--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/04 (Tue) 甲子園の神様が虎に味方したね

○9月2日(日)神3ーヤ2(甲子園)

安藤投手が今季初めての先発マウンド。
いいピッチングながら、1回に好調ラミレスに2ランを打たれる。
これが魚の小骨のように喉に突き刺さっていたのですが、何とか勝つことができました。
決めたのは広大! 9回裏サヨナラだ~!!
前日同様、とにかく勝てばよし(笑)

この試合、ヤクルト先発の川島をなかなか捕らえられず、嫌~なムード。
一方守りでは、エラー絡みでのピンチもあり、何度かピンチを迎えましたが、安ちゃんが辛抱強くよく投げてくれた~。
マウンド裁きといい、ピンチになってもバタバタしないし、さすがに安定感あるわ。
また守りでのいいプレーもありました。
まず、3回表には、ユウイチの打球に兄貴が追いつき、ナイスキャッチ! 
さらに、1塁ランナーのラミレスが飛び出しているのを目ざとく確認するや矢のような送球~、アウト!
兄貴のランナー封殺プレー、痺れましたぜ。すると、今度は5回に矢野さまが、ランナーの動きを敏感に捉えて、ウエスト要求。
1塁にすばやく送って、牽制アウト!
こういうプレーは本当に気持ちがいいですね。

安藤は、追いかける展開ということもあり、また、当初から短めの予定だったようで、5回には代打が出て交代。
6回から江草が登板。
しかし、先頭バッターのラミちゃんにいきなり2ベース。さらにガイエル外野フライでラミちゃんは3塁へ。
(ラミちゃん、4-4の大暴れでしたなぁ)
1アウト3塁の厳しい場面。もちろん、ここでの失点はゲームを決定づける。絶対に点を与えられない場面。
ここで岡田監督は、スパっと江草を諦めた。
ピッチャー交代、―私の注目株の、渡辺クン登場~!!
ここで奇跡が起こる。
渡辺クンの投じたチェンジアップが大きく外へ反れ、矢野ちゃんが後ろへ逸らしてしまう!
「うぎゃーーーーーー!」
誰もが、3点目が入ると思って顔を覆った瞬間、奇跡が起こる。
ボールは勢いよく跳ね返り、矢野ちゃんの元へ! それを矢野ちゃんが素早く拾って、ベースカバーの渡辺にトス。
ホームへ突進してきたラミちゃんに余裕のタッチで、アウトぉぉ~!!
渡辺クンが苦笑いしている。彼の笑顔を始めて見た、かも?
矢野ちゃんも安堵の笑み。さらに、ベンチでは岡田監督が矯正した白い歯を見せて満面の笑み。
まるで、どっかのオッチャンのように手を叩き、その口元は「すごいなぁ」と言っていた(笑)。
今季、これで2回目、しかも同じヤクルト戦やん。どうなってるんやろう?!
神さまがイタズラしてるとしか思えない。甲子園が虎に味方したのか、夏休み最後で詰め掛けた4万8千人の念がボールに乗り移ったのか?

もう、すべてのものが虎に勝て!と言っているようなものだった。
その裏、1死から赤星がヒットで出塁。兄貴もヒットでつなぎ、広大フォアボールで出てきた今日スタメンの葛城。
カウント1-1よりライトへのタイムリーヒット! 1点返した。
さあ、一気に行け!と応援していたら、遠慮深く1点だけで攻撃終了してしまうw。

岡田監督は、1点ビハインドのまま久保田投入。
この試合、絶対勝てよ~。
久保田、ジェフとたすきをつなぐ。

そして、8回、またもや葛城の一打で同点に追いついた!

同点となって9回マウンドへ上がるのは球児。
田中にいきなり2ベースを打たれて、嫌な場面を迎える。
宮本を打ち取り、度会がピッチャー前にバントをすると、フィールディングのいい球児がさらりとその球をとって振り向きざま3塁へ!
惚れ惚れするようないい動きだね、球児。
余裕でランナーは3塁封殺。これでぐっとラクになった。
7回から守備についていたキャチャー川本を打ち取って、3アウト。味方の反撃を待つ。

9回裏。
レッドがエラーで出塁(どこまでもツイている)。
アンディがヒットで繋ぐと、兄貴は敬遠。甲子園は大ブーイングだけどここは仕方ない。
しかし、アホやなぁ、何故兄貴を敬遠するのだ、後ろには前日も結果を出した広大がいるというのに(笑)。
またまた、広大、兄貴敬遠という場面での登場。
1-1よりうまくセンターへ弾き返した。ボールが抜けた瞬間、バンザイ叫びましたわ。プロ初のサヨナラヒット!
いや~~えらい苦労しましたが、勝ちました!
広大は初のサヨナラで、ナインにもみくちゃ、上着もめくられてグチャグチャになってました。

さあ、ヤクルト3本飲み干した! ゲーム差さは2.5。
この数試合、すっきりと打ち勝ったわけではないし、エラーもあった。
横浜戦では一段と引き締めて、勝ち越してくれよぉぉ。


■2007/9/2/試合結果

対ヤクルト 20回戦 甲子園

ヤ|200 000 000|2
神|000 001 011|3

ヤ: 川島-木田-高井-館山
神: 安藤-江草-渡辺-久保田-ウィリアムス-藤川

スポンサーサイト

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/31 (Fri) 桜吹雪だ広大!

○8月30日(木) 神4ー広2(甲子園)


6回裏、二死からアニキ敬遠の後、前の日から5番に座る井広大、渾身の力で振りぬいた当たりは、サード横を擦り抜け、レフトも追い付けなかった程、物凄い当たりのタイムリースリーベースヒット!、痺れました!
先制点も広大。黒田の真っ直ぐを見事に打ち返し、甲子園初となるセンターバックスクリーンへのホームラン!
首尾ではフェンス激突のファインプレーもありました。(解説の福本さんいわく、もっと早く動けば楽に取れている球、とのことですが^^)
まさに甲子園に舞う桜吹雪~男だね~^^。

そして、広大をサードに置いて、きっちり掃除した葛城の一打も大きかった。貪欲にあと一点を取りに行く、その姿勢こそ大切。
5回に葛城のミスから同点に追い付かれ嫌なムードをバットで振り払いましたね。ナイスバッティングでした。

この逆転も、元をたどれば赤星の内野安打から始まった。レッドの足がなければ入ってない得点でしたもの、足は貴重です。
この3連戦、広島が積極的にエンドランや奇習を仕掛けてことごとく成功してるのに対して、うちは受けに回っていた印象がありもどかしかった。
赤星くんだけでなくみんながもう一度走る意識を高めてもらいたいな。

気になるのは首尾でのアンディのエラー。
7回からクボタン登場し、東出、アレックスと二人続けて同じようなアンラッキーなヒットを浴びて無死一二塁。
その後、新井のファーストゴロをシーツがトンネル。タイムリーエラーとなり、なおもピンチは続く。
この三連戦でアンディは3つのエラーをしている。慣れないサードの守備が負担なのか、バッティングの調子を落としているのが影響しているのか。

栗原をアウトにとって、バッター前田というところで、岡田監督が動き、ピッチャーはジェフへスイッチ。
クボタンが苦虫を噛みつぶしたような顔でマウンドを降りていく……。途中交代は気分が悪いだろう。でも、不運だっただけさ、君が悪いんじゃないよ。
ジェフはその後、前田と嶋を連続三振でこのピンチをしのいだ。キャーキャーカッコよすぎる。
防御率0.16.これで、連続無失点記録を続けていたときの球児を防御率で上回ったらしい。
最後は球児、この日も絶好調。一番いいときの球児のまっすぐが帰ってきた。9月戦線は鬼に金棒だわ。
そして、やっとロード明け甲子園での初勝利となりました。


お杉は毎回ランナーを出しながらも、よく粘ってくれた……ということにしておこう(笑)。
リアルタイムで見てなかったからよかったけど、見ていたら心臓に悪かっただろうな^^
でも、先発が持ちこたえれば勝利は見えてくる。5回を1点に押さえたからこそ、勝利が舞い込んできたのでしょう。

それと、8回兄貴の打席で広島ベンチはワンポイントとしてフェルを送り込んできました。いやらしいなぁ~w。
ベンチでも苦笑いだった兄貴は、バッターボックスに向かいながら軽くセーフティバントの仕草をしてお茶目に笑って見せた。
こんなアニキも素敵っす^^


3タテしたかったところ、1勝1敗1分とは誤算でした。ゲーム差は4.5。
ここからまた、怒涛の追い上げを期待したい。



■2007/8/30 試合結果

対広島 20回戦 甲子園

広|000 010 100|2
神|010 003 00x|4

勝:ダーウィン2勝2敗0S
S:藤川3勝2敗34S
敗:黒田10勝8敗0S
HR:桜井ソロ7号
広:黒田-佐竹-梅津-フェルナンデス-林
神:杉山-ダーウィン-久保田-ウィリアムス-藤川

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/08/06 (Mon) 長期ロードを鯉3タテスタート!!

