穴が少しずつ大きくなってきたな~。

そして、書き忘れるところでしたが、矢野ちゃんにオープン戦初ヒットが出ました~。よっしゃ^^

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/17 (Sat) 完全ウェーバー制 追記

久しぶりに、ニュースで野崎さんのお顔を拝見しました。
2年前?3年前?……のプロ野球再編のときも、随分と奮闘されてましたが、今回も借り出されているようです。

ファンサイトでもこの問題で盛り上がっています。
ドラフト問題を解決する最も有効な手段として脚光を浴びている完全ウェーバー制。選手会がこれを支持していますが、その裏側にある思惑について指摘する声があって、なるほど一理あるなと思います。

選手会が希望枠反対、完全ウェーバー制支持にまわる背景には、自分たちのドラフトでは希望の球団にいけなかったというやっかみと、完全ウェーバー制になればFAがしやすくなり、年俸アップ、複数年契約などの恩恵にあずかることができるからではないか? というのです。

FA制度が導入されてから、プロ野球界の年俸は大幅にアップし、1億2億は当たり前、4億5億といった高い年俸の選手が出てきました。
一方で、今年の契約更改では、限度額以上の下げ幅を定時された選手もいて、とくに実績のあるベテラン選手には厳しい更改となりました。

プロである以上、実力によって差があるのは当然とはいえ、安い契約金でいつクビになるか分からない不安定な生活をしている多くの選手にとっては、厳しい世界です。
野球を辞めてからも、食べていけるような保障など、選手会が取りくまなければならないことは別にあるように思いますよね。

選手会の役員は一定の成功を収めている選手なわけで、自分たちの利益優先なんちゃうん?という見方もしてしまいます。


どんな制度にも欠点もあるし、抜け道もあると思うけど、一見非常に公平なようで、何かおかしい。と思う完全ウェーバー制。
以前、星野さんがこの話をされてたときには、「なるほど~、ウンウン」と思って聞いていたのですがね。腰を据えて議論せず、そのときのマスコミの報道や気分だけで飛びつくのは危険が一杯だという気がします。


その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/17 (Sat) オープン戦3連勝

一昨日、昨日と録画失敗とか寝落ちで試合を見れてないのですが、連勝しましたネ!。

一昨日のヒーローは背番号「00」秀太。
昨年お父様を亡くしていたんやね。今年は期するものがあったようで、丸刈りもその気持の表れだった~。
かつてはレギュラーを取れる一歩手前までいったこともあったけど、今は守備固めなどで登場することが多くなった。
なくてはならない選手やけど、どっちかというと脇役。
そんな選手が、鳥谷のデッドボール(これも心配やけど、彼のことだから大丈夫でしょう)でチャンスが回ってくると、キッチリ大暴れするあたり立派やね。(若手~~もっと食いついていかなアカンで~)

和田コーチのHPによると、誰かがバットを折った、といったときに、一番に飛び出して代えのバットを持っていったり、一番動きが早い選手が秀太だとか。(リンク貼っとこ^^)

中村豊と一緒にいつもベンチ前で選手たちを出迎えて声をかけている。
こんな控えがいるからベンチに厚みが増すんでしょうね。
お父さんの供養のためにも、シーズンでいい活躍を期待したいです。


そして、昨日はロッテの1軍半相手に主力で固めたタイガースがキッチリ勝ちました。まずは一安心。
ジャンは投球術も素晴らしそうで、バッキー以来の助っ人開幕投手の期待が高まってきた感じ。
球児も投げたんやね、7分の力で抑える辺りがスゴイ。
レッドとセッキーでチャンスメイク、セッキーのアシストでレッドが盗塁を決めクリンアップへ繋ぐという、いい形が出てきました。

開幕へ向けてどんどんエンジン加速してきましたね。
まずは一安心です^^。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(1) |


2007/03/15 (Thu) 完全ウェーバー制の是非

西武の裏金問題を契機に、ドラフト制度にメスが入るようです。
選手会は完全ウェーバー制導入を主張。
アマチュア界は希望枠撤廃を要求。
プロ野球側では意見が分かれていますね。

横浜が完全ウェーバー制を支持した一方、
読売は、これをけん制し独自の主張を展開。
これに対して、岡田監督は平等にするには完全ウェーバー制しかないやろう……と話したとか。

おっと、そうすると、中田君を獲得できなくなるのに、岡田さん太っ腹~! と感心しつつも、どうも完全ウェーバー制には疑問を感じる。
どうしても取りたい大物選手がいた場合、元々成績の悪いチームは、その年のペナントレースをわざと負けることも出てくるかもしれないし。
な~んか、一見公平なようで、歪がでそうな気がするんよね。

完全ウェーバー制とセットでついてくる、FA権取得期間の短縮は、力のある選手の流動化を促進するし、年俸の高騰に拍車をかけることになるかも知れない。
最初に入った球団は単なる腰掛になってしまい、生え抜きの選手を育てチームの顔にするといったことが出来にくくなる。

平等に機会が得られるのは、昔に逆戻りだけど、やっぱりクジなんじゃないの? と思ってしまう。



その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(1) |


2007/03/15 (Thu) 期待の新戦力

このキャンプ、オープン戦で踊りだしてきた期待の新戦力。
ピッチャーの小嶋くんと、キャッチャー清水くん。ともにルーキーだぁ。

小嶋君は華奢な体つきで、ブルペンでの評価は、「あと3年後にね」というものだったのに、BP(バッティングピッチャー)、紅白戦と実践を重ねるに従って、その落ち着いたマウンド裁きと、球持ちのよさ、タイミングの取りにくさなどで、グングン評価が高まってきてます。
驚くべきことに、いまだ無失点! ルーキーで1軍開幕ローテ入りが実現したら、ホンマに嬉しい限り!

そして、清水君。ルーキーでありながら、ポスト矢野の最右翼に踊りだしてきた期待の星です。
今日の新聞では、これからも1軍の試合に帯同させて英才教育をほどこすプランが練られているとか。
キャッチングのことは、あまりよく分からないけど、キャンプでは解説の有田修三さんにキャッチングとスローイングがいい!と褒められていたので気にかかっていました。これまで、矢野ちゃんの後継者候補たちに対して、常に辛口の評価をしていた有田さんがこれだけ褒めたのは珍しかったもので。。  
紅白戦では、吉野投手のリードに対して、岡田監督がえらい褒めていて、配球でも高評価を得ていた清水くん。
矢野のリードと似ているといった解説もあったようで、私には配球が似ているかどうかは分からないのですが、ボールを返球するときの動作が何だか矢野ちゃんによく似ていると思うのです。
それと、若いのに不思議に落ち着いていて安心感がありますね。
雰囲気も誠実そうだし、……狩野君も応援しているのですが、清水君も応援していきたい新戦力です。

ルーキーが活躍し注目されるのは、とても嬉しいことですが、そうなったらなったで、別の心配が出てくる……。
ちやほやされて道を踏み外さないようにね。しっかり地に足をつけて、地道にコツコツと実力をつけていって欲しいと切に願うばかりです。


2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/12 (Mon) 昨夜の虎バン

虎動はクボタンでした。
キャンプでは3000球近い驚異の投げ込み。
這い上がるため、まさになりふり構わず必死で頑張っているその姿に、またまたやられました。
……自分を振り返ってみた時、ちょっぴりほろ苦い気分になるなあ。

一昨年の優勝シーズンは不動の守護神。JFKのトリを務めたクボタン。
しかし、昨年はWBCメンバーにに急遽選ばれながら、登板機会がないまま調整不足でシーズンを迎え、序盤から苦しみました。
その上、怪我による戦線離脱。復帰後もフォームが定まらず、打ち込まれ、自信は粉々に砕けていたことと思う。

そして今年、再起をかけ臨んだシーズン。秋から投げに投げ続けていました。しかし努力がなかなか結果に結びつかず、練習試合でも打ち込まれ苦悩している。
それでも、やるだけやって終わるなら悔いはないと、毅然とした表情で言ってましたね。

そんなクボタンに虎の正妻、矢野ちゃんは何度かアドバイスを送っていましたが、昨日の虎動でも、ダッシュを繰り返すクボタンに寄り添うように何かを話しかけてる映像が流れてました。