○8月5日(日) 広2-神4(広島市民球場)

タイガースのピッチャーは岩田。広島はエース黒田。怪我したと聞いていたけど大丈夫だったのか?
1回岩田の立ち上がり、ボールが高めに浮いている。いきなり東出にヒットを許しランナーを背負うもののゲッツーで切り抜けた。
どろんと落ちるカーブかスライダーを多投している印象。つかまるのは時間の問題に見えました。

2回表。
新井にきっちり変化球を運ばれてまたもや先頭バッターに出塁を許す。
アレックスには粘られてフォアボールを許し、無死1,2塁。廣瀬を三振に取って、倉はセンターへの浅めのフライ。
すると、2塁ランナーの新井が球を見ていなかったのかアウトカウントを間違ったのか、勢いよく3塁を回りホームめがけて突進してくるではないか~。
センターから2塁へ球が送られゲッツー成立! 新井の走塁ミスで助かった~!!

3回表。
ピッチャー岩田からはじまり岩田で終わるという打者一巡4得点のイニングとなる。
1アウトから絶好調トリ君が、流し打ちでレフトスタンドへソロホームラン。(すごっ。)
続いてレッドもセンター前へのヒット。ここで、シーツがなんとセーフティバント!黒田の動揺を見て取った見事な揺さぶりでした。
そして、兄貴の当たりはピッチャーゴロかと思われたもの、動揺を引きずった黒田が1塁へ悪送球。レッドが一気にホームインして2点目。
ここからつるべ打ちとなる。リンちゃんも詰まりながらもセンター前へ落としてタイムリーヒット。3点目!
広大もピッチャー返しで出塁、1アウト満塁。
「矢野ちゃん掃除してーー。」と声援を送ったら、内野ゴロ(あれっ)。でもその間に3塁ランナーの兄貴を迎え入れ4点目!
セッキーフォアボールで、再び岩田くん。ここでやっと攻撃が終わりました。

岩田君がつかまったのは4回。
バッター一巡したころがヤバイと思っていたらそのとおりになった。
1アウトから、栗原にヒットを許すと、4番新井にセンターへ打ち返され、続くアレックスにもヒットを許して1アウト満塁の大ピンチ。
同じような球種だからそら捕まるよ~、なぜまっすぐを使わないのかと思うけれど、多分まっすぐが調子悪かったんだろう。
廣瀬にあっさりタイムリーを許して1点献上。ここで岡田監督動いてピッチャー交代。渡辺くん。
4点リードをもらい、プロ初勝利のチャンスだったのに白星がスルリとすり抜けてしまった。。でもそんなに甘はないよ。あのピッチングで簡単に勝ち投手になったら、後々よくない。腕を磨いて次回ガンバレ。

ここでテレビカメラは、ベンチで戦況を見つめるジェフとクボタンを映し出す。かっこええ!!!
お互い目を合わすわけではなく、黙って試合を見ている二人は、以心伝心で「今日は俺たちの出番だな」と言っているように見える。
タテジマを着ているけれど、私の目には大小差した着流しの用心棒に映ったわww。ほんにかっこよかった! この姿だけでご馳走さまって感じでした。

広島も黒田に代打を送り、喜田クンが出てきた。
「うっわーーーー、喜田くん頑張ってぇぇ、でも渡辺クンも頑張ってぇ。」て支離滅裂な応援になってしまった(爆)。
最初ストライクが入ったものの、臭いところをついた球がボールになって押し出しを許す。
しかし、代打嶋をゲッツーに打ち取ったのはようやった!! 押し出しはしゃーないわ、渡辺くんナイスピッチング!

その後はお杉が2イニング。なかなかいいピッチング。
勝ち投手を持っていくんちゃうんかい? って思ったらキッチリ持っていきよった。 キミは先発したときにキッチリ勝たなアカンのよ。
これで喜んでいたらアカンよ。

打つ方はランナー出すものの最後の1本が出ず、最後は見ていてしんどくなった。ちょっと打線が調子よくなっただけで、私も贅沢になったもんだわ(苦笑)。
 
最後は予定通りJFK。7回は久保田、8回はジェフ、サムライ達が仕事を果たすと、9回は球児。
苦しげな表情で投げるので気が気じゃなかったけど、真っ直ぐ主体でグイグイ押すピッチング。決め球でことごとくバットが空を切らせて、3者連続三振!!

2勝9敗と苦杯を舐めたカープに3タテで、長期ロード素晴らしいスタートを切りました。
次は東京ドームでの巨人戦。
攻めの姿勢を緩めることなく、挑み続ける限り勝機はある。
突き進めタイガース!!

■2007/8/5 試合結果

対広島 14回戦 広島

神|004 000 000|4
広|000 200 000|2

勝:杉山3勝4敗0S
S:藤川3勝2敗29S
敗:黒田10勝6敗0S
HR:鳥谷ソロ6号
神:岩田-渡辺-杉山-久保田-ウィリアムス-藤川
広:黒田-広池-青木勇-梅津-永川






2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/08/04 (Sat) 神様は見ている(笑)

○8月2日(木)神6-ヤ5(甲子園)

心臓に悪い~!(爆) あんな幕切れは初めて見たわ! 
多くのプロ野球関係者もあんなの見たことないと言っていたから、それほど珍しいプレーだったのでしょう。

それは、後で書くとして、順を追ってゲームを振り返ってみる。

ボギーと松岡の先発。
先制点は阪神。
セッキーがフォアボールで出たのをボギーが送って一死2塁。
さらに好調鳥谷がきっちり返して1点先制。
ボギーは5回までランナーを出しながらも、要所を締めて0で抑える。

このところ、先発ピッチャーがこぞってコケる魔の5回は、ランナーを出したものの女房矢野の好プレーで切り抜けた。
まず、宮出がヒットで出塁すると、古田は早くも勝負をしかけて、ピンチランナー飯原。
少し勝負を焦ったか、飯原が盗塁を企てるも、矢野さまが素晴らしい肩を披露して封殺。
くぅ~~かっこええ!!
福川フォアボールで、2アウトランナー1塁というところで、今度は福川が盗塁を試みる。
これまた矢野さまがドンピシャのストライク早急でアウトぉ!!
1イニング2つの盗塁阻止で、流れがタイガースに傾いた。
矢野ちゃん、ナイスプレー!! 痺れたわ~^^

5回裏、セッキーレフト前に弾き返して出塁。再びボギーがバントを決める。
強打者ボギーにはちょっともったいないような(笑)。
なんせ、打てない4月5月は、得点はボギー頼みなんてこともあったよなぁ(苦笑)
それが今ではかなり状況が変わったね。
古田は松岡をスパっと代えてきた。JFKがいるから勝負早い……。ピッチャー高井。
トリが続いて1死1,3塁。
トリくんはこの夜も猛打賞。今季12回目だとか。好調を維持してます。
そしてレッド、タイムリーで貴重な追加点。
さらに、……これで途切れないのがこのところのタイガース。シーツ倒れた後、兄貴が犠牲フライで3点目を上げる。
これでタイガースのペースと誰もが思った……。

ところが、点を取ってもらった直後、6回表にボギーが乱れる。
先頭バッター青木に2ベースを許した後、バッターは田中浩。
バントしようとしたところ、ボールがバットの根元に当って大きく跳ね上がった。
判定はファール。しかし、田中は倒れこんで、「痛ったぁーー」とジェスチャーしている。それを見て、あろうことか審判はデッドボールに判定をくつ返した!!(憤憤憤) 岡田監督がこれを黙っているわけはない、矢野も抗議。
その間、サンテレビでは問題シーンのリプレイが繰り返される。ボールが田中のバットに当る瞬間をコマ送りで行きつ戻りつ……これには笑ろた~。確かにバットに当っていて田中にはかすりもしてない!! 
さすがはサンテレビだ~ グッジョブ!!
しかし、抗議空しく受け入れられず、岡田さんと矢野ちゃんがマウンドに行き、説明してボギーを慰めて、試合再開。

ヤクルトが誇る強力外国人助っ人クリンアップトリオが相手だ。怖い怖い……。
ラミちゃんを討ち取ったものの、4番ガイエルにはホームラン警戒で歩かせる。1死満塁。
そして、怪我から復活してきたリグス。初球ボールになり、ストライクが欲しい心理が働いたか、2球目に甘めの球がきたのを持っていかれた。最悪の結末……、まさかまさかの満塁ホームラン(愕然)。

ボギーはショックと自分への腹立ちもあったでしょうが、みるみる真っ赤な顔になっている。
テレビカメラはすかさず美人の奥さんを映し出す。もうええって。
しかし、そのあとボギーは踏ん張って、2者を抑えて登板を終えた。

しゃーない。取り返したらええんや!
それが現実になるのが最近のタイガースの頼もしいところ。

その裏、ピッチャーは代わり、遠藤。いい思いをさせてもらったピッチャーやなぁ。。。
広大デッドボール、矢野送りバント、関本フォアボールで1死1,2塁となり、バッターは代打葛城。
……なんでやねん!? と言った私をお許し下さい。
葛城はその声が聞こえたのか、意地の(?)ヒットで繋いで満塁となった。
バッターは好調鳥谷。しかし内野ゴロで本塁アウトとなり2死満塁。
あ~あ、と落胆したムードを救ってくれたのはレッドスターだった。
初球の内角高め(見送ればボール?)の球を上手く手首を返して叩くと、フラフラ~っとライトポール際へ飛んでいく。
ファール? 捕られる? ……もしかして入る??
ドキドキして見守っていた当たりは、ライト線内側にポトリと落ちた!! やったー! 走者一掃のタイムリー2ベースヒットだ~!!
2塁ベース上でガッツポーズのレッド。首を痛め苦しいシーズンを送ってきた。いつの間にか笑顔が消えていたレッド。このところそのレッドに笑顔が帰ってきて嬉しいと思っていたけど、この時は最高のガッツポーズでしたね! 本当に嬉しかった。

7回はクボタン。
福川、度会、青木を三叉凡退。キッチリと火消しをしてゲームを締める。いいピッチングでした。
ことに分が悪かった青木を打ち取れたのがよかった。

8回は月間タイガースの表紙を飾るジェフ。
最初の田中にフォアボールを出したとき、珍しく激昂していた。
相手が田中だったから??
その後、ラミネス、ガイエル、リグスの強力クリンアップを切れのアルスライダーでなぎ倒す。ほんとにカッコいい!!

打撃の方はこのあと追加点が取れなかったのが少し気がかりでしたが、試合は進み、9回へ。
球児がマウンドへ上がる。

先頭の代打真中に変化球を痛打され、出塁を許す。嫌~な予感。
福川に粘られる。内角高めの速球をことごとく当てられたり見られたりで三振が取れない。球児の苦労が伝わってくる。
福川は粘った末に低めの直球を弾き返して無死2,3塁の大ピンチに。この時点ですでに心臓は「勘弁してください」と言ってきた(笑)。
こんな時、ファンが出来ることといえば八百万の神に祈ることくらい。
この夜も祈りました^^

青木が内野ゴロで三塁ランナーが帰り一点差。さらに2死3塁。
バッターは、偽装デッドボールの田中浩。
バットを短く持って大振りせず当ててきそうで嫌な感じ。
ところが、ポンポンとファールで追い込みあて1球となった。
球児が投じたフォークに田中のバットが回ったと同時にボールがワンバンして大きく弾み後ろへ!追う矢野、さかしタイミングは万事休す。球児はベースカバーに入るのを諦めたに見えた。
ところが、ボールと思っていた田中は走るのが遅れた。
慌てて走り出した時、ボールを掴んだ矢野が冷静に一塁へ送球して、アウト~!!試合終了!!!

な、な、な、それ何なん?!(笑)

理解が映像についていかなかった(爆)
2アウトの状況で2ストライク捕っていたため、バッターが空振り三振となるも、ボールが後逸してインプレーとなり、3塁ランナーがホームへ。バッターは振り逃げとなり1塁へ走らなければならない。
しかし、田中は審判に懸命に振ってないとアピールしていたそうだ。アホや~。セコイことするからそうなるんや~!

「勝った!!」
矢野ちゃんが大きく両手を広げて喜んでる。
呆然としている球児にセッキーが駆け寄り、球児の肩を抱く。
兄貴とレッドが嬉しそうにハイタッチしながら戻ってくる。
冷や汗をかいた分だけ勝利の喜びもひとしおでした。

因果応報というか天網恢恢疎にして漏らさずというか、野球の神様はちゃんと正当な報いを与えてくれますね。

球児のコメントがふるってる「真面目にやっていれば何かいいことがる」(爆笑)
野球の神様からの球児へのプレゼントは、28セーブという球団新記録達成でした。神様はちゃんと見ていたね^^



■2007/8/2 試合結果

対ヤクルト 14回戦 甲子園

ヤ|000 004 001|5
神|001 023 00x|6

勝:ボーグルソン5勝3敗0S
S:藤川3勝2敗28S
敗:遠藤2勝4敗2S
HR:リグス満塁2号
ヤ:松岡-高井-遠藤-花田-高津
神:ボーグルソン-久保田-ウィリアムス-藤川






2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/27 (Tue) 兄貴~太っ腹!

ホームランを打つ度、家族四人を熱海温泉に招待しているあの企画、今年は海外になりそうと聞いてはいたけど……

なんと、ハワ~イ!!

それもヒルトンビレッジやってええ?? その上リムジンで送迎やてぇぇ?? ひゃ~~、さっすが兄貴~球界最高年俸になったとはいえ、やることがデカイ~!

パン!パン!……拝んどこ~(笑)。

兄貴は、稼ぐようになっても締めるとこ締める代わりに、行くときはドカンと行くし、お金の使い方が粋というかキレイというかカッコイイねえ。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/27 (Tue) 2007オープン戦成績(準備中)

2/24(土)神 -オ  安芸 
2/25(日)オ -神  高知市営 

3/ 3(土)オ -神  京セラD 
3/ 5(月)神 -楽  倉敷 
3/ 6(火)ソ -神  ヤフーD 
3/ 8(木)神 -楽  松山 
3/ 9(金)神 -日 スカイマーク 
3/10(土)神 -巨 甲子園 
3/11(日)神-巨 甲子園
3/12(月)巨-神 岐阜 
3/14(水)中-神 小牧
3/15(木)楽-神 静岡 
3/16(金)ロ-神 千葉 
3/17(土)横-神 横浜 
3/18(日)巨-神 東京D
3/20(火)神-広 高松
3/21(水)広-神 倉敷
3/22(木)横-神 横浜 
3/24(土)神 0-ヤ 2 京セラD 
3/25(日)神 1-ヤ10 京セラD

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/26 (Mon) しかし、ホンマに阪神やなぁ

何も、オープン戦ラストの試合で、あんなボロ負けせんでもええやろに~。

あれだけ絶好調で打たれる気ぃぜんぜんせーへんかったノーミンが9失点?!
そりゃ、多少カウント悪くする場面はあったけど、球も低めに来てたし、なんであんなに打たれたのか??????