「気持ちが続いてる限り、きっとよくなる」
矢野ちゃんのその言葉を信じよう。

結果がすべての厳しいプロの世界。
その過程にあるドラマさえ、結果がでて初めて日の目を見るのでしょうが、クボタンのもがき続ける姿を見ると「結果」という言葉が薄っぺらく感じます。
また、結果に結びつかないわけはないでしょう。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/12 (Mon) 【観戦レポ】オープン戦 阪神-巨人(甲子園)

今季初の甲子園。
寒かった! 球場へ向かって歩いてると雪が降ってくるんやもん。
カイロを買って準備OK。いざ、球場へ!

と、その前に、3/4にリニューアルオープンしたタイガースショップ アルプスを覗く。
すごい人。目玉は、女性用新ブランド「tg・ff(ティグフォルテ)」。
でも、普段着は、ま、いっか……と思い、サッと通り過ぎただけで、買ったのは「YELXBLK(イェルブラック)」のTシャツでした。

いよいよ、球場へ。
まずは、タイガースラーメンで腹ごなし。
麺が黄色と黒になっていて、海苔にはTigersの焼印があります^^
IMGP2295.jpg


座席は、イエローシートでしたが、隣はグリーンシートという場所。
ちょうど、バッターボックスとネクストバッターズサークルを結んだ延長線上に私たちの席があります。すぐ目の前には1塁ベンチ
ひとしきり、シートノックが終わると、選手たちがベンチ前で円陣を組む。……それだけでもう興奮してしまいましたわ。正面には兄貴。
今日は出ないって新聞に書いてあったけど、4番指名打者で出場ですって! セ・リーグなのに今日はDH制をとるようです。
IMGP2299.jpg

<円陣を組むナイン>

IMGP2301.jpg

<ファンに愛嬌を振りまくとラッキーとラッキーちゃん>

IMGP2305.jpg

<ラッキーちゃん、キュート~>

先発ピッチャーは、今年ブレイクが期待される太陽。
キャッチャーはこれまた売り出し中のルーキー清水。

太陽は初回からピンチを招き、最初、低めに来ていた球が、途中からボール球がハッキリしだし制球がままならなくなる。
ワンバンの送球もあり、必死で清水君が食い止める。清水くんはポスト矢野の最有力候補に躍り出てきました。このところの起用を見ていても期待の度合いが伺えます。
結局初回に2点献上。Gの攻撃の長いこと、長いこと~(爆)。

IMGP2307.jpg

<ルーキー清水クン>

かと思えば、こっちの攻撃はあっちゅう間に終わり、あったまる暇がない……寒い応援が続きます。
あかんなぁ……と思いつつふとベンチを見ると、試合を見つめる和田コーチの後ろ姿。ううっ美味しい(爆)。
結局、試合中、ずっと和田コーチの後姿を見ることができました(あ、勿論、守りの時だけです)。
さらに、攻撃の前には吉竹コーチが姿を見せ、ゆっくり3塁側のコーチスボックスへ歩いていく。オトコマエな上に、すらりとした体型をキープしていて、キャーキャー吉竹コーチ~かっこええ!……と超ミーハーに喜んでおりました。

IMGP2310.jpg

<和田守備走塁コーチの後姿>

IMGP2315.jpg

<こちらは吉竹チーフ野手コーチ>

試合の方は、太陽が許した3点が重くのしかかり、こちらの攻撃はあと1本が出ない。
戦初ヒット。2戦目にして初ヒット、しかも素晴らしい当りでした。
兄貴は、背中が本当にカッコいい。兄貴ほど大きな背中はちょっといないんじゃないかな。そこにいるだけで漂う風格、惚れ惚れします。背中から放射されるオーラを堪能させていただきました。