低めのクサイ球はことごとく見送られ、苦し紛れにストライクゾーンに投げた
球をことごとくもっていかれてました。

しかし……
公式戦前に打たれてよかったんちゃう?
次のヤクルト戦までに十分対策立てられるし、次は、やっつけてもらいまひょ。

それと、クボタンがきっちり3者凡退に抑えられたのも収穫でした^^
兄貴も2ベース打ってくれたし^^
杉山君が開幕間に合いそうだし^^
鳥谷1番はうまく機能しそうだし^^

この負けは、開幕後に大爆発する予兆のような気がする……
うん、そうに違いない! (爆)

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/25 (Sun) 【観戦レポ】オープン 神-ヤ(京セラドーム) 

開幕まであと2戦。ここまで8連勝と波に乗るタイガース。
勝って欲しい。
けど、勝ち過ぎても心配……(爆)
ということで、今日は負けても良かったのです。(負け惜しみ^^)

■初のネット裏
同僚と待ち合わせていざ京セラドームへ。
席についた瞬間、歓声を上げました!
なんと、ネット裏、3列目 ほぼ中央 ではないですか~! 
普段は企業の年間予約席なのでオープン戦でしかあり得ないことです。
さらに、すぐ隣はスコアラーの席になっていて、ヤクルトのスコアラーが大勢さんいらっしゃる。
ひえ~~~~すごい。と舞い上がりつつ、アホなこと言ったら恥ずかしいなぁ……とちょっぴり緊張(爆)。

さて、先発は予想通りシモさま。これで開幕投手はほぼ確実らしい。

投球練習をするシモさまと受ける矢野ちゃんを見ながら、……近すぎて大興奮!(爆)
今日は、キムタク宣伝の一眼レフを持ってきたのですが、野球の応援というよりは、カメラ小僧になってしまいました(大爆)。
撮りも撮ったり200枚(アホです)。矢野ちゃんの後姿が山のように撮れました(爆爆爆)。
写真撮影に夢中になっていたら、青木に先頭打者ホームランを浴びてしまう。
なんじゃ~?? と狐につままれたようになってしまいました。
後でTVで見たら、少し真ん中へ入ってしまってましたね。お

DSC_0010.jpg

<投球練習をするシモちゃん>

DSC_0014.jpg

<シモちゃんに返球する矢野ちゃん>

守備では初回か2回にシーツが一塁線の鋭い打球に飛びつくファインプレーに大いにスタンドが沸きました^^
そして、8回代走飯原の盗塁を見事に封じる矢野ちゃんの二塁封殺プレーがありました。カッコいい~。
実は、試合前にメールで二塁封殺プレーとヒット1本お願いしておいたんですが、見事にどちらも叶えてくれた矢野ちゃんです。(さすが!)
パスボールもありましたが、それはオマケということで……f^^)))

DSC_0229.jpg

<1塁ランナーを封殺した矢野ちゃん>


■代打金本
その裏の攻撃。ヤクルトのピッチャーは石井一久。
スタメンボードには、太腿に張りを訴えて休場することが報じられている兄貴に代わって、藤原の名前がある。
んん?……と不思議に思っていたのですが、 シーツ四球で出た後、なんと兄貴がベンチから出てくるではないの!?
代打、金本!
その瞬間、どぉぉぉっっ!!とスタンドから大声援。
兄貴は結局、ボールの下を叩いて打ち上げてしまい、内野フライで3アウトチェンジとなりました。
石井はええ球投げてましたね、結局ヒット打てたんだろうか? ノーヒットかヒット1本に抑えられてたんじゃないだろうか。

DSC_0035.jpg

<バッターボックスの兄貴>

そして、次の回では兄貴は守りにつかず、林ちゃんが4番に入る。
兄貴の志願で1打席だけ出るために、こんな手の込んだことを岡田監督が考えついたんだとか。
藤原はわざわざこのために呼び寄せられたそうで……ちょっと可愛そう。

■シモさまからルーキーへ
シモさまはヒットを打たれながらも、そこから持ちこたえて0で抑えるという、彼の真骨頂とも言うべきピッチングを披露してくれました。
満塁になってもあまりヒヤヒヤしないのは、オープン戦だから?それともシモさまの安心感か?
満塁になっても矢野ちゃんはマウンドへも行かなかったねー。当然か~。
少しボールが高めに来ていたように思って、後から録画を確認したらやはり少し高かったようです。
それでも1失点に抑えるあたりがシモさま^^。
コントロールもビシバシではなかったけど、逆に開幕戦に向けて少し課題がある方がいいか~。

DSC_0054.jpg

<満塁になり汗をぬぐう>

DSC_0045.jpg

<大きな空振りで苦笑い>

シモさまは4回を投げ、5回からはルーキー小嶋くんが登場。大ベテランとルーキーという対照的なリレー。
私にとっては初の小嶋君。矢野ちゃんとキャッチボールをしていても、ペコリと頭を下げたりして、初々しい。
その小嶋君の第一印象は、「華奢やなぁ」(笑)
その前に投げてるのが、シモさまに石井やしね^^。
でも、ゆったりしたフォームから伸びのある球を投げてました。
恐れず内角もついてたし、大打者に対して怯む様子もなく落ち着いてますね~。

DSC_0078.jpg

<ピッチャーはルーキー小嶋君へ>

ただ、ランナーを出してセットになると、ストレートのタイミングが取りやすくなりそう。
バシバシ捕らえられていたので、それが気がかり。
バント処理の送球で、3塁へのフィルダースチョイスなどもあり、1アウト3塁(だったかな??)のピンチを迎えると、野手がマウンドへ集まります。
矢野さんが小嶋くんのお尻をポンと叩いてまた戻ってくる。
結局青木に外野フライを許し、1点を献上したものの、ガタガタと崩れる様子もなくて新人らしからぬ落ち着いた投げっぷりです。
しかし、青木は怖い選手になったねー。
 
■打線は湿り気味
打撃の方は石井に1安打に抑えられ、ピッチャーが外国人に代わってからは少しずつヒットがでるようになったものの連打がでない。
先頭打者が2ベースで出て無死二塁という場面を何度も見た気がする……(爆)。
DSC_0062.jpg

<バッターボックスに立つ今ちゃん>

まあ、誠兄さんにもヒットが出たし、鳥谷の2ベース、ハマちゃんの2ベースなど、安打が出るには出るんやけど、今日は小休止の日だったようです。
レッドはヒットこそ出なかったけど惜しい当たりが2本。何とか調子を掴んで欲しいもんです。

DSC_0093.jpg

<バッターボックスの矢野ちゃん>

7回だったか、今岡がライト前ヒットで出塁したときに、何度も手から帰るシーンがあって、それが影響してか外国人ピッチャー(名前を覚えてない)のボークを誘ってましたが、ナイスリードでした。

そんな今岡を2塁に置いて矢野ちゃんにもヒットが!
当たりが浅くて今ちゃんは三塁ストップ! バッターは勝負強いセッキー。
そりゃーーここで同点!とスタンドは盛り上がりましたが、Wプレーであえなくチェンジ~(涙)

DSC_0150.jpg

<チャンス潰えてベンチに帰る矢野ちゃん、厳しい表情です>

DSC_0124.jpg

<ナインを出迎えるベンチ>

■鬼神ジェフそして球児
8回からマウンドの登ったのは虎が誇る鬼のリリーバー、ジェフ・ウィリアムス。
投球練習の時からオーラが違う。
で、これは余談だけど、この時ベンチ横手でトラッキーがジェフのものまねをして客席を沸かせてました^^
さて、オープン戦絶好調のジェフですが、昨日のすごかった!
もう風格が違う! 身体全体から立ち上る気迫。マウンドに仁王立ったその姿は毘沙門天か不動明王か?! まさに鬼神と呼ぶに相応しい姿で、そのオーラを存分に堪能させていただきました。
ジェフは危なげなく7回を三者凡退に討ち取って、9回球児に繋ぐ。

DSC_0164.jpg

<マウンドに仁王立つジェフ>

その名がコールされると沸き起こる歓声。
まさに球児は虎党の宝でしょう。
投球練習の後、恒例の四股を踏むようなポーズ。
後で写真を見たら、すごい柔軟性やね~。この柔軟性が球児の強み。
まだまだ、真っ直ぐは本来のものではなく、ランナーを背負ったけど、それでも抑える球児はスゴイ。

DSC_0205.jpg

<投球前のいつもの儀式^^>

DSC_0216.jpg

<足を高く上げる球児の投球フォーム>

フォアボールを許した場面では、あちこちから球児に声援が飛ぶ。
ピンチの時の方が、これをどう切り抜けられるだろう?という楽しみが出てきましたわ。
そして、ワンバンに近い球を矢野ちゃんが逸らしてしまい、ピンチ拡大。すまんと手を挙げる矢野ちゃんに対して、頷く球児の表情も落ち着いていて、オープン戦とはいえ、さすがに修羅場を何度もくぐってきたバッテリーのあうんの呼吸を感じました。

最後を球児に託したということで、今季クローザーは球児ということになりそうです。
好調ハシケンを加えて、真ん中を投げるリリーフ陣を厚くしたら何とか乗り切れるだろうか??

試合は2対0で9連勝はならず。打撃の淡白さが気になりますが、開幕に期待しよう。
広島の黒田も5失点らしいし、付け入る隙はあるかも知れない。

オープン戦は2戦2敗という成績でしたが、開幕後は白星を並べたいね。シモさまよろしくお願いします^^

DSC_0236.jpg

<今年も背番号39がホームを守る>

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(5) |


2007/03/23 (Fri) ワッハッハッハ 8連勝

いったいどうよ。この快進撃!
ハマちゃん、セッキーもアホみたいに打ってるねぇ。
矢野ちゃんも2安打ですって?!

兄貴が右太ももの張りで帰阪したようですが、大事をとってのことのようで、まあ大丈夫でしょう。

私が行く土曜日も勝って欲しいけど、ここらでひとつ負けておいてシーズンに入るとうのもアリかな?(笑)

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/21 (Wed) 笑いが止まらぬ7連勝~

昨日、今日と開幕前哨戦とも言える広島とのオープン戦。
昨日は2回までしか見てないのですが、鳥谷の3ランで逆転勝利を決めたとのこと。
しかし、……江草クンは相変わらずやね。昨年の悪いパターンそのままや~。一本調子すぎ~。考えて投げてるか~~?


そして、今日は今ちゃんが5打点だったとか!
打線もつながりいい感じです。
ランナーが出たときのクイックに難アリだったボギーも、早改善されたとか、JFKが後半をキッチリ締めたとか、いい話題満載でした^^


しかし、ショッキングな話題が……
夕方のラジオで聞いたところでは、金沢投手が日ハムにトレードだとか!?
開幕前のこの時期に、何だかあんまりなんちゃう?
そういえば、金澤はキャンプでも全然目立ってなかったなぁ。
昨年前半、いい働きをしていたけど、後半は打ち込まれることが多かった。このまま阪神にいるより……という球団の判断があったのでしょうが……心中察すると辛いね。
今年日本シリーズで会えるといいけどね。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(1) |


2007/03/18 (Sun) 見ごたえあるわ~ 東京ドームのOP戦

まずは、ノーミンの素晴らしいピッチングに痺れた~!
昨年春、リリーフでうまく行かなくて苦しんでいた姿が嘘のようです。
打ってはハマちゃんとリンちゃんの連続2ペースや鳥谷のバックスクリーンへのHRなどで5点を挙げて勝ちました。
おっと、セッキーの配球を読みきった右打ちタイムリーも忘れちゃいけない。
これで5連勝!

やっぱり勝利は気分がいい。

ホリンズを内角の厳しい球で打ち取ったシーンも痺れたし、(矢野ちゃんが、ノーミンを称えるようにグラブを差し出してましたね)代走鈴木の盗塁を見事に外し2塁封殺したシーンも気持ちよかった。
読み合いとか駆け引きとか、まるで公式戦のような見ごたえのあるゲームでした。

それと、解説の掛布さんが再三言ってたけど、9番赤星、1番鳥谷、2番関本のつながりが面白いようにピタッとハマってました!
公式戦でこのオーダーが見られるか、こちらも面白くなってきた。

今年の巨人戦は厳しい戦いになりそう。特に東京ドーム。
今年は、谷の2番が要注意やね。

今録画を見ているんですが、掛布さんの解説、面白いねぇ。
今までは、読売に魂売ったオトコということで、聞く気がしなかったんやけど、やっぱり元一流選手の解説は深いものがあるわ。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/18 (Sun) 三浦を攻略

昨日は放送がなかったけど、早い回に連打がでて三浦を攻略~。ウッス。

シモさまが一失点ながら安定したピッチング。
小嶋くんも待望の失点で(爆)、、、これで落ち着きました。
制球乱しながら一点で抑えられたのが大きな収穫。よかったー。
クボタンも二塁打打たれたもののちゃん抑えたし、ホンマよかった!

しかし、安ちゃんが今度は肩を痛めたって~!?
ここへ来て先発投手の層の薄さが露呈~。完投能力のあるピッチャーがいないため中継ぎに大きな負担がかかることが懸念されます。
井川の穴が少しずつ大きくなってきたな~。

そして、書き忘れるところでしたが、矢野ちゃんにオープン戦初ヒットが出ました~。よっしゃ^^

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/17 (Sat) オープン戦3連勝

一昨日、昨日と録画失敗とか寝落ちで試合を見れてないのですが、連勝しましたネ!。

一昨日のヒーローは背番号「00」秀太。
昨年お父様を亡くしていたんやね。今年は期するものがあったようで、丸刈りもその気持の表れだった~。
かつてはレギュラーを取れる一歩手前までいったこともあったけど、今は守備固めなどで登場することが多くなった。
なくてはならない選手やけど、どっちかというと脇役。
そんな選手が、鳥谷のデッドボール(これも心配やけど、彼のことだから大丈夫でしょう)でチャンスが回ってくると、キッチリ大暴れするあたり立派やね。(若手~~もっと食いついていかなアカンで~)

和田コーチのHPによると、誰かがバットを折った、といったときに、一番に飛び出して代えのバットを持っていったり、一番動きが早い選手が秀太だとか。(リンク貼っとこ^^)

中村豊と一緒にいつもベンチ前で選手たちを出迎えて声をかけている。
こんな控えがいるからベンチに厚みが増すんでしょうね。
お父さんの供養のためにも、シーズンでいい活躍を期待したいです。


そして、昨日はロッテの1軍半相手に主力で固めたタイガースがキッチリ勝ちました。まずは一安心。
ジャンは投球術も素晴らしそうで、バッキー以来の助っ人開幕投手の期待が高まってきた感じ。
球児も投げたんやね、7分の力で抑える辺りがスゴイ。
レッドとセッキーでチャンスメイク、セッキーのアシストでレッドが盗塁を決めクリンアップへ繋ぐという、いい形が出てきました。

開幕へ向けてどんどんエンジン加速してきましたね。
まずは一安心です^^。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(1) |


2007/03/15 (Thu) 期待の新戦力

このキャンプ、オープン戦で踊りだしてきた期待の新戦力。
ピッチャーの小嶋くんと、キャッチャー清水くん。ともにルーキーだぁ。

小嶋君は華奢な体つきで、ブルペンでの評価は、「あと3年後にね」というものだったのに、BP(バッティングピッチャー)、紅白戦と実践を重ねるに従って、その落ち着いたマウンド裁きと、球持ちのよさ、タイミングの取りにくさなどで、グングン評価が高まってきてます。
驚くべきことに、いまだ無失点! ルーキーで1軍開幕ローテ入りが実現したら、ホンマに嬉しい限り!

そして、清水君。ルーキーでありながら、ポスト矢野の最右翼に踊りだしてきた期待の星です。
今日の新聞では、これからも1軍の試合に帯同させて英才教育をほどこすプランが練られているとか。
キャッチングのことは、あまりよく分からないけど、キャンプでは解説の有田修三さんにキャッチングとスローイングがいい!と褒められていたので気にかかっていました。これまで、矢野ちゃんの後継者候補たちに対して、常に辛口の評価をしていた有田さんがこれだけ褒めたのは珍しかったもので。。  
紅白戦では、吉野投手のリードに対して、岡田監督がえらい褒めていて、配球でも高評価を得ていた清水くん。
矢野のリードと似ているといった解説もあったようで、私には配球が似ているかどうかは分からないのですが、ボールを返球するときの動作が何だか矢野ちゃんによく似ていると思うのです。
それと、若いのに不思議に落ち着いていて安心感がありますね。
雰囲気も誠実そうだし、……狩野君も応援しているのですが、清水君も応援していきたい新戦力です。

ルーキーが活躍し注目されるのは、とても嬉しいことですが、そうなったらなったで、別の心配が出てくる……。
ちやほやされて道を踏み外さないようにね。しっかり地に足をつけて、地道にコツコツと実力をつけていって欲しいと切に願うばかりです。


2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/12 (Mon) 【観戦レポ】オープン戦 阪神-巨人(甲子園)

今季初の甲子園。
寒かった! 球場へ向かって歩いてると雪が降ってくるんやもん。
カイロを買って準備OK。いざ、球場へ!