IMGP2311.jpg

<ネクストバッターズサークルへ向かう兄貴>

IMGP2312.jpg

<バッターボックスの兄貴と、復活をかける今ちゃん>

IMGP2313.jpg

<この直後に兄貴にヒットが飛び出しました>

さらに、ひ~やんにも初ヒットが!! 今年はひ~やんを応援しようと思っているのですが、早速買った24番のレプリカユニフォームを着てきた甲斐がありました。そのひ~やん、前日あまりいい感じではなかったけど、そんなことはお構いなしで、今日の初打席の時には大きな拍手が沸き起こります。すぐ目の前のネクストバッターズサークルで何度もスリングを繰り返す姿をじっと見守りながら、打て!と念じたのが通じましたね。本当に嬉しかった。

IMGP2316.jpg

<ひ~やんの後姿>

6回にはナント!球児登場! ドォォォっとスタンドが沸き、リリーフカーに乗ってマウンドへ。
この席で球児の球を見たかったな……という私の呟きを、聞き届けてくれたようで、びっくりでした。
まだ調整段階で、球はそれほど走ってるようには見えませんでしたが、それでも太陽があんなに四苦八苦していたのを、きっちり3人で抑えるあたり、さすがです。

IMGP2321.jpg

<ピンボケですが、投球練習をする球児>

つづく、ダーウィンも、さらには早々に2軍に落とされてしまったサジ(桟原)も登場~、これが予想に反していいピッチングでした。
上から投げたりサイドに落としたりとフォームが決まらなかったサジが光を見出したか?!

さて、一番の盛り上がりは9回裏に待っていた。
1塁に(誰だっけ、セッキーだったかな)ランナーを置いて、代打で登場したのは、教育リーグに言ってるハズのハマちゃん!
背番号5が見えた瞬間のスタンドの盛り上がりがすごかった。
そして、そのハマちゃん、不振に喘いでいたのがウソのように、センターオーバーの2ベースヒットだ~。相手のエラーもあって2点を返し1点差!というところまで追い上げました!
ホントにこれだけファンを心配させヤキモキさせ、一振りで美味しいところ全部持っていきよった~!(大爆)

まあ、試合はそこまで。
負けてしまいましたが、なんだかんだいって、楽しかったです。

でも、次は絶対勝て!!

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/11 (Sun) シモさまさすが

甲子園での初のオープン戦。
シーツ、兄貴がスタメンに名を連ね、矢野ちゃんがマスクを被る……ここへきて、主力メンバーがズラリとスタメンボードに名を連ね、役者が揃いました。
先発は下さま。スライダーが好調だったようで、芯で捕らえさせません。2回を投げて貫禄のピッチング。ヤノ・シモのコンビは、あ・うんの呼吸というか、見ていても気持いい。
若手投手陣が毎回ハラハラさせてくれるのに比べて、この安定感はどうでしょう!

Gの先発はジャン。彼にはシーズンに入っても相当苦しめられそうです。
さらに、ルーキー金刀くん、市立尼崎高校出身でお父さんは大のタイガースファンなんやけど何の因果か読売に入ってしもうた……、彼もいいピッチングでした。

兄貴も、ものすごいスィングしてました。
ヒットこそ出なかったものの、四球で歩き、けん制球が逸れて3塁まで爆走。素晴らしい足、素晴らしいファイトです。

矢野ちゃんはヒットこそ出ませんでしたが、最後はいい当り飛ばしてましたので、大丈夫でしょう。
ひ~やんは、逆に調子が出ません。見逃し三振では掴めないっしょ。
もっと振っていって欲しいゾ、ひ~やん。

大炎上してしまったのは、筒井くん。
不安さが表情に出てしまっていて、抑えてくれる気がしなかったけど、やはり打たれました。ん~~~やはりメンタル的な部分はそう簡単に変われないなぁ。

試合は負けて、OP戦最下位ですってぇ?! 
アカンやん! 次は頼むで!!

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/08 (Thu) 週末のお天気が……

心配……。

10日土曜日の甲子園G戦では、シモさま先発予定~なんですが、天気予報は「午後から雨」。
で、翌11日、日曜日は私が甲子園に行く日ぃ~なんです。
連れが強力な晴れオンナなんで、大丈夫と思いたいなー。
雨が遅れて日曜日にズレ込めば、もちろんアウト~。でも予報通り土曜日に降ってくれたら、シモさまのスライド登板も期待できる!