と、その前に、3/4にリニューアルオープンしたタイガースショップ アルプスを覗く。
すごい人。目玉は、女性用新ブランド「tg・ff(ティグフォルテ)」。
でも、普段着は、ま、いっか……と思い、サッと通り過ぎただけで、買ったのは「YELXBLK(イェルブラック)」のTシャツでした。

いよいよ、球場へ。
まずは、タイガースラーメンで腹ごなし。
麺が黄色と黒になっていて、海苔にはTigersの焼印があります^^
IMGP2295.jpg


座席は、イエローシートでしたが、隣はグリーンシートという場所。
ちょうど、バッターボックスとネクストバッターズサークルを結んだ延長線上に私たちの席があります。すぐ目の前には1塁ベンチ
ひとしきり、シートノックが終わると、選手たちがベンチ前で円陣を組む。……それだけでもう興奮してしまいましたわ。正面には兄貴。
今日は出ないって新聞に書いてあったけど、4番指名打者で出場ですって! セ・リーグなのに今日はDH制をとるようです。
IMGP2299.jpg

<円陣を組むナイン>

IMGP2301.jpg

<ファンに愛嬌を振りまくとラッキーとラッキーちゃん>

IMGP2305.jpg

<ラッキーちゃん、キュート~>

先発ピッチャーは、今年ブレイクが期待される太陽。
キャッチャーはこれまた売り出し中のルーキー清水。

太陽は初回からピンチを招き、最初、低めに来ていた球が、途中からボール球がハッキリしだし制球がままならなくなる。
ワンバンの送球もあり、必死で清水君が食い止める。清水くんはポスト矢野の最有力候補に躍り出てきました。このところの起用を見ていても期待の度合いが伺えます。
結局初回に2点献上。Gの攻撃の長いこと、長いこと~(爆)。

IMGP2307.jpg

<ルーキー清水クン>

かと思えば、こっちの攻撃はあっちゅう間に終わり、あったまる暇がない……寒い応援が続きます。
あかんなぁ……と思いつつふとベンチを見ると、試合を見つめる和田コーチの後ろ姿。ううっ美味しい(爆)。
結局、試合中、ずっと和田コーチの後姿を見ることができました(あ、勿論、守りの時だけです)。
さらに、攻撃の前には吉竹コーチが姿を見せ、ゆっくり3塁側のコーチスボックスへ歩いていく。オトコマエな上に、すらりとした体型をキープしていて、キャーキャー吉竹コーチ~かっこええ!……と超ミーハーに喜んでおりました。

IMGP2310.jpg

<和田守備走塁コーチの後姿>

IMGP2315.jpg

<こちらは吉竹チーフ野手コーチ>

試合の方は、太陽が許した3点が重くのしかかり、こちらの攻撃はあと1本が出ない。
戦初ヒット。2戦目にして初ヒット、しかも素晴らしい当りでした。
兄貴は、背中が本当にカッコいい。兄貴ほど大きな背中はちょっといないんじゃないかな。そこにいるだけで漂う風格、惚れ惚れします。背中から放射されるオーラを堪能させていただきました。

IMGP2311.jpg

<ネクストバッターズサークルへ向かう兄貴>

IMGP2312.jpg

<バッターボックスの兄貴と、復活をかける今ちゃん>

IMGP2313.jpg

<この直後に兄貴にヒットが飛び出しました>

さらに、ひ~やんにも初ヒットが!! 今年はひ~やんを応援しようと思っているのですが、早速買った24番のレプリカユニフォームを着てきた甲斐がありました。そのひ~やん、前日あまりいい感じではなかったけど、そんなことはお構いなしで、今日の初打席の時には大きな拍手が沸き起こります。すぐ目の前のネクストバッターズサークルで何度もスリングを繰り返す姿をじっと見守りながら、打て!と念じたのが通じましたね。本当に嬉しかった。

IMGP2316.jpg

<ひ~やんの後姿>

6回にはナント!球児登場! ドォォォっとスタンドが沸き、リリーフカーに乗ってマウンドへ。
この席で球児の球を見たかったな……という私の呟きを、聞き届けてくれたようで、びっくりでした。
まだ調整段階で、球はそれほど走ってるようには見えませんでしたが、それでも太陽があんなに四苦八苦していたのを、きっちり3人で抑えるあたり、さすがです。

IMGP2321.jpg

<ピンボケですが、投球練習をする球児>

つづく、ダーウィンも、さらには早々に2軍に落とされてしまったサジ(桟原)も登場~、これが予想に反していいピッチングでした。
上から投げたりサイドに落としたりとフォームが決まらなかったサジが光を見出したか?!

さて、一番の盛り上がりは9回裏に待っていた。
1塁に(誰だっけ、セッキーだったかな)ランナーを置いて、代打で登場したのは、教育リーグに言ってるハズのハマちゃん!
背番号5が見えた瞬間のスタンドの盛り上がりがすごかった。
そして、そのハマちゃん、不振に喘いでいたのがウソのように、センターオーバーの2ベースヒットだ~。相手のエラーもあって2点を返し1点差!というところまで追い上げました!
ホントにこれだけファンを心配させヤキモキさせ、一振りで美味しいところ全部持っていきよった~!(大爆)

まあ、試合はそこまで。
負けてしまいましたが、なんだかんだいって、楽しかったです。

でも、次は絶対勝て!!

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/11 (Sun) シモさまさすが

甲子園での初のオープン戦。
シーツ、兄貴がスタメンに名を連ね、矢野ちゃんがマスクを被る……ここへきて、主力メンバーがズラリとスタメンボードに名を連ね、役者が揃いました。
先発は下さま。スライダーが好調だったようで、芯で捕らえさせません。2回を投げて貫禄のピッチング。ヤノ・シモのコンビは、あ・うんの呼吸というか、見ていても気持いい。
若手投手陣が毎回ハラハラさせてくれるのに比べて、この安定感はどうでしょう!

Gの先発はジャン。彼にはシーズンに入っても相当苦しめられそうです。
さらに、ルーキー金刀くん、市立尼崎高校出身でお父さんは大のタイガースファンなんやけど何の因果か読売に入ってしもうた……、彼もいいピッチングでした。

兄貴も、ものすごいスィングしてました。
ヒットこそ出なかったものの、四球で歩き、けん制球が逸れて3塁まで爆走。素晴らしい足、素晴らしいファイトです。

矢野ちゃんはヒットこそ出ませんでしたが、最後はいい当り飛ばしてましたので、大丈夫でしょう。
ひ~やんは、逆に調子が出ません。見逃し三振では掴めないっしょ。
もっと振っていって欲しいゾ、ひ~やん。

大炎上してしまったのは、筒井くん。
不安さが表情に出てしまっていて、抑えてくれる気がしなかったけど、やはり打たれました。ん~~~やはりメンタル的な部分はそう簡単に変われないなぁ。

試合は負けて、OP戦最下位ですってぇ?! 
アカンやん! 次は頼むで!!

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/07 (Wed) 能見ちゃん、ええわあ

昨夜のオープン戦、開幕を一週間前に控え、ベストメンバーで臨んできた鷹に横綱相撲を取られてしもうた。
その中で、ノーミンは今年の活躍を予感させるいいピッチングでした。

昨年は、左バッターに対して外に逃げるスライダーのみで、内角に決まる球がなく苦労してたけど、今年はチェンジアップをマスター。投球に幅を持たせようととの試みでしたが、これが見事に当たってます。
昨夜のゲームでは、どれがチェンジアップかよく分からなかったけど(アカンやん)、松中や小久保に対しても怯むことなく勝負してたのがよかった!

カーブだかフォークだか……落ちる球が効果的やったわ。こんなピッチングをシーズン入っても頼むよ~。

打っては、リンちゃんがOP戦1号。さらに葛城も1軍居残りをかけた1発を放ちアピール。
それと、地味だったけど、二回だったかな? バット折りながら全力疾走で一塁を駆け抜けていた藤原君の闘志もよかったよ。

心配要素は、5失点大炎上の吉野投手。
ん~~~~~、厳しいなぁ。でも吉野さんて紅白戦などにあまり使ってもらってないのよね。これが2度目の実戦のハズ。
いい反省材料にして、次のリベンジに期待したいところ。頑張れ、ヨッシーノ。

で、余談ながら、広澤新打撃コーチのブログで、甲子園居残り組の様子が紹介されてました。
ベテラン主力組のちょっとええ話。アニキ、矢野ちゃんはじめ、頼れるベテランがいると思うと昨日の敗戦のモヤモヤも、晴れるような気になりますぜ。
いつまでベテラン頼みではいかんのやけど、そのことは言いますまい。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/06 (Tue) 赤赤コンビでOP戦初勝利!

やっと勝てましたわ。

レッドスター(赤星)とレッドパイン(赤松)の赤赤コンビ大活躍!
勝利の味を忘れるところやった……っていうのは言い過ぎか~(笑)
最初の打点を叩き出したのは安芸から好調のレッドスター。
強く叩いた当たりがセンターに抜けるタイムリーヒットとなり、一点先行。今年、ホンマに三塁への打球が減ったもんね。
そのレッドを一塁(やったよね)に置いて、今度はレッドパインがレフトスタンドへのツーランホームラン。
これは強風にも助けられましたが、赤松くん頑張ってます。

先発の太陽は、満塁のランナー背負っても動じず、低めを丁寧についたピッチングでピンチをしのぎ、これはいよいよホンモノになってきました!!
お手本にしたのは忍ちゃんのピッチングらしいけど、見ていて安心感がありますね。インタビューも力強く、しっかりしたいい感じやし、今年は期待大です。

さて、一失点のヤス。焦ってるわ。明らかに力み過ぎ~。次のチャンスでは力抜いてね。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/04 (Sun) ルーキー小嶋投手、大健闘!

バッピ、紅白戦を通じて、評価がうなぎのぼりのルーキー小嶋くん。
昨日は初のオープン戦に登板して、4回を無失点。 ピンチになっても動じることなく、バント処理では上手いフィールディングも見せたとか。
これはいよいよローテの一角に食い込んでくるかと、期待が高まってきました。
受けたキャッチャーも同じルーキーの清水くん。ストレートを中心にしたいいリードを見せたようです。ポスト矢野候補として期待したいですな~。

新戦力としては赤松がヒットで続く藤原がオープン戦でチーム初となるタイムリーヒット。
赤松は一塁から一気にホームへ駆け抜けて一点をもぎ取りました。

昨日は、録画失敗してゲーム見てないのですが、……何ですか? オープン戦3連敗??
ポスト井川争いで凌ぎを削っている中村泰が四失点? 
その前の攻撃ではレッドスターとレッドパイン(赤松)を塁に置いて、モッチャンがフライを上げてしまい、チャンスがパー。
ここは、ゴロを転がさなアカンことは本人が一番分かっているのでしょうが……う~ん、これでまた厳しい立場になってしまいました。
浜ちゃんも不振なようです。宜野座か安芸で藤田平氏が前足が開くことを指摘してはりましたが………(?_?)

岡田監督も打撃ではかなりおかんむりだった雰囲気やね。
しかし、モッチャンの場合、かなり評価が辛い気がしてなりません。 「野球は守備」常々岡田さんが言ってるけど、岡田監督の言う「守備」とはピッチャーのことだけなんちゃう? 
守りで評価される選手だっておってええんちゃうやろか?
だって、先日スカイAで放送された「タイガース、ファインプレー2006」では、モッチャンばっかり映ってたのに~。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/02 (Fri) キャンプメモ 20070301

<第6クール 3日目 キャンプ打ち上げ>

スプリングキャンプも無事に打ち上げ。
この日は午前中だけの練習で、12:00にはみんながグラウンドへ集まり、レッドの挨拶と1本締め。「美味しいお酒を飲みましょう~」という挨拶に、和やかな笑いが起こってました。

太ももを痛めていたことが判明した兄貴。今度は目の痛みで病院へ言ったとか。「太ももが悪化したのでは?」と現場は騒然となったとか、でも、単なる目のこすりすぎだったようで、ひと安心です。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/03/01 (Thu) キャンプメモ 20070228

<第6クール 2日目>

最後の紅白戦。矢野ちゃんとひ~やん、吉野投手が出場で、あと実戦に出てないのはアニキだけとなった。
何より矢野ちゃんが要に座ってるという、この喜び~(爆)
新外国人投手ボーグルソンとの相性も良さそうでした。
ボギーは前回は鳥谷にスリーランを浴びましたが、今回は低めにコントロールされたいい球投げてましたなー。
ジャンは追い込んでからのフォアボールが気になったけど、何とかまとめました。仕留める球が課題のようです。

以降、寝落ちしたんやけど、クボタン大復活だったようで、よかったよかった~よかったね~~~
マックス152キロ! 三振の山やったて? 
守護神として計算できそやんか~~。
欲を言えば、抜いた球でうまく引っかけさせてゴロでアウトとるところをみたいなー。

初登板の吉野は得意のスライダーを封印し、真っ直ぐで1イニングをぴしゃりと抑えたというし、秋からの投げ込みが実ったね。

そしてジェフ。もう言うことないでしょう~。速いボールを意識したという投球はマックス147キロ。昨年のことを思うと充実した仕上がりやね。

それにしても、吉野をリードした清水くん、絶賛されてるやないの。
これは楽しみになってきた!
ストレートを主体にしたリードは事前に吉野投手と相談していたとか。
リードはこれからまだまだ勉強になるんでしょうが、私は肩の強さとスローイングの正確さを注目していきたいですな。
と言っても、先日のオープン戦で、気合の入った1塁ベースカバーを見せた狩野君にもがんばってもらいたい、ああ、キャッチャーというポジションを取るのは並大抵やないわ。

そして、ひ~やんにも初安打出たし、これでひとつ安心したでしょう。

昨日は甲子園公式戦のチケット一斉発売で、格闘の結果、GWの鯉戦と七月の竜戦、九月のヤ戦をゲットしましたo(^-^)o

メニュー

<野手>
10:00 アップ・ランニング
10:30 バッティング回り
11:40 ランチ特打(金本)
12:10 シートノック
12:40 紅白ゲーム
13:50 特打、特守
      強化ランニング
      強化ウェイト

<投手>
10:00 アップ・キャッチボール
11:00 投内連係
11:20 ピッチング回り
      バント、バスターバッティング
      強化ランニング
      強化ウェイト

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/28 (Wed) キャンプメモ 20070227


<第6クール 1日目>

キャンプもいよいよ最終クール突入~。

雨で練習は早く切り上げられましたが、午前中にシモさまがバッピをやりました。
シモが投げるというので岡田監督が早めの練習開始を指示。30分早いスタートだったようです。
投げている間、ゲストや解説者がシモちゃんと関係ない話をして、それが耳に障ってイライラしたけど、どうやら、球も速くてシュートが角度があって、調子よさそうです。
さすがシモ様、抑えながらのじっくり調整でも、きっちり合わせてきてくれたねー(涙)

開幕投手が現実味を帯てきましたぜ。
今年は、無性に開幕戦を見に行きたくて、チケット取りを試みたものの、1枚しか取れずだったのです。
「一人か~どうしよう?」と思ってたけど、シモさまが開幕投手なら一人でも行くで~(笑)

それと、話は変わるけど、今日のデイリーで、兄貴が25日練習中に太ももをやってしまって、長引けば開幕にも響くかも?という状況だったらしい。
ところが驚異的な回復力でその日と翌日の休日の2日で治ったとか……、すごい。
忍ちゃんと安ちゃんにその秘訣を教えたって欲しいわ~。

さて、今日の紅白戦で、矢野ちゃんとひ~やんが初めて実戦登場~。楽しみだw

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/26 (Mon) 岡田奪回道(あいつらから「気」は伝わってこなかった)より

久々に、日刊スポーツ内匠さんの記事を紹介~

キャンプ地に小林繁さんが来ていたらしい。
たくみさんは、ふとこんな質問をしてみたらしい。
「現役の時、巨人から阪神に移ってファンの注目が一身に集まっていたとき、追いかけられて、わぞ煩わしかったやろな~?」と。
すると、小林さんの答えは意外だった。
「俺はファンから気をもらったな。だから嬉しかったし、手を抜けなかった。阪神の選手たちはファンから気をもらっているんだよ」と。

ところで、25日OP戦で、1軍当確か2軍に落とされるか、瀬戸際を競っている若手に、全然「気」が感じられなかったという。
辛口のたくみさんらしい記事です。

オリックスは1軍の主力選手ばかり。
それに比べて虎は1軍半や昨年まで2軍の選手が大勢占めていた。
1軍でバリバリ投げている投手から打ってこそのアピールになるのだが、「気」が伝わってこない。

そういえば、サンスポのオリ番記者も「タイガースがオリックスに勝っていたのはファンの多さだけだった。あとは試合前ののシートノックを見ていても、お粗末なものだった」と書いてあった。

一生懸命やってないわけはないやろうけど、一生懸命の出し方がズレてるんちゃうやろか。そう思えてならないですな~。

たくみさんは最後、こんな厳しい言葉で締めくくっていました。
「彼らの気に期待したいが、僕はあまり望みを持たないことにした。」

そう書きながら、実は期待してるんだろうけど(笑)
次回OP戦での奮起があるのかないのか、ちょっと楽しみになってきた。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/25 (Sun) 球児、故郷に錦

オープン戦 オ9-神0

ええ~~!? いつのまに9点も取られたんや!