いまから一日一日、天気予報とにらめっこしながら一喜一憂しそうです。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/07 (Wed) 能見ちゃん、ええわあ

昨夜のオープン戦、開幕を一週間前に控え、ベストメンバーで臨んできた鷹に横綱相撲を取られてしもうた。
その中で、ノーミンは今年の活躍を予感させるいいピッチングでした。

昨年は、左バッターに対して外に逃げるスライダーのみで、内角に決まる球がなく苦労してたけど、今年はチェンジアップをマスター。投球に幅を持たせようととの試みでしたが、これが見事に当たってます。
昨夜のゲームでは、どれがチェンジアップかよく分からなかったけど(アカンやん)、松中や小久保に対しても怯むことなく勝負してたのがよかった!

カーブだかフォークだか……落ちる球が効果的やったわ。こんなピッチングをシーズン入っても頼むよ~。

打っては、リンちゃんがOP戦1号。さらに葛城も1軍居残りをかけた1発を放ちアピール。
それと、地味だったけど、二回だったかな? バット折りながら全力疾走で一塁を駆け抜けていた藤原君の闘志もよかったよ。

心配要素は、5失点大炎上の吉野投手。
ん~~~~~、厳しいなぁ。でも吉野さんて紅白戦などにあまり使ってもらってないのよね。これが2度目の実戦のハズ。
いい反省材料にして、次のリベンジに期待したいところ。頑張れ、ヨッシーノ。

で、余談ながら、広澤新打撃コーチのブログで、甲子園居残り組の様子が紹介されてました。
ベテラン主力組のちょっとええ話。アニキ、矢野ちゃんはじめ、頼れるベテランがいると思うと昨日の敗戦のモヤモヤも、晴れるような気になりますぜ。
いつまでベテラン頼みではいかんのやけど、そのことは言いますまい。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/06 (Tue) 赤赤コンビでOP戦初勝利!

やっと勝てましたわ。

レッドスター(赤星)とレッドパイン(赤松)の赤赤コンビ大活躍!
勝利の味を忘れるところやった……っていうのは言い過ぎか~(笑)
最初の打点を叩き出したのは安芸から好調のレッドスター。
強く叩いた当たりがセンターに抜けるタイムリーヒットとなり、一点先行。今年、ホンマに三塁への打球が減ったもんね。
そのレッドを一塁(やったよね)に置いて、今度はレッドパインがレフトスタンドへのツーランホームラン。
これは強風にも助けられましたが、赤松くん頑張ってます。

先発の太陽は、満塁のランナー背負っても動じず、低めを丁寧についたピッチングでピンチをしのぎ、これはいよいよホンモノになってきました!!
お手本にしたのは忍ちゃんのピッチングらしいけど、見ていて安心感がありますね。インタビューも力強く、しっかりしたいい感じやし、今年は期待大です。

さて、一失点のヤス。焦ってるわ。明らかに力み過ぎ~。次のチャンスでは力抜いてね。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/06 (Tue) ひ~やんの「虎動」

今年はひ~やんを特に応援しようと思ってるのですが、日曜日の虎バンは、ひ~やんでした。(虎動)

久しぶりに涙でました。
毎年毎年、新しい人と競わされ、最終的にポジションを掴んで来たひ~やん。でも昨年は控えに甘んじ、代打での成績はよくなかった。
昨年を振り返って、「いい人生勉強をさせてもらった」というひ~やん。そんなひ~やんを支えたのはどん底からはい上がって、自己最高の成績を残せた7前のシーズンの経験だったといいます。
今ここで野球やめたら、これからの人生、すべて中途半端になる……と歯を食いしばって、やれることすべて懸命に取り組んだ結果、自己最高の成績を達成したのだそうです。
今年も、ハマちゃん、リンちゃんなど若手と競争を強いられるひ~やん。どんなに厳しい状況でも諦めずに前向きに「あとひとふんばり」を続けるひ~やんの姿に、胸が熱くなりました。

日曜日に、24番のレプリカユニフォームを購入しました。
子供用150cmのもの。羽織った時には、お~ジャストサイズ! と思ってんけど、ボタンが閉まらんかった(^^ゞ
しゃーないからボタン留めずに着ます。
早く新ユニ来て応援行きたいな。。

TV,ラジオ,本など | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/04 (Sun) ルーキー小嶋投手、大健闘!