ま、それは一先ず置いといて、今日は球児がふるさとの高知で凱旋登板しました。
ブルペンが外にあるので、みんなが球児のアップする姿を見ることができ、いい雰囲気でした。
先日の紅白戦と比べて随分力入ってましたね。最初カーブから入って、その後グイグイ真っ直ぐで押して、見事三振を奪うと、スタンドから大きな拍手が起こってました。
その後、オリックスの外国人に高めの真っ直ぐをレフトへ運ばれてましたが、その後を締めて無事に凱旋登板を「0」で終えました。

で……
打つ方は3安打やったとか。(なぬ~)うち2本はレッド。
1番を赤松に譲り2番の打順にされて、大いに燃えたレッドは1人気を吐いてました。盗塁も2つ!!
スライディングの上手さが光ってます。
間違いない、ヒットさえ増えれば、盗塁王を奪い返すのは確実だわ^^
そんなレッドのことを、解説のあっちゃんが、「(悔しさが現れた)いい顔してる」と嬉しそうに話してましたね。

放送が終わってから、筒井、江草、上園などが大炎上で、気がつけば9点ですか~~、そうですか~~

メニュー

<野手>
10:35 アップ
11:05 キャチボール
10:50 バッティング回り
12:25 シートノック
13:00 試合開始

<投手>
10:00 アップ、ランニング
10:30 キャチボール
10:50 ピッチング回り
      強化ウェイト
      強化ランニング

<投手OP戦組>
10:35 アップ、ランニング
      キャチボール
13:00 試合開始


2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/25 (Sun) キャンプメモ 20070225

<第5クール 6日目>

午前中のスカイAの放送では、オープン戦に出ないベテラン組み8名の練習風景が映されてまして、矢野ちゃんがブルペンでくぼたんの球を受けてました。
昨日は小嶋の球を受けていたけど、安芸に来て矢野ちゃんが頻繁にブルペンに入るようになりましたね。
やっと主役が来たって感じです。さて、格闘中のくぼたん、矢野ちゃんから何かいいアドバイスはあったのかな??

杉山くんは、走る姿一つとっても、ベテランの下さまや矢野ちゃんとは違うみたいで、福本さんにえらく厳しいことを言われてました。
投げ込みも足りないようやし、一体どうした~~~!?

そして、矢野ちゃんへのインタビュー。聞き手は福家ディレクター。
昨年は、「手加減しながら上手く調整してますね」という福家さんのフリに、不快感を露にしていた矢野ちゃんでしたが、今年は無事に逆鱗に触れることなく終了しました(大笑)。
でも、バラエティー色の強い番組で見せる表情とは明らかに違う、厳しさが漂ってました。




2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(2) |


2007/02/24 (Sat) 2/24オープン戦スタート

オリックスとのオープン戦は、2-0で黒星。
ついでながら、あっちゃん(片岡篤史さん)の解説者デビューとなりました。

ノーミン(能見投手)がまずまずのピッチングを見せたものの、期待の右腕杉山君がピリっとしない出来で、とうとう岡田監督が二軍落ち宣告をしたとかしないとか……。
ずっと応援してるのになぁ、がんばってよ。

レッドも1ヒット、盗塁はアウトになったけど、開かないで打ち返すという課題については好感触の模様。ほっと一安心。

でも、オープン戦といえど、負けはおもろうない。
なんか、昨年のいや~な感じが付きまとってくる。投手王国ってどこがよ~~、右ピッチャー総崩れやし大丈夫なんかいな。



2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/23 (Fri) キャンプメモ 20070223<未>

<第5クール 4日目>


ただいま、準備中……

ああ、スカイAのキャンプ中継、見るのが追いつかない(泣)

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/23 (Fri) 残念な報せ

ひとつ、ショッキングなことが。
怪我からの復帰をかけ、燃えに燃えていた山東投手が昨日、紅白戦で肩の故障で緊急降板。どうやら長期離脱になるみたい。
広沢さんのブログによると、相当深刻なようです。
背番号も一新して今年にかけていただけに、どれだけ悔しいことか……。

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/23 (Fri) キャンプメモ 20070222

<第5クール 3日目>

紅白戦に新外国人投手ジャンとボーグルソンが初登板。ジャンはⅠ失点ながら低めに球を集めまずまずの内容。ボギーは好調鳥谷にスリーランを浴び、課題がありそう。ボールもストライクゾーンも違うし、今から調整やね。

貫禄を見せたのはジェフ。今年もやってくれそうです。
球児も今季初の実戦マウンドでしたが、まだまだ調整段階と見え、低めをつきながらもいつもの伸びのあるストレートとは明らかに違ってた。鳥谷にいきなりライト前へ運ばれてましたもんね。

しかし鳥谷がスゴイ。
今年、また一段と大きくなったみたい。

それから、小嶋君。
ブルペンから目えつけてたけど、やっぱりいいねえ。投げ方が大好きだわ。昨日も完璧ピッチング! ピンチでのピッチングを早く見てみたい!

それと、昨日ゲーム中にアニキがウグイス嬢をやったらしい!(爆笑)
「ボールの行方にご注意下さい。」と噛みながらアナウンスしたけど、観客に気付かれなくて、空振りに終わったらしい。あはは~。兄貴のイタズラ、大好きよ!

メニュー

<野手>
10:00 アップ・ランニング
10:30 バッティング回り
11:40 ランチ特打(矢野、金本、シーツ)
12:10 シートノック
12:40 紅白ゲーム
13:50 特打、特守
      強化ランニング
      強化ウェイト
      坂道ダッシュ
<投手>
10:00 アップ・キャッチボール
11:00 投内連係
11:20 ピッチング
      バント、バスターバッティング
      強化ランニング
      強化ウェイト

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


2007/02/22 (Thu) キャンプメモ 20070221

<第5クール 2日目>

安芸へ来て翌日にはもう紅白戦をやるのね~。
出場予定だったひ~やんが脇腹痛(?)で回避、むむ~心配やんか~。

試合の方は睡魔に勝てず、シートノックとクボタンの立ち上がりを見ただけで沈没~。
ランナーが三進したとこまで見てたけど、やっぱり打たれたか~~。
悩みながら投げてるねー、球も打ち易そうな感じ。もう少し時間がかかりそうやわ。

あとは、レッドに待望のヒットそしてスチールも決めた~!!よっしゃ~~!一安心やな~。さらにモッチャンも2安打ですって。よかったよかった~。(うち1本は久保田んから打ったヒットなんやけどね……複雑になるよね)
今ちゃんは心配なさそうやし、竜からきた高橋光が新神様になれる可能性もでてきたようで、……楽しみな話題もイッパイやけど紅白戦は悲喜こもごもやわ。

さて、今日は新外国人投手ジャンとボーグルソン、そして球児も紅白戦初登板の予定だとか。球児は勝負にいくと言っていたぜ、これまた見所満載やね。


メニュー

<野手>
10:00 アップ
10:30 バッティング回り
11:40 ランチ特打(矢野、金本、シーツ)
12:10 シートノック
12:40 紅白ゲーム
13:50 特打、特守      
      強化ランニング      
      強化ウェイト
      坂道ダッシュ
<投手>
10:00 アップ
11:00 投内連係
11:20 ピッチング
      バント、バスターバッティング
      強化ランニング
      強化ウェイト

2007年キャンプ(オープン戦) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

つき

Author:つき

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。 またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。