バッピ、紅白戦を通じて、評価がうなぎのぼりのルーキー小嶋くん。
昨日は初のオープン戦に登板して、4回を無失点。 ピンチになっても動じることなく、バント処理では上手いフィールディングも見せたとか。
これはいよいよローテの一角に食い込んでくるかと、期待が高まってきました。
受けたキャッチャーも同じルーキーの清水くん。ストレートを中心にしたいいリードを見せたようです。ポスト矢野候補として期待したいですな~。

新戦力としては赤松がヒットで続く藤原がオープン戦でチーム初となるタイムリーヒット。
赤松は一塁から一気にホームへ駆け抜けて一点をもぎ取りました。

昨日は、録画失敗してゲーム見てないのですが、……何ですか? オープン戦3連敗??
ポスト井川争いで凌ぎを削っている中村泰が四失点? 
その前の攻撃ではレッドスターとレッドパイン(赤松)を塁に置いて、モッチャンがフライを上げてしまい、チャンスがパー。
ここは、ゴロを転がさなアカンことは本人が一番分かっているのでしょうが……う~ん、これでまた厳しい立場になってしまいました。
浜ちゃんも不振なようです。宜野座か安芸で藤田平氏が前足が開くことを指摘してはりましたが………(?_?)

岡田監督も打撃ではかなりおかんむりだった雰囲気やね。
しかし、モッチャンの場合、かなり評価が辛い気がしてなりません。 「野球は守備」常々岡田さんが言ってるけど、岡田監督の言う「守備」とはピッチャーのことだけなんちゃう? 
守りで評価される選手だっておってええんちゃうやろか?
だって、先日スカイAで放送された「タイガース、ファインプレー2006」では、モッチャンばっかり映ってたのに~。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/03 (Sat) 球児の新テーマ曲

3月2日付デイリースポーツによると、球児が登場時のテーマ曲を新しくするとか。
2月の熱血タイガース党でインタビュー受けてた時は、変えないって言ってたのにな~。
あの曲(「every little thing every precious thing」by リンドバーグ)が甲子園に流れた瞬間、空気が変わる。甲子園がひとつになる。
♪奇跡のゴール信じて今大地を踏み出した~♪
5万人が同じようにあの曲に身を委ねて酔いしれる瞬間です。
今の曲は、タイガース選手のテーマ曲の中でもダントツで大好きなものだったたけに、最初人づてに聞いたときは、「ええ~~~」と残念に思いましたが、そのいきさつを知るとこれまた球児らしくて、その責任ある立派な言動には頭が下がります。

少なくとも宜野座では、変えるつもりはなかった模様。
ところが、安芸へきて、休日に同じ高知出身の「スーパーバンド」のコンサートを聴きに行ってえらく感動したのだとか。

採用される新テーマ曲は、同バンドが歌う、骨髄バンク8万人運動の応援歌「笑顔のゆくえ」。
きっかけとなったのは、05年優勝シーズンのオフに故郷の高知県で難病と戦う大学生と知り合ったことでした。その大学生を救う手段は骨髄移植しかないという事実を知り、骨髄バンク登録を呼びかける運動に参加してきたことから、このユニットと知り合い、それが縁で今回の新テーマ曲へと結びついていったようです。

プロ入り6年間、怪我で苦しみながら長い下積みを重ねてきた球児。その努力が身を結び、球界最強のセットアッパーとして大プレイクしたのが05年。
昨年は2段モーション禁止によるフォーム改正やWBCのための調整でシーズン当初、苦しみつつも蓋を開ければ47回2/3イニング無失点という球団記録を打ち立てるなど、大健闘を見せたました。
その2年間の間に、球児の発言は自身の成績や活躍に関するものから、チーム全体のことへ、さらには社会への影響を意識したものへとどんどんレベルが高まっていることに驚かされます。

今年の球児のグラブに刻まれている「One for all, all for one」は、いじめ問題に心を痛めた球児からの メッセージが込められていますが、新しいテーマ曲は「いのち」という重いテーマと向き合うということで相通じるものがあります。

そんな球児の深い思いは理解できても、やはり 「every little thing every precious thing」への愛着は捨てきれない。
「残念やな~~」と思っていたら、そんなファンの気持にも考慮して、現在のテーマ曲と交互に流すことを検討してくれてるとか。
自分が見に行ったときはどちらの曲だったか? というような楽しみも出来そうです。

そして、記事(楊枝記者)はこんな言葉で締めくくられてました。

「球児が刻む伝説に、スーパーバンドが花を添える。
甲子園の土や芝の香りに、心地よいメロディーが交差する至福の空間。
熱い思いのこもった"火の球"が待ち遠しくて仕方がない。」

虎の誇り、虎の宝である球児を今年も応援していきたいです。



「スーパーバンド」
06年9月メジャーデビュー。福岡佐智子(ドラ)と五藤裕子(ゴッチ)の女性2人組のユニット。
同じスーパーマーケットに勤めていたことから命名。
このほかVリーグ・テーマソング「もっと☆きっと☆ずっと」などの作品がある。

その他(オフ含む) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/02 (Fri) キャンプメモ 20070301

<第6クール 3日目 キャンプ打ち上げ>

スプリングキャンプも無事に打ち上げ。
この日は午前中だけの練習で、12:00にはみんながグラウンドへ集まり、レッドの挨拶と1本締め。「美味しいお酒を飲みましょう~」という挨拶に、和やかな笑いが起こってました。

太ももを痛めていたことが判明した兄貴。今度は目の痛みで病院へ言ったとか。「太ももが悪化したのでは?」と現場は騒然となったとか、でも、単なる目のこすりすぎだったようで、ひと安心です。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/01 (Thu) キャンプメモ 20070228

<第6クール 2日目>

最後の紅白戦。矢野ちゃんとひ~やん、吉野投手が出場で、あと実戦に出てないのはアニキだけとなった。
何より矢野ちゃんが要に座ってるという、この喜び~(爆)
新外国人投手ボーグルソンとの相性も良さそうでした。
ボギーは前回は鳥谷にスリーランを浴びましたが、今回は低めにコントロールされたいい球投げてましたなー。
ジャンは追い込んでからのフォアボールが気になったけど、何とかまとめました。仕留める球が課題のようです。

以降、寝落ちしたんやけど、クボタン大復活だったようで、よかったよかった~よかったね~~~
マックス152キロ! 三振の山やったて? 
守護神として計算できそやんか~~。
欲を言えば、抜いた球でうまく引っかけさせてゴロでアウトとるところをみたいなー。

初登板の吉野は得意のスライダーを封印し、真っ直ぐで1イニングをぴしゃりと抑えたというし、秋からの投げ込みが実ったね。

そしてジェフ。もう言うことないでしょう~。速いボールを意識したという投球はマックス147キロ。昨年のことを思うと充実した仕上がりやね。

それにしても、吉野をリードした清水くん、絶賛されてるやないの。
これは楽しみになってきた!
ストレートを主体にしたリードは事前に吉野投手と相談していたとか。
リードはこれからまだまだ勉強になるんでしょうが、私は肩の強さとスローイングの正確さを注目していきたいですな。
と言っても、先日のオープン戦で、気合の入った1塁ベースカバーを見せた狩野君にもがんばってもらいたい、ああ、キャッチャーというポジションを取るのは並大抵やないわ。

そして、ひ~やんにも初安打出たし、これでひとつ安心したでしょう。

昨日は甲子園公式戦のチケット一斉発売で、格闘の結果、GWの鯉戦と七月の竜戦、九月のヤ戦をゲットしましたo(^-^)o

メニュー

<野手>
10:00 アップ・ランニング
10:30 バッティング回り
11:40 ランチ特打(金本)
12:10 シートノック
12:40 紅白ゲーム
13:50 特打、特守
      強化ランニング
      強化ウェイト

<投手>
10:00 アップ・キャッチボール
11:00 投内連係
11:20 ピッチング回り
      バント、バスターバッティング
      強化ランニング
      強化ウェイト

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索